協力者・情報提供者待ってます

« 2005年11月 | メイン | 2006年01月 »

2005年12月29日

新春・オタク駅伝『電車男』全11話一挙放送スペシャル

緊急告知!
お正月に帰ってキターッ!

箱根に負けるな!
「新春・オタク駅伝『電車男』全11話一挙放送スペシャル!」

お正月の華…それは、箱根駅伝。しかし…いつまでも、箱根の独断場は許せない!!…ということで、フジテレビでは、1月2日(月)・3日(火)の二日間にわけて、この夏一番のヒットドラマ「電車男」全11話を一挙再放送することになりました…!

が、そこは、フジテレビ、そして「電車男」のスタッフ。ただの再放送では終わらせません。箱根駅伝に対抗して、ドラマの陰の主役でもあったネットの住人たち総勢20数人が、3〜4チームに分かれ、お台場のフジテレビ前をスタートし、ドラマに登場したロケ地を巡りながら、オタクの聖地・秋葉原のゴール地点を目指して、駅伝でつなぎます。その模様の解説を担当するのは、ドラマで電車男のオタク仲間役で怪演を見せた劇団ひとり。彼ならではのユニークな解説ぶりにも期待大!

そして、見事、優勝したチームには、エルメス(伊東美咲)から特別な贈り物がプレゼントされる予定です。

お正月気分満載の、「電車男」SP、はたして、ネット住人たちは、聖地・秋葉原まで完走できるのか?…ドラマ本編の感動を再び味わっていただくと共に、応援してください!

若松央樹プロデューサーコメント
「2006年フジテレビの“ドラマはじめ”を飾ることができて光栄です。再放送とはいえ、そのまま流すのは“電車男らしくない”ということで、箱根駅伝の裏ということもあり、11時間以上の再放送を“共に走る”企画を考えました。出演者の皆様も、喜んで参加して頂くことになり、『再び集まれることを楽しみにしています』とコメントしてくれています。2005年を飾った『電車男』全11話を、お正月にじっくり見ていただくだけでなく、オタク達(ネットの住人)の勇姿、そしてドラマの裏話も含め、単なる再放送ではない『電車男スペシャル』をお楽しみください。」

タイトル : 「新春・オタク駅伝『電車男』全11話一挙放送スペシャル!」
放送日時 : 1月2日(月) 9:50―11:55(第一話&二話)
                12:05−15:45(第三話〜第六話)
        1月3日(火) 9:15−12:10(第七話〜第九話)
                12:20−14:45(第十話&第十一話)
駅伝部分 : 生中継ではありません。既に収録をした模様を、一話と二話の間、三話と四話の間など、数分ずつ、二日間にわたって最終回まで入れ込みます。
ゲスト : 伊東美咲(VTR出演予定)、伊藤淳史ほか
解説 : 劇団ひとり
駅伝走者 : 調整中

http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2005/05-densha.html

23:09 | コメント (1) | トラックバック (2)

新春かくし芸大会2006 ドラマ「電車男」をモチーフに、恵俊彰が「自転車男」

フジテレビ
『第43回新春かくし芸大会2006』
2006年1月1日(日)18時〜21時24分

あの大ヒットドラマ「電車男」をモチーフに、恵俊彰が体を張って
BMX(自転車)に臨む!!

西軍(4)演目「自転車男」

もはや「国民的番組」といっても過言ではないほど、日本のお正月番組の“顔”としてすっかり定着した感のある「新春かくし芸大会2006」(1月1日18時より放送)。第43回目となる今回は、東軍・西軍合わせて総勢10組がいずれ劣らぬ熱のこもった華麗な演技を披露する。

そんな中、西軍4組目に登場するのが「自転車男」。住む世界がまるで違うお嬢様(=エルメス)とアキバ系の冴えない男(=電車男)とのラブストーリーを描き、空前の話題と注目をさらった大ヒットドラマ「電車男」をモチーフに、BMXを使って「自転車男」が街中を疾走し、彼女に会いに行く!が、途中さまざまな障害が待ち受けていて…!!果たして自転車男は無事に彼女の待つ場所にたどり着くことができるのか!?という内容で、BMXならではの超難解な技をふんだんに織り込み、スーパーや音楽などは「電車男」のパッケージで楽しく“魅せて”いく。

その「自転車男」を演じるのは恵俊彰。2004年の「かくし芸大会」では堺正章も演じたカクテルづくりの妙技を、そして昨年は一本の縄が棒のように見えるように回す「流星」と呼ばれる芸を披露し、2年連続で主にジャグリングを中心とした手技で見せてきた彼が、今年は何とBMXという体を張った演目に挑戦する。ダイナミックな動きとさまざまな技との融合により「去年までのイメージとは違った“恵演目”をテーマにし、“堺越え”を目指したい!」と意欲満々だ。

そして、自転車男が思いを寄せる「エルメス役」を演じるのは、ソロでの「かくし芸」は2度目の挑戦となる後藤真希。「もともと私はどちらかというとおしとやかな感じではなく、翳を持っていてクールなイメージの方が周りからは強いのではないかと思います。ですから、今回は普段とは違い、猫をかぶっているのではないかというくらい、おしとやかに演じてみました」と語る。恵の熱のこもった技を目の当たりにし、「とにかくすごい!! 普段(自転車で)仕事をしているわけではないのに、こんな技をやり遂げてしまうなんて、本当にすごい!! の一言です」。

また、自転車男を応援し、ともにBMXの練習に励む「オタク仲間」をつとめるのは、「ギター侍」で大ブレイクした波田陽区。演目での登場は初で、専門家に「アスリートの体をしている」と絶賛された波田だが、やはり「練習はとにかくキツい!」と顔を歪め、「人生でこんなに頑張ったことはないと思うほど頑張っていますし、その結果、本当にいろいろと学ばせていただいています。何よりも最初全然出来なかったことや出来ないと思いこんでいたものが、いつのまにか出来るようになった瞬間は、本当に感動ものですね。恵さんにひっぱっていただき、感謝しています。運動神経が悪そうなイメージをこの演目で払拭し、2006年は新キャラをお披露目できればいいですね」と意気込みを語る。

飯村徹郎ディレクター(フジテレビバラエティ制作センター)が、「41歳という年齢の恵さんが、これほど難易度の高い演目に体を張って臨んで下さっているのが本当にうれしいですね。また、波田さんもとにかくすごく熱心で、お二人の頑張りには頭が下がります。この『自転車男』はドラマとバラエティのいろんな要素が入っているとても楽しい作品で、『楽しんで、しかも頑張っている恵&波田のコンビ』、そしてドラマ部門では後藤真希さんや実際にドラマ『電車男』に出演していた素晴らしい俳優さんたちがたくさん登場しているところが最大の見どころ。盛りだくさんの内容でお届けします」と大いに自信をのぞかせるこの「自転車男」、どうぞご期待下さい!!

