協力者・情報提供者待ってます

« 2005年07月 | メイン | 2005年09月 »

2005年08月31日

FujiSankei Business i. 05/08/30 「ケロロ軍曹」ビジネス快進撃

ケロロ軍曹、ビジネスも快進撃中であります−。月刊少年誌「少年エース」(五百円、角川書店)に連載中の漫画『ケロロ軍曹』(吉崎観音作)の関連ビジネスが活況だ。昨年四月のテレビアニメ化を機に、書籍やキャラクターグッズの売り上げが絶好調。来春の映画公開も決まった。

この夏、ケロロ軍曹の“援軍”まで現れた。フジテレビ系列で七月からスタートした人気ドラマ「電車男」(毎週木曜日午後十時)だ。主人公“電車男”のお気に入りグッズとして、さまざまなケロロ軍曹グッズがドラマに登場。視聴者の認知度を高めている。

フジテレビでは「実在の電車男がケロロ軍曹のファンだったという事実を忠実に守った」と説明するが、系列局以外のアニメキャラクターを露出するケースはまれといえる。

バンダイにもグッズ購入者から「電車男を見てケロロ軍曹を知った」というアンケートの回答が多数寄せられている。同社は、今月からケロロ軍曹のパペット人形(二千百円)やプラモデル(六百三十円)を新たに発売、予想以上に売れている。今後も「玩具付き菓子や雑貨など続々と新商品を発売する予定」(同社広報担当)だ。

http://www.business-i.jp/news/top-page/topic/200508300004o.nwc

05:29 | コメント (0) | トラックバック (0)

BARKS 05/08/29 椿、「電車男」のエルメスの心情を歌う

クラブ系のヒップホップやR&Bから美空ひばりの名曲「川の流れのように」まで歌い、J-POP SOULシンガーとして注目を浴びている椿(つばき)。彼女が9/7にシングル「Sea of love」をリリースする。この曲の英語ヴァージョンは、CX系ドラマ「電車男」(主演:伊東美咲、伊藤淳史)の劇中歌。すでにオンエアされ話題となっていて、ヒットの予感だ。

この曲は、ドラマ「電車男」のサウンド・プロデュースをしているFace 2 fAKEは「主人公エルメスの心情を伝える歌を歌うのは、伸びやかな哀愁のある声を持つ“椿”しかいない」と思い、依頼。ひたむきな愛を見事に表現し、愛に悩む女性に必聴ナンバーとなっている。

この「Sea of love」のビデオ・クリップがBARKSに到着。下記アドレスから是非アクセスを!

CDシングルの1曲目には「Sea of love」の日本語ヴァージョンが収録されているが、英語ヴァージョンもカップリングに収録されている。

■椿「Sea of love」ビデオ・クリップ
http://www.barks.jp/watch/?id=1000007053

■椿「Sea of love」音源試聴
http://www.barks.jp/listen/?id=1000007081

http://www.barks.jp/news/?id=1000011093&m=jpop

05:24 | コメント (0) | トラックバック (0)

東宝 映画情報紹介メディア一覧 まとめ

掲載日や内容などが変更となった場合があります。

新聞・雑誌
5月14日 インターナショナルプレス 映画紹介
5月15日 Cinema Life 映画紹介
       月刊タウン情報CU* 映画紹介
       漁村 映画紹介
5月17日 恋愛宣言 ピンキッシュ 映画紹介
5月18日 週刊ザテレビジョン インタビュー(山田孝之)
5月20日 DVD&ビデオVISION 映画紹介
       FLYING POSTMAN PRESS 映画紹介
       i109 映画紹介
       情報誌アヴァンティ福岡 映画紹介
       ファボーレ東宝シネマガイド 映画紹介
       ヤングガンガン 映画紹介
       月刊poroco 映画紹介
       月刊SKIP 映画紹介
       月刊北国アクタス 映画紹介
5月21日 この映画がすごい! 映画紹介
5月22日 とってって 映画紹介
5月23日 Caz プレゼント紹介(原作本)
       OZ magazine 映画紹介
       ChouChou 映画紹介
       JUNON 撮影現場ルポ
       ドラマジェニック 映画紹介
      月刊cheek 映画紹介
5月24日 ヤングチャンピオン コミック掲載、映画告知
       Judy コミック掲載、映画告知
       テレパルf 特集
       TOKYO1週間 特集
       週刊ザテレビジョン インタビュー(山田孝之)
       TVTaro. インタビュー(山田孝之)
       street JACK 映画紹介
5月25日 TV LIFE インタビュー(山田孝之、中谷美紀)
       TVぴあ インタビュー(山田孝之)
       TVステーション インタビュー(山田孝之)
       ザ・ニュースリリース 映画紹介
       あわわ 映画紹介
       エルマガジン 映画紹介
       シティ情報ふくしま 映画紹介
       すたんぴーど 映画紹介
       さっぽろタウン情報/せんだいタウン情報 映画紹介
       タウン情報とやま/月刊Takt 映画紹介
       タウン情報おかやま 映画紹介
       タウン情報ぱーぷる 映画紹介
       月刊Cocoa 映画紹介
       新潟こまち 映画紹介
5月26日 ヤングサンデー コミック掲載、映画告知
       コミックガム 映画紹介
       あさひかわTOWN情報 映画紹介
       月刊タウン情報クマモト 映画紹介
5月28日 マンスリーガイド 映画紹介
      東京ウォーカー 映画紹介
      コーラス 映画紹介
5月28日 マンスリーガイド 映画紹介
      TokyoWalker 映画紹介
      コーラス 映画紹介
5月30日 ドラゴンマガジン 映画紹介
      ドリマガ 映画紹介
5月31日 SPA! インタビュー(中谷美紀)
      UGA 映画紹介
6月1日 TVガイド インタビュー(山田孝之)
      ザテレビジョン 映画紹介
      CINEMA CINEMA 映画紹介
      anan インタビュー(中谷美紀)
      Hanako インタビュー(中谷美紀)
      SEVENTEEN 映画紹介
      Hana☆Chu 映画紹介
      レオパレスマガジン 映画紹介
      gioire 映画紹介
      TOHO CINEMASマンスリーガイド 映画紹介
      ステモWEB 映画紹介
      はちまる!! 映画紹介
6月2日 Weeklyぴあ 「電車男」現象
      TV LIFE別冊「電車男」ビジュアルブック 公式ムック
      朝日新聞マリオン コメント(山田孝之)、秋葉原特集
6月3日 読売新聞 映画評
      毎日新聞 映画評
6月4日 日経エンタテインメント! 映画紹介
      non-no 特集
      キネマ旬報 特集
      日本農業新聞 映画紹介
6月5日 河北アルファ 映画紹介
6月6日 メンズブランド 映画紹介
      FunFan 映画紹介
6月7日 S cawaii! 映画紹介
6月8日 My Birthday 映画紹介
      TVBros. 映画紹介
6月9日 Active English 映画紹介
6月10日 buku インタビュー(中谷美紀)
      Invitation 映画紹介
      月刊コンプティーク 映画紹介
6月11日 JILLE 映画紹介、主題歌紹介
6月20日 AERA 秋葉原ファッション特集
6月21日 ROADSHOW 特集
      この映画がすごい 映画紹介
6月22日 TVBros. 映画紹介
6月23日 CanCam 映画紹介
      朝日新聞 インタビュー(博報堂DY 春名慶氏)
      女性セブン インターネットの書籍ブーム
6月24日 BSfan 映画紹介
6月29日 Mac Fan 映画紹介
6月30日 朝日新聞 インタビュー(北山善弘さん、村上監督)
7月1日 月刊うえの 映画紹介
7月3日 Fuji Sankei Business i 映画紹介
7月4日 日経エンタテインメント! オレンジレンジ特集
7月5日 TOKYO1週刊 映画紹介
7月10日 しんぶん赤旗 映画紹介

