協力者・情報提供者待ってます

2006年09月23日

あの「電車男」のうさぎキャラがアニメに!フジ系で1月放送 サンケイスポーツ 06/09/22

昨夏放送され、伊東美咲(29)の主演で高視聴率を記録したフジテレビ系「電車男」に登場するアニメキャラクターが、同局でテレビアニメ化されることが21日、分かった。来年1月にスタートする「月面兎兵器ミーナ」で、ドラマのオープニングに登場したり、劇中で伊藤淳史(22)扮するヲタク青年の部屋にフィギュアとして飾られた、あのうさぎアンドロイドだ。ヲタク視聴者の熱い要望にこたえ、アニメ化が実現した。

満月をバックに、うさぎのような長い耳をつけた愛らしい少女が腕を組んで仁王立ちし、その脇に4本のニンジン型の大砲が威圧感たっぷりに砲を構える。

ドラマ「電車男」を1度は見たことのある視聴者なら、強烈な印象を受けているはず。毎回オープニングに登場したアニメキャラ、月面兎兵器ミーナだ。

「ミーナ」は、お嬢様OLとヲタク青年の純愛をコミカルに盛り上げるため、フジテレビが実写ドラマの挿入アニメとして、制作会社、GONZOに依頼して作られた。オープニングのアニメのみならず、劇中でも電車男(伊藤淳史)の部屋のシーンでひと際目立ったフィギュアとしても登場した。

つぶらな瞳で巨乳、へそ出しルックのキャラクターは、ヲタク心を大いにくすぐり、架空キャラでありながらも、視聴者から「アニメ化の予定はないの?」「テレビアニメにしてほしい」といった問い合わせや要望が殺到した。

同局では「DVD映像になるかもしれません」という回答にとどめていた。が、あまりの反響の多さに、昨年9月の放送終了後、アニメ化企画がカンカンガクガク、本気で語られることになり、今年4月に上層部からGOサインが出て、プロジェクトはスタートした。

物語は、人類が月移住計画を進める未来を舞台に、月面基地の完成に合わせて、クレーターの数だけ自衛型アンドロイドが作られる。その中の人間そっくりのアンドロイド、月城ミーナがドタバタしながらも、仕事に勉強に頑張り成長していく姿を描いたコメディー。

来年1月から1話30分で、毎週土曜深夜に約3カ月間放送される。ヲタクの純愛に胸ときめかせた「電車男」ファンを、再び熱くさせそうだ。

★スペシャル版23日放送
「電車男」のスペシャル版が23日、同局系「電車男デラックス〜最後の聖戦〜」(後9・0)として放送される。エルメス(伊東美咲)と電車男(伊藤)の1年後が舞台で、エルメスを巡り、電車男と北村一輝(37)扮するIT長者が恋のバトルを繰り広げる。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200609/gt2006092202.html

20:34 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年09月18日

伊藤淳史さん(電車男デラックス〜最後の聖戦〜) インタビュー 読売新聞 06/09/15

http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/yy/interview/20060913et02.htm

06:16 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年08月18日

掲示板のカキコが生声に…「電車男」の朗読劇DVDキタ―ッ サンケイスポーツ 06/08/18

日本中にヲタクブームを巻き起こした「電車男」の朗読劇版DVD(デックスエンタテインメント、2枚組6090円)が、18日に発売される。

朗読劇版「電車男」は朴●美(●は王ヘンに路)、井上喜久子、堀内賢雄、横山智佐、高橋広樹ら5人の人気声優たちが出演し、昨年3月と5月に舞台化された。あたかもネット掲示板に書き込むように、パソコン画面に表示された台本を原文に忠実に朗読した。

18日午後6時半から東京・秋葉原の石丸電気ソフト2で、DVD購入者を対象に出演者の井上喜久子を迎えたトークイベントを開催する。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200608/gt2006081814.html

22:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年08月01日

米国のオタクと電車男 毎日新聞 東京夕刊 06/07/10

オタクに国境なし−−。ディズニーランドがあるカリフォルニア州アナハイムで今月初め、アニメ・エキスポが開かれた。コスプレや着ぐるみの高校生ら約4万4000人があふれる会場で、映画版「電車男」を見た。女性とデートしたことがないオタクが電車の中で酔っぱらいに絡まれていた美女を助け、ネット掲示板の仲間の助言を受けながら恋を成就させる物語だ。

観客の多くは10代の若者。字幕映画なのに間髪入れず反応する。山田孝之が演ずる主人公がエルメス役の中谷美紀と手をつなぐと、「トレインマン(電車男)行け行け」。エルメスが悲しい顔で「もう会わないほうがいいのかもしれませんね」と言うと、すすり泣く声が。見ると、斜め前の席の女子高生が涙をぬぐっている。2人がキスする場面ではウオーと地鳴りのような喝さいが起こり、男子学生が立ち上がってガッツポーズした。言語や文化の差は全く感じられない。観客は100%、電車男の気持ちに寄り添っていた。

