協力者・情報提供者待ってます

2006年09月23日

あの「電車男」のうさぎキャラがアニメに!フジ系で1月放送 サンケイスポーツ 06/09/22

昨夏放送され、伊東美咲(29)の主演で高視聴率を記録したフジテレビ系「電車男」に登場するアニメキャラクターが、同局でテレビアニメ化されることが21日、分かった。来年1月にスタートする「月面兎兵器ミーナ」で、ドラマのオープニングに登場したり、劇中で伊藤淳史(22)扮するヲタク青年の部屋にフィギュアとして飾られた、あのうさぎアンドロイドだ。ヲタク視聴者の熱い要望にこたえ、アニメ化が実現した。

満月をバックに、うさぎのような長い耳をつけた愛らしい少女が腕を組んで仁王立ちし、その脇に4本のニンジン型の大砲が威圧感たっぷりに砲を構える。

ドラマ「電車男」を1度は見たことのある視聴者なら、強烈な印象を受けているはず。毎回オープニングに登場したアニメキャラ、月面兎兵器ミーナだ。

「ミーナ」は、お嬢様OLとヲタク青年の純愛をコミカルに盛り上げるため、フジテレビが実写ドラマの挿入アニメとして、制作会社、GONZOに依頼して作られた。オープニングのアニメのみならず、劇中でも電車男(伊藤淳史)の部屋のシーンでひと際目立ったフィギュアとしても登場した。

つぶらな瞳で巨乳、へそ出しルックのキャラクターは、ヲタク心を大いにくすぐり、架空キャラでありながらも、視聴者から「アニメ化の予定はないの?」「テレビアニメにしてほしい」といった問い合わせや要望が殺到した。

同局では「DVD映像になるかもしれません」という回答にとどめていた。が、あまりの反響の多さに、昨年9月の放送終了後、アニメ化企画がカンカンガクガク、本気で語られることになり、今年4月に上層部からGOサインが出て、プロジェクトはスタートした。

物語は、人類が月移住計画を進める未来を舞台に、月面基地の完成に合わせて、クレーターの数だけ自衛型アンドロイドが作られる。その中の人間そっくりのアンドロイド、月城ミーナがドタバタしながらも、仕事に勉強に頑張り成長していく姿を描いたコメディー。

来年1月から1話30分で、毎週土曜深夜に約3カ月間放送される。ヲタクの純愛に胸ときめかせた「電車男」ファンを、再び熱くさせそうだ。

★スペシャル版23日放送
「電車男」のスペシャル版が23日、同局系「電車男デラックス〜最後の聖戦〜」(後9・0)として放送される。エルメス(伊東美咲)と電車男(伊藤)の1年後が舞台で、エルメスを巡り、電車男と北村一輝(37)扮するIT長者が恋のバトルを繰り広げる。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200609/gt2006092202.html

20:34 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年09月18日

伊藤淳史さん(電車男デラックス〜最後の聖戦〜) インタビュー 読売新聞 06/09/15

http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/yy/interview/20060913et02.htm

06:16 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年08月18日

掲示板のカキコが生声に…「電車男」の朗読劇DVDキタ―ッ サンケイスポーツ 06/08/18

日本中にヲタクブームを巻き起こした「電車男」の朗読劇版DVD(デックスエンタテインメント、2枚組6090円)が、18日に発売される。

朗読劇版「電車男」は朴●美(●は王ヘンに路)、井上喜久子、堀内賢雄、横山智佐、高橋広樹ら5人の人気声優たちが出演し、昨年3月と5月に舞台化された。あたかもネット掲示板に書き込むように、パソコン画面に表示された台本を原文に忠実に朗読した。

18日午後6時半から東京・秋葉原の石丸電気ソフト2で、DVD購入者を対象に出演者の井上喜久子を迎えたトークイベントを開催する。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200608/gt2006081814.html

22:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年08月01日

米国のオタクと電車男 毎日新聞 東京夕刊 06/07/10

オタクに国境なし−−。ディズニーランドがあるカリフォルニア州アナハイムで今月初め、アニメ・エキスポが開かれた。コスプレや着ぐるみの高校生ら約4万4000人があふれる会場で、映画版「電車男」を見た。女性とデートしたことがないオタクが電車の中で酔っぱらいに絡まれていた美女を助け、ネット掲示板の仲間の助言を受けながら恋を成就させる物語だ。

観客の多くは10代の若者。字幕映画なのに間髪入れず反応する。山田孝之が演ずる主人公がエルメス役の中谷美紀と手をつなぐと、「トレインマン(電車男)行け行け」。エルメスが悲しい顔で「もう会わないほうがいいのかもしれませんね」と言うと、すすり泣く声が。見ると、斜め前の席の女子高生が涙をぬぐっている。2人がキスする場面ではウオーと地鳴りのような喝さいが起こり、男子学生が立ち上がってガッツポーズした。言語や文化の差は全く感じられない。観客は100%、電車男の気持ちに寄り添っていた。

米国の高校生活は人気度でヒエラルキー(階層)が決まる。一番人気は通常、フットボール選手やチアリーダー。ほかに運動バカは「ジョック」、ガリ勉は「ブレイン」、演劇に熱中する「ドラマ」、麻薬漬けの「ストーナー」、どのグループにも属さない「ローナー」などと集団ごとに俗称がある。アニメや漫画、コンピューターゲームに没頭する米国版オタクは「ギーク」と呼ばれ、最下層を構成する。コンピューターの興隆やビル・ゲイツの活躍で、ギークの地位は昔より良くなったが、それでもつらいのだろう。電車男の映画を見終わった後で高校生の一人が「こんなのやっぱり夢物語。ギークに恋人はできないんだ」とつぶやいたのには、泣けた。

「米国のコミックは勧善懲悪でマッチョすぎ。日本アニメや漫画の登場人物は血を流し、泣く。ヒーローにも暗い側面があり、悪者にも戦う理由がある」。会場の高校生は口をそろえる。みんながフットボール選手やチアリーダーになれるわけがない。ギークの悲哀が日本のアニメや漫画のブームを下支えしているような気がする。

今年のウェブスターの辞書にMANGAという言葉が入った。ANIMEはとっくに辞書入りしている。米国最大のサブカルチャーとなったアニメと漫画は、米国のオタクの力を借りてじわじわと主流に近づこうとしている。(ロサンゼルス支局)

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20060710dde012070015000c.html

00:52 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年06月13日

大沢、中谷が「7月24日通りのクリスマス」でW主演 電車女 サンケイスポーツ 06/06/07

俳優の大沢たかお(38)と女優の中谷美紀(30)が、映画「電車男」を昨年大ヒットさせた村上正典監督(42)の新作「7月24日通りのクリスマス」でW主演することが6日、分かった。妄想癖のある“オタクOL”が二枚目男性に恋する物語で、“逆電車男”ともいえる作品。珠玉のラブコメディーとしてクリスマス前の11月公開を目指す。

劇中で登場するリスボンの風景。似たような雰囲気が長崎にも漂う映画「アメリ」の主人公のような妄想癖豊かな女性が、「ブリジット・ジョーンズの日記」のように分不相応な男性に恋し、「プリティ・ウーマン」のような大変身を遂げる…。そんな王道のロマンチックコメディーが日本に誕生する。

新作「7月24日−」では、「電車男」で脚本を務めた金子ありささんが、平成15年に発売された芥川賞作家、吉田修一氏の恋愛小説「7月24日通り」をコメディータッチに大胆に脚色。さえない“オタクOL”の恋模様を、村上監督との“電車男コンビ”でコミカルに描き出した。