■キャスト
 自転車男  …  恵 俊彰
 オタク仲間  …  波田陽区
 エルメス  …  後藤真希
 ネットの住民  …  我修院達也
 ネットの住民  …  なすび
 ネットの住民  …  温水洋一
 ネットの住民  …  劇団ひとり
 ネットの住民  …  飯島 愛
 ネットの住民  …  氷川きよし

http://www.fujitv.co.jp/ichioshi05/060101kaku/west_04.html

22:57 | コメント (0) | トラックバック (0)

「livedoor 検索 2005年 年間ブログ時事キーワードランキング」を発表 2005.12.27

■概要
株式会社ライブドア(代表取締役社長兼最高経営責任者 堀江貴文 東京都港区 証券コード4753)は、総合ポータルサイト livedoorで提供する 「livedoor 検索」のブログ検索データを基に集計を行った「livedoor 検索 2005年 年間ブログ時事キーワードランキング」を発表いたします。

■livedoor 検索 2005年 年間ブログ時事キーワードランキング

  1位 電車男
  2位 のまネコ
  3位 タリウム
  4位 mixi
  5位 ライブドア
  6位 愛知万博
  7位 郵政民営化
  8位 耐震強度偽造
  9位 安藤美姫
 10位 楽天

集計期間:2005年1月1日〜2005年12月10日

■総評
今年はインターネット産業の動向や、そこから生み出される文化に注目が集まった一年でした。ブログも一気に市民権を得ましたが、livedoor 検索による「年間ブログ時事キーワードランキング」も、ネット関連の話題が多数検索されたことを反映した結果となりました。

●1位 電車男
今年世間を賑わせた数あるキーワードの中で一位に輝いたのは、この「電車男」。
「電車男」以外にも、「萌え」「メイド喫茶」など、数多くの"アキバ系"文化が市民権を得ました。
書籍化に始まり、漫画、舞台、映画、テレビと、あらゆるメディアを席巻。住友生命による2005年創作四字熟語でも「車内恋愛」という作品が優秀作品に選出されていました。

http://corp.livedoor.com/pressroom/pressrelease/content?id=950

22:32 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月24日

伊藤「電車男」控えめにPR サンケイスポーツ 05/12/23

俳優、伊藤淳史(22)とお笑いタレント、劇団ひとり(28)が22日、東京・台場のフジテレビ前池広場で、同日発売された同局系出演ドラマ「電車男」DVD−BOX(7枚組、2万4990円)の発売記念イベントを行った。

見どころを聞かれると伊藤は「(ヒロイン役の伊東)美咲さんのインタビュー…僕のもありますけど」と控えめにPR。対照的にひとりは「僕がインタビュアーとしてネットの住人たちの(劇中の)お宅を訪問した『オタク訪問』です。とてもクオリティーが高い仕上がりですから」と冗談交じりに自画自賛していた。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200512/gt2005122312.html

12:16 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月23日

クリスマスは滝川アナと?ドラマ『電車男』DVDリリース記念イベント! ORICON STYLE 05/12/22

インターネット発のラブストーリーを描いた人気ドラマ『電車男』のDVDが本日(12月22日)発売され、それを記念したイベントが、東京・お台場フジテレビで開催された。

会場には、エルメス(伊東美咲)の相手役として出演した伊藤淳史と彼の友人として出演した劇団ひとり、さらにドラマの中で“ネットの住人達”として出演していたお笑い芸人のなすびなど10名が駆けつけた。

点灯式では、強風で出演者全員が「寒い!」と叫び必死に耐えながらも集まった多くのファンに向かって「来てくれてありがとうございます!」と挨拶し、点灯の瞬間を会場と一体となって喜んだ。

続いて行われた会見では、同局22階に作られたセットを前にし、伊藤が「このセットを見て、ドラマを撮影していた頃を思い出しました。実は、1体40万円もする人形をリハーサルの時に壊してしまいました」と告白。さらに「自分自身、このドラマを通して少し“純愛”を考えるようになりました。その部分とドラマでお見せできなかったシーンがたっぷり入っているので、とても楽しめます!」とDVDのことをアピールした。

一方、記者からクリスマスの予定を聞かれた劇団ひとりは、「滝川クリステルアナウンサーと過ごします!」と仰天発言。しかし、すぐに訂正して「この思いが彼女に伝わって欲しいです!」と報道陣から、メッセージが通じることを切実な思いで願っていた。

http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/7059/

14:24 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年ベストセラー回顧 実用本やネット発本ヒット 読売新聞 本よみうり堂 05/12/21

「電車男」「野ブタ。」ドラマ・映画と相乗効果

時代の深層心理を反映するとも言われるベストセラー。今年読まれた本は、2005年のどんな世相と結びつくのか。トーハン調べの年間ベストセラーを読み解くとともに、出版問題に詳しいフリーライター、永江朗(あきら)さんに聞いた。

文芸書は、綿矢りさ、金原ひとみの芥川賞最年少受賞に始まり、純愛ブームにわいた昨年と比べると、やや地味な印象だ。だが男女間の〈純愛〉に代わって、〈家族愛〉がブームになりつつある。『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』(90万部)は、亡き母への思いをつづった自伝的小説。『ハッピーバースデー』(50万部)は、母から虐待を受ける少女が主人公の同名児童書(70万部)を、大人向けに母親の視点で書き直した。少年犯罪やニート、虐待といった家族を巡る問題への、関心の高さもうかがえる。

昨年のベスト20では『電車男』(101万部)だけだった〈ネット発本〉も、今年はよく売れた。『「もっと、生きたい…」』(100万部)、『恋バナ』(青56万部、赤57万部)の2タイトル3冊がランク入りしたYoshiの著書は、女子高生など本を読まないとされた層を取り込んだ。先月発売されたばかりの『生協の白石さん』は、早くも85万部。白石さんのユーモラスで誠実なたたずまいが人気を呼んだ。