TV・ラジオ
5月20日 NTV 音楽戦士 オレンジレンジ「ラブ・パレード」
       EX ミュージックステーション オレンジレンジ「ラブ・パレード」
5月21日 CX プレミアムステージ 映画紹介
5月22日 CS カミングスーンTV 映画紹介
5月26日 TBS うたばん オレンジレンジ「ラブ・パレード」
5月27日 NHK ポップジャム オレンジレンジ「ラブ・パレード」
      NTV ズームイン!!SUPER インタビュー(山田孝之、中谷美紀)
      各局 ワイドショー 完成披露記の模様
5月28日 TBS CDTV オレンジレンジ「ラブ・パレード」
      CX プレミアムステージ 映画紹介
5月28日 CX プレミアムステージ 映画紹介
      TX 月刊MelodiX! オレンジレンジ「ラブ・パレード」
5月29日 BSフジ 世代の壁 映画紹介(クイズ問題にて)
      日本映画専門チャンネル シネマホリック インタビュー(山田孝之)
5月30日 CX HEY!HEY!HEY! ゲスト(ORANGE RANGE)
5月31日 千葉テレビ THE MUSIC272 映画紹介
6月1日 NTV ザ・情報ツウ インタビュー(山田孝之、中谷美紀)
      NTV ミンナのテレビ 映画紹介、ゲスト(ORANGE RANGE)
      CATV ウィークリーホットライン 予告編紹介
      JFN OPEN SESAME プロデューサーインタビュー
6月2日 MTV MTVスクリーン 映画紹介
6月3日 CX めざましテレビ 映画紹介、コメント(山田孝之、中谷美紀)
      CX F2スマイル インタビュー(山田孝之、中谷美紀)
      CX スーパーニュース インタビュー(山田孝之、中谷美紀)
      BS-2 週刊なびTV! インタビュー(山田孝之)
      TBS きょう発プラス! インタビュー(山田孝之、中谷美紀)
      FMフジ Night Walkers 映画紹介
6月4日 CX めざましどようび コメント(山田孝之)
      CX 男おばさん 映画紹介
      NTV ズームインサタデー 映画紹介
      CS シネリーブルインフォメーション 映画紹介
6月6日 各局 ワイドショー 初日舞台挨拶の模様
6月7日 NHK静岡 たっぷり静岡 映画紹介
6月8日 NTV ザ・情報ツウ ゲスト(嶋大輔)
6月10日 NHK 生活ほっとモーニング 映画紹介
6月11日 NHK-BS 週刊シティ情報 映画紹介
      NTV スームインサタデー 映画紹介
6月12日 MXテレビ ガリレオチャンネル 「電車男」ブーム特集
6月13日 TFM 坂上みきのBeautiful ゲスト(村上正典監督) ※17日まで
6月15日 NHK富山 とやま夢航海 映画紹介
6月19日 EX 全国一斉〇〇テスト この夏の流行映画
6月25日 TBS 王様のブランチ ブランニューキャッチ 電車男を探せ
7月2日 CX 夏の新作とれたてドラマツアーズ
7月4日 群馬テレビ 昼生情報 映画紹介
7月9日 CX プレミアの巣窟

イベント
5月26日 完成披露試写会
6月4日 公開初日
6月4日 特別舞台挨拶

05:20 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年08月29日

日刊スポーツ 05/08/28 浅草サンバに「電車男」伊藤ともこみち

人気ドラマ「電車男」に出演中の伊藤淳史と速水もこみち(ともに21)が27日、東京・浅草で行われた浅草サンバカーニバルのパレードに初参加した。約50万人の見物客でにぎわう中、フジテレビチーム220人のメンバーとして山車(だし)に上った。オタクとイケメンのツーショットに、女性ファンも大喜び。刺激的な衣装の数々に目移りする伊藤は「間近に見たことがないので、最初はセクシーさに押されて2歩ほど下がってしまった」。ダンサーからほっぺたにキスマークをもらった速水は「見とれちゃいました」とうれしそうだった。

http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-050828-0009.html

05:30 | コメント (0) | トラックバック (0)