色気のないめがねに、丈の長いスカート、頭の中は妄想でいっぱいという、この地味〜な女性を演じるのが、映画「電車男」でオタク青年(山田孝之)が憧れる女性・エルメスを演じた中谷。そして、日本版「ブリジット−」ともいえる同作で、米女優、レニー・ゼルウィガー(37)が憧れた二枚目英俳優、ヒュー・グラント(45)の役目を果たすのがこの手の純愛映画には欠かせない存在で日本を代表するイケメン俳優、大沢だ。

“オタク女性”が二枚目男性に恋するという「電車男」とは真逆の設定だが、「世界の中心で、愛をさけぶ」の大沢、「電車男」の中谷の“強力純愛タッグ”に、村上監督は「『電車女』で『電車男』を超える!」と、興収37億円を記録した前作超えを宣言。製作サイドでは、クリスマスにこだわり、「アヴェマリア」や「ホワイトクリスマス」など、クリスマスの名曲10数曲を劇中にちりばめる予定という。

セカチューや「解夏」など純愛作経験豊かな大沢は、「今年いちばんのラブストーリーになるように頑張りたい」と気合たっぷり。今回はライティング・デザイナーに扮し、オタク女性の純情を受け止めるおおらかな熱演で日本中の女性のハートをドキドキさせそうだ。

一方、公開中の映画「嫌われ松子の一生」で中島哲也監督に散々ダメ出しされ女優魂を鍛え直した中谷は、「失った自信を取り戻すべく赤子のような気持ちで頑張ります」と気持ちを新たにしている。

★エビちゃん研究
同作では中谷の変身ぶりに注目。異性の視線をまるで気にしないようなダサイOLファッションから、若い女性に人気の蛯原友里(26)のような“エビちゃんファッション”に大変身する予定で、関係者によると、中谷は実際に蛯原らが出ている女性ファッション誌「CanCam」を読んで研究中。すでに“エビちゃんファッション”は極めた様子だ。共演はほかに、佐藤隆太(26)、上野樹里(20)、阿部力(24)、川原亜矢子(35)、沢村一樹(37)、劇団ひとり(29)、YOU(年齢非公表)、小日向文世(52)ら。

■ストーリー
舞台はクリスマス間近の長崎。自分の住む町をポルトガルのリスボンになぞらえて妄想するなど地味に暮らしていたOL・小百合(中谷)は、ある日、ふとしたきっかけで学生時代の憧れの先輩・聡史(大沢)と再会する。クリスマス・マジックか、急接近していく2人。だが、分不相応だと思っている小百合は素直になれず、なかなかうまくいかないままイブが近づいてくる。そんな中、小百合は幼なじみの森山(佐藤隆太)から告白され…。大沢の主演映画「解夏」(平成16年公開)の舞台がやはり長崎で、大沢にとっては長崎シリーズ第2弾となる。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200606/gt2006060701.html

00:56 | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年06月01日

「電車男」が帰ってキターッ!スペシャル版で再び恋のバトルぼっ発 サンケイスポーツ 06/06/01

フジテレビの人気連続ドラマ「電車男」が2時間のスペシャル版になり9月に放送されることが5月31日、分かった。原作にない完全オリジナル脚本による「電車男DX〜最後の聖戦〜」(仮題)。主演の伊東美咲(29)扮するエルメスを巡り、電車男(伊藤淳史)とIT長者(北村一輝)が恋のバトルを繰り広げる。美咲は「よりパワフルになって帰ってきた『電車男』にご期待ください」と話している。

昨年9月22日放送の最終回。エルメスに思いが通じ、電車男の純愛はハッピーエンドを迎えたが…。世の中、そんなに甘くはなかった。手ごわいライバルが“キターッ”のだ。

フジの若松央樹プロデューサーは当初、「原作も完結し、放送から1年が経過していた」ため、ドラマ化を迷ったという。だが、「ニュースや情報番組で、ますます活気を帯び、変貌している秋葉原を目にし、『電車男』の1年後とうまくリンクできないか」と考え、秋葉原と電車男が絡み合う新たな物語を作り出した。

舞台は2人の交際1年後。そろそろエルメスにプロポーズをしたいと考えている電車男の前に、エルメスの祖父(藤村俊二)の会社の経営危機を救ったIT会社の社長、前園が現れる。前園はエルメスとの結婚ばかりか、秋葉原を牛耳ろうともくろんでいた…という電車男にはツラーイ内容だ。

撮影は5月10日にスタートし、同13日からは、タヒチでロケが行われた。これは、電車男が、自分の恋愛の行方が記されているというタヒチに伝わる「伝説の黒真珠」を手に入れるため。ロケを終え、帰国したばかりの伊藤は、「これまで演じた役の中でいちばん苦労も多く、難しかったのですが、その分、達成感も特別でした。思い入れのある役なので、スペシャルで戻ってくることができて本当にうれしい。予期せぬ展開もあり、全てが見どころです」と自信たっぷり。

また、「『電車男』はわたしの“HOME”」というほど同作に愛着を持つ美咲は、久々のエルメスを楽しんで演じている。

同局系連続ドラマ「電車男」は昨年7月期に放送され、全11回の平均視聴率が21.2%、最終回は25.5%(ビデオリサーチ、関東地区)という高数字をたたき出した。それだけにスペシャル版も人気を呼びそうだ。

★ゲスト次長課長も“怪演”
スペシャル版には、連ドラのレギュラー陣の白石美帆(27)、豊原功補(40)、佐藤江梨子(24)、須藤理彩(29)、劇団ひとり(29)、堀北真希(17)以外に、“ゲストおたく”が登場する。お笑いコンビ、次長課長の河本準一(31)と井上聡(30)。2人の役名は「ヲタク兄弟」で、ある狙いをもって電車男を追いかけ回す。出演シーンは5、6シーンだが、「なかなかの怪演ぶり」(広報担当者)という。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200606/gt2006060101.html

21:08 | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年05月10日

「電車男」の朗読劇DVD、8月18日に発売決定 サンケイスポーツ 06/05/09

インターネットの掲示板「2ちゃんねる」の書き込みがきっかけで、テレビ、映画、舞台の原作となり、日本中にヲタクブームを巻き起こした「電車男」(新潮社刊)。昨年3月と5月にステージ化された朗読劇(サンスポほか主催)のDVDが8月18日に発売されることが決まった。朴ロ美、井上喜久子、堀内賢雄、横山智佐、高橋広樹の声優5人が、パソコンに表示された台本を朗読するスタイルで、女優としても活躍する朴が、電車男役を演じ話題を呼んだ。原文をほぼ忠実に朗読した同舞台は映画やドラマとは違った魅力を放っている。

DVDは出演者のインタビューの特典映像付き(6090円、発売元=インターチャネル、販売元=デックスエンタテインメント)。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200605/gt2006050910.html

22:56 | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年03月28日

スカパー、「電車男」1日105円で・見た分だけ支払い 日経新聞 06/03/27

CS放送のスカイパーフェクト・コミュニケーションズは、視聴した分だけ料金を払う「ペイパービュー(PPV)」サービスを強化する。4月から人気映画「電車男」を1日105円で視聴できるサービスを期間限定で展開するほか、6月からは1カ月に1日、通常価格の半額で映画を視聴できる価格帯も導入。PPVの普及を狙う。

PPVサービスはスカパーの子会社、ペイ・パー・ビュー・ジャパン(PPVJ、東京・渋谷)が展開する。昨年劇場公開された「電車男」を4月1日―13日の期間限定で1日105円で視聴できるキャンペーンを実施。6月からは米ハリウッド映画など毎月1作品を1日限り定価の半額の260円強で視聴できる「半額day」を実施する見通しだ。

http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20060327AT1D170CM24032006.html