ドラマ、映画との相乗効果で売れ行きを伸ばした本も『電車男』、『野ブタ。をプロデュース』(65万部)、『ダ・ヴィンチ・コード』(計190万部)と多かった。

綾部研究員は「読者が読みたい本を入念に市場調査して大量宣伝する出版社が増えた。また、テレビへの露出がないと本が売れなくなってきている」と分析する。ベストセラーも作られる時代――と言えば夢のない話だが。

http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20051221bk07.htm?from=os1

14:16 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年、Googleで最も検索された“日本語”は「電車男」 INTERNET Watch 05/12/21

米Googleが20日、2005年の年間検索キーワードランキングなどをまとめた「2005 Year-End Google Zeitgeist」を発表したが、日本法人のグーグルでは21日、日本語に絞ったランキングを発表した。1位は「電車男」だった。

以下は、2位「地図」、3位「愛知万博」、4位「綾瀬はるか」、5位「伊東美咲」、6位「2ch」、7位「動画」、8位「ラーメン」、9位「ブログ」、10位「ANA」、11位「mixi」、12位「安田美沙子」、13位「スターウォーズ」、14位「小倉優子」、15位「翻訳」と続く。このランキングは、「google.co.jp」のほか、「google.com」における日本語による検索も含まれているという。

なお、2004年の国別ランキングでは、1位「地図」、2位「Winny」、3位「壁紙」、4位「翻訳」、5位「天気予報」、6位「占い」、7位「小倉優子」、8位「冬のソナタ」、9位「上戸彩」、10位「au」だった。

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/12/21/10314.html

14:12 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月22日

電車男 ドラマDVD-BOX 発売

電車男 DVD-BOX
電車男 ドラマDVD-BOX

★90分を超える特典映像★
伊藤美咲・伊藤淳史インタビュー/劇団ひとりのオタク訪問/アスキーアート職人インタビュー/ロケ地MAP/ミーナ振り付けVTR/エルメス『萌え』カット集/エンドタイトル・メイキング/スペシャル盤副音声コメンタリー収録etc.
★初回限定特典★
特製マウスパッド/ミーナ・ミニチュアPOPスタンド(全13体)

2ちゃんねるでの純粋な恋愛は、インターネットの枠を飛び出し、日本国中誰もが知る伝説の純愛物語になった! その後、小説化(新潮社)〜映画化(東宝)〜テレビドラマ化〜舞台化と、すべてのメディアを巻き込み、一大ブームを作った、実話にもとづいた作品です!!
テレビ視聴率、平均21%超、最高25.5%(最終回)! 今夏NO.1ドラマ!!
初回・最終回は、時間延長で放送!
6巻目は、最終話(長尺)と特典映像収録。
7巻目には「アナザーストーリー」(10/6放送 スペシャル番組)を収録した完全版!

◆20005/7/7〜9/22 毎週木曜22時〜フジテレビ系全国ネットにてO.A

★DVD7枚組仕様

原作:中野独人「電車男」(新潮社)/脚本:武藤将吾・徳永友一(第6話)/音楽:Face 2 fAKE/主題歌:「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」サンボマスター(ソニー・ミュージックレコーズ)/オープニング曲:「トワイライト」エレクトリック・ライト・オーケストラ(ソニー・ミュージックダイレクト)/企画:鈴木吉弘/プロデュース:若松央樹・川西 琢/演出:武内英樹・西浦正記・小林和宏

出演:伊東美咲/伊藤淳史/白石美帆/佐藤江梨子/須藤理彩/速水もこみち/劇団ひとり/菅原永二/佐藤二朗/前川泰之/堀北真希/小出早織/小栗旬/六角精児/温水洋一/我修院達也/山崎樹範/岸部シロー/豊原功補/秋吉久美子

23:00 | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年12月21日

伊東美咲が初のファンイベント 日刊スポーツ 05/12/19

女優伊東美咲(28)が18日、都内で初めてのファンイベントを行った。携帯サイトの抽選で選ばれた1000人のファンの前にサンタクロースの衣装で登場し、トークショーやプレゼント抽選会などを行った。「今までファンの方と直接会話ができる場がなかったので、みんなが喜ぶ顔を見られて楽しかった。一足早いクリスマスとして、お互いすてきなプレゼントを感じることができたと思う」。「電車男」「危険なアネキ」など女優業で充実していた今年と同様「来年もいい作品と出会って成長したい」と話していた。

http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-051219-0001.html

05:10 | コメント (2) | トラックバック (0)

美咲サンタからのプレゼントは? デイリースポーツ 05/12/19

女優・伊東美咲(28)が18日、東京・お台場のスタジオドリームメーカーで初のファンイベントを行い、集まった500人のファンを前にサンタクロース姿のコスプレを披露した。

主演ドラマ「電車男」、「危険なアネキ」の撮影秘話、愛用品プレゼントなどファンとの交流を楽しんだ“美咲サンタ”は、「日ごろなかなかファンのみなさんと会話できる機会がないので今回は大成功。みなさんに支えられているなと改めて思いました」と感想。連続出演していた連ドラを終えたばかりとあって、しばらく休みを取るといい「温泉に行ったり家族とのんびり過ごしたいと思います」と話していた。

http://www.daily.co.jp/gossip/2005/12/19/198622.shtml

05:07 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月19日

サイゾー 2006年1月号

23:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月18日

FNN重大ニュース 2005 『想定外の現場』スペシャル 「電車男」と高島アナとのチャット対談

2005年12月18日 16:00〜17:25
安藤&西山&高島彩&クリステル緊急総出動電車男&太蔵議員激白悪夢の年末

(1)知られざる「ヒルズ」“野望の巨塔”の正体
【取材】滝川クリステル
(2)「郵政解散…小泉流まさかの決断」
【取材】安藤優子
(3)どこへ行く「チルドレン」密着! 太蔵議員の悪戦苦闘
【取材】西山喜久恵
(4)“18枚のデッサン”が語る福知山線事故「その時の悪夢」
【取材】安藤優子

(5)“秋葉系”ブームの源流 追跡!「電車男」のクリスマス
今年、書籍、映画、ドラマ、舞台で大ヒットした「電車男」。それは、オタクと美女という、まさに“想定範囲外”の純愛だった。
実在するといわれる「電車男」だが、現在まで、本人はマスコミの前に一切姿を現していない。
「一体、本人はどんな男なのか」。
今もエルメスとの恋愛は順調に続いているらしい。であれば、今年のクリスマスはどのようにして過ごすのか?
「電車男」と高島アナとのチャット対談を実現。「電車男」の人物像に迫り、ブームの源流を探る。
【取材】高島彩