米国の高校生活は人気度でヒエラルキー(階層)が決まる。一番人気は通常、フットボール選手やチアリーダー。ほかに運動バカは「ジョック」、ガリ勉は「ブレイン」、演劇に熱中する「ドラマ」、麻薬漬けの「ストーナー」、どのグループにも属さない「ローナー」などと集団ごとに俗称がある。アニメや漫画、コンピューターゲームに没頭する米国版オタクは「ギーク」と呼ばれ、最下層を構成する。コンピューターの興隆やビル・ゲイツの活躍で、ギークの地位は昔より良くなったが、それでもつらいのだろう。電車男の映画を見終わった後で高校生の一人が「こんなのやっぱり夢物語。ギークに恋人はできないんだ」とつぶやいたのには、泣けた。

「米国のコミックは勧善懲悪でマッチョすぎ。日本アニメや漫画の登場人物は血を流し、泣く。ヒーローにも暗い側面があり、悪者にも戦う理由がある」。会場の高校生は口をそろえる。みんながフットボール選手やチアリーダーになれるわけがない。ギークの悲哀が日本のアニメや漫画のブームを下支えしているような気がする。

今年のウェブスターの辞書にMANGAという言葉が入った。ANIMEはとっくに辞書入りしている。米国最大のサブカルチャーとなったアニメと漫画は、米国のオタクの力を借りてじわじわと主流に近づこうとしている。(ロサンゼルス支局)

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20060710dde012070015000c.html

00:52 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年06月13日

大沢、中谷が「7月24日通りのクリスマス」でW主演 電車女 サンケイスポーツ 06/06/07

俳優の大沢たかお(38)と女優の中谷美紀(30)が、映画「電車男」を昨年大ヒットさせた村上正典監督(42)の新作「7月24日通りのクリスマス」でW主演することが6日、分かった。妄想癖のある“オタクOL”が二枚目男性に恋する物語で、“逆電車男”ともいえる作品。珠玉のラブコメディーとしてクリスマス前の11月公開を目指す。

劇中で登場するリスボンの風景。似たような雰囲気が長崎にも漂う映画「アメリ」の主人公のような妄想癖豊かな女性が、「ブリジット・ジョーンズの日記」のように分不相応な男性に恋し、「プリティ・ウーマン」のような大変身を遂げる…。そんな王道のロマンチックコメディーが日本に誕生する。

新作「7月24日−」では、「電車男」で脚本を務めた金子ありささんが、平成15年に発売された芥川賞作家、吉田修一氏の恋愛小説「7月24日通り」をコメディータッチに大胆に脚色。さえない“オタクOL”の恋模様を、村上監督との“電車男コンビ”でコミカルに描き出した。

色気のないめがねに、丈の長いスカート、頭の中は妄想でいっぱいという、この地味〜な女性を演じるのが、映画「電車男」でオタク青年(山田孝之)が憧れる女性・エルメスを演じた中谷。そして、日本版「ブリジット−」ともいえる同作で、米女優、レニー・ゼルウィガー(37)が憧れた二枚目英俳優、ヒュー・グラント(45)の役目を果たすのがこの手の純愛映画には欠かせない存在で日本を代表するイケメン俳優、大沢だ。

“オタク女性”が二枚目男性に恋するという「電車男」とは真逆の設定だが、「世界の中心で、愛をさけぶ」の大沢、「電車男」の中谷の“強力純愛タッグ”に、村上監督は「『電車女』で『電車男』を超える!」と、興収37億円を記録した前作超えを宣言。製作サイドでは、クリスマスにこだわり、「アヴェマリア」や「ホワイトクリスマス」など、クリスマスの名曲10数曲を劇中にちりばめる予定という。

セカチューや「解夏」など純愛作経験豊かな大沢は、「今年いちばんのラブストーリーになるように頑張りたい」と気合たっぷり。今回はライティング・デザイナーに扮し、オタク女性の純情を受け止めるおおらかな熱演で日本中の女性のハートをドキドキさせそうだ。

一方、公開中の映画「嫌われ松子の一生」で中島哲也監督に散々ダメ出しされ女優魂を鍛え直した中谷は、「失った自信を取り戻すべく赤子のような気持ちで頑張ります」と気持ちを新たにしている。

★エビちゃん研究
同作では中谷の変身ぶりに注目。異性の視線をまるで気にしないようなダサイOLファッションから、若い女性に人気の蛯原友里(26)のような“エビちゃんファッション”に大変身する予定で、関係者によると、中谷は実際に蛯原らが出ている女性ファッション誌「CanCam」を読んで研究中。すでに“エビちゃんファッション”は極めた様子だ。共演はほかに、佐藤隆太(26)、上野樹里(20)、阿部力(24)、川原亜矢子(35)、沢村一樹(37)、劇団ひとり(29)、YOU(年齢非公表)、小日向文世(52)ら。