23:42 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年02月16日

山田孝之に隠し子、折り合いつかなかった 日刊スポーツ 06/02/16

映画「電車男」や、現在放送中のTBSドラマ「白夜行」に主演している俳優山田孝之(22)に、生後4カ月の隠し子がいることが15日、分かった。交際していた女性(22)が昨年10月に男児を出産していた。山田はホームページで「このたびは自分自身の未熟さゆえ、多大なるご心配をおかけ致しましたこと、ここに深くおわび申し上げます」「皆さまに認めていただける自分に必ずなりたい」とファンにメッセージした。

女性とは2年前から交際していた。妊娠を知り、結婚、出産について話し合いを重ねたが「自分が父親になり、家庭を持ち、役者を続けていくこと、どうしても自分自身の中で折り合いがつかず、別々の道を歩いていくことを彼女は分かってくれ、ご家族も理解してくれました」。山田は生活費、養育費などを負担している。TBSによると、山田はこの日「白夜行」の都内ロケに参加し、変わりなく収録を行ったという。

http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-060216-0011.html

20:07 | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年12月24日

伊藤「電車男」控えめにPR サンケイスポーツ 05/12/23

俳優、伊藤淳史(22)とお笑いタレント、劇団ひとり(28)が22日、東京・台場のフジテレビ前池広場で、同日発売された同局系出演ドラマ「電車男」DVD−BOX(7枚組、2万4990円)の発売記念イベントを行った。

見どころを聞かれると伊藤は「(ヒロイン役の伊東)美咲さんのインタビュー…僕のもありますけど」と控えめにPR。対照的にひとりは「僕がインタビュアーとしてネットの住人たちの(劇中の)お宅を訪問した『オタク訪問』です。とてもクオリティーが高い仕上がりですから」と冗談交じりに自画自賛していた。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200512/gt2005122312.html

12:16 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月23日

2005年ベストセラー回顧 実用本やネット発本ヒット 読売新聞 本よみうり堂 05/12/21

「電車男」「野ブタ。」ドラマ・映画と相乗効果

時代の深層心理を反映するとも言われるベストセラー。今年読まれた本は、2005年のどんな世相と結びつくのか。トーハン調べの年間ベストセラーを読み解くとともに、出版問題に詳しいフリーライター、永江朗(あきら)さんに聞いた。

文芸書は、綿矢りさ、金原ひとみの芥川賞最年少受賞に始まり、純愛ブームにわいた昨年と比べると、やや地味な印象だ。だが男女間の〈純愛〉に代わって、〈家族愛〉がブームになりつつある。『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』(90万部)は、亡き母への思いをつづった自伝的小説。『ハッピーバースデー』(50万部)は、母から虐待を受ける少女が主人公の同名児童書(70万部)を、大人向けに母親の視点で書き直した。少年犯罪やニート、虐待といった家族を巡る問題への、関心の高さもうかがえる。

昨年のベスト20では『電車男』(101万部)だけだった〈ネット発本〉も、今年はよく売れた。『「もっと、生きたい…」』(100万部)、『恋バナ』(青56万部、赤57万部)の2タイトル3冊がランク入りしたYoshiの著書は、女子高生など本を読まないとされた層を取り込んだ。先月発売されたばかりの『生協の白石さん』は、早くも85万部。白石さんのユーモラスで誠実なたたずまいが人気を呼んだ。

ドラマ、映画との相乗効果で売れ行きを伸ばした本も『電車男』、『野ブタ。をプロデュース』(65万部)、『ダ・ヴィンチ・コード』(計190万部)と多かった。

綾部研究員は「読者が読みたい本を入念に市場調査して大量宣伝する出版社が増えた。また、テレビへの露出がないと本が売れなくなってきている」と分析する。ベストセラーも作られる時代――と言えば夢のない話だが。

http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20051221bk07.htm?from=os1

14:16 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月21日

伊東美咲が初のファンイベント 日刊スポーツ 05/12/19

女優伊東美咲(28)が18日、都内で初めてのファンイベントを行った。携帯サイトの抽選で選ばれた1000人のファンの前にサンタクロースの衣装で登場し、トークショーやプレゼント抽選会などを行った。「今までファンの方と直接会話ができる場がなかったので、みんなが喜ぶ顔を見られて楽しかった。一足早いクリスマスとして、お互いすてきなプレゼントを感じることができたと思う」。「電車男」「危険なアネキ」など女優業で充実していた今年と同様「来年もいい作品と出会って成長したい」と話していた。

http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-051219-0001.html

05:10 | コメント (2) | トラックバック (0)

美咲サンタからのプレゼントは? デイリースポーツ 05/12/19

女優・伊東美咲(28)が18日、東京・お台場のスタジオドリームメーカーで初のファンイベントを行い、集まった500人のファンを前にサンタクロース姿のコスプレを披露した。

主演ドラマ「電車男」、「危険なアネキ」の撮影秘話、愛用品プレゼントなどファンとの交流を楽しんだ“美咲サンタ”は、「日ごろなかなかファンのみなさんと会話できる機会がないので今回は大成功。みなさんに支えられているなと改めて思いました」と感想。連続出演していた連ドラを終えたばかりとあって、しばらく休みを取るといい「温泉に行ったり家族とのんびり過ごしたいと思います」と話していた。

http://www.daily.co.jp/gossip/2005/12/19/198622.shtml

05:07 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月16日

今年の創作四字熟語 産経新聞 05/12/14

住友生命保険は14日、今年の世相を映した「創作4字熟語」の入選作品を発表した。自民党が圧勝した衆院選を表現した「全国政波(全国制覇)」や、情報技術(IT)企業など「もの言う株主」を神様になぞらえた「大株主命(おおかぶぬしのみこと)(大国主命(おおくにぬしのみこと))」などが優秀作に選ばれた。

スポーツ、社会分野では、今年から始まったプロ野球セ・リーグ、パ・リーグの交流戦を指す「セパ琢磨(切磋琢磨(せっさたくま))」のほか、小説や映画がヒットした「電車男」に絡んで「車内恋愛(社内恋愛)」、国内外で地震や津波が相次いだことから「津々揺々(つつゆらゆら)(津々浦々)」もそれぞれ選ばれた。

http://www.sankei.co.jp/news/051214/sha073.htm

23:44 | コメント (0) | トラックバック (0)

「想定外の現場」スペシャルでフジ報道看板アナ総出動! サンケイスポーツ 05/12/12

フジテレビの朝、夕、夜の報道番組看板キャスターが勢ぞろいし、今年を振り返る同局系「FNN重大ニュース2005 『想定外の現場』スペシャル 安藤・西山・高島・クリステル 緊急総出動」(18日後4・0)の収録が11日、都内各所で行われた。

番組では、夕方の「FNNスーパーニュース」の安藤優子キャスター(47)と西山喜久恵アナ(36)が、衆院選自民圧勝に導いた小泉総理と新人議員の杉村太蔵氏(26)を徹底解剖。夜の「FNNニュースJAPAN」からは滝川クリステルアナ(28)が、同局対ライブドア、TBS対楽天など一連の買収騒動の発信地となった六本木ヒルズを取材し、朝の「めざましテレビ」(月ー金曜前5・25)からは高島彩アナ(26)が、大ヒット作「電車男」のモデルとなった人物に直撃取材する。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200512/gt2005121205.html

23:32 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月10日

新潟三越で新春福袋の提案会 新潟日報 05/12/09

早くも初売り準備―。新春恒例の福袋の「提案会」が9日、新潟三越で行われた。干支にちなみ犬のキャラクター商品を集めた袋や、サッカーアルビレックス新潟袋、ブームになった「電車男」袋など、夢あふれる中身が披露された。