(6)耐震強度偽装マンション“住民たちの苦悩1カ月”
【取材】石原良純

http://www.fujitv.co.jp/b_hp/1218news/

チャットの内容はこちらで読むことができます。
今日の一言: 高島彩アナとのチャット対談

17:25 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月16日

ひろゆき氏が語る「電車男」「のまネコ」そして今、注目のネタ ITmediaニュース 05/12/16

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0512/16/news033.html

23:58 | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の創作四字熟語 産経新聞 05/12/14

住友生命保険は14日、今年の世相を映した「創作4字熟語」の入選作品を発表した。自民党が圧勝した衆院選を表現した「全国政波(全国制覇)」や、情報技術(IT)企業など「もの言う株主」を神様になぞらえた「大株主命(おおかぶぬしのみこと)(大国主命(おおくにぬしのみこと))」などが優秀作に選ばれた。

スポーツ、社会分野では、今年から始まったプロ野球セ・リーグ、パ・リーグの交流戦を指す「セパ琢磨(切磋琢磨(せっさたくま))」のほか、小説や映画がヒットした「電車男」に絡んで「車内恋愛(社内恋愛)」、国内外で地震や津波が相次いだことから「津々揺々(つつゆらゆら)(津々浦々)」もそれぞれ選ばれた。

http://www.sankei.co.jp/news/051214/sha073.htm

23:44 | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の日本映画。上位10傑が固まる eiga.com 05/12/13

05年に公開された日本映画(04年末公開の正月映画も含む)の、興収上位10作品が固まった。1位の「ハウルの動く城」を筆頭に、「踊る」シリーズのスピンオフや「電車男」など、10本中9本が東宝配給作品という相変わらずのひとり勝ち状態。東宝作品以外では、7位に東映の「北の零年」がかろうじて食い込んでいるが、松竹配給作品は11位の「妖怪大戦争」が最上位であった。上位10作品は下記の通り(カッコ内は配給会社。数字はいずれも興収)。

1 「ハウルの動く城」(東宝) 196億円
2 「ポケットモンスター アドバンスジェネレーション
 / ミュウと波導の勇者ルカリオ」(東宝) 43億円
3 「交渉人 真下正義」(東宝) 42億円
4 「NANA」(東宝) 40.3億円
5 「容疑者 室井慎次」(東宝) 38.3億円
6 「電車男」(東宝) 37億円
7 「北の零年」(東映) 27億円
8 「ALWAYS 三丁目の夕日」(東宝) 25億円(見込み)
9 「ローレライ」(東宝) 24億円
10 「星になった少年」(東宝) 23億円

http://www.eiga.com/buzz/051213/11.shtml

23:43 | コメント (0) | トラックバック (0)

電車男が生協の白石さんに勝利、ニフティの「検索キーワードランキング」 INTERNET Watch 05/12/13

ニフティは13日、「検索キーワードランキング2005」を発表した。2005年1月1日から11月30日にかけて検索サービス「@search」で検索対象となったキーワードを集計した。

総合ランキングの1位は2004年に引き続き「yahoo」。2位は2004年3位だった「google」、3位には同2位だった「2ちゃんねる」がランクインした。また、4位には「楽天」が2004年8位からジャンプアップし、上位は大手サイトが独占する格好になった。2005年ならではのキーワードとしては5位に「愛知万博」、9位には2005年に新製品が発売された「たまごっち」が入っている。キーワードランキングではこのほか、著名人やショッピングなどカテゴリごとのランキングも公表している。

@searchでは、検索キーワードをリアルタイムで集計し、急激に検索回数が増えているキーワードを「瞬!ワード」として発表しているが、「今年瞬!だったキーワード」としては「恋のマイアヒ」「村上ファンド」「ホワイトバンド」「愛地球博」などを選出した。旬のキーワードを“対決”させるコーナー「今年瞬!だったキーワード対決」では、「恋のマイアヒVSもすかう」「村上ファンドVSホリエモン」「生協の白石さんVS電車男」などを比較。ちなみに「恋のマイアヒ」「ホリエモン」「電車男」がそれぞれのキーワード対決に勝利している。

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/12/13/10211.html

23:37 | コメント (0) | トラックバック (0)

「想定外の現場」スペシャルでフジ報道看板アナ総出動! サンケイスポーツ 05/12/12

フジテレビの朝、夕、夜の報道番組看板キャスターが勢ぞろいし、今年を振り返る同局系「FNN重大ニュース2005 『想定外の現場』スペシャル 安藤・西山・高島・クリステル 緊急総出動」(18日後4・0)の収録が11日、都内各所で行われた。

番組では、夕方の「FNNスーパーニュース」の安藤優子キャスター(47)と西山喜久恵アナ(36)が、衆院選自民圧勝に導いた小泉総理と新人議員の杉村太蔵氏(26)を徹底解剖。夜の「FNNニュースJAPAN」からは滝川クリステルアナ(28)が、同局対ライブドア、TBS対楽天など一連の買収騒動の発信地となった六本木ヒルズを取材し、朝の「めざましテレビ」(月ー金曜前5・25)からは高島彩アナ(26)が、大ヒット作「電車男」のモデルとなった人物に直撃取材する。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200512/gt2005121205.html

23:32 | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年12月12日

.ent ドットエンタ! 2006年1月号

2005ネット発テレビも新聞も書けなかったお騒がせ&おもしろ番付
西2位 ネット発の代名詞「電車男」

年末に彼女と行く「電車男」の旅

『59番目のプロポーズ』 アルティシアが語る
電車男&白石さんが本当にモテる理由

電車男と鬼嫁 明暗の分かれ目は?