■ストーリー
舞台はクリスマス間近の長崎。自分の住む町をポルトガルのリスボンになぞらえて妄想するなど地味に暮らしていたOL・小百合(中谷)は、ある日、ふとしたきっかけで学生時代の憧れの先輩・聡史(大沢)と再会する。クリスマス・マジックか、急接近していく2人。だが、分不相応だと思っている小百合は素直になれず、なかなかうまくいかないままイブが近づいてくる。そんな中、小百合は幼なじみの森山(佐藤隆太)から告白され…。大沢の主演映画「解夏」(平成16年公開)の舞台がやはり長崎で、大沢にとっては長崎シリーズ第2弾となる。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200606/gt2006060701.html

00:56 | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年06月01日

「電車男」が帰ってキターッ!スペシャル版で再び恋のバトルぼっ発 サンケイスポーツ 06/06/01

フジテレビの人気連続ドラマ「電車男」が2時間のスペシャル版になり9月に放送されることが5月31日、分かった。原作にない完全オリジナル脚本による「電車男DX〜最後の聖戦〜」(仮題)。主演の伊東美咲(29)扮するエルメスを巡り、電車男(伊藤淳史)とIT長者(北村一輝)が恋のバトルを繰り広げる。美咲は「よりパワフルになって帰ってきた『電車男』にご期待ください」と話している。

昨年9月22日放送の最終回。エルメスに思いが通じ、電車男の純愛はハッピーエンドを迎えたが…。世の中、そんなに甘くはなかった。手ごわいライバルが“キターッ”のだ。

フジの若松央樹プロデューサーは当初、「原作も完結し、放送から1年が経過していた」ため、ドラマ化を迷ったという。だが、「ニュースや情報番組で、ますます活気を帯び、変貌している秋葉原を目にし、『電車男』の1年後とうまくリンクできないか」と考え、秋葉原と電車男が絡み合う新たな物語を作り出した。

舞台は2人の交際1年後。そろそろエルメスにプロポーズをしたいと考えている電車男の前に、エルメスの祖父(藤村俊二)の会社の経営危機を救ったIT会社の社長、前園が現れる。前園はエルメスとの結婚ばかりか、秋葉原を牛耳ろうともくろんでいた…という電車男にはツラーイ内容だ。

撮影は5月10日にスタートし、同13日からは、タヒチでロケが行われた。これは、電車男が、自分の恋愛の行方が記されているというタヒチに伝わる「伝説の黒真珠」を手に入れるため。ロケを終え、帰国したばかりの伊藤は、「これまで演じた役の中でいちばん苦労も多く、難しかったのですが、その分、達成感も特別でした。思い入れのある役なので、スペシャルで戻ってくることができて本当にうれしい。予期せぬ展開もあり、全てが見どころです」と自信たっぷり。

また、「『電車男』はわたしの“HOME”」というほど同作に愛着を持つ美咲は、久々のエルメスを楽しんで演じている。

同局系連続ドラマ「電車男」は昨年7月期に放送され、全11回の平均視聴率が21.2%、最終回は25.5%(ビデオリサーチ、関東地区)という高数字をたたき出した。それだけにスペシャル版も人気を呼びそうだ。

★ゲスト次長課長も“怪演”
スペシャル版には、連ドラのレギュラー陣の白石美帆(27)、豊原功補(40)、佐藤江梨子(24)、須藤理彩(29)、劇団ひとり(29)、堀北真希(17)以外に、“ゲストおたく”が登場する。お笑いコンビ、次長課長の河本準一(31)と井上聡(30)。2人の役名は「ヲタク兄弟」で、ある狙いをもって電車男を追いかけ回す。出演シーンは5、6シーンだが、「なかなかの怪演ぶり」(広報担当者)という。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200606/gt2006060101.html

21:08 | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年05月10日

「電車男」の朗読劇DVD、8月18日に発売決定 サンケイスポーツ 06/05/09

インターネットの掲示板「2ちゃんねる」の書き込みがきっかけで、テレビ、映画、舞台の原作となり、日本中にヲタクブームを巻き起こした「電車男」(新潮社刊)。昨年3月と5月にステージ化された朗読劇(サンスポほか主催)のDVDが8月18日に発売されることが決まった。朴ロ美、井上喜久子、堀内賢雄、横山智佐、高橋広樹の声優5人が、パソコンに表示された台本を朗読するスタイルで、女優としても活躍する朴が、電車男役を演じ話題を呼んだ。原文をほぼ忠実に朗読した同舞台は映画やドラマとは違った魅力を放っている。

DVDは出演者のインタビューの特典映像付き(6090円、発売元=インターチャネル、販売元=デックスエンタテインメント)。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200605/gt2006050910.html