スポーツニッポン 05/08/28 “電車男”ラテン娘からキスの嵐

フジテレビドラマ「電車男」(木曜後10・00)に出演中の伊藤淳史(21)と速水もこみち(21)が27日、東京・浅草で開催された浅草サンバカーニバルに参加した。ダイナマイトボディーのサンバダンサーを目の当たりにした伊藤は「2歩ほど下がってしまいました。やる気と熱気とセクシーさに打たれました」と電車男らしくドギマギ。2人は、ダンサーからほおに何度もキスされ「おいしいなあ」(速水)とデ〜レデレになりながら、山車に乗って約800メートルをパレード。「電車男」や「エルメス」をまねたダンサーも登場し、大声援を浴びていた。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2005/08/28/04.html

05:28 | コメント (0) | トラックバック (0)

スポーツ報知 05/08/27 電車男 キスにキタ〜

フジテレビ系「電車男」(木曜・後10時)に出演中の俳優・伊藤淳史(21)と速水もこみち(21)が27日、東京・浅草で開催された「第25回浅草サンバカーニバル」に参加した。

総勢220人のフジテレビチームの一員として参加した2人は「電車男&エルメスダンサーズ」を従え、800メートルの距離を30分かけてパレード。フロート(山車)の上から手を振ると、約50万人の観客から大歓声が上がった。ナイスボディーのセクシー外国人ダンサーからキスされた伊藤は「やる気と熱気とセクシーさに押されて2歩ほど下がっちゃいました」とタジタジ。もこみちは「刺激的で見とれちゃう。おいしい仕事で良い夏の思い出になった」と鼻の下を伸ばしていた。

http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/aug/o20050827_100.htm

05:25 | コメント (1) | トラックバック (0)

INTERNET Watch 05/08/26 電車男、映画化などで検索キーワード上位に〜ネットレイティングス調査

ネットレイティングスは、2005年7月度のインターネット利用動向情報サービスの調査結果を公表した。映画化、テレビドラマ化で注目を集める「電車男」が、検索キーワードとしても多用されていることなどがわかった。

調査によれば、Yahoo! JAPANやMSNなどの主要ポータルサイトの検索サービス、Googleなどの主要検索サイトを集計対象とした検索キーワードランキングで、検索キーワード「電車男」は5月の79位、6月の17位から、7月は5位に急上昇した。推計入力者数は63万7,000人に達しているという。

電車男関連サイトへのアクセスも増加した。6月4日に公開された映画版「電車男」の公式サイトは7月には49万4,000人のアクセスを記録。7月からフジテレビ系列で始まったテレビドラマ版「電車男」の公式サイトでも60万2,000人がアクセスしており、フジテレビの公式サイト訪問者全体(499万7,000人)のうち、12%がアクセスしたことになる。

ただし、映画とテレビドラマ両方の公式サイトを訪問したユーザーは17万3,000人にとどまった。一方、どちらかのサイトを訪問したユーザーは92万3,000人にのぼり、ネットレイティングスでは「映画とテレビドラマが異なる視聴者層にアピールしている」と分析した。

ネットレイティングスの萩原雅之代表取締役社長兼チーフアナリストは、「2004年の電車男ブームはネットユーザー内に限られた流行だったが、当時も検索キーワードや関連サイトへのアクセスは大きく伸びていた。その後、オンライン上ではいったん沈静化したものの、2005年に入り出版、漫画、映画、ドラマなどへメディア展開したことで、再び検索キーワードの入力者数や関連サイトの訪問者数増加となって現われたようだ。2004年と比較すると関心層のボリュームは拡大しており、その特性も大きく変化していると考えられる」とコメントしている。

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/08/26/8917.html

05:09 | コメント (0) | トラックバック (0)

中日新聞 05/08/26 『電車男』人気 ここにも 高級紅茶好調 松坂屋本店

インターネットの掲示板に書かれた文章を元にした本「電車男」の人気が、作品に登場する商品にも広がっている。その一つ、紅茶「ベノア」を中部地方で唯一、小売りしている松坂屋本店(名古屋・中区栄)では売れ行きがうなぎ上り。予想以上の“特需”に驚いている。 (原 一文)

この本は、女性に縁のなかった「オタク」青年がインターネットの掲示板「2ちゃんねる」で顔も知らない不特定多数の人に励ましを受け、あこがれの女性との恋愛を成就する話題作。昨年秋に単行本となり百万部を超えるベストセラーに。映画やテレビドラマ化された。

ベノアは、ヒロインが主人公の電車男を自宅でごちそうする場面に登場する。松坂屋本店では三月、本館地下一階の特設コーナーで売り始めた。買い求めるのは若い女性が多く、六月の映画公開、七月のテレビドラマ化以降、売上高は三月に比べて三倍の勢いという。

一番人気は「ピュアダージリン」で一缶千二百六十円(税込み)で、まとめ買いする三十代の男性客も。同店は反響に驚きつつ「今後も売り上げは伸びる」と期待する。

物語は、ヒロインの名前の由来になった仏高級ブランド「エルメス」のティーカップを、電車男がヒロインからプレゼントされる場面もある。

この影響で、同店に出店しているエルメスには「電車男に出てくるのはこのカップですか」と尋ねる客もいる。関係者によると、映画などに登場したカップは一万五百−一万二千六百円(税込み)という。関係者は「あなたに好意を持っています」と表現する商品の一つとして定着するよう、期待を膨らませている。

http://www.chunichi.co.jp/00/ach/20050826/lcl_____ach_____007.shtml

05:06 | コメント (0) | トラックバック (0)

日刊スポーツ 05/08/27 「ボク、オタクです」で「電車男」割引

「オタク2枚ください」。ロングラン中の映画「電車男」を観賞する際、窓口でそう告げると入場料金が安くなるサービスが話題を集めている。神奈川県藤沢市の映画館「フジサワ中央」が、一般1700円、大学・高校生1400円に加え「オタク1300円」という料金を設定。判別は不可能なため、自己申告すれば誰でもサービスを受けられる状態という。

封切りは6月4日だったが、同館は7月23日から上映。同館を運営する藤沢映画興行営業管理部の新田浩二課長(40)は「公開遅れを取り戻すための話題づくりがはまった。独身割引などの案もあったが、シャレで主人公と引っ掛けた」と説明する。もくろみ通り、企画は大成功。動員数は予想比2割増となった。新聞や雑誌、ブログ(日記)などで話題になったこともあって、来館者の半数が“オタク”といい、中には女性客もいるとか。