ドラマ評論家・小泉すみれが分析
『鬼嫁日記』が『電車男』になれなかった理由

http://ent.nikkeibp.co.jp/ent/dotent/

23:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月10日

新潟三越で新春福袋の提案会 新潟日報 05/12/09

早くも初売り準備―。新春恒例の福袋の「提案会」が9日、新潟三越で行われた。干支にちなみ犬のキャラクター商品を集めた袋や、サッカーアルビレックス新潟袋、ブームになった「電車男」袋など、夢あふれる中身が披露された。

会場では、商品を企画した担当社員が、店長、副店長に自慢の内容を説明。アルビ袋には退任する反町康治監督の直筆サイングッズ、来季開幕戦ペアチケットなどがぎっしり。担当社員は「一般のサポーターが手に入らない物を用意した」と胸を張った。また、「電車男」袋は、ヒロインのエルメス嬢御用達の紅茶セットが詰められた。

http://www.niigata-nippo.co.jp/news/index.asp?id=2005120929524

04:28 | コメント (0) | トラックバック (0)

お台場がライトアップ…フジテレビの冬のイベント10日開幕 サンケイスポーツ 05/12/09

10日に開幕するフジテレビの冬のイベント「HOT FANTASY ODAIBA」のイルミネーション点灯式が8日、東京・台場のフジテレビ社屋1階で、村上光一社長、戸部洋子、斉藤舞子、遠藤玲子アナによって行われた。

社屋を飾るイルミネーションやテニス界のスーパースター、マリア・シャラポワの来日を記念した「シャラポワ・ジャパンツアーツリー」などがクリスマス直前のお台場を華やかに彩った。

「HOT−」では、他にも人気ドラマの世界を展開する「電車男ワールド」や女子アナがおすすめ夜景スポットを紹介する「TOKYO NIGHT CRUISE」などを開催。10日から来年1月3日まで。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200512/gt2005120912.html

04:26 | コメント (0) | トラックバック (1)

「Web of the Year 2005」の年間総合大賞は「mixi」に INTERNET Watch 05/12/07

ソフトバンククリエイティブは7日、同社が発行する月刊誌「Yahoo! Internet Guide」で実施した「Web of the Year 2005」の各賞受賞サイトを発表した。

同誌のWeb of the Yearは今年で10回目を迎え、今回は一般からの投票による13部門の部門賞と2部門の特別賞を選出した。ネットレイティングスがインターネット視聴率などをもとに集計した「ネットレイティングス賞」、投票やインターネット視聴率などをもとに2005年のベストサイトを決める「年間総合大賞」も選出した。一般投票は、あらかじめノミネートしたサイトについて11月7日から20日まで同誌サイトなどで受け付け、9万7,886票が集まったという。

年間総合大賞はSNSの「mixi」が、ネットレイティング賞はポータルサイトの「livedoor」がそれぞれ受賞した。特別賞の2部門のうち、話題賞でも「mixi」が1位を獲得。次いで2位が「電車男」で、3位には「がんばれ、生協の白石さん!」がランクイン。特別賞の新人賞では「GyaO」が1位を獲得し、2位「ホットペッパー.jp」、3位「Googleマップ」と続いている。

カテゴリ別では、ショッピング・オークション部門で「Yahoo!オークション」、コンピュータ部門で「窓の杜」、コミュニティ部門で「2ちゃんねる」という常連サイトが今年もそれぞれ1位を獲得した。なお、窓の杜は10年連続の部門賞獲得となった。

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/12/07/10142.html

04:24 | コメント (0) | トラックバック (0)

「電車男」の編集者が「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」受賞 IT-PLUS 05/12/07

100万部以上のベストセラー『電車男』の編集者が6日、2005年に活躍した女性を表彰する「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2006」のヒットメーカー部門で1位を受賞した。新潮社出版部文芸第二編集部の副編集長、郡司裕子さんだ。掲示板サイト「2ちゃんねる」に始まり、書籍、漫画、映画、ドラマと広がった「電車男」ブームの立役者となった。

「電車男」の書籍化には競合相手が8社あったという。郡司さんは、文字と記号で絵を描く掲示板特有の「アスキーアート」をそのまま書籍にて再現したいとアピールし、「2ちゃんねる」の運営者、西村博之氏から書籍化の許可を得た。当初は半角文字を使う「アスキーアート」を正確に印刷する技術がなかったが、凸版印刷とかけあって実現した。

「自宅にはパソコンがない」と郡司さんは言う。上司に勧められて読んだ「電車男」に面白さを感じて書籍化を推し進めてきた。参加者の実際のやり取りや「アスキーアート」のように、出版にはなかった表現方法が魅力だった。「今までにない組み合わせを作るのが編集者の妙味」という。

今はライトノベル作家の橋本紡氏が初めて書く本格小説を手がけている。2006年2月に出版する予定だ。既存の小説家ではなく、違うジャンルの作家にあえて依頼した。ここでも異なるジャンルの融合を探る。

「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」は日経ホーム出版社の働く女性向け雑誌「日経ウーマン」が主催する。ヒット商品を生み出した女性を表彰するヒットメーカー部門では郡司さんに続き、「ビタミンCを増やす冷蔵庫」を開発した三菱電機の平岡利枝さんやNTTドコモのCMキャラクター「ドコモダケ」をデザインした垣内美香さんら10人が受賞した。今年で7回目の表彰となる。

http://it.nikkei.co.jp/digital/news/index.aspx?i=20051207ea002ea

04:17 | コメント (1) | トラックバック (0)

「電車男」生みの親もランクイン…「今年の女」表彰 ZAKZAK 05/12/07

この1年、最も活躍した女性に贈られる「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」(主催・日経WOMAN)の大賞に、10月起きたパキスタンの地震などで被災地を支援した特定非営利活動法人(NPO法人)「ジェン」事務局長の木山啓子さん(45)が選ばれ6日、東京都内で表彰式が開かれた。

同大賞は今回で7回目。木山さんは昨年の新潟県中越地震やスマトラ沖地震など10年以上にわたり、14カ国で延べ100万人以上を支援した取り組みが評価された。

総合ベストテン入りしたのは、大ヒット本「電車男」を生み出した新潮社の文芸編集者、郡司裕子さん(35)など。新薬開発に取り組む那覇市のベンチャー企業社長奥キヌ子さん(58)が8位に入るなど地方の女性の活躍も目立った。

http://www.zakzak.co.jp/gei/2005_12/g2005120707.html

04:05 | コメント (0) | トラックバック (0)

「恋のマイアヒ」「mixi」などネット発の話題に注目〜goo検索ランキング INTERNET Watch 05/12/06

NTTレゾナントが運営するポータルサイト「goo」は6日、2005年の検索キーワードランキングトップ100を発表した。ランキングは、2005年1月1日から11月30日までにgooの検索エンジンで入力されたキーワードを集計したもの。

総合ランキングのトップ3は2003年、2004年と変わらず1位「YAHOO」、2位「2ちゃんねる」、3位「Google」。4位から10位までは「楽天」「amazon」「ライブドア」「おもしろフラッシュ倉庫」「NTTドコモ」「価格.com」「地図」と続く。また、「mixi」(33位)、「ブログ」(40位)、「恋のマイアヒ」(50位)、「電車男」(58位)など、ネット発の話題にも注目が集まった。“韓流”では、「ペ・ヨンジュン」が49位にランクインしたものの、2004年に上位を席巻したブームに陰りが見える結果となった。