22:56 | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年03月28日

スカパー、「電車男」1日105円で・見た分だけ支払い 日経新聞 06/03/27

CS放送のスカイパーフェクト・コミュニケーションズは、視聴した分だけ料金を払う「ペイパービュー(PPV)」サービスを強化する。4月から人気映画「電車男」を1日105円で視聴できるサービスを期間限定で展開するほか、6月からは1カ月に1日、通常価格の半額で映画を視聴できる価格帯も導入。PPVの普及を狙う。

PPVサービスはスカパーの子会社、ペイ・パー・ビュー・ジャパン(PPVJ、東京・渋谷)が展開する。昨年劇場公開された「電車男」を4月1日―13日の期間限定で1日105円で視聴できるキャンペーンを実施。6月からは米ハリウッド映画など毎月1作品を1日限り定価の半額の260円強で視聴できる「半額day」を実施する見通しだ。

http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20060327AT1D170CM24032006.html

23:42 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年02月16日

山田孝之に隠し子、折り合いつかなかった 日刊スポーツ 06/02/16

映画「電車男」や、現在放送中のTBSドラマ「白夜行」に主演している俳優山田孝之(22)に、生後4カ月の隠し子がいることが15日、分かった。交際していた女性(22)が昨年10月に男児を出産していた。山田はホームページで「このたびは自分自身の未熟さゆえ、多大なるご心配をおかけ致しましたこと、ここに深くおわび申し上げます」「皆さまに認めていただける自分に必ずなりたい」とファンにメッセージした。

女性とは2年前から交際していた。妊娠を知り、結婚、出産について話し合いを重ねたが「自分が父親になり、家庭を持ち、役者を続けていくこと、どうしても自分自身の中で折り合いがつかず、別々の道を歩いていくことを彼女は分かってくれ、ご家族も理解してくれました」。山田は生活費、養育費などを負担している。TBSによると、山田はこの日「白夜行」の都内ロケに参加し、変わりなく収録を行ったという。

http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-060216-0011.html

20:07 | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年12月24日

伊藤「電車男」控えめにPR サンケイスポーツ 05/12/23

俳優、伊藤淳史(22)とお笑いタレント、劇団ひとり(28)が22日、東京・台場のフジテレビ前池広場で、同日発売された同局系出演ドラマ「電車男」DVD−BOX(7枚組、2万4990円)の発売記念イベントを行った。

見どころを聞かれると伊藤は「(ヒロイン役の伊東)美咲さんのインタビュー…僕のもありますけど」と控えめにPR。対照的にひとりは「僕がインタビュアーとしてネットの住人たちの(劇中の)お宅を訪問した『オタク訪問』です。とてもクオリティーが高い仕上がりですから」と冗談交じりに自画自賛していた。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200512/gt2005122312.html

12:16 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月23日

2005年ベストセラー回顧 実用本やネット発本ヒット 読売新聞 本よみうり堂 05/12/21

「電車男」「野ブタ。」ドラマ・映画と相乗効果

時代の深層心理を反映するとも言われるベストセラー。今年読まれた本は、2005年のどんな世相と結びつくのか。トーハン調べの年間ベストセラーを読み解くとともに、出版問題に詳しいフリーライター、永江朗(あきら)さんに聞いた。

文芸書は、綿矢りさ、金原ひとみの芥川賞最年少受賞に始まり、純愛ブームにわいた昨年と比べると、やや地味な印象だ。だが男女間の〈純愛〉に代わって、〈家族愛〉がブームになりつつある。『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』(90万部)は、亡き母への思いをつづった自伝的小説。『ハッピーバースデー』(50万部)は、母から虐待を受ける少女が主人公の同名児童書(70万部)を、大人向けに母親の視点で書き直した。少年犯罪やニート、虐待といった家族を巡る問題への、関心の高さもうかがえる。

昨年のベスト20では『電車男』(101万部)だけだった〈ネット発本〉も、今年はよく売れた。『「もっと、生きたい…」』(100万部)、『恋バナ』(青56万部、赤57万部)の2タイトル3冊がランク入りしたYoshiの著書は、女子高生など本を読まないとされた層を取り込んだ。先月発売されたばかりの『生協の白石さん』は、早くも85万部。白石さんのユーモラスで誠実なたたずまいが人気を呼んだ。

ドラマ、映画との相乗効果で売れ行きを伸ばした本も『電車男』、『野ブタ。をプロデュース』(65万部)、『ダ・ヴィンチ・コード』(計190万部)と多かった。

綾部研究員は「読者が読みたい本を入念に市場調査して大量宣伝する出版社が増えた。また、テレビへの露出がないと本が売れなくなってきている」と分析する。ベストセラーも作られる時代――と言えば夢のない話だが。

http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20051221bk07.htm?from=os1

