協力者・情報提供者待ってます

« 2004年06月 | メイン | 2004年09月 »

2004年07月26日

AERA 2004年8月2日号 サヨナラ恋愛競争社会

セカチュー世代の愛と性
サヨナラ恋愛競争社会

「彼女や彼氏がいなくてもいい」「恋愛が怖い」「同性といる方がラク」―――。
モテ至上主義の恋愛競争社会から下りたいと思っている若者たち。
セカチューに夢中になった世代の恋愛観が変わってきている。

埼玉県に住む会社員のヨシオさん(24)は今春、「2ちゃんねる」 で展開された 「純愛物語」 から目が離せなくなった。

主人公は22歳のアニメオタク青年、その名も 「電車男」。物語は 「彼女いない歴=年齢」 の彼がある日、電車内で、酔っぱらいに絡まれている女性客らを助けたところから始まる。

2日後に意外なことが。そのうちの一人の女性から手紙とエルメスのティーカップが届いたのだ。 「あなたの勇気にとても感動させられました」

これはもしかして、現実の女性と親しくなれるチャンスかも―――。期待に胸は熱くなるが、どうしていいかわからない。彼はふだんアクセスしている 「2ちゃん」 に事件の顛末を書き込んだ。

「今さっき、宅急便で若い女性からお礼の品と手紙が届いた。ダメだ。なんか顔熱くなってきた」

約束取り付けると歓声

煮え切らず、なかなか行動にふみきれない彼に対し、直ちに叱咤や激励が殺到した。

「もう一回、勇気を出す場面だな」
「ダメだ…。もう何が何だか…」
「電話だ。電話をしろ」
「女の人になんか電話かけられん。さっきから握ってるけど、無理。明日とかじゃダメ?」
「今、お前は男として試されてるんだよ。ここで引いてどうする!? 死ぬ気で電話しろ!」

模範的な会話例文を挙げる人も現れた。

結局3時間以上たって、彼はようやく電話。しかし、次のステップになって、また彼は 「2ちゃん」 に頼る。電話中に 「めし、どこかたのむ」 と書き込んだ。「まず待ち合わせ場所を決めろ。店は後でいい」 というアドバイスに従い、約束を取り付けたことを報告すると、一斉に 「よくやった」 と歓声があがった。

その後も、相手のメールの内容に一喜一憂する電車男。しかし最初のころが、ウソのように、だんだん積極的になっていく。もしかしたらまったく架空の話かもしれないのに、周囲も2人の行く末に一喜一憂、応援ムードは盛り上がった。

冒頭のヨシオさんは、毎日のように 「2ちゃん」 をチェック、電車男の報告や、他の人たちのやり取りに歓声を送り続けた。

「ぼくも女性経験がほとんどないんです。最初はどうせドジを踏んで、うまくいかないだろうと思ってました。でも、彼がアドバイスを必死に受け止めて、どんどん変わっていくのを見ているうちに、応援していました。自分も変われるのかもと思ったんですね」

「電車男」 物語は、ブログを中心に広まり、木村剛・KFi代表も、自分のブログに 「感動した。はまりこんでアポに遅れそうになった」 と書いた。このエピソードを、本にしようとしている新潮社の女性編集者は言う。

「今まで、オタクの男の子は全員、現実の女性に興味がなくて、自己中心的な恋愛観の持ち主だと、誤解していました。こんなにピュアで、女性に対して真剣な思いを持つ人もいるんですね」

電車男の話など恋愛によって男性が変わっていく話をまとめたサイトも出現。その男性管理人は、自分の殻に閉じこもり、恋愛から逃げてしまう男性を 「ダンゴムシ」 と表現する。彼自身、20代前半までダンゴムシで、女性とは縁がなかった。

サイトの掲示板には、
「もう少し前向きに生きよう、行動しようと思いました」
「片思いしてる人に対して、積極的に行動するようになった……かも。あと筋トレ始めました」

「前向き」 になったダンゴムシくんたちの書き込みが寄せられた。

00:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年07月17日

小説すばる 2004年8月号 『電車男』を読む

童貞おたく青年がある日突然恋愛の荒波に。
「電車男」はネットが生んだ今世紀最高の恋愛文学だ!