会場では、商品を企画した担当社員が、店長、副店長に自慢の内容を説明。アルビ袋には退任する反町康治監督の直筆サイングッズ、来季開幕戦ペアチケットなどがぎっしり。担当社員は「一般のサポーターが手に入らない物を用意した」と胸を張った。また、「電車男」袋は、ヒロインのエルメス嬢御用達の紅茶セットが詰められた。

http://www.niigata-nippo.co.jp/news/index.asp?id=2005120929524

04:28 | コメント (0) | トラックバック (0)

お台場がライトアップ…フジテレビの冬のイベント10日開幕 サンケイスポーツ 05/12/09

10日に開幕するフジテレビの冬のイベント「HOT FANTASY ODAIBA」のイルミネーション点灯式が8日、東京・台場のフジテレビ社屋1階で、村上光一社長、戸部洋子、斉藤舞子、遠藤玲子アナによって行われた。

社屋を飾るイルミネーションやテニス界のスーパースター、マリア・シャラポワの来日を記念した「シャラポワ・ジャパンツアーツリー」などがクリスマス直前のお台場を華やかに彩った。

「HOT−」では、他にも人気ドラマの世界を展開する「電車男ワールド」や女子アナがおすすめ夜景スポットを紹介する「TOKYO NIGHT CRUISE」などを開催。10日から来年1月3日まで。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200512/gt2005120912.html

04:26 | コメント (0) | トラックバック (1)

打倒、箱根駅伝!ドラマ「電車男」出演者が“オタク駅伝” サンケイスポーツ 05/12/05

打倒、箱根駅伝! 今年の7−9月に放送されたフジテレビのヒットドラマ「電車男」の全11話が来年1月2、3日に一挙再放送されることが4日、決まった。放送時間は2日が午前9時50分−午後3時45分、3日は午前9時15分−午後2時45分で、これはちょうど、日本テレビ系で生中継される正月の風物詩「箱根駅伝」の真裏にあたる。

「箱根駅伝」は今年、往路が23.7%、復路29.9%(ビデオリサーチ、関東地区調べ)をマークするなど例年、高視聴率をあげる正月の花形番組。となれば、打倒!箱根を掲げるのがテレビマンだ。同ドラマの若松央樹プロデューサーは「再放送をそのまま流すのは、電車男らしくない。箱根駅伝の裏でもあり、11時間以上の再放送を“共に走る”企画を考えた」と“オタク”たちによる“アキバ駅伝”の開催をぶち上げた。

若松氏によると、走者は劇中で電車男の恋愛を励まし見守ったネット住人役の俳優やタレント20数人。東京・台場のフジテレビからオタクの聖地、秋葉原間(約10キロ)を3〜4チームに分かれ、途中でドラマのロケ地などに立ち寄りながらタスキをつなぎゴールを目指す。

出場者は「現在調整中」(若松氏)。電車男(伊藤淳史)の友人を演じた劇団ひとり(28)が解説をつとめ、優勝チームにはエルメス(伊東美咲)からプレゼントが贈られる。

ただし、この駅伝の模様は事前収録のため、沿道で応援できないのが残念? オタクたちの力走は各話の間に数分ずつ流すという。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200512/gt2005120504.html

03:25 | コメント (0) | トラックバック (0)

爆笑問題、爆チュークリスマス さとう珠緒相手に「電車男」コント 中日スポーツ 05/12/04

お笑いコンビの爆笑問題が3日、東京・台場のスタジオでコントライブ「爆チュー問題のクリスマスパーティー2005」を開き、親子連れ670人と盛り上がった。

「爆チュー問題」は、爆笑問題の2人がフジテレビ系「ポンキッキーズ」内のコントコーナーで1999年から扮(ふん)しているネズミのキャラクター。この日は「電車男」をモチーフに、田中裕二(40)演じる「たなチュー」が女の子ネズミ「エルメチュ」(さとう珠緒)をクリスマスデートに誘うべく、仲間と奮闘する爆笑コントを繰り広げた。

終演後、太田光(40)は、ブリッ子キャラ全開で熱演したゲストのさとうに対し「この年(30)でマドンナ役には無理がある!!」とダメ出し。99年にも番組に出演したことのあるさとうは、得意の「プンプンッ!!」で応戦しながらも、「前よりも太ったみたいで、衣装を作り直したんです…」と告白し、“マドンナ失格”にしょんぼりしていた。

また、新作DVD「爆チュー問題の部屋」(12月14日、1月18日、2月15日の3カ月連続発売)には、フジテレビの女子アナの出演映像も収録。太田と田中は「アヤパン(高島彩)、チノパン(千野志麻)、滝川クリステルの3人がネズミで『キャンディーズ』をやるお宝映像もあります!!」とアピールした。

http://chuspo.chunichi.co.jp/00/hou/20051204/spon____hou_____000.shtml

03:23 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月02日

マンガでもネット発の話題作次々 読売新聞 05/11/30

『電車男』などネットから生まれた活字本に続き、マンガでもネット発の話題作が増えている。従来の雑誌生まれのマンガともひと味違う、素朴さや身近な表現が人気のキーワードだ。

http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20051130bk05.htm?from=os1

21:20 | コメント (0) | トラックバック (0)

サンケイスポーツ 05/11/30 「HOT☆FANTASY ODAIBA 2005」12月10日から!

毎冬恒例のフジテレビ社屋イベント「HOT☆FANTASY ODAIBA 2005」が、12月10日から来年1月3日まで開催されることになり29日、東京・台場の同局で発表された。

最大の目玉は、話題作「電車男」の世界観をモチーフにした「電車男ワールド」。同局ドラマで使われた「電車男」の部屋を再現したり、コスチュームカフェをオープンさせたり、アイドルによるミニステージなどが披露される。

イメージキャラクター「電車ガールズ」を務める岩佐真悠子(18)、愛川ゆず季(22)、佐野夏芽(20)の3人は、車掌服のコスプレ姿で「寒〜い冬に、みなさんが暖かく楽しい気持ちになれるように、私たちが盛り上げます」と宣言した。

「HOT☆FANTASY ODAIBA」の主なイベント概要
22階・フォーラム
電車男ワールド
今年の話題作「電車男」の世界観を再現。台場が秋葉原に

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200511/gt2005113004.html

21:12 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月17日

朝日新聞 05/11/17 「刺客」に「アキバ系」… 世相映す変わり雛

高さ約20センチの雛(ひな)人形でその年の話題や世相を表現した「変わり雛」が、東京・上野の真多呂人形会館で披露された。来年1月7日から一般公開される。

今回は小泉首相と「刺客」候補をかたどった「自民圧勝雛」や宮里藍選手らの「ヤングゴルファー雛」のほか、黒田慶樹さんと清子さんがモデルの「ご慶事雛」も登場。電車男をイメージした「アキバ系“萌(も)え”雛」もある。

http://www.asahi.com/life/update/1117/008.html

22:02 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月03日

デイリースポーツ 05/10/03 中川翔子 電車男キボンぬ!