従来の街の映画館はシネコンなどに押され、生き残りに必死。同館は過去にも浴衣割引などの営業努力を行ってきたという。配給の東宝は「オタク料金がある唯一の映画館」としている。「フジサワ中央」は好評のため、9月2日までだった上映予定を1週間延長することを決めた。

http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-050827-0006.html

04:55 | コメント (0) | トラックバック (0)

NIKKEI NET 05/08/26 神奈川の映画館、「電車男」に自己申告の「オタク」割り引き

わたしオタクです――。神奈川県藤沢市の映画館「フジサワ中央」(藤沢映画興行)は、上映中の映画「電車男」で、高校生以上の客が「オタク」と申告すれば料金が安くなる「オタク料金」を設定、反響を呼んでいる。

一般1700円、大学・高校生1400円に対し、「オタク」は1300円。証明は要らず、窓口で「オタクです」と、自己申告するだけでOKだ。

インターネットや雑誌でも取り上げられて話題になり、来館者の半数以上が利用。「オタク」には程遠いような女性客も「オタク3枚」などと楽しんでいるという。

提案した同社営業管理部の新田浩二課長(40)は「内向的な『オタク』青年が勇気を出す映画なので、映画館に来た『オタク』な人たちにも声を上げてほしいと思い、半分しゃれで始めました」と話している。

思わぬ反響で、同社は当初8月いっぱいだった上映期間を9月9日まで延ばす。〔共同〕

http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20050826STXKE082025082005.html

04:46 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年08月24日

電車男 TVサントラ 発売


電車男 TVサントラ

映画も大ヒット、今度はTVドラマとして登場の『電車男』(2005年7月〜放映)のサウンドトラック発売。ジェフ・リン率いるELO(エレクトリック・ライト・オーケストラ)によるオープニング「トワイライト」をはじめ、2ちゃんねるから生まれたラブストーリーを彩る楽曲群を収録。劇中の音楽を担当するのは劇伴ヒットメーカー FACE TO FAKEの2人。
【期間限定生産】(年内生産分まで)オープニング映像収録DVD付き

ディスク 1
CD
1 トワイライト/エレクトリック・ライト・オーケストラ *オープニングテーマ
2 START ME @ STARTING LOVE/月面兎兵器ミーナ/MISSING LINK
3 a fateful encounter /Face 2 fAKE
4 もちつけ俺…(((( ;゜д゜)))/Face 2 fAKE
5 名無しさん /Face 2 fAKE
6 喰っちゃったんですか??/Face 2 fAKE
7 詳細キボンヌ/Face 2 fAKE
8 めしどこか たのむ/Face 2 fAKE
9 キタ ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!!!  /Face 2 fAKE
10 毒男/Face 2 fAKE
11 哀愁のWaltz/Face 2 fAKE
12 steal up.../Face 2 fAKE
13 ちゃんと掴んでますからw/Face 2 fAKE
14 グレイスフルトレーディング/Face 2 fAKE
15 ベアノティー( ´ー`)/Face 2 fAKE
16 sea of love 〜instrumental version〜 /Face 2 fAKE
17 エルメス/Face 2 fAKE
18 ちゃんと掴んでますからw 〜AcousticGuitar version〜/Face 2 fAKE
19 世界はそれを愛と呼ぶんだぜ 〜Bluesharp version〜 /Face 2 fAKE
20 sea of love 〜English version〜/TSUBAKI
21 宇宙のファンタジー/アース・ウインド&ファイアー
22 コーリング・オール・エンジェルス/トレイン
23 ダウンタウン・トレイン/パティ・スマイス
24 Twilight 〜A.Piano version〜/Face 2 fAKE

ディスク 2
DVD
1 月面兎兵器ミーナ(オープニングアニメ) music by ELO

23:41 | コメント (1) | トラックバック (0)

フジテレビ トリビアの泉 2005年8月24日放送

トリビアの種 No.096
街で女性がからまれた時
「電車男」のように助けてくれる
秋葉原の男性は100人中69人

23:00 | コメント (1) | トラックバック (0)

毎日新聞 05/08/23 電車男:ヲタク割引を設定 藤沢の映画館

「ヲタク1枚」映画館の窓口でこう告げると、入場料が割引になるサービスが話題を呼んでいる。藤沢市のJR藤沢駅北口、遊行通りにある個人経営の映画館「フジサワ中央」は、公開中の映画「電車男」にヲタク割引料金を設定、入場券を買う際、「ヲタク」と自己申告すると、入場料が1300円となる。

◇シャレのつもりがネットで反響

「電車男」の主人公がいわゆる秋葉系ヲタク。同館が客を呼ぶ工夫として、大人(1700円)と高校・大学生(1400円)の下にヲタク料金を設定した。半ばシャレで始めたサービスがネットなどで反響を呼び、予想以上の入り。当初は7月26日までの公開予定だったが、来月2日まで延長することになった。

ヲタクを証明する必要もなく、半分以上がヲタクを自己申告して入場しているという。「中には、『アニ(アニメ)ヲタ』『ガン(ガンダム)ヲタ』と申告される人もいます」と同館も苦笑い。 個人経営の映画館は大手のシネコンなどに押されて、どこも生き残りに懸命。同館でも浴衣割引、最終一律1000円上映などさまざまな工夫を凝らしている。「ハードではかないませんから、ソフト面で頑張りたい。ヲタク料金もその一つです」と同館。

上映時間などの問い合わせは同館(電話0466・22・9101)へ。

http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/geinou/news/20050824k0000m040074000c.html

03:17 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年08月23日

JUNON 2005年10月号 読者1000人に緊急アンケート 高視聴率で爆走中! 『電車男』のココに萌え!

『電車男』のキモは速水もこみちに聞け!