小説どころか書籍でさえないものを「この一冊」で扱うのもどうかと思うが、今世紀最高の恋愛文学(私見)である以上、避けては通れない。「電車男」は、ネットが生み出した前代未聞の感動的ラブストーリーである。

主役は、彼女いない歴22年の、気弱でもてない童貞おたく青年。今年3月の日曜、秋葉原へ買物に出た彼は、帰りの電車で、酔っ払いの老人が女性客数人にからんでいる現場に遭遇し、勇を鼓して「やめろ」と叫ぶ。男性客の協力を得て老人を取り押さえ、被害者・目撃者数人とともに交番へ連行。このとき一緒だったうら若き女性(やや年上)から、翌々日、お礼の品と手紙が宅急便で届く。対応に困った彼(=電車男)は、いつものようにネット上の掲示板(もてない男たちが集う、2ちゃんねるの「独身男板」)へ行って事情を説明し、住人(常連)たちに助言を求める。

電:お礼の品はティーカップでした。
「伝票に電話番号あるだろ。すぐ電話しろ」
電:さっきから携帯握ってるけど……ダメだ。どうしても勇気が……。
「お前は今人生の分岐路にいるぞ!」
「カップ2個は誘ってるとしか思えないが」
電:『これで一緒に飲みませんか?』とか言うの? 無理じゃー!
「カップってどこのブランド?」
電:HERMESって書いてあるけど……。
「ええええるめすキター」

と、にわかに盛り上がる住人たち。かくてマドンナの通称は“エルメス”と決定。匿名掲示板に集う名無したちは、あるときは懇切に指導し、あるときは厳しく叱咤し、あるときは怨嗟と羨望のうめき声をあげつつ、電車男とエルメスの恋を約2カ月にわたって見守ることになる。一万八千件にも及ぶその膨大なログを有志(「中の人」)が編集し、一個の「作品」にまとめあげたのが、この「男達が後ろから撃たれるスレ 衛生兵を呼べ」。

このまとめサイトの登場によって「電車男」の物語はネット上の人々を感動の渦に叩き込み、爆発的な反響を巻き起こした。

もし小説なら、ヒロイン像が類型的でドリーム入りすぎとか、結末が予定調和だとか、無数の欠点を指摘できるが、あくまでもこれは実話。エルメスが電車男の脳内彼女(架空の存在)だという可能性は排除できないが、そんなことは問題ではない。まとめサイトのリードにあるとおり、「これは、ある日突然恋愛の荒波に放り込まれた、勇敢な男達の生き残りをかけた戦いの記録である」。

ふたりがデートしているはずの夜、電車男の帰宅と報告を待って朝まで雑談を続ける無駄な情熱。おたく文化/2ちゃんねる文化の絶妙なブレンド。こんな傑作が自然発生したとは、まさに現代の奇蹟と呼ぶしかない。

大森 望(おおもり のぞみ)
‘61年生れ。翻訳家。最新の訳書はコニー・ウィリス『犬は勘定に入れません』(早川書房)。
※大森 望のホームページは、http://www.ltokyo.com/ohmori/ 

http://syousetsu-subaru.shueisha.co.jp/osusume/0408/

00:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年07月09日

R25 2004.7.9 NO.2 ネットで広まる「電車男」の物語とは?

2ちゃんねるから生まれた新感覚の純愛ストーリー

韓国ドラマ 『冬のソナタ』 や小説 『世界の中心で、愛をさけぶ』 が大ヒット。今、純愛がブームである。しかし、そんなメジャーな話とはちょっと違った異色の純愛ストーリーが密かに話題となっている。

この話が生まれたのは悪名高き(?)掲示板 「2ちゃんねる」。こう書くと、何だそんなもんか…と思われるかもしれないが、「涙が止まらない」 「そこら辺のドラマや小説より面白い」 「読み出したらやめられず、仕事にならなかった」 等々の意外な反響を巻き起こしているのだ。

そのストーリーが “発生” したのは2ちゃんねるの独身男性掲示板。今年3月、そこへ現れ、自らの体験を書き出したのが、ハンドル名 「電車男」 を名乗る人物。年齢イコール彼女いない歴の秋葉系オタクだ。彼はある日、電車の中で酔っぱらいに絡まれていた女性を勇気を奮って助ける。その女性は 「エルメス」 さんと呼ばれる中谷美紀似の清楚な美人。どう見ても釣り合いの取れない二人なのだが、電車男は彼女に強くひかれ、2ちゃんねるで恋愛の相談を重ねる。そして、そこでアドバイスを受けながら、必死のアプローチを続け、ついに二人は…。

骨組みだけを抜き出せばどうということもないが、この話は日々掲示板に書き込まれながら進んでいったのがポイント。ある時は良きアドバイザー、ある時は熱狂する観客として参加する2ちゃんねらー (2ちゃんねる参加者の通称) が奇跡のラブストーリーを盛り上げていったのだった。これが小説やドラマとは違ったある種のライブ感覚を生み出し、読み手はその世界へグイグイ引き込まれたのである。

電車男の物語はネット上でブログを中心に津波のように広がり、この話を巧みに編集して掲載しているサイトのトップページはすでに100万アクセスを超えた。

2ちゃんねる文学の誕生とも言われる電車男純愛ストーリー。あなたもこれを読んでみますか?

00:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

asahi.com 2004年7月9日 2ちゃんねる発「純愛物語」にハマりまくる人々

「切ない」「泣いた」「ネット新世代の登場だ」……引きも切らない議論の数々

2ちゃんねる――言わずと知れた世界最大規模の電子掲示板だ。罵倒や煽りは日常茶飯事で、プライバシー暴露など裁判沙汰や新聞ダネになることもしばしばと、ダーティーな話題にはこと欠かない。そんな2ちゃんねるが、こともあろうに「純愛物語」の舞台になった。掲示板常連の気弱な青年が、期せずして巡り会った恋の相手。その思いを遂げさせようと、2ちゃんねらーたちの応援が始まったのだ。

発端となる出来事は今年3月14日に起きた。秋葉原から帰りの電車に乗っていた22歳の青年は、酔っぱらいの男が女性にからんでいるのを見て、思わず立ち上がりその手を押さえた。人とけんかした経験はなく、声も震えていたようだ。

どうにか酔っぱらいを警察に引き渡し、お礼を言う女性におどおどしながら連絡先を教えた青年は、ほのかな期待を覚えつつ、2ちゃんねるのなじみのスレッドに顛末を報告した。

その2日後、助けた女性からペアのティーカップがお礼に届いた。空想が現実になって、青年は一気にあわてふためく。

さあどうする? 彼が助けを求めたのはやはり2ちゃんねるだった。今すぐ電話するべきか、手紙を書くべきか、電話と2ちゃんねるを交互に見ながらうろたえる青年。ウブで人の良さ丸出しのその姿に、スレッドの住人(投稿者)たちは寄ってたかって世話を焼き始める。

2ちゃんねらーたちが懸命の声援
「誰もが経験した本物の感情」 

ルックスは秋葉系でアニメおたく、年齢と彼女いない歴が一緒という冴えない青年(通称「電車男」)が、2ちゃんねらーたちと二人三脚(?)を組んだ、前代未聞の恋物語はこうして始まった。アドバイスを受けながら、電車男は秋葉ファッションからの脱却やデートの誘い方の練習といったハードルの数々を必死に乗り越えようとし、2ちゃんねらーたちはその様子に喝采したり妬いたりしながら応援する。その微笑ましくもスリリングな展開は、やりとりをまとめたサイト(文末にリンク)に掲載されている。

評判はネットの中を爆発的に広がり、まとめサイトは、読むのに数時間かかる分量にもかかわらず、アクセスが殺到した。

まとめサイト読者の1人で、「冬のソナタ」や『世界の中心で愛をさけぶ』など「純愛もの」ファンの会社経営の女性(25)は「通り過ぎた、置き去りにしてしまった感情を呼び起こしてくれた」と言う。

「『ドキドキして電話かけられない』とか『今度は何を着ていこうか』とか、確かに経験してるんだけど、今は忘れてしまった感情。読んで、恋がしたくなった。『冬ソナ』も『世界の中心で……』も好きだけど、電車男の方が断然いい。なぜかって、リアルだから。時間の経過を追っていて、まったく先が読めない。周りの見ず知らずの人が励ましているのもいい」

『理系のための恋愛論』などの著書のある酒井冬雪さんは、最近の純愛ものブームと関係づけて「純愛に必要なのは『障害』です」と語る。

「電車男くんの場合、圧倒的な恋愛経験の不足と、アキバ男であるオレというのが、それでした。でも、誰にでも大なり小なり何かの『障害』はあるもの。その障害を乗り越える勇気、問題に立ち向かう気持ちが、一人ひとりの『純愛』をうむのだと思います。世の中にこんなにもたくさん、やさしい気持ちを持ち、それを言葉にしてくれる人たちがいる。それが『純愛』がブームになる理由のひとつのような気がします」

「でもね」と、酒井さんは続ける。

「女の子はみんながみんな、『セーラームーン』や『プリキュア』などを見る大人の男を嫌っているわけではないのです。私の知人の女性も結婚相手が新居に持って来た『サクラ大戦』シリーズや何かを見て、『ゲームとかして、いつまでも子どもみたいでしょう』とノロけていました。知らぬが仏とはこのことだと思いましたが……。それにしても、自分の恋愛について一部始終、だれかに相談するって、中、高生のときにすることのような……。電車男くん、ホントに『純』だったんですねえ」

だが一方、「純愛ものなどうんざり」という30代の女性も電車男には熱中してしまった。そんなところが、この現象の特異なところかもしれない。

「30を越すと、恋愛はきれいごとで済まないことが身にしみてくる。だから、世間で言われている純愛話なんか、見ることもなかった。現実はお話のようにうまくはいかないと思っていたから。でも電車男は『お話』ではない気がする。私でもあなたでも、誰もが一度は経験したことのある本物の感情を表しているから、切なくなり、ハマってしまう。ひょっとしたら電車男さんも今後、どろどろした恋愛を経験するかもしれない。それでも出会ってから思いを通じ合わせるまでの気持ちは、たぶん忘れないでしょう」