ブログ界の新アイドルとして人気上昇中の中川翔子(20)が初のブログ本「しょこたんブログ」を発売したのを記念し2日、東京・渋谷のブックファーストでサイン会を行った。ブログは超マニアックで1日に更新52回、月間アクセス500万というすごさ。中川は理想の男性像を聞かれ「ドラゴンボールのトランクス。結婚したいです」とオタクぶり全開。「電車男は?」の質問にも「激しく趣味が合うので、むしろキボンぬ(希望)」と断言していた。

http://www.daily.co.jp/gossip/2005/10/03/189381.shtml

23:58 | コメント (0) | トラックバック (0)

スポーツニッポン 05/10/03 中川翔子 電車男と恋愛キボンヌ

タレントの中川翔子(20)が自身のブログを1冊にまとめた「しょこたん☆ぶろぐ」の発売記念サイン会を2日、東京・ブックファースト渋谷店で行った。月間アクセス数500万を突破した人気ブログで、1日の最高更新数は52回。「ブログの女王」眞鍋かをりに迫る勢いに「知的な長い文章が書ければいいんですけど…私の脳みそが全部分かっちゃう。怖い!」と控えめ。男性観については、オタク系アイドルらしく「“電車男”のような人は激しく趣味が合う。キボンヌ(希望)です」と、ネット用語を使いながら“しょこたんワールド”を展開した。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2005/10/03/05.html

23:56 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月01日

サンケイスポーツ 05/10/01 ソニンがアドリブ祝福「阪神オメデト」−「電車男」特別編

6日放送のフジテレビ系特番「電車男もうひとつの最終回スペシャル」(後10・0)に歌手、ソニン(22)が出演することになった。先月22日に最終回を迎えた連ドラ版でネット住人の1人として登場した熱狂的な阪神ファン、牛島(六角精児)が恋する韓国人ホステス、ティファニー役。

若松央樹プロデューサーは起用理由を「場末のスナックに咲いた一輪の花を想定し、役のイメージとソニンさんの持つかわいらしさと体当たり演技にほれ込みました」と説明。ソニンは「片言の日本語しかしゃべることのできない役なので、本当の韓国人ホステスの方から片言の日本語の発音を勉強しました」というから本格的だ。

偶然にも控え室のテレビで阪神優勝の瞬間を目撃したソニンは「その雰囲気のまま芝居に入れました」。恋人役の六角と「阪神優勝オメデト」のセリフをアドリブで入れて撮影を終了した。8日公開の映画「空中庭園」にも出演、今秋は“女優ソニン”を見せつける。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200510/gt2005100105.html

22:58 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年09月27日

サンケイスポーツ 05/09/27 『電車男』最終回25.5%!トップを独走、有終の美を飾る

22日に放送されたフジテレビ系連続ドラマ「電車男」の最終回が、平均視聴率25・5%(ビデオリサーチ、関東地区調べ)の同番組最高視聴率を記録し、有終の美を飾った。

同ドラマは、オタク青年・電車男(伊藤淳史)と美女・エルメス(伊東美咲)の純愛物語。原作はミリオンセラー、映画も大ヒットした話題作で、ドラマ版も7月7日のスタート以来、平均視聴率20%前後をキープし、今夏放送された連続ドラマのトップを独走。最終回の瞬間最高視聴率は、2人がキスするシーンと恋が成就して電車男がネットを卒業するシーンの2回で、28・4%を獲得した。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200509/gt2005092705.html

23:24 | コメント (0) | トラックバック (0)

スポーツニッポン 05/09/27 キタ――ッ「電車男」今期1位

22日に放送されたフジテレビドラマ「電車男」の最終回視聴率が、平均25・5%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)の高数字を記録した。今クール(7〜9月)のドラマでは「女王の教室」(日本テレビ)の25・3%を抜きトップ。ネットの掲示板から生まれ、書籍、映画とヒットを続けた作品が、ドラマでも成功を収めた。同局の若松央樹プロデューサーは「“電車男”ブーム、社会現象をいい形で総括できた」と喜んだ。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2005/09/27/07.html

23:21 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年09月24日

日刊スポーツ 05/09/20 映画「電車男」12・2からDVDレンタル

映画「電車男」が12月2日からDVDレンタル開始される。セル版は同9日発売。興収35億円を記録。

http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/f-et-tp0-050920-0012.html

01:14 | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年09月20日

サンケイスポーツ 05/09/20 「ギター男」キター!劇団ひとり主演“番外編”制作決定!

22日に最終回を迎えるフジテレビ系人気ドラマ「電車男」(木曜後10・0)で劇団ひとり(28)が演じているアニメオタク、松永勇作を主人公にした1時間半の特別ドラマが制作されることが19日、分かった。松永がかつて掲示板を賑わせた『ギター男』だったという大胆な発想で描くオリジナルストーリー。10月6日に「電車男・アナザーストーリー」(仮題、後10・0)として放送される。

今月15日の放送が同ドラマ最高視聴率となる24・1%(ビデオリサーチ関東地区調べ)を記録し、最終回に向け盛り上がりをみせる「電車男」。伊藤淳史(21)扮する「電車男」こと山田剛司と主演の伊東美咲(28)演じるエルメスの恋愛を見守り応援してきた脇役の松永がメーンに躍り出る。

劇団ひとりが演じる松永は名古屋在住のアニメオタク。上京して秋葉原に通い、友人の剛司に様々なアドバイスを与える師匠のような存在だ。

同局の若松央樹プロデューサーが「松永はサブキャラクターとしておもしろく視聴者の人気もあったが、電車男とエルメスという本線のストーリーを追わなければならず、十分にそのキャラクターを生かしきれなかった」との思いから、松永をメーンに据えた。

特別編では松永が「電車男」が登場する前の掲示板で話題をさらっていた『ギター男』と呼ばれる人物だったという設定。同氏によると、現実の「2ちゃんねる」に「輪ゴム男」「モグラ男」などと呼ばれる恋が成就せず悲惨な経験をした男たちがいることに目をつけ、松永の過去を描くことに。『ギター男』の意味、過去に松永を襲った恋の悲劇をコミカルタッチに綴られる。

また、最終回で、松永が実は金持ちだと知ったエルメスの友人、観月裕子(須藤理彩)が松永にアプローチするエピソードがあり、この新カップルの恋の行方や小栗旬(22)、温水洋一(41)、我修院達也(54)らネットの住人たちも描かれる。とはいえ、もっとも気になるのはエルメスと電車男。伊藤と美咲がわざわざ新たな撮影を行い、電車男ファンが喜ぶエピソードを用意してくれそうだ。

大出世を果たす劇団ひとりは「この役をやってから何だか風呂に入る回数も減り服に対しても無頓着になったような気がする」というほどすっかりオタクになったが、「家に引きこもってゲームやらパソコンやらで役柄に磨きをかけています」とやる気満々のコメントを寄せた。

★「電車男」視聴率1位決定!
映画がひとあし先に公開された「電車男」は、今期1番の注目作として7月7日にスタート。初回が18・3%で同時間帯のTBS系ドラマ「女系家族」(18・1%)と接戦になったが、2回目以降は他のドラマを寄せ付けず1位を独走。同ドラマの最高視聴率は15日放送の24・1%。22日の最終回にどれだけ数字を伸ばすか注目される。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200509/gt2005092001.html

20:01 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年09月02日

読売新聞 05/08/31 私の近くの「電車男」

オタクの純愛を描く「電車男」(フジテレビ系)が好評です。このドラマで気になるのが、主役の「エルメス」(伊東美咲)に恋する「電車男」(伊藤淳史)をはじめとするアキバ系。でも、見渡せば、あなたの近くにもいるのでは? 今週は、読者の隣の電車男を紹介してもらいます。

――巨大ネット掲示板「2ちゃんねる」から生まれた「電車男」。信じがたい話ですが、ちまたに電車男は実在する模様です。

〈秋葉原のメード喫茶に行くのが日課だった弟20歳。当然、友人もオタク系の人ばかりで、女性とは無縁の生活を送っていましたが、秋葉原から帰る道中、拾った財布を交番に届けに行ったところ、その持ち主がきれいな女性24歳。……それが縁で、「電車男」のように身も心も一新した弟は、今、その女性と付き合っています。うらやましい!!〉「ヒロータ教授」さん23 会社員・神奈川

http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/zipzap/freetalk/20050831et09.htm

07:29 | コメント (0) | トラックバック (0)

産経新聞 05/07/31 アキバ系もあか抜けたい!