04:16 | コメント (0) | トラックバック (0)

読売新聞 05/08/22 「電車男」に出演 伊藤 淳史(いとう あつし)

舌のもつれも リアルさに

「あ、あ、あの、あの、あ、青山さんは、い、い、いら、いらっしゃいますでしょうきゃ……」

思う人を相手にして、携帯電話を持つ手が震え、緊張で言葉が言葉にならない。インターネットの掲示板から生まれた小説が原作の純愛コメディー「電車男」(フジテレビ系=木曜後10・00)で、エルメスこと青山沙織(伊東美咲)相手にいつもあたふたする。そんなおたく青年・山田剛司役を熱演している。

「初共演の伊東さんがとても奇麗。そんな方を相手にしているという気持ちを役に置き換えて、アップテンポに一生懸命演じると、ドキドキして舌がもつれたり、台本にないセリフが出たりする。そうする事で、応援したくなるように、リアルに見る人に伝わるかなと思います」

撮影前、おたくを観察するため、スタッフと東京・秋葉原に行った。「コスプレの男性客などもいたんですが、おたくの皆さんは気軽に話しかけてくれた。単独で行動してると思っていたけど、イメージは全く違いました」と、熱心に語る。

3歳の時、祖母に勧められて子役オーディションを受けたのがきっかけで芸能界入り。フジテレビ系の人気バラエティー「とんねるずのみなさんのおかげです」で、仮面ライダーのパロディー「チビノリダー」役で、一躍人気者になった。「7歳までやったんですが記憶が無くて、とんねるずの2人や当時のスタッフの方に再会して声かけられた時も、初対面に思えて悔しかった」と、苦笑する。

1997年の映画「鉄塔武蔵野線」の純朴な小学生役で、「俳優は面白いと思い始めた」。2000年の「独立少年合唱団」がベルリン国際映画祭で高く評価され、コミカルな高校生役のCMでも話題になった。最近は映画「血と骨」や、放送中のNHK大河「義経」にも出演、着実に実績を重ねている。

心優しく内向的で不器用な役に定評があるが、本人は「自分とは全くかけ離れた性格」と、笑顔で話す。

「でも、自分と違えば違う役ほど演じると楽しくて魅力的。電車男の剛司君は誰かを愛する気持ちがすごく強い。気持ちが一生懸命な役は、自分も『頑張れっ』て応援したくなるから、演じる上でプラスですね」

目標とする俳優は織田裕二という。「クールな役も三枚目的な芝居もこなせる。そんな幅広い演技力を持ちたい」。現役の大学4年生でもあり多忙だが、「忙しい方が物事に100%集中できる。充実しています」。瞳を輝かせて言い切った。

http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/tv/20050822et06.htm

03:17 | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年08月18日

IT-PLUS 05/08/18 止まらない「電車男」ビジネス

女優・伊藤美咲主演のテレビドラマ「電車男」(フジテレビ系)がきょう放送分の第7話で後半に入る。前半6話は平均約20%という高視聴率をたたき出した。その勢いを受ける格好で、「電車男」を発火点とした関連商品も売れている。2匹目のドジョウを当て込んだビジネスも広がり、「電車男」現象は当分、減速しそうにない。

オタク青年の純愛を描くドラマ「電車男」は前週放送の第6話が19.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、引き続き好視聴率を維持している。夏の民放連続ドラマでは視聴率トップを快走中だ。

インターネット上の掲示板「2ちゃんねる」から始まった原作小説『電車男』(中野独人著、新潮社刊)も相変わらずベストセラー上位に顔を出し続ける。2004年10月に出版されてからほぼ1年近くになるのにだ。既に100万部を突破した。東宝の同名映画も観客動員数が100万人を突破した。

小説とは異なり、テレビ版は「電車男」と呼ばれる青年(伊藤淳史)が心を寄せる女性、通称「エルメス」(伊藤)の視点で描かれている。「エルメス」と呼ばれる理由は、危ないところを電車男に助けてもらったお礼に彼女がフランスの高級ブランド「エルメス」のティーカップを贈ったからだ。このティーカップはあちこちの食器通販サイトで「『電車男』に登場した・・・」という宣伝文句付きで販売されている。

実はテレビ版と映画版では同じ「エルメス」でもカップが異なる。映画版のカップは「シェーヌダンクル」というシリーズだ。船の錨(いかり)のチェーンをモチーフにした青い絵柄で知られる。

一方、テレビ版は「エーゲ」シリーズ。エーゲ海の太陽をイメージし、カップの縁に輝く幾何学模様が描かれている。それぞれゴールドとプラチナをカラーリングしたペアカップが使われた。カップの底にはフランス語で「エーゲ ソレイユ(太陽)」と書かれている。旗艦店「メゾンエルメス」(東京・銀座)では、ドラマと同じペアで買い求めたがる人もいるという。価格はソーサー付きで1客1万2600円だ。

映画で「エルメス」が「電車男」に自宅でごちそうした、英国発祥の紅茶銘柄「ベノア」も人気を呼んでいる。東京では松坂屋銀座店(東京・中央)の地下1階に紅茶やスコーンを販売するショップがある。ベノアの公式サイトでは「映画『電車男』にべノアが登場」「銀座松坂屋4Fのべノアティールームでのロケも行われました」などと、「電車男」にからめた宣伝文句が掲載されている。

ドラマの主題歌になっている、ロックバンド、サンボマスターの「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」は邦楽シングルチャートで7位に入った(8月15日付オリコン調べ)。ドラマのために書き下ろした曲だ。

舞台版は27日まで東京・パークタワーホールで上演中だ。主演は美形俳優の武田真治だ。「エルメス」役はタレント・優香が声だけで演じる。女性は舞台に姿を見せない。小説、テレビドラマ、舞台と広がるにつれ、二番煎(せん)じにならないよう、少しずつ見せ方を変えようという工夫がうかがえる。

掲示板やブログを書籍化する手口は今や出版界の常套手段となりつつある。妻への愚痴をつづったブログから生まれた本が『実録鬼嫁日記』(アメーバブックス刊)だ。ブログサービス「アメーバブログ」を運営するインターネット広告代理店、サイバーエージェントが仕掛けた。女優・観月ありさ主演でフジテレビジョンがドラマに仕立てる予定だ。映画化も決まっている。

