協力者・情報提供者待ってます

« 2005年01月 | メイン | 2005年03月 »

2005年02月26日

封印された『電車男』発売

封印された『電車男』 安藤 健二 (著)
封印された『電車男』

安藤 健二 (著)
出版社: 太田出版

本の内容
ベストセラー『電車男』には、実際の膨大な掲示板上の書き込み(生ログ)のうち、たったの6.4%しか収録されていない。もしすべての書き込みを収録すれば、それは現在の単行本の10倍以上、5000ページを優に超える計算になるという。本書ではこの、「単行本になれなかった、残り93%の物語」を徹底検証する。ニセ電車男、毒舌ムーミン、不治の病の男、そしてセックス。グリム童話は、初版での残酷な描写を2版以降削りに削った結果、全世界の子ども達に広く読まれるようになった。本書では、グリム童話の初版を読むように『電車男』の「生ログ」を読んでいきたい。闇に葬られた声に耳を傾けることで初めて、真実は姿を現すからだ。そこには、一般に知られた『電車男』とは、まったく違う世界が広がっている。あなたは、どちらに「共感」するだろうか?

16:26 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年02月23日

anan 1452号 [MISIAの"エンタメデイズ"] 第85回「ネットの『リアル』」

23:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年02月22日

小説新潮 2005年3月号 チャット対談 電車男、重松清と語る

誌上初!チャット対談 電車男、重松清と語る

50万部突破!!
恋人たちの新たなるバイブルとの
呼ぴ声も高い『電車男』。

これまでどのメディアにも姿を現したことのない電車男本人が、ついに本誌に登場。初の対談相手に指名された重松清が聞き出す初めてのクリスマス・デート、エルメスの両親との対面、そして、その先にあるもの――非モテ男のカリスマが、すべてを語る!

『電車男』あらすじ>>> 電車内で暴れる酔っ払いから若い女性を救ったオタク青年。彼女いない歴=年齢の彼は、彼女(エルメス)をデートに誘うため、モテない男たちが集うインターネットの掲示板に助けを求めた。「電車男」と呼ばれるようになった彼は、掲示板の仲間達のアドバイスとありったけの勇気で、一歩ずつ、着実に恋を成就させていく……

◎編集部の発言>どうでしょうか?
●シゲマツの発言>きてます
◆電車男の発言>おkです

◎編集部>それでは、始めたいと思います
●シゲマツ>はじめまして、重松清です
今日はよろしくお願いいたします
◆電車男>よろしくお願いします_| ̄|○
◎編集部>では、電車君。ちょっと自己紹介など
◆電車男>え一と、朴訥でカワイイと評判の◆電車男です( ´ー`)
◎編集部>していただければと思いましたが、今重松さんの撮影中
◆電車男>_| ̄|○

●シゲマツ>お待たせしました
早速ですが、クリスマスはいかがでしたか?
◆電車男>忙しかった……という印象でしょうか。
なんか色々なところ行きましたから
でも楽しかったですよ
●シゲマツ>当然、エルメスさんと?
◆電車男>そうです
●シゲマツ>いろいろなところって、どんなところ?

◆電車男>えーと
なんか書くべきなのか迷いますがw
彼女の家、食事、某デートスポットなどなど。ついでに泊まりました
●シゲマツ>泊まった!?
◆電車男>だって、金曜→土曜じゃなかったでしたっけ?
◎編集部>はい。去年のクリスマス・イブは
◆電車男>まー、泊まったところでカンパイって感じですよ
●シゲマツ>おーっ!

◆電車男>当然、どこも予約が埋まっていたわけで
確か当日のキャンセル待ちなんかでやっと入れたかだったような
●シゲマツ>どっちが誘った?
◆電車男>え、何をですか?w
●シゲマツ>お泊りを
◆電車男>向こうですね
●シゲマツ>どひゃー!

◆電車男>普通そういうもんらしいですけどね。
次の日、仕事あったらそういうわけにもいきませんが
●シゲマツ>電車さんは、お泊りを期待してましたか?
◆電車男>いや全然w 自分は本当は仕事ありましたし。>土曜
これがクリスマスってやつか……と思いました
●シゲマツ>(拍手) 突発事態で、支払いは?
◆電車男>割り勘でw おごらせてくれませんから
●シゲマツ>それはちょっと……どうでしょうか
◎編集部>たしかに
◆電車男>_| ̄|○

●シゲマツ>それで、プレゼントは何でしたか?
◆電車男>ナイs(ry
なんというか、言うと普通に恥ずい物なのでw
●シゲマツ>そこを、なんとか
◎編集部>あとでカット可です!
◆電車男>とりあえず身に付けるものでしょうか。指輪じゃないですよ
●シゲマツ>現在も仲良く、ということで
◆電車男>そうですねー。相変わらず
●シゲマツ>え、けんかなんか一度もないの?
◆電車男>まだ無いですね

●シゲマツ>ムッとして、我慢したこともない?
◆電車男>それはあるかもしれませんね。お互いに
●シゲマツ>電車さんは、どんなときにムッとするの?
◆電車男>なんか上手く言いくるめられるとムッとしますw
この間、メールとかの返信が遅かったことがあるんですけど
●シゲマツ>ふんふん

◆電車男>あれ? 「言いくるめられた」じゃないな。「言い当てられた」か
「今、ゲームやってるんでしょ」とかズバリ言い当てられると……
考えてることがバレるとムッとしますね
●シゲマツ>わかる、わかる
エルメスさんは勘がいい方ですか?
◆電車男>かなり
●シゲマツ>対して、電車さんは
◆電車男>_| ̄|○ 鈍いんじゃないでしょうか。
勘ぐるということをまずしないよな……


●シゲマツ>少し、過去にさかのぼって質問していいですか
◆電車男>どぞー
●シゲマツ>女性が怖かった、というのはホント?
◆電車男>本当ですね
●シゲマツ>なにか、理由があったんですか?
◆電車男>なんだろう。生理的に怖がってたのがあるかもしれません
あと、幼少期に女の子にいじめられたりしましたし
少なくとも優しくされることはなかった……

●シゲマツ>片思いの経験は?
◆電車男>無さそうですよw 女の人は見ないようにしてましたし
●シゲマツ>えっと、マンガやアニメでも?
◆電車男>そ、それは……
それを入れると恋多き男になりますが

●シゲマツ>その中で、「この人は!」という人を挙げるなら誰ですか?
◆電車男>DORのかすみとかセラムンの亜美ちゃん……
でも、今は分かりますが「萌え」と「恋愛」は別ですからね
●シゲマツ>おおっ!
◆電車男>萌えは苦しくない。恋愛は苦しい
●シゲマツ>名言。エルメスさんとの恋も苦しかった?