インターネットから誕生した小説『電車男』が、映画化に続き、現在フジテレビ系で放送中のテレビドラマでも人気を集めている。伊藤淳史演じる典型的オタクの電車男が、やぼったいオタクファッションを脱ぎ捨て、インターネット仲間のアドバイスでどんどんステキに変身していく。おしゃれに疎い男性の中には、あんなふうにあか抜けたいと願う人も多いようだ。最新オタクファッション事情とおしゃれになれるコツを探った。

◆◆◆ 秋葉原にて
オタクの聖地とされる東京・秋葉原。日曜の午後に訪れると大勢の若者でにぎわっていたが、その装いは黒や淡い水色、ベージュを基調にした、流行の細身とは逆のゆったりめのズボンやシャツ姿が主流で、めちゃくちゃ地味だ。アニメやゲーム、コスプレなど、最近は日本のポップカルチャー先端の地として欧米からも注目されている秋葉原だが、ファッションだけはおいてきぼりのよう。

それでも少しは変化があるらしい。街角でメイド姿でチラシを配りながら「いつも人間観察をしてます」という派遣コンパニオンの市原美砂さん(19)は、「電車男みたいにファッションを変えようと『がんばる派』が最近、増えてきたみたい」と話す。「全体の一割くらいかな。ただ、オタクの人はダサい自分を変えたくても変える仕方がわからないんです。気が小さくて、ブティックにも入れないという人が多いから」

◆◆◆ 恋で目覚め
久世さんのホームページ「脱オタクファッションガイド」書籍化のチラシ。10月に出版を予定している
そんな迷えるオタク男性たちの“救世主”が、これまで延べ300万人がアクセスしているというホームページ(HP)「脱オタクファッションガイド」(http://www.oxiare.net/)だ。平成14年に開設して以来、「おしゃれになる方法を教えて」と作者の久世さん(25)=ハンドルネーム=の元に送られてきたメールは数え切れない。

「恋がきっかけで、変わりたいと思う人が多いようです。アニメやゲーム仲間といればアニメTシャツやボサっとしたズボンは普通だけれど、一般的にはダサい。メールには、オタク歴などが写真付きでA4用紙2枚分くらいぎっしり書かれている。切実ですね」と久世さん。

電車男はその典型だろう。あこがれの女性とデートが決まり、初めて自分があか抜けていないことに気付く。チェック柄のシャツのボタンをのど元まで留め、ケミカルウォッシュのゆるゆるジーンズのすそを巻き上げ、ウエストをギュッとベルトで絞る、というお決まりのオタクルックではマズい。ファッション音痴の彼は、インターネットの掲示板で知り合った顔も名前も知らない仲間に教わり、初めて一人でブティックへ向かう。恐る恐る見知らぬ世界に飛び込む勇気を持ち始めるのだ。

http://www.sankei.co.jp/enak/2005/jul/kiji/31akiba.html

07:14 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年08月29日

日刊スポーツ 05/08/28 浅草サンバに「電車男」伊藤ともこみち

人気ドラマ「電車男」に出演中の伊藤淳史と速水もこみち(ともに21)が27日、東京・浅草で行われた浅草サンバカーニバルのパレードに初参加した。約50万人の見物客でにぎわう中、フジテレビチーム220人のメンバーとして山車(だし)に上った。オタクとイケメンのツーショットに、女性ファンも大喜び。刺激的な衣装の数々に目移りする伊藤は「間近に見たことがないので、最初はセクシーさに押されて2歩ほど下がってしまった」。ダンサーからほっぺたにキスマークをもらった速水は「見とれちゃいました」とうれしそうだった。

http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-050828-0009.html

05:30 | コメント (0) | トラックバック (0)

スポーツニッポン 05/08/28 “電車男”ラテン娘からキスの嵐

フジテレビドラマ「電車男」(木曜後10・00)に出演中の伊藤淳史(21)と速水もこみち(21)が27日、東京・浅草で開催された浅草サンバカーニバルに参加した。ダイナマイトボディーのサンバダンサーを目の当たりにした伊藤は「2歩ほど下がってしまいました。やる気と熱気とセクシーさに打たれました」と電車男らしくドギマギ。2人は、ダンサーからほおに何度もキスされ「おいしいなあ」(速水)とデ〜レデレになりながら、山車に乗って約800メートルをパレード。「電車男」や「エルメス」をまねたダンサーも登場し、大声援を浴びていた。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2005/08/28/04.html

05:28 | コメント (0) | トラックバック (0)

スポーツ報知 05/08/27 電車男 キスにキタ〜

フジテレビ系「電車男」(木曜・後10時)に出演中の俳優・伊藤淳史(21)と速水もこみち(21)が27日、東京・浅草で開催された「第25回浅草サンバカーニバル」に参加した。

総勢220人のフジテレビチームの一員として参加した2人は「電車男&エルメスダンサーズ」を従え、800メートルの距離を30分かけてパレード。フロート(山車)の上から手を振ると、約50万人の観客から大歓声が上がった。ナイスボディーのセクシー外国人ダンサーからキスされた伊藤は「やる気と熱気とセクシーさに押されて2歩ほど下がっちゃいました」とタジタジ。もこみちは「刺激的で見とれちゃう。おいしい仕事で良い夏の思い出になった」と鼻の下を伸ばしていた。

http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/aug/o20050827_100.htm

05:25 | コメント (1) | トラックバック (0)

中日新聞 05/08/26 『電車男』人気 ここにも 高級紅茶好調 松坂屋本店

インターネットの掲示板に書かれた文章を元にした本「電車男」の人気が、作品に登場する商品にも広がっている。その一つ、紅茶「ベノア」を中部地方で唯一、小売りしている松坂屋本店(名古屋・中区栄)では売れ行きがうなぎ上り。予想以上の“特需”に驚いている。 (原 一文)

この本は、女性に縁のなかった「オタク」青年がインターネットの掲示板「2ちゃんねる」で顔も知らない不特定多数の人に励ましを受け、あこがれの女性との恋愛を成就する話題作。昨年秋に単行本となり百万部を超えるベストセラーに。映画やテレビドラマ化された。

ベノアは、ヒロインが主人公の電車男を自宅でごちそうする場面に登場する。松坂屋本店では三月、本館地下一階の特設コーナーで売り始めた。買い求めるのは若い女性が多く、六月の映画公開、七月のテレビドラマ化以降、売上高は三月に比べて三倍の勢いという。

一番人気は「ピュアダージリン」で一缶千二百六十円(税込み)で、まとめ買いする三十代の男性客も。同店は反響に驚きつつ「今後も売り上げは伸びる」と期待する。

物語は、ヒロインの名前の由来になった仏高級ブランド「エルメス」のティーカップを、電車男がヒロインからプレゼントされる場面もある。

この影響で、同店に出店しているエルメスには「電車男に出てくるのはこのカップですか」と尋ねる客もいる。関係者によると、映画などに登場したカップは一万五百−一万二千六百円(税込み)という。関係者は「あなたに好意を持っています」と表現する商品の一つとして定着するよう、期待を膨らませている。

http://www.chunichi.co.jp/00/ach/20050826/lcl_____ach_____007.shtml

05:06 | コメント (0) | トラックバック (0)