著名人にも飛び火する話題
掲示板、ブログ、Googleのコラボレーション

著名人にも話題は飛び火した。金融庁顧問も務めた木村剛KFi代表も個人ブログ「週刊!木村剛」で、「感動しました。はまり込んで、アポの時間にもう少しで遅れてしまいそうでした」と言及している。

この話が事実かどうか疑う声も一部にはある。だが作り話でここまで盛り上げたとしたら、むしろその方がすごい才能といえるだろう。いずれにせよ、2ちゃんねる住人たちの反応は創作のしようがないし、また前出の女性たちが言うように、描かれている感情は大変リアルで、その点について否定する声はほとんどない。

知識人層の読者を中心に「ネットに新世代出現」という世代論も飛び出した。一世一代の恋愛相談を、ネットの向こうの顔も名前も知らない相手に持ちかけた事実に、「我々には理解できない新世代だ」という解釈になったようだ。

だが恋愛相談などは匿名だからしやすい面があり、2ちゃんねるは短時間で多くの助言が集まる。それなりの合理性はあるわけだ。むしろこんな大げさな議論が登場すること自体、電車男物語にいかに人々が衝撃を受けているかを示す証拠といえるのかもしれない。

話題がこのように広がった背景には、ここにも出てきたブログ(Weblog)の急激な普及という技術的要因がある。Googleで「電車男」を検索すると、大量のページがヒットするが、そのほとんどがブログだ。

ブログとは、気になるウエブサイトの内容や感想をそのページへのリンクと一緒に書くスタイルの個人サイトのことだ。日記との親和性が高く、コミュニケーションに向くため、従来タイプのホームページよりこちらを選択する人が、有名無名を問わず急増している。

ブログには「トラックバック」という仕組みがある。あるブログに他のブログからリンクを張ると、そのリンク情報を元のブログに自動で記述するのだ。これにより、元のブログの著者は、自分の記事に誰が言及したのか知ることができる。自然と他のブログをチェックするようになり、さらにトラックバックが増える。リンクが多いサイトを検索結果の上位に表示する傾向が強いGoogleで、「電車男」に言及したブログがずらりと並ぶのは、こういう理由だ。

「参加していたのはごく普通の人々」
語り継ぐにはマナーも重要

これほどの大反響を、当事者たちはどう思っているのだろうか。電車男氏本人に取材することはできなかったが、電車男物語にリアルタイムでつきあい、まとめサイトを管理する「中の人」(ハンドル名)さんはメールで次のように答える。

もともとまとめサイトは、オリジナルのスレッドの住人が後から楽しむために作ったという。大量の投稿を収録したのは、スレッドの空気を再現するためだ。

「スレッド参加者や2ちゃんねらー以外の人に反響を呼んでいることに驚いています。2ちゃんねる用語がたくさん書かれた、非常識に長いテキストページをこれほど多くの人が読むとは思ってもみませんでした」という。「もしそれがわかっていたら、遠慮してストーリーをもっと短くしていたでしょう」

サイトを読んで感動した人からは「2ちゃんねるを誤解していた」という声も寄せられる。だが今回の話がそれほど特別なことだとは思わないという。

「2ちゃんねるでは、そう多くはないにしろ、感動するストーリーはあります。いい人だけが集まっていたわけでもない。私を含めてほとんどがごく普通の人です。しつこい電話セールスには怒鳴りつけるかもしれませんし。ただ、困っている人がいてアドバイスを求めていたら、普通の人なら何らかの助言をするのではないでしょうか」

ネット内のブームは現在は落ち着いており、「まとめサイトの来訪者もリピーターが多いようです」とも「中の人」はいう。

だが、4月から6月中旬ごろにかけて、電車男物語に夢中になったあまり、オリジナルの2ちゃんねるの掲示板に人が殺到、場のルールや雰囲気にお構いなしの書き込みが激増して、掲示板が台無しになるという問題が起きていた。このため、まとめサイトの閉鎖も選択肢に挙げられたほどだ。

2ちゃんねる住人だけでなく、まとめサイトの多くの読者に「奇跡」「伝説」と言わしめた電車男物語。インターネットの生んだ希有な物語の一つとしてながく伝えていけるかどうか。それがたとえ2ちゃんねるであったとしても、いや2ちゃんねるだからこそ、読む側のマナーも問われているようだ。

▼まとめサイト「男達が後ろから撃たれるスレ 衛生兵を呼べ」の【電車男 緊急指令 「めしどこか たのむ」】の項

▼「週刊!木村剛」2004年6月8日

(ASAHIパソコン2004年7月15日号News&Viewsから一部記事内容を変更して掲載)

http://www.asahi.com/tech/apc/040709.html

00:00 | コメント (0) | トラックバック (0)