◆電車男>最初、苦しかったですね。苦しいというのか分からないですけど。
憂鬱になるというかフラれるのは怖かったですね
一日中彼女のことばかり考えてますし、一緒になりたい
でも自分なんかが…… と考えてしまいますし
あと本当に告自できる勇気が沸いてくるのか、それが不安で
当時、もぐら氏や輸ゴム氏の爆撃受けてたので……
女性が自分に対して、どんなに優しく振舞おうとも、結局は本心は
分からないんだろうな…… と

●シゲマツ>ほのかな自信が芽生え始めたのは、いつ?
◆電車男>彼女の家まで送ったあたりでしようか。

     彼女の降りる駅に着いた。俺は
     「じゃあまたメールしますね。おやすみなさい」
     と別れの挨拶をするが、彼女はそっと俺の手を引いて
     ドアの方へ俺を引いていく。
     俺は「え?」という感じで、そのまま引っ張られていく
     で、結局二人で駅を降りてしまった。
     彼女は申し訳なさそうに
     「やっぱり家までお願いします…」

まさにここです
●シゲマツ>ええ、僕も大好きなシーンです
◆電車男>あ、でもどうなんだろ。よくわかんなくなってきた……_| ̄|○
●シゲマツ>掲示板の存在は、自信を強めるのに役に立ちましたか?
◆電車男>大いに立ちました。
「上手くいくはずないよな」って考えて、そのままにするのが今までの自分だったので

●シゲマツ>みんなの応援が、負担になったことはない?
◆電車男>負担というか、これだけ応援してくるから、
同じくらい頑張らなきゃとは思いました
会社の同僚のイケメンにも相談はしました。どういうところで食事するといいの?とか
でも、どっちが親身になってくれていたかというと、それはやっぱり掲示板の
みんなだった訳で

●シゲマツ>読み返して、みんなの応援に涙したりしたことは
◆電車男>応援というか、最後の別れでしょうか。泣けるのは
●シゲマツ>あぁ、僕も読者として泣けました。あと、二人の恋が成就したときの
キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!!のところも
◆電車男>なんでこの人達、他人のことでこんな一生懸命になってくれるんだろうと
●シゲマツ>電車さんが逆の立場だったら、そこまで応援できる?
◆電車男>当時、自分も他の爆撃受けてたりしてましたからね。レスなどは
しませんでしたが、応援する気持ちはありました。輪ゴム氏の最後とか、自分も
本気で怒りましたからね……

●シゲマツ>今なら、かつての自分のような毒男にアドバイスできる?
◆電車男>どうなんだろう……少なくとも知識の面でアドバイスは出来ても、
精神的な部分まで実際、力になれるかどうか分からないです
●シゲマツ>謙虚だなー
◆電車男>あの時、あの場所にいたみんながすごすぎなんだと思いますよ
なんでそんなこと書けるの!? 思いつくの!? みたいなレスが山ほど……
●シゲマツ>今でも、あのときのみんなと接点はありますか
◆電車男>無いですねぇ
毒男板から飛び立っていったので。戻るべきではないと思ってます

●シゲマツ>途中で一度も、直接会おうと思わなかった?
◆電車男>あ、オフで一度会いましたね
ことが終った後の書き込みですが、その人がその時に書いた
レスに引き込まれたんでしょうね。
自分が考えていた事をすごく分かってくれていたような
●シゲマツ>びっくり
掲示板でのイメージと実際のイメージって、同じでした?
◆電車男>違いましたw
あまりに普通の人で

●シゲマツ>本がベストセラーになった気分はどうですか?
◆電車男>まだ夢を見てるような気になりますね。
いつ終わるんだろとか
●シゲマツ>マンガ化も3作。いちばん実物の電車さんに似て
いるのはどれですか?
◆電車男>ん―w
「ヤングチャンピオン」の道家さんでしょうか。
でも、「チャンピオンRED」の渡辺さんのキャラもかわいいですよね。萌える

●シゲマツ>エルメスさんが一番似ているのは?
◆電車男>難しいですね。
「ヤングサンデー」の原さんかなぁ……
原センセのエルメスはエロい。だがそれがいい
でも、あとのお二方のエルメスも萌えますよー

●シゲマツ>エルメスさんは、ベストセラーをどう思ってるんでしょうか?
◆電車男>僕から見た感じだと驚いてる面しか感じ取れませんね
言葉でも「すごいねー」っていうぐらいで
●シゲマツ>周囲にはバレてない?
◆電車男>バレてないですねー
●シゲマツ>向こうの親にも?
◆電車男>それはナイショですw

●シゲマツ>では、そろそろ核心に……
エルメスさんが準ヲタ、というのはどういう意味?
◆電車男>う一ん、僕から見ればまだオタには程違いよってことですw
●シゲマツ>エルメスさんのご趣昧は? 2次元? 3次元?
◆電車男>とりあえず3次元かな?
●シゲマツ>アイドルとか?
◆電車男>ある意味、アイドルですな。あんまバラすと彼女に悪いのでw

●シゲマツ>電車さんとの出会いによって、彼女に変化がありましたか?
◆電車男>うーん、明るくなったかな
あ、仲良くなっただけか……
●シゲマツ>電車さんのどういうところに一番影響を受けたと思いますか?
◆電車男>影響か……
勇気じゃないですかね

●シゲマツ>おお。
勇気といえば……もう一度、電車で酔っ払いのオヤジがいたら、
止めることができますか?
◆電車男>どうなんだろう……
あの時だって、本当に自分の勇気なのか分からないことありますし。
結果的に勇気を出したことになってますが
●シゲマツ>いい言葉だね
◆電車男>そうかなぁ……

●シゲマツ>普段お年寄りに席を譲ったりしますか?
◆電車男>しますよー
●シゲマツ>えらいっ!
◆電車男>コミケ帰りのときは別ですが
●シゲマツ>w コミケではどんなものを買って帰るんだろ?

◆電車男>薄い高い本です。最後に買っていたのは古いのですね。
少女漫画系かな……マリみて、フルバあたりでしようか。
マリみてはハマリかけでやめちゃいましたが
●シゲマツ>マリみて…… フルバ……何語?
◎編集部>フルバって、「フルーツバスケット」っていう少女漫画
◆電車男>「マリアさまがみてる」>マリみて
ちょっとレズっぽい小説です。あとはやはりガンダムですかね……

●シゲマツ>さて、ちょっとまじめな質問ですが、もしあの日、
エルメスさんに出会わなければ、今の生活はどうなっていたと思いますか?
◆電車男>仕事して寝る→週末はイベント の繰り返しでしたでしょうね。
●シゲマツ>イベント?
◆電車男>コミケやらの同人誌即売会などなど……あとは仲間と会合など。
それはそれでもちろん幸せだと思います

●シゲマツ>その幸せでも、充分満ち足りていた?
◆電車男>う一ん、そこは難しくて
満ち足りていたとは思うんですが、今の心境ですと、
とてもそうは断言できないような……
あの125の大虐殺がきっかけで自分が毒男であることを自覚し
その人の幸せが本当の幸せだったら、今の自分のしあわせって
なんなの? みたいな。

●シゲマツ>エルメスさんとの出会いが一番変えてくれたものは?
◆電車男>色々変え過ぎなんですが……w
一番って何だ……
人に対する気持ちでしょうか……
大事にしようとか、会いたいと思うとか。
それは今までの自分には無かったですね
なんか上手く表現できない