日刊スポーツ 05/08/27 「ボク、オタクです」で「電車男」割引

「オタク2枚ください」。ロングラン中の映画「電車男」を観賞する際、窓口でそう告げると入場料金が安くなるサービスが話題を集めている。神奈川県藤沢市の映画館「フジサワ中央」が、一般1700円、大学・高校生1400円に加え「オタク1300円」という料金を設定。判別は不可能なため、自己申告すれば誰でもサービスを受けられる状態という。

封切りは6月4日だったが、同館は7月23日から上映。同館を運営する藤沢映画興行営業管理部の新田浩二課長(40)は「公開遅れを取り戻すための話題づくりがはまった。独身割引などの案もあったが、シャレで主人公と引っ掛けた」と説明する。もくろみ通り、企画は大成功。動員数は予想比2割増となった。新聞や雑誌、ブログ(日記)などで話題になったこともあって、来館者の半数が“オタク”といい、中には女性客もいるとか。

従来の街の映画館はシネコンなどに押され、生き残りに必死。同館は過去にも浴衣割引などの営業努力を行ってきたという。配給の東宝は「オタク料金がある唯一の映画館」としている。「フジサワ中央」は好評のため、9月2日までだった上映予定を1週間延長することを決めた。

http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-050827-0006.html

04:55 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年08月24日

毎日新聞 05/08/23 電車男:ヲタク割引を設定 藤沢の映画館

「ヲタク1枚」映画館の窓口でこう告げると、入場料が割引になるサービスが話題を呼んでいる。藤沢市のJR藤沢駅北口、遊行通りにある個人経営の映画館「フジサワ中央」は、公開中の映画「電車男」にヲタク割引料金を設定、入場券を買う際、「ヲタク」と自己申告すると、入場料が1300円となる。

◇シャレのつもりがネットで反響

「電車男」の主人公がいわゆる秋葉系ヲタク。同館が客を呼ぶ工夫として、大人(1700円)と高校・大学生(1400円)の下にヲタク料金を設定した。半ばシャレで始めたサービスがネットなどで反響を呼び、予想以上の入り。当初は7月26日までの公開予定だったが、来月2日まで延長することになった。

ヲタクを証明する必要もなく、半分以上がヲタクを自己申告して入場しているという。「中には、『アニ(アニメ)ヲタ』『ガン(ガンダム)ヲタ』と申告される人もいます」と同館も苦笑い。 個人経営の映画館は大手のシネコンなどに押されて、どこも生き残りに懸命。同館でも浴衣割引、最終一律1000円上映などさまざまな工夫を凝らしている。「ハードではかないませんから、ソフト面で頑張りたい。ヲタク料金もその一つです」と同館。

上映時間などの問い合わせは同館(電話0466・22・9101)へ。

http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/geinou/news/20050824k0000m040074000c.html

03:17 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年08月23日

読売新聞 05/08/22 「電車男」に出演 伊藤 淳史(いとう あつし)

舌のもつれも リアルさに

「あ、あ、あの、あの、あ、青山さんは、い、い、いら、いらっしゃいますでしょうきゃ……」

思う人を相手にして、携帯電話を持つ手が震え、緊張で言葉が言葉にならない。インターネットの掲示板から生まれた小説が原作の純愛コメディー「電車男」(フジテレビ系=木曜後10・00)で、エルメスこと青山沙織(伊東美咲)相手にいつもあたふたする。そんなおたく青年・山田剛司役を熱演している。

「初共演の伊東さんがとても奇麗。そんな方を相手にしているという気持ちを役に置き換えて、アップテンポに一生懸命演じると、ドキドキして舌がもつれたり、台本にないセリフが出たりする。そうする事で、応援したくなるように、リアルに見る人に伝わるかなと思います」

撮影前、おたくを観察するため、スタッフと東京・秋葉原に行った。「コスプレの男性客などもいたんですが、おたくの皆さんは気軽に話しかけてくれた。単独で行動してると思っていたけど、イメージは全く違いました」と、熱心に語る。

3歳の時、祖母に勧められて子役オーディションを受けたのがきっかけで芸能界入り。フジテレビ系の人気バラエティー「とんねるずのみなさんのおかげです」で、仮面ライダーのパロディー「チビノリダー」役で、一躍人気者になった。「7歳までやったんですが記憶が無くて、とんねるずの2人や当時のスタッフの方に再会して声かけられた時も、初対面に思えて悔しかった」と、苦笑する。

1997年の映画「鉄塔武蔵野線」の純朴な小学生役で、「俳優は面白いと思い始めた」。2000年の「独立少年合唱団」がベルリン国際映画祭で高く評価され、コミカルな高校生役のCMでも話題になった。最近は映画「血と骨」や、放送中のNHK大河「義経」にも出演、着実に実績を重ねている。

心優しく内向的で不器用な役に定評があるが、本人は「自分とは全くかけ離れた性格」と、笑顔で話す。

「でも、自分と違えば違う役ほど演じると楽しくて魅力的。電車男の剛司君は誰かを愛する気持ちがすごく強い。気持ちが一生懸命な役は、自分も『頑張れっ』て応援したくなるから、演じる上でプラスですね」

目標とする俳優は織田裕二という。「クールな役も三枚目的な芝居もこなせる。そんな幅広い演技力を持ちたい」。現役の大学4年生でもあり多忙だが、「忙しい方が物事に100%集中できる。充実しています」。瞳を輝かせて言い切った。

http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/tv/20050822et06.htm

03:17 | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年08月16日

サンケイスポーツ 05/08/16 エルメスの次はキャバクラ嬢!伊東美咲が次回“月9”主演に

女優、伊東美咲(28)が10月スタートのフジテレビ系“月9”ドラマ「危険な美女」(仮題、月曜後9・0)に主演することが15日、分かった。美咲の月9主演は初。お嬢様、エルメス役を熱演中の「電車男」に続き異例の2クール連続主演となる。新作では一転、森山未來(20)扮する弟思いのNO.1キャバクラ嬢。「自分らしく楽しくお仕事ができたら」と意気込んでいる。

現在のところ、7−9月クールでNO.1の注目度と視聴率を獲得している「電車男」に続き、美咲が連投で月9に挑む。

同局での同一俳優の2クール連続主演は、ドラマ枠が現在よりも多かった時代を除き、最近では、平成14年7月「陰陽師」、同10月「薔薇の十字架」に主演した三上博史だけ。美咲の連投は異例中の異例で、それだけ同局の美咲にかける期待の大きさの表れでもある。

さらに、その役柄設定も驚き。「電車男」の美咲は、オタク青年たちの憧れのマドンナ、エルメス役。美人、清楚で品があるお嬢様。「危険な美女」(仮題)では一転してキャバクラで働く女性に扮する。子どもの頃から「顔だけいい女」と言われ続け、宮崎の田舎から出てきてキャバ嬢に。頭がよく医師を目指す弟(森山未來)が唯一の自慢で、弟のためならどんな苦労もいとわず、無条件に愛を注ぐという設定だ。

12年に深夜枠のドラマで女優デビュー。徐々にステップアップし、昨年は初主演映画「海猫」で体当たりの熱演をみせ、今年は「電車男」のほか、ヒロインをつとめた映画「釣りバカ日誌16」(今月27日)、日中合作「アバウト・ラブ 関於愛」(10月17日)が間もなく公開になるなど、ノリにノッている。

制作サイドは、美咲について「今まさに旬であり、あの美貌ながら、三枚目というか、テレビを見ている方が応援したくなるような役を演じることができる女優さん」と高い評価をしている。

現在、「電車男」の撮影が佳境に入り、肉体的、精神的にハードという美咲だが、「(依頼は)本当にうれしかった。今しかできないことを自然の流れで受け止めたい」と快諾。「スタッフ、キャストの皆さんと素敵な作品を作れたらうれしい。そして、“月9”という枠に新しい風を吹き込めたらいいですね」と話している。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200508/gt2005081601.html

13:25 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年08月09日

日刊スポーツ 05/08/08 電車男がエルメスの家に行く!