ソーシャルネット・ワーキング・サービス(SNS、人脈づくりサイト)国内最大手の「mixi(ミクシィ)」からは純愛小説『59番目のプロポーズ』(アルテイシア著、美術出版社刊)が生まれた。ライブドアは、文芸書に強い出版社の幻冬舎と組んで、ブログからの書籍出版に乗り出した。プロバイダー大手のニフティも自社のブログサービス「ココログ」からの出版事業を始めた。いずれも狙うは第2、第3の『電車男』だ。

「エルメス」がドラマ中でしばしばショールを身に着けているところから、ファッション業界では「この秋はショールがはやる」という予想も出始めた。ドラマ版はまだ半分残っており、小説では具体的に示されなかった商品やサービスがまだまだ登場する可能性がある。「電車男」と「エルメス」の行くところにヒットあり、という不思議なランデブーはもうしばらく続きそうだ。

http://it.nikkei.co.jp/digital/news/index.aspx?i=20050818ef000ea

19:40 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年08月16日

サンケイスポーツ 05/08/16 エルメスの次はキャバクラ嬢!伊東美咲が次回“月9”主演に

女優、伊東美咲(28)が10月スタートのフジテレビ系“月9”ドラマ「危険な美女」(仮題、月曜後9・0)に主演することが15日、分かった。美咲の月9主演は初。お嬢様、エルメス役を熱演中の「電車男」に続き異例の2クール連続主演となる。新作では一転、森山未來(20)扮する弟思いのNO.1キャバクラ嬢。「自分らしく楽しくお仕事ができたら」と意気込んでいる。

現在のところ、7−9月クールでNO.1の注目度と視聴率を獲得している「電車男」に続き、美咲が連投で月9に挑む。

同局での同一俳優の2クール連続主演は、ドラマ枠が現在よりも多かった時代を除き、最近では、平成14年7月「陰陽師」、同10月「薔薇の十字架」に主演した三上博史だけ。美咲の連投は異例中の異例で、それだけ同局の美咲にかける期待の大きさの表れでもある。

さらに、その役柄設定も驚き。「電車男」の美咲は、オタク青年たちの憧れのマドンナ、エルメス役。美人、清楚で品があるお嬢様。「危険な美女」(仮題)では一転してキャバクラで働く女性に扮する。子どもの頃から「顔だけいい女」と言われ続け、宮崎の田舎から出てきてキャバ嬢に。頭がよく医師を目指す弟(森山未來)が唯一の自慢で、弟のためならどんな苦労もいとわず、無条件に愛を注ぐという設定だ。

12年に深夜枠のドラマで女優デビュー。徐々にステップアップし、昨年は初主演映画「海猫」で体当たりの熱演をみせ、今年は「電車男」のほか、ヒロインをつとめた映画「釣りバカ日誌16」(今月27日)、日中合作「アバウト・ラブ 関於愛」(10月17日)が間もなく公開になるなど、ノリにノッている。

制作サイドは、美咲について「今まさに旬であり、あの美貌ながら、三枚目というか、テレビを見ている方が応援したくなるような役を演じることができる女優さん」と高い評価をしている。

現在、「電車男」の撮影が佳境に入り、肉体的、精神的にハードという美咲だが、「(依頼は)本当にうれしかった。今しかできないことを自然の流れで受け止めたい」と快諾。「スタッフ、キャストの皆さんと素敵な作品を作れたらうれしい。そして、“月9”という枠に新しい風を吹き込めたらいいですね」と話している。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200508/gt2005081601.html

13:25 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年08月15日

インターネットTVガイド 05/08/10 伊藤淳史がオタク青年のいちずさを熱演 フジテレビ系 「電車男」

フジテレビ系 「電車男」 (木曜後10・0) が好調だ。気が小さくてさえない電車男・山田剛司がエルメスこと青山沙織(伊東美咲)と出会い、恋をする。伊東のノーブルな美しさはもちろんのこと、エルメスに恋焦がれる山田のいちずさ、切なさを体当たりで演じる伊藤淳史のドラマへの貢献度は相当なもの。

「ここ数年、連絡を取っていなかった友達から携帯電話に、“毎週、見てるよ” といったメッセージが入ってきます。反響がすごいのでうれしい」と目を細める。

出番が多く収録は大変らしい。特に苦労しているのが、パソコンの掲示板に向かって喜怒哀楽のリアクションを表現するシーン。

「キーボードを打つ手が腱鞘 (けんしょう) 炎みたいになる。せりふや動きにも力が入っているので疲れますが、どんなに疲れようが頑張っていかなくては」 と自分に言い聞かせている。

憶病な山田を応援しているのもサイトの住人たちだ。その数は30人近い。

「住人たちの声には気持ちがこもっていますし、 “がんばれ!” という文字が大きくなっていたりすると胸がキュンとして泣けてきます」

洋服や髪形の変化、エルメスへの思いを掲示板に書き込むなど、山田の成長ぶりはほほ笑ましい。しかし、役作りで1番大事にしているのは「気の弱さと情けなさ」だという。情けないけど純粋で切ない彼を応援したくなる。そこが、このドラマの面白さでもある。

「僕も同じ思いです。後半、そんな彼がどう変わっていくのか楽しみです」と語る。

http://www.tvguide.or.jp/news/news050810_12.html

21:08 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年08月11日

女性セブン 2005年8月18・25日号 いますぐ使える「電車男」語FA

23:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年08月10日

ZAKZAK 05/08/09 サンボマスターの魅力…「電車男」主題歌ヒット

モテないのに!?メジャーへ着々

ネットの巨大掲示板に始まり、小説、映画などで話題沸騰。フジテレビ系のドラマ(木曜午後10時)も好調な「電車男」。その主題歌「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」(ソニー・ミュージックレコーズ)がプラネットの最新シングルチャートで8位にランクイン。15日付オリコンチャートでも7位と注目を集めている。歌うは3人組バンド「サンボマスター」。風貌にはアキバテーストも漂い、“メガネロック”の異名もとるが、ストレートでシンプル、ソウルフルな詩とサウンドが支持されている。聴く「電車男」が誕生だ。