●シゲマツ>電車さん、ニューミュージックですね。
◆電車男>ニューミュージック?
●シゲマツ>昔のJ-POPです。ごめんなさい、おじさんなんでw
◆電車男>感じていることを、チャットで即興的に文章にするって難しいですよね
●シゲマツ>電車さん、運命って信じますか?
◆電車男>信じざるを得ない人生になってしまった訳ですが
●シゲマツ>その運命の出会いをしたエルメスさんと、結婚まで、考えてますか?
◆電車男>今の関係の延長線上に結婚があることは確かです。
って自分勝手ですけど

●シゲマツ>向こうのご両親には、会っているんだよね。歓迎されましたか?
◆電車男>一応されたんじゃないでしょうか
前評判がよかったので
●シゲマツ>向こうの親と、どんな話をしたんですか?
◆電車男>どんな仕事してるのー?とか
●シゲマツ>将来についての話は?
◆電車男>具体的な話は無いですね
●シゲマツ>なんとなく感じることはないですか?
◆電車男>それはありますね
なんか逆に結婚をチラつかせないように意識してるのかな? と感じた時とか。
って、怒られるかな、こんなこと書くとw

●シゲマツ>逆に、別れの不安が胸をよぎったりすることは……
◆電車男>二人の仲がこじれて別れることは今のところ無いです
●シゲマツ>どんどん好きになってる? お互いに
◆電車男>少なくともマイナスには向かっては行きませんねw
自分にとっては、必要不可欠な存在です

●シゲマツ>さぁ、そろそろバレンタインデーですが。
どんなことが起きるんでしようか?
◆電車男>いやぁ、初めてもらいますよ>チョコ
●シゲマツ>もう二人で会う予定は決まっているんですか?
◆電車男> そうですねー。チョコくれるらしいですよ
●シゲマツ>今から楽しみで眠れない?
◆電車男>ファースト・チョコですからね。でも寝ます
●シゲマツ>それをもらったときのリアクションは、どうなると思います?
◆電車男>ニヤァって笑うと思います
●シゲマツ>w
その日の様子をどこかで報告するご予定はありませんか?
◆電車男>無いですね

●シゲマツ>「小説新潮」はいつでもページを空ける、と編集長が言ってますが
◆電車男>なんとw
●シゲマツ>では、詳しい話は担当の者がメールでご連絡を……それでは、
長い時間お付き合いいただきありがとうございました。
ぃつまでもお幸せに。がんばれ! 電車男
◆電車男>どうもありがとうございましたー。
すいません、つまんなくて……_| ̄|○
がんがります。超がんがる


毒男板
独身男性、女性に縁のない男性が集まる掲示板。

おk
電車男独特の表現で、OKの意。

_| ̄|○
うなだれている、また頭を下げている人を表すアスキーアート
(文字や記号で構成された絵)。

( ´ー`)
笑顔を表すアスキーアート。


(笑)の略。

ナイs(ry
ないしょの略。

DOR
美女キャラが多数登場する人気3D格闘ゲーム。
「デッドオアアライブ」。

セラムン
「美少女戦士セーラームーン」。

もぐら氏や輪ゴム氏
身勝手な女性に振り回されて散った
毒男板の有名人。

「ヤングチャンピオン」の道家さん
「電車男」道家大輔
『ヤングチャンピオン』(秋田書店)に連載中。
コミック第1巻は5月20日発売予定。

「チャンピオンRED」の渡辺さん
「電車男」渡辺航
『チャンピオンRED』(秋田書店)に連載中。
コミック第1巻は5月20日発売予定

「ヤングサンデー」の原さん
「電車男」原秀則
『ヤングサンデー』(小学館)に連載中。

ヲタ
オタクの意。

コミケ
同人マンガ即売会。

125の大虐殺
一人の毒男が合コンでゲットした恋を
成就させる過程を毒男板に書き込み、
他の毒男たちを絶望の淵に追いやった事件。

がんがる
がんばるの意。

20:28 | コメント (7) | トラックバック (2)

2005年02月21日

AERA 2005年2月28日号 素顔の「電車男」たち

320人調査/これだけモテたい女性も未婚女性もいるのに、なぜオレには来ない?
モテない君が挑んだ合コン、誌上採録

httphttp://www3.asahi.com/opendoors/zasshi/aera/backnumber/r20050228.html

20:25 | コメント (0) | トラックバック (0)

eBook Spot 2005年2月21日 電車男、『小説新潮』に登場

昨年10月20日に書籍が出版され52万部の売り上げを記録し、6月には映画化もされる話題のストーリー『電車男』。その主人公“電車男”本人が22日発売の『小説新潮』(新潮社)3月号に登場し、恋人“エルメス”とのその後を赤裸々に告白するという。

『電車男』とは、インターネット掲示板「2チャンネル」へ実際の書き込みから生まれたラブストーリー。モテない男の“電車男”が“エルメス”と結ばれるまで感動の物語だ。

小説新潮で、電車男は直木賞作家の重松清氏とのチャット対談というかたちで登場。これを「小説新潮」で誌面化した。

エルメスとの交際は順調のようで、昨年のクリスマスイブの話題になると、「彼女の家、食事、某デートスポットなどなど。ついでに泊りました」と、“エルメスとのお泊りデート”も明らかにした

すでにエルメスの両親にも紹介されている電車男。重松氏が結婚についての質問をすると、「今の関係の延長上に結婚があることは確かです」と、“ゴールイン”へは着々と向っているようだ。

「インターネット掲示板の書籍化」という出版業界の新しいビジネスモデルに火をつけた「電車男ブーム」は、ネットコンテンツとの親和性が高い電子書籍業界でも注目されている。今回の『小説新潮』における「本人」の登場は、匿名の著者をメディアに登場させるケースのひとつの試みともいえるだろう。

http://ebookspot.jp/modules/rsnavi/showarticle.php?id=221

20:20 | コメント (0) | トラックバック (0)

スポーツニッポン 2005年2月21日 「電車男」その後も順調

52万5000部を売り上げたネット本「電車男」(新潮社)の著者・中野独人氏が恋愛を成就させた彼女(エルメス)との順調な交際を、22日発売の月刊誌「小説新潮」で明かしている。

作家・重松清氏(41)とのチャット対談が掲載されるもので、中野氏はエルメスと昨年のクリスマスイブにホテルでお泊まりしたことや、相手の両親に初対面で好印象をもたれたことを書き込んでいる。今後について「今の関係の延長線上に結婚があることは確かです」とキッパリ。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/kiji/2005/02/21/05.html

20:13 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年02月20日

デイリースポーツ 2005年2月20日 「電車男」キターッ!!結婚宣言!?