14:16 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月21日

伊東美咲が初のファンイベント 日刊スポーツ 05/12/19

女優伊東美咲(28)が18日、都内で初めてのファンイベントを行った。携帯サイトの抽選で選ばれた1000人のファンの前にサンタクロースの衣装で登場し、トークショーやプレゼント抽選会などを行った。「今までファンの方と直接会話ができる場がなかったので、みんなが喜ぶ顔を見られて楽しかった。一足早いクリスマスとして、お互いすてきなプレゼントを感じることができたと思う」。「電車男」「危険なアネキ」など女優業で充実していた今年と同様「来年もいい作品と出会って成長したい」と話していた。

http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-051219-0001.html

05:10 | コメント (2) | トラックバック (0)

美咲サンタからのプレゼントは? デイリースポーツ 05/12/19

女優・伊東美咲(28)が18日、東京・お台場のスタジオドリームメーカーで初のファンイベントを行い、集まった500人のファンを前にサンタクロース姿のコスプレを披露した。

主演ドラマ「電車男」、「危険なアネキ」の撮影秘話、愛用品プレゼントなどファンとの交流を楽しんだ“美咲サンタ”は、「日ごろなかなかファンのみなさんと会話できる機会がないので今回は大成功。みなさんに支えられているなと改めて思いました」と感想。連続出演していた連ドラを終えたばかりとあって、しばらく休みを取るといい「温泉に行ったり家族とのんびり過ごしたいと思います」と話していた。

http://www.daily.co.jp/gossip/2005/12/19/198622.shtml

05:07 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月16日

今年の創作四字熟語 産経新聞 05/12/14

住友生命保険は14日、今年の世相を映した「創作4字熟語」の入選作品を発表した。自民党が圧勝した衆院選を表現した「全国政波(全国制覇)」や、情報技術(IT)企業など「もの言う株主」を神様になぞらえた「大株主命(おおかぶぬしのみこと)(大国主命(おおくにぬしのみこと))」などが優秀作に選ばれた。

スポーツ、社会分野では、今年から始まったプロ野球セ・リーグ、パ・リーグの交流戦を指す「セパ琢磨(切磋琢磨(せっさたくま))」のほか、小説や映画がヒットした「電車男」に絡んで「車内恋愛(社内恋愛)」、国内外で地震や津波が相次いだことから「津々揺々(つつゆらゆら)(津々浦々)」もそれぞれ選ばれた。

http://www.sankei.co.jp/news/051214/sha073.htm

23:44 | コメント (0) | トラックバック (0)

「想定外の現場」スペシャルでフジ報道看板アナ総出動! サンケイスポーツ 05/12/12

フジテレビの朝、夕、夜の報道番組看板キャスターが勢ぞろいし、今年を振り返る同局系「FNN重大ニュース2005 『想定外の現場』スペシャル 安藤・西山・高島・クリステル 緊急総出動」(18日後4・0)の収録が11日、都内各所で行われた。

番組では、夕方の「FNNスーパーニュース」の安藤優子キャスター(47)と西山喜久恵アナ(36)が、衆院選自民圧勝に導いた小泉総理と新人議員の杉村太蔵氏(26)を徹底解剖。夜の「FNNニュースJAPAN」からは滝川クリステルアナ(28)が、同局対ライブドア、TBS対楽天など一連の買収騒動の発信地となった六本木ヒルズを取材し、朝の「めざましテレビ」(月ー金曜前5・25)からは高島彩アナ(26)が、大ヒット作「電車男」のモデルとなった人物に直撃取材する。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200512/gt2005121205.html

23:32 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月10日

新潟三越で新春福袋の提案会 新潟日報 05/12/09

早くも初売り準備―。新春恒例の福袋の「提案会」が9日、新潟三越で行われた。干支にちなみ犬のキャラクター商品を集めた袋や、サッカーアルビレックス新潟袋、ブームになった「電車男」袋など、夢あふれる中身が披露された。

会場では、商品を企画した担当社員が、店長、副店長に自慢の内容を説明。アルビ袋には退任する反町康治監督の直筆サイングッズ、来季開幕戦ペアチケットなどがぎっしり。担当社員は「一般のサポーターが手に入らない物を用意した」と胸を張った。また、「電車男」袋は、ヒロインのエルメス嬢御用達の紅茶セットが詰められた。

http://www.niigata-nippo.co.jp/news/index.asp?id=2005120929524

04:28 | コメント (0) | トラックバック (0)

お台場がライトアップ…フジテレビの冬のイベント10日開幕 サンケイスポーツ 05/12/09

10日に開幕するフジテレビの冬のイベント「HOT FANTASY ODAIBA」のイルミネーション点灯式が8日、東京・台場のフジテレビ社屋1階で、村上光一社長、戸部洋子、斉藤舞子、遠藤玲子アナによって行われた。

社屋を飾るイルミネーションやテニス界のスーパースター、マリア・シャラポワの来日を記念した「シャラポワ・ジャパンツアーツリー」などがクリスマス直前のお台場を華やかに彩った。