検索キーワードランキング以外では、同一ジャンルの中からキーワードを2つずつ選んで検索件数を競う「キーワード対決」を発表。ネットから単行本化を経てドラマ化された「電車男 VS 実録鬼嫁日記」、ネット詐欺対決として「ワンクリック詐欺 VS フィッシング詐欺」などがピックアップされている。ちなみに勝者はそれぞれ前者。

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/12/06/10115.html

03:51 | コメント (0) | トラックバック (0)

「アキバ」が2005年ヒット番付の横綱に やじうまPC Watch 05/12/05

三井住友銀行グループのSMBCコンサルティング株式会社は5日、2005年のヒット商品番付を発表。「アキバ」が西の横綱に選ばれた。

2005年のアキバ(秋葉原)は、つくばエクスプレスの開業やヨドバシカメラマルチメディアAkibaの開店、電車男、アキバ系オタクと呼ばれる人たちの台頭、メイド喫茶の増加など、多くの話題を提供したことから選ばれた。

東の横綱には「愛知万博」が選ばれ、大関は東が「ブログ」、西が「iPodファミリー」となった。また、手ぶれ補正デジカメが東の前頭5枚目に番付けされている。発表された番付は以下の通り。

西
愛知万博 横綱 アキバ
ブログ 大関 「iPod」ファミリー
宮里藍 関脇 『NANA』
寒天ダイエット料理 小結 「AQUOS」VS「VIERA」
LOHAS 前頭1 生鮮百円コンビニ
「のどごし<生>」 前頭2 「氷結」VS「-196℃」
スチームオーブンレンジ 前頭3 「ニンテンドーDS」VS「PSP」
『ごくせん』 前頭4 『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』
手ぶれ防止デジカメ 前頭5 「写ルンですNight&Day」
ETC 前頭6 家庭用光ファイバー通信

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/1205/yajiuma.htm

03:46 | コメント (0) | トラックバック (0)

フジ「電車男」、駅伝と新春対決…一挙放送 ZAKZAK 05/12/05

今年7−9月にフジテレビ系で放送された連続ドラマ「電車男」全11話が、来年1月2日(午前9時50分)、3日(午前9時15分)に一挙放送される。同時間帯は毎年、日本テレビ系で「箱根駅伝」が生中継されて高視聴率を誇るが、フジが駅伝に“電車”で挑む正月決戦となる。

“打倒箱根駅伝”を掲げた同ドラマ、若松央樹プロデューサーは「“共に走る”企画を考えた」とオタクによる“アキバ駅伝”の開催を決定。走者は劇中のネット住人役の俳優やタレント約20人。東京・台場から秋葉原間(約10キロ)を3、4チームで競うもの。各話の間に数分ずつ放送予定。

http://www.zakzak.co.jp/gei/2005_12/g2005120504.html

03:29 | コメント (0) | トラックバック (0)

打倒、箱根駅伝!ドラマ「電車男」出演者が“オタク駅伝” サンケイスポーツ 05/12/05

打倒、箱根駅伝! 今年の7−9月に放送されたフジテレビのヒットドラマ「電車男」の全11話が来年1月2、3日に一挙再放送されることが4日、決まった。放送時間は2日が午前9時50分−午後3時45分、3日は午前9時15分−午後2時45分で、これはちょうど、日本テレビ系で生中継される正月の風物詩「箱根駅伝」の真裏にあたる。

「箱根駅伝」は今年、往路が23.7%、復路29.9%(ビデオリサーチ、関東地区調べ)をマークするなど例年、高視聴率をあげる正月の花形番組。となれば、打倒!箱根を掲げるのがテレビマンだ。同ドラマの若松央樹プロデューサーは「再放送をそのまま流すのは、電車男らしくない。箱根駅伝の裏でもあり、11時間以上の再放送を“共に走る”企画を考えた」と“オタク”たちによる“アキバ駅伝”の開催をぶち上げた。

若松氏によると、走者は劇中で電車男の恋愛を励まし見守ったネット住人役の俳優やタレント20数人。東京・台場のフジテレビからオタクの聖地、秋葉原間(約10キロ)を3〜4チームに分かれ、途中でドラマのロケ地などに立ち寄りながらタスキをつなぎゴールを目指す。

出場者は「現在調整中」(若松氏)。電車男(伊藤淳史)の友人を演じた劇団ひとり(28)が解説をつとめ、優勝チームにはエルメス(伊東美咲)からプレゼントが贈られる。

ただし、この駅伝の模様は事前収録のため、沿道で応援できないのが残念? オタクたちの力走は各話の間に数分ずつ流すという。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200512/gt2005120504.html

03:25 | コメント (0) | トラックバック (0)

爆笑問題、爆チュークリスマス さとう珠緒相手に「電車男」コント 中日スポーツ 05/12/04

お笑いコンビの爆笑問題が3日、東京・台場のスタジオでコントライブ「爆チュー問題のクリスマスパーティー2005」を開き、親子連れ670人と盛り上がった。

「爆チュー問題」は、爆笑問題の2人がフジテレビ系「ポンキッキーズ」内のコントコーナーで1999年から扮(ふん)しているネズミのキャラクター。この日は「電車男」をモチーフに、田中裕二(40)演じる「たなチュー」が女の子ネズミ「エルメチュ」(さとう珠緒)をクリスマスデートに誘うべく、仲間と奮闘する爆笑コントを繰り広げた。

終演後、太田光(40)は、ブリッ子キャラ全開で熱演したゲストのさとうに対し「この年(30)でマドンナ役には無理がある!!」とダメ出し。99年にも番組に出演したことのあるさとうは、得意の「プンプンッ!!」で応戦しながらも、「前よりも太ったみたいで、衣装を作り直したんです…」と告白し、“マドンナ失格”にしょんぼりしていた。