インターネット上の掲示板から生まれた純愛ストーリー本「電車男」の“続編”が、22日発売の「小説新潮」の3月号に掲載されることが19日、明らかになった。電車男本人がパソコンのチャット対談に姿を現し、メディア初登場。恋人のエルメスとの仲は深まるばかりで、昨年のクリスマスイブにはホテルでお泊り。すでに両親にも会ったなどと大胆告白している。

知らぬ間に衝撃?の展開は続いていた。電車内で酔っぱらい男性から女性(エルメス)を救い、掲示板のアドバイスを力に、悩みながらも彼女をゲットした非モテ男界のカリスマ、あの電車男がさらなる“成長”を赤裸々に明かした。

電車男の本人が直木賞作家の重松清氏とのチャット(パソコン上でリアルタイムに会話すること)対談に登場。これを「小説新潮」で誌面化した。まず、恋人たちの祭典、クリスマスイブに質問が飛ぶと「彼女の家、食事、某デートスポットなどなど。ついでに泊りました」と告白。お泊りに誘ったのはエルメスで、プレゼントも渡し「まー、泊ったところでカンパイって感じです」と聖夜を楽しんだという。

交際は順調な2人。電車男の頭の中には、すでに次の展開があるようだ。重松氏の「結婚まで、考えますか?」という質問には「今の関係の延長上に結婚があることは確かです」と、きっぱり結婚宣言。すでに“エルメス両親”にも紹介され、公認の仲になっていることも明かした。

逆に別れの不安には「二人の仲がこじれて別れたりすることは今のところ無いです。自分にとっては、必要不可欠な存在です」とラブラブモードを強調。ほかにも、これまでの心境の変化などが語られている。

単行本はすでに50万部を突破し、映画化も決定。ネット時代のカリスマとなった「電車男」が無事エルメスとゴールインとなるのか?

http://www.daily.co.jp/gossip/2005/02/20/162139.shtml

小説新潮

14:26 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年02月18日

サイゾー 2005年3月号 暗礁に乗り上げたポスト『電車男』を狙うネット本

00:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年02月17日

漫画 「ザ・デザート」 「Judy」 掲載情報

講談社 「ザ・デザート」 5月10日発売号に1回読み切り掲載予定
作画は御茶まちこ
デザート 公式サイト

小学館 「Judy」 5月24日発売号から連載予定
Judy 公式サイト

07:32 | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年02月15日

週刊アサヒ芸能 2005年2月24日号 井筒監督の毒舌ストレート時評 アホかお前ら!

うわっ、気持ちワルぃ!新幹線の連結部のゴミ入れからのぞいてたスポーツ紙の見出しを読んで、思わず声を上げてしまった。思い切り気持ちワルい話が映画化されるという。あの 「電車男」 という薄気味悪い本。

実ははっきりとは知らんし、知りたくもないんやけど、ウワサでは相当に気色悪い代物だと聞いた。電車の中で接した女に悶々としたまま、自分から女には何ひとつできないオタクが、病人の巣窟のようなネット掲示板という、タンツボの世界で、ネットバカとその女についてやり取りをする変態本やと。

しかしその女の子にしてみたら、自分のことを勝手に想像されて名前までつけられてネットにやんや書かれてたわけで、それは痴漢やストーカーと変わりない行為。犯罪の一歩手前。ムシズが走るよ。

記事には 「話題の実話純愛物語」 とか書いてある。一体いつから 「純愛」 が変態用語になったんじゃ。ネットニッポンは変態を養殖している。

主人公は22歳の童貞で、週に3回秋葉原に通うゲームオタク・・・・って、これはどうしようも治療のできないアホ。アホの中のアホ。そんなのが目の前に現れて女も純愛するんか。一日中ネットながめてるアホと何するいうねん。

52万部のベストセラー? ビニ本と同じくらいレジに出すのが恥ずかしい本や思うが、もし真剣に読んでるヤツがいたら、そいつは本格的にヤバイな。横にいるかも。

本にした出版社も映画化する配給会社も、監督するヤツも、出演する役者も全員変態一味。儲かりさえすればいいと思ってるのか、バカどもが。

少なくとも、まともな輩はそんな陰湿ネット世界と一生関わりたくない、映画化するヤツらの顔を殴りつけてやりたいな。別の星でやれって。気味悪いから近寄らないでほしいな。アホバカ映画人もこのバカの国にいっぱいいる。

00:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年02月10日

「50万人が涙した純愛 ありがとう!電車男」 『電車男』大ヒットの源流 中の人氏インタビュー

第1章
電車男、1周年インタビュー

『電車男』大ヒットの源流 中の人氏インタビュー

『電車男』の大ヒットを考えるとき、まとめサイト『男達が後ろから撃たれるスレ 衛生兵を呼べ』(http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Aquarius/7075/index.html)を管理している中の人氏の存在を無視することはできない。中の人氏は、独身男性掲示板の中から、自分の注目したスレッドをまとめて自分のサイトで公開している。『電車男』もその一つである。まとめサイトで公開された『電車男』は話題を呼び、多くの人をひきつけ、ついには書籍で発売されるにいたった。新潮社から刊行された『電車男』も、まとめサイトで公開されているものを元にしている。中の人氏は、まとめサイト製作のいきさつと、『電車男』について、メールで回答を寄せてくれた。

●注目されていなかった電車男

『電車男』のまとめサイトを作るきっかけは何だったのでしょうか?
「あるスレッドの書き込みが面白かったので、そのままでは数日で読めなくなってしまうので、簡単にまとめてアップしました。自分の体験を書き込む人が他にもいたので、ついでにまとめました。電車男も書き込んでいたのですが、大して進展なさそうだったので、最初は放っておきました。そのうち盛り上がり始めたので、まとめサイトに入れるようになりました」

毒男の方たちの書き込みで、もっとも感動したのはどれですか?
「JTB」

毒男の方たちの書き込みで、もっとも泣けたのはどれですか?
「握りつぶした卒業証書」

毒男の方たちの書き込みで、おもわず腹がたったものがあれば教えてください。
「俺、紅茶が好きで色々と葉も集めたりしてる。とある女性にそう言ったら『キモイ。紅茶が穢れるから今すぐやめて水道水沸かして飲んでろ』と、言われた。」

『電車男』を巡る書き込みがどんどん盛り上がっていくのを肌で感じて、どんなお気持ちでしたか?
「ここまで来て、もし上手く行かなかったら残念。でも、電車男は変われたのだし、一緒にいた住人達も何かしら頑張ってみようという影響を与えたみたいだし、それはそれで良いかもしれない、と思ってました」

電車男さん自身の書き込みで、特に印象に残っているのはどれですか?
「再開はプリキュア後です」

その後、毒男の方たちと連絡を取り合うことはあるのですか?
「特にないです」

『電車男』の話がフィクションだと思ったことはありませんか?
「当事者じゃないので、100%本当だと言い切ることはできませんが、書き込みと本人の言う事で判断すると、フィクションとは言えないと思いました」

世間では色々と言われてますが、「電車男」なる人物は実在するのですか?
「います」

電車男さんに初めてお会いになられたのは、いつ頃ですか?
「8月くらい」

電車男さんとは、どのような形で連絡が取れるようになったのでしょうか。
「住人を介して」

電車男さんに初めてお会いになられたときの印象を教えてください。
「多分道に迷うだろうから、待ち合わせ場所の詳しい地図を送りました。いくら待っても来ない。電話してみると、やっぱり迷っていた。ようやく来たと思ったら、ビルの中のロビーで待っていると言ったのに、ビルの外をうろうろ歩き回っている。それを見て、電車男本人と認定しました」