「HOT−」では、他にも人気ドラマの世界を展開する「電車男ワールド」や女子アナがおすすめ夜景スポットを紹介する「TOKYO NIGHT CRUISE」などを開催。10日から来年1月3日まで。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200512/gt2005120912.html

04:26 | コメント (0) | トラックバック (1)

打倒、箱根駅伝!ドラマ「電車男」出演者が“オタク駅伝” サンケイスポーツ 05/12/05

打倒、箱根駅伝! 今年の7−9月に放送されたフジテレビのヒットドラマ「電車男」の全11話が来年1月2、3日に一挙再放送されることが4日、決まった。放送時間は2日が午前9時50分−午後3時45分、3日は午前9時15分−午後2時45分で、これはちょうど、日本テレビ系で生中継される正月の風物詩「箱根駅伝」の真裏にあたる。

「箱根駅伝」は今年、往路が23.7%、復路29.9%(ビデオリサーチ、関東地区調べ)をマークするなど例年、高視聴率をあげる正月の花形番組。となれば、打倒!箱根を掲げるのがテレビマンだ。同ドラマの若松央樹プロデューサーは「再放送をそのまま流すのは、電車男らしくない。箱根駅伝の裏でもあり、11時間以上の再放送を“共に走る”企画を考えた」と“オタク”たちによる“アキバ駅伝”の開催をぶち上げた。

若松氏によると、走者は劇中で電車男の恋愛を励まし見守ったネット住人役の俳優やタレント20数人。東京・台場のフジテレビからオタクの聖地、秋葉原間(約10キロ)を3〜4チームに分かれ、途中でドラマのロケ地などに立ち寄りながらタスキをつなぎゴールを目指す。

出場者は「現在調整中」(若松氏)。電車男(伊藤淳史)の友人を演じた劇団ひとり(28)が解説をつとめ、優勝チームにはエルメス(伊東美咲)からプレゼントが贈られる。

ただし、この駅伝の模様は事前収録のため、沿道で応援できないのが残念? オタクたちの力走は各話の間に数分ずつ流すという。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200512/gt2005120504.html

03:25 | コメント (0) | トラックバック (0)

爆笑問題、爆チュークリスマス さとう珠緒相手に「電車男」コント 中日スポーツ 05/12/04

お笑いコンビの爆笑問題が3日、東京・台場のスタジオでコントライブ「爆チュー問題のクリスマスパーティー2005」を開き、親子連れ670人と盛り上がった。

「爆チュー問題」は、爆笑問題の2人がフジテレビ系「ポンキッキーズ」内のコントコーナーで1999年から扮(ふん)しているネズミのキャラクター。この日は「電車男」をモチーフに、田中裕二(40)演じる「たなチュー」が女の子ネズミ「エルメチュ」(さとう珠緒)をクリスマスデートに誘うべく、仲間と奮闘する爆笑コントを繰り広げた。

終演後、太田光(40)は、ブリッ子キャラ全開で熱演したゲストのさとうに対し「この年(30)でマドンナ役には無理がある!!」とダメ出し。99年にも番組に出演したことのあるさとうは、得意の「プンプンッ!!」で応戦しながらも、「前よりも太ったみたいで、衣装を作り直したんです…」と告白し、“マドンナ失格”にしょんぼりしていた。

また、新作DVD「爆チュー問題の部屋」(12月14日、1月18日、2月15日の3カ月連続発売)には、フジテレビの女子アナの出演映像も収録。太田と田中は「アヤパン(高島彩)、チノパン(千野志麻)、滝川クリステルの3人がネズミで『キャンディーズ』をやるお宝映像もあります!!」とアピールした。

http://chuspo.chunichi.co.jp/00/hou/20051204/spon____hou_____000.shtml

03:23 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月02日

マンガでもネット発の話題作次々 読売新聞 05/11/30

『電車男』などネットから生まれた活字本に続き、マンガでもネット発の話題作が増えている。従来の雑誌生まれのマンガともひと味違う、素朴さや身近な表現が人気のキーワードだ。

http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20051130bk05.htm?from=os1

21:20 | コメント (0) | トラックバック (0)

サンケイスポーツ 05/11/30 「HOT☆FANTASY ODAIBA 2005」12月10日から!

