協力者・情報提供者待ってます

« 2004年12月 | メイン | 2005年02月 »

2005年01月26日

BroadBand Watch 2005年1月26日 電車男がデジタルコンテンツグランプリ優秀賞に

財団法人デジタルコンテンツ協会(DCAj)は26日、「第19回デジタルコンテンツグランプリ」受賞作品を発表、合わせて贈賞式を開催した。グランプリには「ComicStudioEX Ver.3.0」が、DCAj会長賞には「ドラゴンクエストVIII」が選ばれたほか、「mixi」「『ニンテンドーDS』のワイヤレスシステム」「電車男」などに優秀賞が贈られた。

デジタルコンテンツグランプリは、DCAjが主催、経済産業省が共催するイベント。国内部門ではデジタルコンテンツ産業の新市場創出と人災発掘を、海外部門ではデジタルコンテンツ産業振興による組織の理解促進と連携強化、クリエイター間の相互啓発を目的として開催されている。

国内部門の対象は、2003年11月1日から2004年12月31日までに発売・施行・開始されたもので、今回から導入されたノミネーター制により、コンテンツ部門67件、サービス・システム創出部門72件の推薦案件が対象となった。海外部門はデジタル技術で製作した3分以内の動画が対象で、こちらは例年と同様、公募による応募31件が対象となった。

ヒットコンテンツ部門では。「スキージャンプ・ペア」 の真島理一郎氏が監督、自動車「MINI Convertible」の記念品として作成された3DCGの映像作品「MINI CONVERTIBLE. "How to Jump"」、2ちゃんねるのスレッドから生まれた物語「電車男」、押井守監督の映画作品「イノセンス」、PS2用アクションゲーム「鬼武者3」のオープニング シネマティクス、PS2用RPG「ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君」がノミネート。発売開始から3日間で300万本を出荷したというドラゴンクエストVIIIにDCAj賞が贈られた。

ヒットコンテンツ部門の審査委員長を務めた河口洋一郎氏は、今回ノミネートの対象となった67件について「日本のコンテンツを代表するメンバーばかりで、世界に誇るコンテンツが今回たまたま重なった」とコメント。「我々としても(受賞作品の決定は)苦渋の選択だった」と苦労を忍ばせた。

ノミネート作品の中には「ハウルの動く城」「スチームボーイ」「アップルシード」といった映画作品も含まれていたが、河口氏は「デジタルコンテンツという視点から審査を行なった」と説明。アニメーション作品としては「イノセンス」、「鬼武者3」のオープニング シネマティクスの2作品を選出したと語った。

2ちゃんねるのスレッドから発生した電車男は「今までない作品で、今年のトピックとしてぜひ入れたかった」とコメント。「MINI CONVERTIBLE. "How to Jump"」は「個人的にも笑いを誘われたし、審査員の注目も高かった」と語った。

http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/8274.html

19:11 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年01月25日

「電車男」は誰なのか―“ネタ化”するコミュニケーション 発売

「電車男」は誰なのか 2005年1月25日刊
「電車男」は誰なのか―“ネタ化”するコミュニケーション

鈴木淳史 著
すずきあつふみ

出版社/著者からの内容紹介
“今世紀最強の純愛物語”と銘打たれ、発売2ヵ月で50万部を超えるベストセラーとなった『電車男』を徹底解剖。「電車男」を生んだ巨大匿名掲示板「2ちゃんねる」の構造分析、『冬のソナタ』『世界の中心で、愛をさけぶ』『いま、会いにゆきます』といった「純愛」ブームとの関連、田中康夫『なんとなく、クリスタル』とのトレンド比較、「自作自演」説や「作り話」説が生まれる背景……など、さまざまな角度から「電車男斬り!」を試みます。そこから浮かび上がるのは、“ネタ”を媒介にしたコミュニケーションであり、現代社会そのものの姿です。『電車男』を分析することは、「2ちゃん」を論じることであり、それは究極の日本文化論に通じます。本書は、『電車男』に納得できないという人には新たな魅力の発見を、素直に感動した人には読みの可能性の広がりを約束します。

中央公論新社

00:00 | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年01月21日

INTERNET Watch 2005年1月21日 「電車男」が「AMD Award」受賞

総務省の所轄する社団法人デジタルメディア協会(AMD)は、優秀なデジタルコンテンツなどを表彰する「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー/AMD Award」の受賞者を発表した。

AMD Awardは、AMDがデジタルコンテンツのの質的向上や人材育成を目的として、2004年に発売および発表された国内のデジタルコンテンツの中から優秀な作品を表彰するもの。グランプリはプロダクション・アイジーの映画「イノセンス」が受賞した。イノセンスは部門賞のBest Music Composer賞も受賞している。