電車男さんの外見を、具体的に教えてください。
「スレに書かれている通りですね。際立った特徴はないです」

エルメスさんにお会いになられたことはありますか?
「ないです」

実際に書籍になった『電車男』をご覧になってどう思われましたか?
「本当に出版したのか、と思いました」

『電車男』がベストセラーになっていることを、どう思われますか?
「数千部くらいで終わると思っていました。サイトで全部読めるのだから、買う人がそんなにたくさんいるとは思ってなかったです」

『電車男』が多くの人の共感を呼んだのは、なぜだと思われますか?
「スレ参加者以外が、あんなに長いテキストを読むと思っていなかったです。参加者が後で読んで、「こんな事あったなー」と楽しめさえすればいいや、と考えていました。参加者以外の人にわかりやすく簡潔にまとめる、なんて工夫をせず、600KB以上のテキストをそのままアップしました。なんででしょう???」

普段から2ちゃんねるに書き込むようなことはありますか?
「最近はないです」

サイトだけのときと、出版後では、閲覧者からの反応に変化はありましたか?
「サイトの初期の頃は男性の方がほとんどでしたが、出版後しばらくしてから、女性が増えた気がします」

『電車男』を読んだ方々に、メッセージをください。
「最後まで読破していただき、ありがとうございます」

「ありがとう!電車男―50万人が涙した純愛」より抜粋
2005年2月発売 宝島社

00:07 | コメント (1) | トラックバック (0)

「50万人が涙した純愛 ありがとう!電車男」 大好き>おまいら 電車男、感謝インタビュー

第1章
電車男、1周年インタビュー

大好き>おまいら
電車男、感謝インタビュー

これまで電車男は、ほとんどのメディアに対して沈黙を続けてきている。『電車男』の大ヒットで一躍有名人になったとはいえ、基本的に電車男はただの一般人である。個人が特定できるような情報が流れ、エルメスとの仲にヒビが入るようなことがあってはならない。

しかし今回、メールという形ではあるが、電車男は私たちに、詳細なインタビューに答えてくれた。ごく限られた範囲でしか答えてくれなかったが、届いたメールからは、『電車男』以後の、2人の生活の様子が浮かび上がってきた。

●2ちゃんねるに書き込まなかったこと

どうして電車での出来事を2ちゃんねるに書き込まれたのでしょうか?
「あの事件が起こるまではロムに徹してましたね。あと、そこに貼ってあった鬱BGMを聴いたりカップル板のコピペを読んだりして本気鬱に浸ってましたっけ。毒男板には実況に貼られていたリンクから飛んで行って、初めて踏み入れました。そのリンクがまとめサイトの『125による大虐殺』でした」

当初「731」と名乗っていたのですが、途中でハンドルネームを「電車男」にしたのはなぜですか?
「他の神候補達が数字そのままのHN(ハンドルネーム)だったりして、みんながだんだん紛らわしくなってきたので区別しやすいように分かりやすく簡単な名前を付けようと思って『電車男』にしました」

2ちゃんねるで応援されているときは、どんな気持ちでしたか?
「自信が奮い立たされるような気持ちでした」

その励ましの書き込みの中で、おもわず泣いてしまったメッセージはありますか?
「特定の書き込みではないのですが、最後のお別れのところですね」

では、逆に思わず笑ってしまったり、腹が立ったメッセージがあれば教えてください。
「般若のAA。腹が立ったのは、特になかったです」

2ちゃんねる以外に、今回のことを相談した人はいますか。
「会社の同僚に。相談した内容はスレで話題になったことと同じですね」

2ちゃんねるに書き込まなかったエピソードがあれば、教えてください。
「エルメスのカップですが結局、彼女の家に置きっ放しになってます。事実上の返上?」

いまでも2ちゃんねるに書き込みをされることはありますか?
「ゲーム攻略系や実況にぼちぼち…」

●エルメスは相手の考えていることを読み取れるんです。

差し障りのない範囲で結構ですので、2人のプライベートについてもお聞かせ下さい。いま、どのようなお仕事をなさっているのでしょうか?
「結構色んな事やらされる仕事です」

では、エルメスさんのお仕事は何でしょうか?
「結構稼いでそうな仕事ですよ」

電車男さんの、好きな食べ物は何ですか?
「なんでも食べます。嫌いな食べ物は無いですよ。エルメスは、辛すぎる物以外、美味い物ならなんでも」

電車男さんの、好きな映画は何ですか?
「マトリックスとかロードオブザリングとか」

最近、よく見るテレビ番組は何ですか?
「ケロロ軍曹かな? あとガンダムSEED DESTINYなどなど。木曜日〜日曜日にやってる映画とかをエルメスはよく見てますよ」

特技があれば教えてください。
「料理かな?」

エルメスさんの特技はなんですか?
「エルメスの得意料理はお菓子です。あと、超能力者並に相手の考えていることを読み取れる…かな?」

好きな音楽はどんなものですか?
「エルメスは洋楽とか好きです。自分はよく分からないですけど。なんかオサレなの。彼女に色々CD借りて洋楽とかも聞くようになりました」

2人の歳の差はどれくらいですか?
「ナイショです」

いま現在どこに住んでいますか?
「日本在住です。エルメスも日本在住です。日本国籍です」

エルメスさんとケンカすることはありますか?
「まだケンカらしいケンカはないです」

エルメスさんの、どういったところが好きですか?
「人間的に尊敬出来る部分が多いです。でも、頭が良いところとか…。勘がいいところとか…はちょっと苦手です」

エルメスさんにプレゼントしたもので、すごく喜ばれたモノはありますか?
「漏れ自身」

では、エルメスさんからもらって、すごく嬉しかったモノは?
「エルメスのティーカップ」

エルメスさんの家には、どれ位のペースで行かれていますか?
「今までに6、7回ほどかな? エルメスは自分の家には、まだ来たことないです」

●漠然と結婚は意識してますよ

エルメスさんとは、いま現在どういった関係ですか?
「恋愛中。会うのは週に1、2回ほど。携帯メールは1日に20〜30くらいです。2chを2チャンネルと表記したりするところとか笑ってしまいます」

エルメスさんに送った携帯メールで、彼女に受けたものはどんなメールですか?
「『Mでしょ? 絶対Mでしょ?』。どんな反応が返ってきたかはナイショです」

2人で会話をされるときは、どのようなことが話題に上りますか?
「次どこに遊びに行こうかとか。デートのパターンは買い物、彼女の家、食事に行く、ドライブ。最近出かけたのは、秋葉原とか」

秋葉原で、よく寄るお店はどこですか?
「ナイショです。秋葉原でよく買うのは、ゲームとかDVDとかです」

いま、2ちゃんねるの後押しやデートスポット、ファッションの指導がない状態ですが、特に困ったことはありませんか?
「彼女の行きたいところに行く事が多いので、もうちょっと自分の行きたい所に付き合って欲しいとか…」

エルメスさんから許されているオタク趣味はありますか?
「マンガ、ゲーム、アニメくらいならおkです。エロゲ、同人誌は禁止された訳じゃないのですが、自分の中でフェードアウトしました」