毎冬恒例のフジテレビ社屋イベント「HOT☆FANTASY ODAIBA 2005」が、12月10日から来年1月3日まで開催されることになり29日、東京・台場の同局で発表された。

最大の目玉は、話題作「電車男」の世界観をモチーフにした「電車男ワールド」。同局ドラマで使われた「電車男」の部屋を再現したり、コスチュームカフェをオープンさせたり、アイドルによるミニステージなどが披露される。

イメージキャラクター「電車ガールズ」を務める岩佐真悠子(18)、愛川ゆず季(22)、佐野夏芽(20)の3人は、車掌服のコスプレ姿で「寒〜い冬に、みなさんが暖かく楽しい気持ちになれるように、私たちが盛り上げます」と宣言した。

「HOT☆FANTASY ODAIBA」の主なイベント概要
22階・フォーラム
電車男ワールド
今年の話題作「電車男」の世界観を再現。台場が秋葉原に

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200511/gt2005113004.html

21:12 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月17日

朝日新聞 05/11/17 「刺客」に「アキバ系」… 世相映す変わり雛

高さ約20センチの雛(ひな)人形でその年の話題や世相を表現した「変わり雛」が、東京・上野の真多呂人形会館で披露された。来年1月7日から一般公開される。

今回は小泉首相と「刺客」候補をかたどった「自民圧勝雛」や宮里藍選手らの「ヤングゴルファー雛」のほか、黒田慶樹さんと清子さんがモデルの「ご慶事雛」も登場。電車男をイメージした「アキバ系“萌(も)え”雛」もある。

http://www.asahi.com/life/update/1117/008.html

22:02 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月03日

デイリースポーツ 05/10/03 中川翔子 電車男キボンぬ!

ブログ界の新アイドルとして人気上昇中の中川翔子(20)が初のブログ本「しょこたんブログ」を発売したのを記念し2日、東京・渋谷のブックファーストでサイン会を行った。ブログは超マニアックで1日に更新52回、月間アクセス500万というすごさ。中川は理想の男性像を聞かれ「ドラゴンボールのトランクス。結婚したいです」とオタクぶり全開。「電車男は?」の質問にも「激しく趣味が合うので、むしろキボンぬ(希望)」と断言していた。

http://www.daily.co.jp/gossip/2005/10/03/189381.shtml

23:58 | コメント (0) | トラックバック (0)

スポーツニッポン 05/10/03 中川翔子 電車男と恋愛キボンヌ

タレントの中川翔子(20)が自身のブログを1冊にまとめた「しょこたん☆ぶろぐ」の発売記念サイン会を2日、東京・ブックファースト渋谷店で行った。月間アクセス数500万を突破した人気ブログで、1日の最高更新数は52回。「ブログの女王」眞鍋かをりに迫る勢いに「知的な長い文章が書ければいいんですけど…私の脳みそが全部分かっちゃう。怖い!」と控えめ。男性観については、オタク系アイドルらしく「“電車男”のような人は激しく趣味が合う。キボンヌ(希望)です」と、ネット用語を使いながら“しょこたんワールド”を展開した。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2005/10/03/05.html

23:56 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月01日

サンケイスポーツ 05/10/01 ソニンがアドリブ祝福「阪神オメデト」−「電車男」特別編

6日放送のフジテレビ系特番「電車男もうひとつの最終回スペシャル」(後10・0)に歌手、ソニン(22)が出演することになった。先月22日に最終回を迎えた連ドラ版でネット住人の1人として登場した熱狂的な阪神ファン、牛島(六角精児)が恋する韓国人ホステス、ティファニー役。

若松央樹プロデューサーは起用理由を「場末のスナックに咲いた一輪の花を想定し、役のイメージとソニンさんの持つかわいらしさと体当たり演技にほれ込みました」と説明。ソニンは「片言の日本語しかしゃべることのできない役なので、本当の韓国人ホステスの方から片言の日本語の発音を勉強しました」というから本格的だ。

偶然にも控え室のテレビで阪神優勝の瞬間を目撃したソニンは「その雰囲気のまま芝居に入れました」。恋人役の六角と「阪神優勝オメデト」のセリフをアドリブで入れて撮影を終了した。8日公開の映画「空中庭園」にも出演、今秋は“女優ソニン”を見せつける。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200510/gt2005100105.html

22:58 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年09月27日

サンケイスポーツ 05/09/27 『電車男』最終回25.5%!トップを独走、有終の美を飾る

22日に放送されたフジテレビ系連続ドラマ「電車男」の最終回が、平均視聴率25・5%(ビデオリサーチ、関東地区調べ)の同番組最高視聴率を記録し、有終の美を飾った。

同ドラマは、オタク青年・電車男(伊藤淳史)と美女・エルメス(伊東美咲)の純愛物語。原作はミリオンセラー、映画も大ヒットした話題作で、ドラマ版も7月7日のスタート以来、平均視聴率20%前後をキープし、今夏放送された連続ドラマのトップを独走。最終回の瞬間最高視聴率は、2人がキスするシーンと恋が成就して電車男がネットを卒業するシーンの2回で、28・4%を獲得した。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200509/gt2005092705.html

23:24 | コメント (0) | トラックバック (0)