また、部門賞ではBest Producer/Director賞にイー・マーキュリーのSNS「mixi」が選ばれたほか、Best Programmerにはjig.jpの携帯電話向けWebブラウザ「jigブラウザ」が、Best Writerには「電車男」が、Best Visual Designerには映画「CASSHERN」が選出された。このほか、技術賞はNTT東西とNTT未来ねっと研究所による「東京国際映画祭における、映画失楽園のデジタルシネマ上映」が受賞している。

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/01/21/6156.html
http://www.soumu.go.jp/s-news/2005/050121_3.html

16:38 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年01月19日

チャンピオンRED 2005年3月号

チャンピオンRED 「電車男」

ネットから生まれた純愛ストーリー
待望の漫画化スタート!
電車男
原作/中野独人 漫画/渡辺航
年齢=彼女いない歴。ひとりの寂しいオタクが恋
に落ちた。恋はオタクを救うのか!? 今話題の、
ネット発純愛物語がREDで完全漫画化!

00:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年01月18日

週刊プレイボーイ 2005年2月1日号 『電車男』 より泣ける!伝説の『消防少年』って、知ってる!?

00:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年01月13日

週刊実話 2005年1月27日号 『電車男』が新潟県中越大震災被災者に義援金

美談の裏のナマ臭事情をバラす!

美談には、ウラがある。
インターネットの掲示板 「2ちゃんねる」 から誕生し、瞬く間に50万部以上を売り上げた異色のベストセラー 『電車男』 (新潮社)。その関係者らが、2次的な原作使用料を新潟県中越大震災の被災者に全額寄付することを発表した。2次的な原作使用料とはいっても、その総額は軽〜く1000万円を超えるとも言われる。何とも太っ腹な話だ。

「『電車男』 はすでに、3誌のコミック誌に掲載されることが決まっており、30社以上から申し出があった映像化についても具体的なツメに入っています。関係者らは以前から、何らかの形で印税の一部を社会に還元したいという意向を持っていたのですが、今回、これらの収益を全額、寄付することにしたのです」 (新潮社関係者)

だが、この話を額面通りに受け取ったらバカをみる。ある出版関係者A氏が話す。

「『電車男』 とは、電車内で酔っ払いから女性を助けた23歳のオタク青年が、2ちゃんねるで見ず知らずの第三者に助言を求めながら運命的な恋愛を成就させるという話。ですから、単行本には当時の掲示板の書き込みがほとんどそのまま使われている。それらの投稿をした不特定多数の第三者には1円も印税が入らないのに、一部関係者だけが大金を手にするのはおかしいのでは、という疑問が上がったのです」

インターネット上の著作権については、「掲示板への匿名の書き込みであっても著作権は投稿者にある」 という判例 ('02年4月15日東京地裁) がよく知られている。ただし、その掲示板が事前に投稿者に対して著作権放棄などを約束させている場合はその限りではないという。今回のケースでは、掲示板への投稿はすべて掲示板運営者に権利が帰属することになっているので、法律上は2ちゃんねるの管理人が印税を独り占めしても何ら問題はないのだが…。

「新潮社サイドは一切明らかにしていませんが、『電車男』 の印税は2ちゃんねるの管理人だけでなく、電車男本人を名乗る人物、それから通称 “中の人” と呼ばれる男性の3人に分配されているようです」 (A氏)

“中の人” とは、複数の掲示板にまたがっていた電車男関連の書き込みをまとめた 「まとめサイト」 を作ったとされる人物だ。

「『まとめサイト』 とはいっても、ただ他人の書き込みをコピーしてつなぎ合わせただけ。それで何千万円ももらう資格があるのかと言われれば、確かに釈然としないものは残ります」 (A氏)

今回の寄付表明が、そんな批判の声に配慮した苦肉の策だったのかどうかは知るよしもないが、『電車男』 を巡っては、まだ一波乱ありそうな気配ではある。

00:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年01月08日

文藝春秋 2005年2月号 『電車男』を読む 鼎談書評

00:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年01月06日

週刊ヤングサンデー 2005年6・7合併号 新連載スタート

漫画・原秀則
ヤングサンデー公式サイト

ヤングサンデー 「電車男」

00:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊文春 2005年1月13日号 電車男が小誌記者にエルメス嬢とついに「結婚宣言」!?

00:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

ダ・ヴィンチ 2005年2月号 僕も『電車男』だった!“オタクが恋に落ちるとき”

00:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年01月04日

日経ビジネスアソシエ 2005年1月18日号 アソシエ女性読者座談会

ベストセラー『電車男』はラブストーリーじゃなかった!?

00:00 | コメント (0) | トラックバック (0)