では、同人誌は棄ててしまったのですか?
「捨ててませんよ。しかし、売りました…_| ̄|......○」

そういえば、エルメスさんも準オタク趣味があるんですよね。どんな趣味ですか。
「お金がかかりそうな趣味です」

クリスマスはどのように過ごされたでしょうか?
「綺麗な所で美味しい物を食べて、告白の地へ繰り出しました」

エルメスさんとの結婚を意識されることはありますか?
「漠然とありますね。このまま続いてくれれば結婚すると思います」

いままで2ちゃんねるの書き込みでしかなかった『電車男』が書籍になると聞いたとき、どう思われましたか?
「いい記念品になるかなと。エルメスは驚いてましたよ」

それがいまではベストセラーになっています。
「本当かなぁと感じます。エルメスは驚いてますよ」

これだけヒットしてしまうと、自分が電車男だとばれてしまったりはしないのですか。いっそ名乗り出てしまおうとは、思わないのでしょうか。
「バレてませんよ。名乗り出る理由がないので、今後も名乗り出ることはありません」

『電車男』はフィクションだという人がいますが、どう思われますか?
「普通はフィクションだと思うのでは。『電車男』なる人物がいないと思う人がいても、それはそれでおkだと思います」

2ちゃんねるで応援してくださった方々にメッセージをお願いします。
「大好き>おまいら」

今後も電車男さんのあとに続いていくだろう毒男の人たちに、何かメッセージをください。
「勇気と素直な気持ちを持って努力すればきっと報われます」

『電車男』を読んだ方々に、メッセージをください。
「自分達は今でも仲良くやってます( ´ー`)」

「ありがとう!電車男―50万人が涙した純愛」より抜粋
2005年2月発売 宝島社

00:06 | コメント (3) | トラックバック (0)

50万人が涙した純愛 ありがとう! 電車男 発売

ありがとう!電車男―50万人が涙した純愛
ありがとう!電車男―50万人が涙した純愛

出版社:宝島社

「エルメスの得意料理はお菓子です」「今後も名乗り出ることはありません」。電車男、初のインタビューが実現!! ネット上で話題騒然、50万人を感動させた最強の純愛を味わい尽くすファンブックが、遂に登場。「電車男」を愛したすべての人に、この本を捧げます。

最強の純愛を味わい尽くすファンブック

大好き>おまいら
電車男、感謝インタビュー

『電車男』を愛した人に捧げる
充実のラインナップ
●ある毒男の告白「私は『電車男』に参加していた!」
●出会いはメタリック+水色ラインの電車
●PC購入デートは有楽町そごう跡地か
●「電車男」を脳から分析する
●電車男はどこにいる!? ……

00:05 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年02月08日

eiga.com 2005年2月8日 「電車男」映画版は東宝が!今年の6月に公開予定

昨年、日本最大の掲示板サイト「2ちゃんねる」で話題沸騰となったアキバ系青年の純愛物語「電車男」の映画化が決定した。邦画最大手の東宝が製作と配給を担当する。4月にクランクイン、6月に公開予定である。

昨年10月に新潮社より発売された書籍は、現在までに52万5000部を販売、コミック化も実現し、後は映画化を待つばかりとなっていた。映画化にあたっては、TVドラマ「ラストクリスマス」「東京湾景」などを演出した村上正典が初メガホンをとることが決定している。主役の電車男と、彼が思いを寄せるエルメス役のキャスティングは現在調整中とのこと。

東宝宣伝部では、“「電車男」と「エルメス」の恋愛模様を軸に、「名無しさん」の横顔を実在登場させて、臨場感を演出する”としているが、果たしてどんな演出が施されるのか、興味津々だ。

http://www.eiga.com/buzz/050208/

00:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年02月07日

MSN-Mainichi INTERACTIVE 2005年2月7日 キター(゜∀゜)━! 電車男映画化

スポーツ紙芸能面:
キター(゜∀゜)━! 電車男映画化

7日付の在京スポーツ紙芸能面は、各紙「萩原健一事情聴取へ」と「『電車男』映画化」を大きく報じている。

萩原氏に持たれている疑惑は、映画プロデューサーに不当な出演料を要求する恐喝電話をかけたというもの。担当したプロデューサーによると、映画「透光の樹」の主役に起用し出演料の半額750万円を支払ったものの、スタッフや共演者への暴言や暴行を続けたため途中降板。これに納得しなかった萩原氏が実在の暴力団の名前を出して未払いの出演料を求める留守番電話のメッセージを残したという。ニッカンは、萩原氏が今年に入り週刊誌などで「僕は逮捕されるんでしょう。覚悟はできています」などと話していたことを紹介。7日午前中には警視庁は逮捕状もとった模様で、逮捕は時間の問題だ。

「キター━━(゜∀゜)━━!! 『電車男』映画化」の見出しはニッカン。念のために「電車男」を紹介すると、酔っぱらいに絡まれているところを助けたことから知り合った女性に恋した「電車男」が、女性と交際するために助けを求めて始まったネット上のやりとりが「切ない」「泣けた」と評判になり、52万部のベストセラーとなったというもの。報知によれば、10社以上のオファーが殺到、「世界の中心で、愛を叫ぶ」など最近の純愛作で“打率10割”の実績を持つ東宝が映画化の権利を獲得した。出演者は未定で6月公開予定。ややさびれた感がある「純愛」ブームに再び火を点けることになるだろうか。(サイバー編集部)

【スポニチ】萩原健一聴取へ 映画プロデューサー恐喝未遂

【サンスポ】草なぎ 1年3カ月ぶり連ドラ 舞台はIT企業 目指すはホリエモン、三木谷社長 4月スタートフジ木10「ヒルズに恋して」

【デイリー】「電車男」早くも映画化 オタク&モテナイくんに夢と希望を与えた2ちゃん純愛物語

【ニッカン】ショーケン今日にも聴取、逮捕も

【報知】日テレvsフジ視聴率バトル「4月の新ドラマ」編 成海璃子いきなり主役は12歳 草なぎ目指せ三木谷&堀江社長

http://www.mainichi-msn.co.jp/geinou/cinema/news/20050207k0000e040010000c.html

09:55 | コメント (0) | トラックバック (0)

デイリースポーツ 2005年2月7日 電車男」早くも映画化決定

「電車男」出発進行―。偶然知り合った女性に恋をしたオタク青年がインターネット掲示板上での応援、助言を受けて突き進む物語「電車男」が映画化されることが6日、分かった。4月にクランクインし、6月に公開予定。2004年に話題をさらった“純愛ストーリー”が早くも実写となる。

「電車男」の原作はインターネット大手掲示板「2ちゃんねる」上で実際にやりとりされた内容をまとめたもの。昨年10月20日に出版され、現在52万部を超えるベストセラーとなっている。

酔っぱらいに絡まれているところを助けたことから知り合った女性に恋をした「電車男」が、事の経緯を「2ちゃんねる」に書き込んだ。“2ちゃんねらー”は「電車男」にさまざまなアドバイスや激励を送り、彼も勇気を振り絞って女性にアタックしてゆく。全国のオタクとモテナイくんに夢と希望を与えた“21世紀型の恋愛劇”が映像化される。