3人は東洋大学のサークルで知り合ったボーカル&ギターの山口隆(29)=福島県出身=、ドラム&コーラスの木内泰史(29)=千葉県出身=に近藤洋一(28)=栃木県出身=が加わり、平成12年結成。旧ソ連の国技で語呂がいい「サンボ」から名前を取った。

山口は地面をのたうち回りながらシャウトするスタイルが人気で、今年の全国ツアーチケットは完売したほどの勢い。

彼らのライブには、ジーンズにチェックのシャツというオタクファッション族がけっこういる。

その理由は、「メンバー自らが『僕ら、正直、モテないわけですよ』と言い切ってしまう素朴な性格。ロックバンドなのに、メガネにセーターという、まさにオタクも共感できるファッションだから」(邦楽コラムニスト)という。

彼らも、ファンを意識してか、14年には全国ツアーのファイナルに秋葉原を選び、「彼らにメッセージを送るというのでなく、同じ立場、視線で歌っている」(同)というのだ。

「ボーカルの山口さん、まさに僕らが言いたくても言えないことを叫んでくれる。ルックスも僕らに近いし…」(アキバ系の20代ファン)

サンボは、スカパー!が運営する「夏フェス」専門チャンネルのCMキャラクターに起用されるなど、まさにブレーク寸前だ。

「オタクの星」から徐々にメジャーの階段を上るサンボだが、「チャートで何位に入ったとかに喜ぶ邪魔な自分がいる。そんな自分を殺して、もう一度、ここから始めるために歌うんですよ」という山口。ライク・ア・ローリング・ストーン−。ひとつ所に止まらないのが彼らの魅力か。

http://www.zakzak.co.jp/gei/2005_08/g2005080904.html

08:53 | コメント (1) | トラックバック (0)

ZAKZAK 05/08/09 「電車男」主演、伊藤淳史が台場で縄電車男

ドラマ「電車男」に出演中の伊藤淳史(21)が8日、東京・台場の同局で行われた「縄電車で行くフジテレビ社屋ツアー」の出発式に参加。同局系バラエティー「もしもツアーズ」(土曜後6時30分)がプロデュースする夏の恒例イベントで同番組レギュラー陣も集結=写真。

この日はエルメス(伊東美咲)ではなく、タレント、坂下千里子(29)に「素敵です」と迫って、浮気ムード…。

http://www.zakzak.co.jp/gei/2005_08/g2005080903.html

08:50 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年08月09日

女性自身 2005年8月23・30日号 速水もこみち 俺もけっこうオタクかも−好調「電車男」収録舞台裏から近況報告

23:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊朝日 2005年8月19-26日合併号 オタク割引から萌え萌え詐欺まで 「電車男」商法の虎視眈々

23:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

日刊スポーツ 05/08/08 電車男がエルメスの家に行く!

フジテレビのドラマ「電車男」(木曜午後10時)に出演中の俳優伊藤淳史(21)が8日、都内で開催中のイベント「お台場冒険王2005」に登場。「今週の放送は電車男がついにエルメス(伊東美咲)の家に行く。ドラマも面白くなってきた」とPRした。

http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/f-et-tp0-050808-0032.html

10:21 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年08月08日

WEBダ・ヴィンチ さとう珠緒のバカブックガイド〜恋愛教科書編〜 05/08/02

記念すべき第一回目に取り上げる本は、『電車男』。
http://web-davinci.jp/contents/tamao/contents/20050802.html

14:11 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年08月06日

サンケイスポーツ 05/08/05 武田真治、舞台版「電車男」の公開リハーサル行う

5日から東京・西新宿のパークタワーホールで上演される舞台「電車男」(堤幸彦脚本・演出)の公開リハーサルを同所で行った=写真。ネット掲示板「2ちゃんねる」から生まれた人気作の舞台版。武田は、普段のイケメン姿を封印し、ボサボサ頭に眼鏡姿で見事、オタク青年に変身。「ブームになっている原作がある作品なので、各々が持っているイメージの中で高得点を取れるように頑張ります」。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200508/gt2005080509.html

02:01 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年08月04日

ゲンダイネット 05/08/02 たかがテレビじゃないか 「電車男」映画VSドラマ

フジテレビの「電車男」がこの“ドラマ不況”の中、視聴率20%台と絶好調だ。

理由はいくつかある。原作本がヒットして映画も結構当たって「電車男」というタイトル自体が知られていたこと。本を読むのも映画館に行くのも面倒だけど、テレビならいいやというお客がいること。これまでインターネットやチャットや「2ちゃんねる」といったものを本格的に取り込んだドラマがなかったこと。

そして、これが大きいのだが、この一見変わったラブストーリーが「実話」だという(フレコミである)ことなどだ。

映画はドラマよりも原作のテイストに近い。チャットの文字や文章の使い方も的確だった。そして、久しぶりで「中谷美紀もいいねえ」と思えた。エルメスは育ちのせいなのかおっとり、いや、変に堂々としている。このちょっと浮世離れしたお嬢さまキャラを中谷はうまく表現していた。この人なら、いきなりエルメスのペアカップを送ってくるかもしれない。

ドラマ版のヒロインは伊東美咲だ。奇麗かもしれないが、どこかビンボーくさい。育ちもあまりいいとは思えない。お嬢さまはお嬢さまでも下町在住だろう。エルメスのペアカップというより、門前仲町・伊勢屋の「深川だんご(生モノは無理か)」でも送ってきそうだ。電車男との対比という意味でも落差が必要。今回は脇に回っている白石美帆のほうがまだ似合っていたかも。

片や、主人公の電車男。こちらはドラマ版の伊藤淳史を支持する。映画の山田孝之はどーにも端正過ぎる。いくら髪を伸ばして眼鏡をかけても、正統派の“ヲタク青年”には見えない。だから、電車男がオメカシしてデートに行くシーンの可笑しさと切なさが弱いのだ。その点、伊藤はビジュアルで得(?)をしている。応援してやりたくなるではないか。