スポーツニッポン 05/09/27 キタ――ッ「電車男」今期1位

22日に放送されたフジテレビドラマ「電車男」の最終回視聴率が、平均25・5%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)の高数字を記録した。今クール(7〜9月)のドラマでは「女王の教室」(日本テレビ)の25・3%を抜きトップ。ネットの掲示板から生まれ、書籍、映画とヒットを続けた作品が、ドラマでも成功を収めた。同局の若松央樹プロデューサーは「“電車男”ブーム、社会現象をいい形で総括できた」と喜んだ。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2005/09/27/07.html

23:21 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年09月24日

日刊スポーツ 05/09/20 映画「電車男」12・2からDVDレンタル

映画「電車男」が12月2日からDVDレンタル開始される。セル版は同9日発売。興収35億円を記録。

http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/f-et-tp0-050920-0012.html

01:14 | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年09月20日

サンケイスポーツ 05/09/20 「ギター男」キター!劇団ひとり主演“番外編”制作決定!

22日に最終回を迎えるフジテレビ系人気ドラマ「電車男」(木曜後10・0)で劇団ひとり(28)が演じているアニメオタク、松永勇作を主人公にした1時間半の特別ドラマが制作されることが19日、分かった。松永がかつて掲示板を賑わせた『ギター男』だったという大胆な発想で描くオリジナルストーリー。10月6日に「電車男・アナザーストーリー」(仮題、後10・0)として放送される。

今月15日の放送が同ドラマ最高視聴率となる24・1%(ビデオリサーチ関東地区調べ)を記録し、最終回に向け盛り上がりをみせる「電車男」。伊藤淳史(21)扮する「電車男」こと山田剛司と主演の伊東美咲(28)演じるエルメスの恋愛を見守り応援してきた脇役の松永がメーンに躍り出る。

劇団ひとりが演じる松永は名古屋在住のアニメオタク。上京して秋葉原に通い、友人の剛司に様々なアドバイスを与える師匠のような存在だ。

同局の若松央樹プロデューサーが「松永はサブキャラクターとしておもしろく視聴者の人気もあったが、電車男とエルメスという本線のストーリーを追わなければならず、十分にそのキャラクターを生かしきれなかった」との思いから、松永をメーンに据えた。

特別編では松永が「電車男」が登場する前の掲示板で話題をさらっていた『ギター男』と呼ばれる人物だったという設定。同氏によると、現実の「2ちゃんねる」に「輪ゴム男」「モグラ男」などと呼ばれる恋が成就せず悲惨な経験をした男たちがいることに目をつけ、松永の過去を描くことに。『ギター男』の意味、過去に松永を襲った恋の悲劇をコミカルタッチに綴られる。

また、最終回で、松永が実は金持ちだと知ったエルメスの友人、観月裕子(須藤理彩)が松永にアプローチするエピソードがあり、この新カップルの恋の行方や小栗旬(22)、温水洋一(41)、我修院達也(54)らネットの住人たちも描かれる。とはいえ、もっとも気になるのはエルメスと電車男。伊藤と美咲がわざわざ新たな撮影を行い、電車男ファンが喜ぶエピソードを用意してくれそうだ。

大出世を果たす劇団ひとりは「この役をやってから何だか風呂に入る回数も減り服に対しても無頓着になったような気がする」というほどすっかりオタクになったが、「家に引きこもってゲームやらパソコンやらで役柄に磨きをかけています」とやる気満々のコメントを寄せた。

★「電車男」視聴率1位決定!
映画がひとあし先に公開された「電車男」は、今期1番の注目作として7月7日にスタート。初回が18・3%で同時間帯のTBS系ドラマ「女系家族」(18・1%)と接戦になったが、2回目以降は他のドラマを寄せ付けず1位を独走。同ドラマの最高視聴率は15日放送の24・1%。22日の最終回にどれだけ数字を伸ばすか注目される。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200509/gt2005092001.html

20:01 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年09月02日

読売新聞 05/08/31 私の近くの「電車男」

オタクの純愛を描く「電車男」(フジテレビ系)が好評です。このドラマで気になるのが、主役の「エルメス」(伊東美咲)に恋する「電車男」(伊藤淳史)をはじめとするアキバ系。でも、見渡せば、あなたの近くにもいるのでは? 今週は、読者の隣の電車男を紹介してもらいます。

――巨大ネット掲示板「2ちゃんねる」から生まれた「電車男」。信じがたい話ですが、ちまたに電車男は実在する模様です。

〈秋葉原のメード喫茶に行くのが日課だった弟20歳。当然、友人もオタク系の人ばかりで、女性とは無縁の生活を送っていましたが、秋葉原から帰る道中、拾った財布を交番に届けに行ったところ、その持ち主がきれいな女性24歳。……それが縁で、「電車男」のように身も心も一新した弟は、今、その女性と付き合っています。うらやましい!!〉「ヒロータ教授」さん23 会社員・神奈川

http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/zipzap/freetalk/20050831et09.htm

07:29 | コメント (0) | トラックバック (0)

 1 |  2 |  3 |  4 |  5 | All pages