メガホンを取るのは村上正典監督(40)。劇場映画の監督は初めてだが、「感染」「NIN×NIN 忍者ハットリくんTHE MOVIE」「ホワイトアウト」「笑の大学」などではセカンドディレクター。ドラマ「白い巨塔」「東京湾景」ではディレクターも務めるなど経験は豊富だ。

クランクインは4月で、6月公開予定という超スピード展開。「2ちゃんねる」上に電車男が現れていたのが2004年3―5月だったので、わずか1年のうちに出版―映画公開と進んだことになる。

http://www.daily.co.jp/gossip/2005/02/07/160648.shtml

07:52 | コメント (0) | トラックバック (0)

スポーツ報知 2005年2月7日 「電車男」が映画になる

「白い巨塔」演出の村上正典氏初メガホン

日本最大のインターネット匿名掲示板「2ちゃんねる」から生まれた純愛物語「電車男」(新潮社)が映画化されることが6日、分かった。10社以上のオファーが殺到する中「世界の中心で、愛をさけぶ」「いま、会いにゆきます」など最近の純愛作で“打率10割”の実績を持つ東宝が映画化の権利を獲得。監督は高視聴率ドラマ「白い巨塔」(フジテレビ系)を演出した村上正典氏(40)が初メガホンを執る。6月公開の予定。

2ちゃんねるから生まれた純愛物語

「電車男」は彼女いない歴22年のアニメオタクの青年が「2ちゃんねる」のスレッドで書き込み者の心強い応援に支えられ、生まれて初めて恋を成就させる物語。実話とされている。

デートの誘い方、告白の仕方などもアドバイスされるなど純粋な恋心の軌跡が話題になっていた。“2ちゃん”では昨年3月から5月にかけて総アクセス数は1000万件ともいわれ、その約半年後には出版化。書籍版も52万部を超えるベストセラーになっている。

10社を超える映画会社やテレビ局が争奪戦を展開する中、映画化をゲットしたのが東宝。関係者は「ネット上で盛り上がっているときから関心があった。著作権を心配したが、出版されたことで交渉の窓口もでき、早い段階で映画化の希望を伝えていた」と話す。

東宝は「黄泉がえり」「世界の中心で、愛をさけぶ」「いま、会いにゆきます」などがヒット。邦画界に純愛ブームを起こした実績も大きく、この異色の恋愛物語を「オタクには暗いイメージがあるが、人間の成長を軸に、究極の純愛作品」にするつもりだ。

クランクインは4月で現在配役の最終調整中。キャラクターだけでなく容姿も個性的な電車男やヒロイン「エルメス子」をどんな俳優が演じるか注目だ。電車男の容姿について書籍版では「身長172センチ、体重68キロ、服装は秋葉原系(オタクの若者のような)、眼鏡着用」「ELTのギタリストに似ている」などのヒントが記されている。

また電車男通の間では恋が実ったときなど掲示板の住人たちが大きな絵文字で祝福しているが、映像化されたときにこれをどう描くのかにも関心が集まっている。

監督する村上正典氏は共同テレビのホープとして活躍。「白い巨塔」「ラストクリスマス」「ウォーターボーイズ」などフジテレビのヒット作の演出を手掛けた。映画でも「ホワイトアウト」「NINNIN」「笑の大学」のセカンドディレクターを務め、人間ドラマを確実に描ける一方で遊び心あふれる演出にも定評があり、満を持しての初メガホンとなる。
 
◆主宰者に許諾

「2ちゃんねる」は不特定多数の匿名掲示板。著作権について異色の出版物で、厳密には“反則寸前だ”と話題になった。ちなみに「2ちゃんねる」に書き込む際、投稿の確認として「投稿者は投稿された内容について掲示板運営者がコピー、保存、引用、転載で利用することを許諾します」と表示されている。新潮社は「出版する価値があるから作った。断念しようとは考えなかった」。“2ちゃん”主宰者に許諾も得て、電車男にも会っている。いまのところ抗議などはきていないという。

http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/feb/o20050206_30.htm

07:07 | コメント (0) | トラックバック (0)

日刊スポーツ 2005年2月7日 2ちゃんで話題の実話「電車男」が映画化

ネット掲示板「2ちゃんねる」で昨年話題沸騰した実話の純愛物語「電車男」が、映画化されることが6日、分かった。オタクの男性が、女性と交際するために助けを求めて始まったネット上のやりとりが、愛好者の間で「切ない」「泣けた」と評判になり、書籍版「電車男」(新潮社)は売り上げ52万部のベストセラーになった。東宝が映画化権を獲得。主役の「電車男」「エルメス」ら出演者は未定。4月から撮影を開始し、6月に公開の予定だ。

若者を中心に昨年大きな話題となった「電車男」だけに、映画化をめぐっては各映画会社の間で激しい争奪戦が展開された。その結果「世界の中心で、愛をさけぶ」「いま、会いにゆきます」など、純愛ブームの火付け役となった東宝が獲得した。ネット小説の映画化は例があるが、掲示板のやりとりの映画化は前代未聞のことだ。メガホンは、映画「ホワイトアウト」「笑の大学」などで助監督を務めた村上正典氏(40)がとる。これが初監督。

主役の「電車男」と、彼が恋する女性「エルメス」の配役は現在、選考中だ。2人とも実在の人物とされるが、ネット上では簡単な容姿など人物像を文章で表現しただけで、現在も素顔はなぞ。だれが演じるか、注目が集まりそうだ。関係者は「純愛の要素を含むラブコメディーになりそう」と話している。

物語は、昨年3月に交際経験がない「秋葉系オタク」の青年が、電車内で酔っぱらいにからまれた女性を助けたことを書き込んだことから始まった。恋を成就しようと悩む青年が、投稿者からの熱いアドバイスを受けながら、女性との距離を縮めていく。ネットならではのリアルな恋愛の進行が口コミで話題になり、アクセスが殺到した。

ネット上のやりとりは昨年5月に終了したが、昨年10月には「著者・中野独人」として書籍化され、現在52万5000部のベストセラー。出版各社がコミック化し、3月には朗読劇にもなる予定だ。これら漫画化、映像化などで発生する原作使用料は、新潟県中越地震被災者に全額寄付されることになっている。

だれも予想できない広がりをみせた掲示板の物語。どんな映像になるのか、興味はつきない。

http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-050207-0008.html

06:51 | コメント (0) | トラックバック (0)

日経WOMAN 2005年3月号 「電車男」編集者インタビュー

00:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年02月05日

産経新聞 2005年2月5日 ネット掲示板出版物 「電車男」二匹目のドジョウ狙い続々と新刊

匿名ならではの恥ずかしい告白、見知らぬ同士だから言える厳しい本音が、ドラマを生む…。インターネット掲示板の書き込みが、書籍になるケースが目だってきた。あまりにできすぎた“美談”ゆえ、真贋(がん)論争も起きているベストセラー「電車男」は、今年から3誌で漫画連載がスタート。来月には朗読劇が上演されるなど、「セカチュー」(世界の中心で、愛をさけぶ)の大ヒットに続く純愛もののメディアミックスに発展しそうな勢いだ。二匹目、三匹目のドジョウも電車男の後を追う。