というわけで、映画VS.ドラマの対決は1勝1敗の引き分けである。ただし、両者というか「電車男」自体への不満は恋愛に際して安易に“変身”しようとすること。玉砕してもいいから“ヲタク”やアキバ系のまま相手にぶつかって欲しいのだ。ヲタを隠すな! ヲタを恥じるな!

http://www.excite.co.jp/News/entertainment/20050802100002/17736.html

07:03 | コメント (0) | トラックバック (0)

読売新聞 05/08/03 オタク男が見た「電車男」

CG多用 魂足りない
フジテレビ系「電車男」が好調だ。伊東美咲演じる「エルメス」と、伊藤淳史演じるおたく青年「電車男」の純愛物語に加え、東京・秋葉原やインターネットの掲示板に集うおたくの生態描写も話題になっている。実際のおたく男性たちは、このドラマをどう思って見ているのだろうか。

アキバ描写 フォーカスの仕方ちょっと…
――本紙夕刊「OTAKUニッポン」でおなじみの直言兄弟の弟と、知人のパイプイス、muの両氏に参加してもらった。まず、このドラマをどう見ているか。

パイプイス「困ったことに、秋葉原の描写は、ずれてるけど間違ってない所が多い」

直言弟「間違ってないけど、フォーカスの仕方がちょっとねぇ」

mu「オープニングアニメはOKAMAさんのキャラクターデザインからだいぶ崩れてませんか? それにアニメ『ギャラクシーエンジェル』的なニオイがぷんぷんします」

パイプイス「1か月前にオファー受けてやっつけ仕事でやったみたい。それにコンピューターグラフィックス(CG)を多用するのはソウル(魂)が足りないですよ。ちゃんと手描きにしないと!」

mu「伊藤淳史は表情がいいです。口がひし形で」

パイプイス「私の行きつけの秋葉原のメイド喫茶で役作りやってたらしい。でもおたくなのに掲示板専用のブラウザー(閲覧ソフト)使ってないんですよ」

ミーナのフィギュア いいなぁ。萌え〜
――では感心した点は?

直言弟「電車男の部屋の『月面兎兵器ミーナ』のフィギュアいいなぁ。萌え〜」

パイプイス「あれ1体40万円するらしいですよ」

mu「みんな欲しがってます。あと電車の妹役の堀北真希、すばらしいです」

パイプイス「派遣OLの陣釜さん(白石美帆)と並んで“ツンデレ”ツートップ。陣釜さんもネットで人気です」

直言弟「注釈すると、ツンデレはふだんはツンツンしてても二人きりになるとデレデレするという意味です」

――やはり妹やフィギュアには得点が高い。エルメスについては?

mu「ゴージャスぶりはすごい。美しさもすばらしいです」

パイプイス「フジテレビという“トレンディー星”のお姫様!! でも第1話で電車の中でSFっぽい小説を原書で読んでましたから、もしやエルメスはおたくで、バレたらどうしようと思ってるのでは?」

――すごい推理。では最後に今後の展開で気になる点は?

パイプイス「やはり今月開催されるコミケ(漫画同人誌の即売会「コミックマーケット」)に電車男らがどう絡むかでしょう」

mu「東京のおたくの9割は行きますから(笑)」

実際のおたく青年の間でも、さまざまな話題を呼んでいるのは間違いないようだ。

http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/tv/20050803et04.htm

04:37 | コメント (0) | トラックバック (0)

ORICON STYLE 05/08/03 話題の『電車男』を歌うサンボマスター コメント&PV

世界はそれを愛と呼ぶんだぜ
サンボマスター
2005/08/03[シングル]
\1,223(税込)
ソニーレコード
SRCL-5941
CX系ドラマ「電車男」主題歌

【楽曲情報】
1.世界はそれを愛と呼ぶんだぜ
2.熱い砂と悪い雨
3.僕に捧ぐ

世間のモテない男どもが電車に乗ると何かを期待してしまう…。日本中にそんな現象を巻き起こしている逆シンデレラストーリー『電車男』のテレビドラマ版主題歌を歌うサンボ!! ん〜、タイトルからしてサンボ節爆発!! もちろんサウンドもサンボ節!! だって“世界はそれを愛と呼ぶんだぜ”なんてカッコよく? 叫べるバンドはサンボくらいじゃないか!? 世の中“ラブ&ピース”で大抵の事が解決できるわけですよ。デビュー以来それを叫び続けているサンボのシングルを聴いて突っ走れ!! 日本の夏、サンボマスターの夏のはじまりはじまり。

1.コメント映像
2.PV「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ 」

大ブレイク!サンボマスターはなぜ売れた!?

http://www.oricon.co.jp/music/interview/050803_01.html

04:28 | コメント (0) | トラックバック (0)

Listen Japan 05/08/03 サンボマスター、24時間限りのPVフル視聴

本日8月3日(日)に、好評放送中のドラマ『電車男』主題歌「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」をリリースするサンボマスター。発売にちなんで、8月3日(水)12時から8月4日(木)12時まで<Sony Music Online Japan>をサイトジャックし、PVフル視聴を実施することになった。24時間限定なのでお見逃しなく! また彼らはこのシングルを引っさげて、8月5日(金)・6日(土)・7日(日)『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2005』、8月14日(日)『Sky Jamboree 05』、8月27日(土)・28日(日)『MONSTER baSH』など各地の夏フェスに出演するので要チェックです。詳細はオフィシャル・サイトまで。

http://www.listen.co.jp/news.xtp?news=10401

04:20 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年08月03日

ドラマ「電車男」主題歌 サンボマスター「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」発売

世界はそれを愛と呼ぶんだぜ

1.世界はそれを愛と呼ぶんだぜ
2.熱い砂と悪い雨
3.僕に捧ぐ

2ndアルバムも好調なサンボマスターのシングル「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」登場! フジテレビ系ドラマ『電車男』主題歌として、“エルメス”と電車男の恋を熱く熱く盛り上げる。

23:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年08月02日

週刊女性 2005年8月16日号 「電車男」(伊藤淳史) あやや、長澤まさみにコケにされた素顔

23:00 | コメント (1) | トラックバック (0)