また、新作DVD「爆チュー問題の部屋」(12月14日、1月18日、2月15日の3カ月連続発売)には、フジテレビの女子アナの出演映像も収録。太田と田中は「アヤパン(高島彩)、チノパン(千野志麻)、滝川クリステルの3人がネズミで『キャンディーズ』をやるお宝映像もあります!!」とアピールした。

http://chuspo.chunichi.co.jp/00/hou/20051204/spon____hou_____000.shtml

03:23 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月09日

電車男 映画DVD 発売

電車男 スペシャル・エディション
電車男 映画DVD スペシャル・エディション

★初回限定封入特典:ブックレット「電車男本」
★スペシャルケース仕様
★DVD2枚組仕様

<収録内容>
【DISC-1】:「スタンダード・エディション」
【DISC-2】:特典DISC
●ショートフィルム「戦車男」:ヲタク3人組のその後を描いたサイドストーリー! (監督:村上正典 脚本:金子ありさ)
●DVDオリジナルメイキング
●「電車男」ダイジェストプロモーション映像


電車男 スタンダード・エディション
電車男 映画DVD スタンダード・エディション

<映像特典>
●特報
●予告編
●TVスポット集

2005年/日本/本編101分+特典映像/カラー/16:9LB/ビスタサイズ/片面2層/音声:日本語ドルビーデジタル2.0chサラウンド・日本語ドルビーデジタル5.1chサラウンド/字幕:日本語

原作:『電車男』中野独人著(新潮社刊)/脚本:金子ありさ/音楽:服部隆之/監督:村上正典/主題歌:ORANGE RANGE(Sony Music Records/gr8!records)

出演:山田孝之/中谷美紀/国仲涼子/瑛太/佐々木蔵之介/木村多江/岡田義徳/西田尚美/大杉漣

23:00 | コメント (2) | トラックバック (3)

電車男スタイリング・バイブル 発売

電車男スタイリング・バイブル
電車男スタイリング・バイブル
ファッションオタクより愛をこめて

菊池 文惠 (著)

http://www.apparel-click.co.jp/densha/bible.html
http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M100022/200512063232/_prw_open.html

23:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月08日

Weekly ぴあ 12月15日号 アキバカルチャー解体白書

萌え、フィギュア、電車男……。キーワードで振り返る!
keyword 4 電車男
「電車男」予想以上の大ヒットはオタクが市民権を得た証拠だ!?

23:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月07日

日経WOMAN 2006年1月号

ウーマン・オブ・ザ・イヤー2006
◇ ヒットメーカー部門1位
書籍と映画でダブルミリオン達成、
今年一大ブームとなった『電車男』を編集した郡司裕子さん
WOY2006受賞式の様子はこちらから

23:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月06日

ダ・ヴィンチ 2006年1月号 BOOK OF THE YEAR 2005

5236人の本好きが選んだブックオブザイヤー
総合1位『電車男』
電車男スペシャルメールインタビュー

今年の出版ニュースクリップ
各メディアを席巻『電車男』現象

モテ男から電車男へ
石田純一 KREVA 細田よしひこ 陽生

23:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月04日

日経エンタテインメント 2006年1月号 2005年ヒット総まくり

ショウビズ10大ニュース
[6]
「電車男」「鬼嫁日記」「生協の白石さん」
ネット発の本・映画・テレビが次々ヒット

発表!2005年人気者ランキングTOP50
[3] 『電車男』

23:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月02日

2005年ヒット番付 今年は「愛・地球博」「電車男」「レイザーラモンHG」 C-NEWSプレスリリース

今年最大のイベントだった愛・地球博は予想を上回る来場者を記録し、スポーツでは、ゴルフやフィギアスケートで女性アスリートの活躍が目立ったが、サッカー日本代表も来年のワールドカップの切符を手に入れた。経済面でも株価が軒並み上昇し、市場が活気を見せている一方で、企業によるM&Aを身近に感じた年でもあった。「2005年ヒット番付」について、10歳以上のインターネットユーザー1800名の回答を集計。「2005年にヒットしたと思うもの」(複数回答形式)のトップは、『愛知万博(愛・地球博)』。「もっとも活躍したと思う人」は、「フォー!」の雄叫びとともに強烈なインパクトを与えた『レイザーラモンHG』が1位だった。

◆心に残った現象は「電車男」

「2005年に心に残った現象」(複数回答形式)のトップ3は、『電車男』(5割強)、『小泉チルドレン』『クールビズ』(各4割強)。男性は同じ順位だが、女性は2位に『恋のマイアヒ』(5割弱)が入った。年代別に見ると、違う選択肢がトップ3に入った年代があった。具体的に上げると、10代は『NANA』が3位に、30代は『ブログ』が3位に、60歳以上では『小泉改革』が2位に入った。

また、「もっとも心に残った現象」では、『電車男』(2割弱)、『恋のマイアヒ』(1割半ば)、『小泉チルドレン』(1割強)の順。『電車男』は男女、20代、30代でトップ。10代、40代では『恋のマイアヒ』、50代、60歳以上では『小泉チルドレン』がそれぞれトップだった。

http://cnews2.info-plant.com/pr/20051202.html

22:02 | コメント (0) | トラックバック (0)

「mixi」や「電車男」が急上昇--ヤフー年間検索ランキングを発表 CNET Japan 05/12/02

ヤフーは12月1日、Yahoo!JAPANのトップページなどで、2005年1月1日から10月31日までに検索されたワードを集計した「2005年検索ワードランキング」を発表した。

発表したランキングは以下の9種類。

総合(全般)検索ワードランキングトップ50
著名人(人名)検索ワードランキングトップ10(総合)
著名人(人名)検索ワードランキングトップ10(男性)
著名人(人名)検索ワードランキングトップ10(女性)
テレビ番組名検索ワードランキングトップ10
漫画、アニメ名検索ワードランキングトップ10
ゲーム名 検索ワードランキングトップ10
ジャンル別検索ワードランキングトップ10(Yahoo!知恵袋)
ジャンル別検索ワードランキングトップ10(Yahoo!商品検索トップ10)(Yahoo!商品検索の集計期間は2005年2月17日から2005年10月31日)

ランキングの全般を見ると、昨年に引き続き「2ちゃんねる」「Google」がそれぞれ1位、2位となり、上位10位の中身は「livedoor」が32位から上昇した以外に昨年と大きな差がない(表1)。しかしその一方で会員数200万人を突破したソーシャルネットワーキングサービスの「mixi」や2005年3月から9月まで開催された「愛・地球博」、2004年10月から2005年10月まで新シリーズが放送された「ガンダム」、書籍化や映画、ドラマと社会現象にもなった「電車男」、楽天との提携をはじめとして話題になった「TBS」などが今年新たにランキングに入っている。

http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000047715,20092035,00.htm

21:57 | コメント (0) | トラックバック (0)