この10日間に「今週、妻が浮気します」「実録鬼嫁日記」なと、ネットの書き込みを元にした新刊が相次いでいる。丸善丸の内本店(東京都千代田区)では「すでに認知度も高く出足はいい。ブログの普及でこのテの本が続々出そうな気配です」。

15刷52万5000部を突破し、検証のサイトや本が出版されるなど、今や神話的存在となっている「電車男」(新潮社)は、もてない独身男性が集まる「2ちゃんねる」の掲示板上での2カ月にわたるやりとりだ。オタク青年=電車男が、電車の中で酔っ払いにからまれていた美しい女性を助けたところ、彼女からお礼が届く。電車男は進展を願うが、女性への接し方が分からず掲示板に助けを求めた。掲示板の住人たちは、髪形、服装、店選びなど、細かなアドバイスを書き込み励まし、時に説教する。素直な電車男はみるみる成長を遂げ、ついに恋愛成就。電車男の報告に、掲示板にはアスキーアート(文字を組み合わせたネット独特の絵)の祝電が乱れ飛んだ…。

ネットの画面をそのまま再現した印刷は「出版にあたり最も苦労した点」と新潮社の担当編集者、郡司裕子さん(34)。不透明な著作権や版権の問題が、書籍化である程度整理されたことから、新潮社には映画など40件ものオファーが殺到した。

まずは今年に入り、小学館の「ヤングサンデー」、秋田書店の「ヤングチャンピオン」「チャンピオンレッド」で電車男が漫画になった。「読者アンケートでも早速上位にランクイン。ネット時代ならではの素材の面白さに加え、恋愛あり、友情あり、主人公の成長物語としての面白さが魅力」とヤングサンデー編集部。春には2つの女性誌でも漫画化が決定。3月12日からの朗読劇を主催するサンケイスポーツでは「2ちゃんねるの先行販売では2日間で300枚以上販売。チケットも残りわずか」。

そんな騒動を尻目に…「クリスマスには頑張って高いお店を予約しました。彼女のいる年末年始って忙しいものなんですね…」。電車男本人と3回会っているという郡司さんの元には、今も彼女との順調な交際を伝えるメールが届くという。

一方、「『電車男』を超える、大人の愛の物語」との帯を付け、先月25日に発売された「今週、妻が浮気します」は、「OKWebコミュニティ/教えて!goo」という相談サイトの2週間のやりとりを収録。発売1週間で3刷4万3000部と出足好調だ。「今週妻が浮気します。今はホテルに乗り込んで何かしらの決着をつけようと思っています。しかしそれは正しい方法でしょうか?」

共働き、2人の子持ちの夫から寄せられた切ない質問に、50人を超す男女から親身な助言や励ましが寄せられる。揺れる心情を赤裸々に明かす質問者。問題解決に向かって掲示板が連体し、物語性を帯びる過程は電車男と共通している。

「妻を思う夫の気持ち、回答者の温かさに胸を打たれた。ネット上でも無料で読めるが、線を引いたり付箋をつけたり、本としてじっくり読みたい需要はあると感じた」と中央公論新社の担当編集者、山本春秋さん(29)。出版の申し出に戸惑ったのは質問者本人だ。「自身が特定されたり、家族に知られることを心配されていた。一般人である掲示板の著者をどう守ってゆくかが課題」と山本さん。

「gooリサーチ」と共同で約500人に行った調査によると、「ネット掲示板で質問・相談をしたことがある人」は16%。「今後利用したい人」は19%で、その理由は「匿名で相談できる」80%、「本音で遠慮なく意見してくれそう」71%が主流だ。

身近な人でなく、カウンセラーでもない、第三の相談場所として台頭する掲示板。一つの悩みから、また新しいドラマが生まれる可能性は大いにありそう。

http://www.sankei.co.jp/news/050205/bun022.htm

07:38

2005年02月03日

ITmedia News 2005年2月3日 AMD Award授賞式にひろゆき氏登場

優れたデジタル作品を表彰する「AMD Award」の各賞を、「電車男」「jigブラウザ」「mixi」などが受賞。表彰式には「2ちゃんねる」のひろゆき氏やjig.jpの福野社長、イー・マーキュリー笠原社長などが登場した。

優れたデジタル作品を表彰する「AMD Award」の第10回表彰式が2月3日、都内で行われ、携帯電話向けフルブラウザ「jigブラウザ」を開発したjig.jpの福野泰介社長や、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「mixi」を運営するイー・マーキュリーの笠原健治社長、「2ちゃんねる」のひろゆき氏などが出席して受賞の喜びを語った(関連記事参照)。

AMD Awardは、デジタルメディア協会(AMD)が主催し、総務省などが後援。デジタル作品の質の向上と人材育成を目的にしている。

2ちゃんねる発の恋愛ストーリー「電車男」がベストライター賞を受賞。受賞式に出席したひろゆき氏は、ジャケットにジーパン、サンダルというラフな格好で「電車男は(ベストビジュアルデザイナー賞を受賞した)CASSHERNのように世界を救う訳じゃない。男の子が女の子を好きになるという、行き当たりばったりのよくある話。何でデジタルコンテンツの賞をもらえるのか分からないが、また機会があればよろしくお願いします」と話して会場の笑いを誘った。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0502/03/news110.html

22:42 | コメント (0) | トラックバック (0)

INTERNET Watch 2005年2月3日 AMD Award表彰式、2ちゃんねるのひろゆき氏らが登場

総務省の所管する社団法人デジタルメディア協会(AMD)は3日、優秀なコンテンツを表彰する「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー/AMD Award」の表彰式を都内で開催した。

AMD Awardは、AMDがデジタルコンテンツのの質的向上や人材育成を目的として、2004年に発売および発表された国内のデジタルコンテンツの中から優秀な作品を表彰するもの。10周年となる今回のグランプリはプロダクション・アイジーの映画「イノセンス」が受賞した。イノセンスは部門賞のBest Music Composer賞も受賞している。

部門賞では、Best Producer/Director賞にイー・マーキュリーのSNS「mixi」が選ばれたほか、Best Writer賞には「電車男」が選ばれた。

「電車男」の著者である中野独人氏の代理として出席した2ちゃんねる管理人の西村博之氏は電車男について、「世界を救うとか大それた話ではなく、どこにでもいる男性の恋を掲示板を通じてみんなが応援したという話」と説明。「これが果たしてデジタルなのかどうか」と戸惑いながらも受賞を喜んでいた様子だった。

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/02/03/6350.html

21:21 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年02月02日

ダカーポ 554号 『電車男』にハマる女性が急増中

12:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

たけくまメモ 2005年2月2日 『電車男』 のファンブック

『電車男』 のファンブックが出るらしい。
http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2005/02/post_1.html

00:00 | コメント (0) | トラックバック (0)