Yahoo! JAPANのキーワードランキングに「mixi」「電車男」が登場 INTERNET Watch 05/12/01

Yahoo! JAPANで検索されたキーワードの総合ランキング1位は「2ちゃんねる」。2位以下は「Google」「楽天」「goo」「Amazon」「JAL」「ANA」「MSN」「livedoor」「Hotmail」と続く。このうち、livedoorはニッポン放送を巡るフジテレビとの問題で注目を集めたためか、2004年の32位からのジャンプアップとなった。

2005年に初登場もしくは2004年にランキング圏外だったキーワードでもっとも上位に着けたのは、国内SNSの草分け的存在である「mixi」の12位。急速に普及した「ブログ」も42位にランクインした。また、盛況のうちに幕を閉じた「愛・地球博」は15位、2ちゃんねるから生まれた「電車男」も40位にランクイン。このほか意外なところでは「ガンダム」が16位に、4月にミニチュア版「ちびたまごっち」が発売された「たまごっち」が50位に登場している。楽天との経営統合が取りざたされたTBSも33位に登場したほか、「ごくせん」(43位)、「ユニクロ」(47位)などもランクインしている。

インフォシークの発表した「Infoseek 2005年 年間検索キーワードランキング」の時事カテゴリでは「楽天」が1位。次いで2ちゃんねるを中心に話題になった「のまネコ問題」が2位、3位には「ライブドア」がランクインした。また、4位には300万本以上の売り上げを記録したRPG「ドラゴンクエストVIII」がランクイン。愛知万博も6位に入ったほか、地震情報が9位、反日デモが10位に入っている。

インフォシークのランキングで目立ったところでは、「2ちゃんねる」(デジタルカテゴリ1位)、「ブログ」(同4位)、「電車男」(エンタメタイトルカテゴリ1位)など。インフォシークが注目するカテゴリとしてまとめた「衆議院選挙関連」では「小泉純一郎」首相を抑えてライブドア「堀江貴文」社長が堂々1位にランクインする“快挙”を果たした。

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/12/01/10060.html

21:49 | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり今年も「2ちゃんねる」 Yahoo!検索ランキング ITmediaニュース 05/12/01

ヤフーは12月1日、2005年の検索ワードランキングを発表した。総合トップは4年連続で「2ちゃんねる」だった。

今年1月1日から10月31日までに検索されたワードを集計した。検索のために入力されるワードは1日当たり数十万語に上り、同社はこれらをネットユーザーの関心や世相をはかるマーケティングデータとして活用している。

総合では1位「2ちゃんねる」、2位「Google」は昨年と変わらなかったが、3位に昨年4位の「楽天」が上昇。「MSN」が3ランクアップで8位、9位には「livedoor」が昨年の32位から大幅アップでランクインした。

12位にはソーシャルネットワーキングサイト(SNS)最大手の「mixi」、42位には「ブログ」が昨年のランク外から登場。15位「愛・地球博」、40位「電車男」なども昨年の圏外からランクインした。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0512/01/news124.html

21:44 | コメント (0) | トラックバック (0)

インフォシーク、2005年「年間検索キーワードランキング」を発表 日経プレスリリース 05/12/01

「Infoseek 2005年 年間検索キーワードランキング」を発表
集計期間:2004年11月1日〜2005年10月31日
http://www.infoseek.co.jp/Keyword?pg=ranking2005_top_if.html

□■「Infoseek 2005年 年間検索キーワードランキング」 総評 ■□
●オタクブームによりさらなる「2ちゃんねる」の浸透
ネットでは「2ちゃんねる」に書かれたオタク青年の純愛ドラマ「電車男」が大ヒットを記録。一般的にネガティブイメージで捉えられていたオタクは新しい知的財産となり、高い消費を生む萌え市場のビジネス的価値が改めて認識された。

http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=117336&lindID=1

21:38 | コメント (0) | トラックバック (0)

Yahoo! JAPAN、「2005年検索ワードランキング」を発表。 RBB Today 05/12/01

Yahoo!JAPANのトップページなどで2005年1月1日から10月31日までの期間に検索されたワードを集計した、「2005年検索ワードランキング」が、12月1日に発表された。

「総合(全般)」「著名人(人名)」「テレビ番組名」「漫画、アニメ名」「ジャンル別(Yahoo!知恵袋、Yahoo!商品検索トップ10)」のそれぞれについて、1位から10位まで(総合のみ50位まで)のランキングを発表し、あわせて、2006年1月5日までの期間「2005年検索ワードランキング特集」を公開する。

「総合(全般)」の検索ワードランキングは、昨年同様「2ちゃんねる」が1位、「Google」が2位となった。「楽天」3位と「goo」4位は入れ替わった形で、一連の騒動の影響がここにも見て取れる。同様に「ライブドア」(9位、昨年32位)「mixi」(12位、昨年ランク外)「愛・地球博」(15位、昨年ランク外)などがネット内外の潮流を感じさせる。「電車男」「ごくせん」などもランクインした。

http://www.rbbtoday.com/news/20051201/27429.html

21:23 | コメント (0) | トラックバック (0)

マンガでもネット発の話題作次々 読売新聞 05/11/30

『電車男』などネットから生まれた活字本に続き、マンガでもネット発の話題作が増えている。従来の雑誌生まれのマンガともひと味違う、素朴さや身近な表現が人気のキーワードだ。

http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20051130bk05.htm?from=os1

21:20 | コメント (0) | トラックバック (0)

サンケイスポーツ 05/11/30 「HOT☆FANTASY ODAIBA 2005」12月10日から!

毎冬恒例のフジテレビ社屋イベント「HOT☆FANTASY ODAIBA 2005」が、12月10日から来年1月3日まで開催されることになり29日、東京・台場の同局で発表された。

最大の目玉は、話題作「電車男」の世界観をモチーフにした「電車男ワールド」。同局ドラマで使われた「電車男」の部屋を再現したり、コスチュームカフェをオープンさせたり、アイドルによるミニステージなどが披露される。

イメージキャラクター「電車ガールズ」を務める岩佐真悠子(18)、愛川ゆず季(22)、佐野夏芽(20)の3人は、車掌服のコスプレ姿で「寒〜い冬に、みなさんが暖かく楽しい気持ちになれるように、私たちが盛り上げます」と宣言した。

「HOT☆FANTASY ODAIBA」の主なイベント概要
22階・フォーラム
電車男ワールド
今年の話題作「電車男」の世界観を再現。台場が秋葉原に

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200511/gt2005113004.html

21:12 | コメント (0) | トラックバック (0)