フジテレビのドラマ「電車男」(木曜午後10時)に出演中の俳優伊藤淳史(21)が8日、都内で開催中のイベント「お台場冒険王2005」に登場。「今週の放送は電車男がついにエルメス(伊東美咲)の家に行く。ドラマも面白くなってきた」とPRした。

http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/f-et-tp0-050808-0032.html

10:21 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年08月06日

サンケイスポーツ 05/08/05 武田真治、舞台版「電車男」の公開リハーサル行う

5日から東京・西新宿のパークタワーホールで上演される舞台「電車男」(堤幸彦脚本・演出)の公開リハーサルを同所で行った=写真。ネット掲示板「2ちゃんねる」から生まれた人気作の舞台版。武田は、普段のイケメン姿を封印し、ボサボサ頭に眼鏡姿で見事、オタク青年に変身。「ブームになっている原作がある作品なので、各々が持っているイメージの中で高得点を取れるように頑張ります」。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200508/gt2005080509.html

02:01 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年08月04日

読売新聞 05/08/03 オタク男が見た「電車男」

CG多用 魂足りない
フジテレビ系「電車男」が好調だ。伊東美咲演じる「エルメス」と、伊藤淳史演じるおたく青年「電車男」の純愛物語に加え、東京・秋葉原やインターネットの掲示板に集うおたくの生態描写も話題になっている。実際のおたく男性たちは、このドラマをどう思って見ているのだろうか。

アキバ描写 フォーカスの仕方ちょっと…
――本紙夕刊「OTAKUニッポン」でおなじみの直言兄弟の弟と、知人のパイプイス、muの両氏に参加してもらった。まず、このドラマをどう見ているか。

パイプイス「困ったことに、秋葉原の描写は、ずれてるけど間違ってない所が多い」

直言弟「間違ってないけど、フォーカスの仕方がちょっとねぇ」

mu「オープニングアニメはOKAMAさんのキャラクターデザインからだいぶ崩れてませんか? それにアニメ『ギャラクシーエンジェル』的なニオイがぷんぷんします」

パイプイス「1か月前にオファー受けてやっつけ仕事でやったみたい。それにコンピューターグラフィックス(CG)を多用するのはソウル(魂)が足りないですよ。ちゃんと手描きにしないと!」

mu「伊藤淳史は表情がいいです。口がひし形で」

パイプイス「私の行きつけの秋葉原のメイド喫茶で役作りやってたらしい。でもおたくなのに掲示板専用のブラウザー(閲覧ソフト)使ってないんですよ」

ミーナのフィギュア いいなぁ。萌え〜
――では感心した点は?

直言弟「電車男の部屋の『月面兎兵器ミーナ』のフィギュアいいなぁ。萌え〜」

パイプイス「あれ1体40万円するらしいですよ」

mu「みんな欲しがってます。あと電車の妹役の堀北真希、すばらしいです」

パイプイス「派遣OLの陣釜さん(白石美帆)と並んで“ツンデレ”ツートップ。陣釜さんもネットで人気です」

直言弟「注釈すると、ツンデレはふだんはツンツンしてても二人きりになるとデレデレするという意味です」

――やはり妹やフィギュアには得点が高い。エルメスについては?

mu「ゴージャスぶりはすごい。美しさもすばらしいです」

パイプイス「フジテレビという“トレンディー星”のお姫様!! でも第1話で電車の中でSFっぽい小説を原書で読んでましたから、もしやエルメスはおたくで、バレたらどうしようと思ってるのでは?」

――すごい推理。では最後に今後の展開で気になる点は?

パイプイス「やはり今月開催されるコミケ(漫画同人誌の即売会「コミックマーケット」)に電車男らがどう絡むかでしょう」

mu「東京のおたくの9割は行きますから(笑)」

実際のおたく青年の間でも、さまざまな話題を呼んでいるのは間違いないようだ。

http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/tv/20050803et04.htm

04:37 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年07月28日

サンケイスポーツ 05/07/28 めざましお天気キャスター・皆藤愛子が女優デビュー

フジテレビ系情報番組「めざましテレビ」(月−金曜前5・25)で人気のお天気キャスター、皆藤(かいとう)愛子(21)が、同局系ドラマ「電車男」(木曜後10・0)で女優デビューする。難病で生きる望みを失ったものの、電車男を応援するネット住人たちの温かい気持ちに触れて、生きがいを取り戻す女性の役で、28日放送の第4話と翌週の第5話に出演。爽やかな笑顔を振りまく朝の顔とは一味違った魅力を披露する。

伊東美咲&伊藤淳史のコンビで、平均視聴率が19・9%と、7月クールドラマではトップを快走する「電車男」に強力な助っ人が登場する。

皆藤は、早大第一文学部4年に在学中で、4月から「めざまし−」の4代目お天気キャスターに就任。ブラウン管に登場するや、親しみやすく愛らしい笑顔がオジサマ族から若者たちのハートを射止め、人気はうなぎのぼり。同局関係者によると、「歴代キャスターに比べ、就任直後から取材依頼が殺到していた」といい、注目度も抜群だ。

そんな皆藤の、女優デビュー作は、難病に苦しみ、心を閉ざした女性という、素顔とはまったくかけはなれた役。入院生活を余儀なくされて生きる望みを失い、笑顔を“封印”した彼女が、ネット掲示板で、電車男を応援するネット住人たちの温かい心に触れ、生きがいを取り戻すという役どころだ。

同番組の若松央樹(ひろき)プロデューサーは「彼女の初々しさ、可愛らしさが『電車男』の番組の質感、役柄のイメージにピッタリだった」と起用理由を説明。

このほど行われた収録では、頭の良さと勘の良さで、デビューとは思えない落ち着いた演技を披露。同プロデューサーは「演技もナチュラルで大物になる予感すらあった。彼女の最大の魅力は笑顔。その魅力を最大限生かすような役になったと思う」と絶賛した。

ドラマはもちろん原作も読むほどの“電車男ファン”という皆藤は「最初はびっくりしたし、不安でしたが、同時に嬉しさもわいてきました」と出演に大喜び。初演技ついては「セリフの表情一つひとつが本当に難しかった。感情を表すのも自然にやるのも…」と大苦戦。それでも「いつもの自分とはちょっと(かなり?)違うと思うのでぜひ見てください」と自信たっぷりにPRした。

皆藤ファンのみならず「電車男」ファンも彼女の演技に“萌えーッ”となること間違いなし。さらなる視聴率アップにも大きく貢献しそうだ。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200507/gt2005072802.html

23:59 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年07月16日

サンケイスポーツ 05/07/16 声だけで初舞台!エルメス役で優香も乗った「電車」男

タレントで女優、優香(25)が、8月5日に東京・新宿区のパークタワーホールで幕を開ける舞台「電車男」(武田真治主演、堤幸彦演出)で、ヒロイン・エルメス役を務めることが15日、分かった。声だけの出演ながら舞台“初体験”となる優香は、「私なりのエルメスを演じられたら」と気合満点。映画版、ドラマ版に続く、最後の“電車カップル”が、今度は舞台でヒットを飛ばす。

映画版の山田孝之(21)&中谷美紀(29)、ドラマ版の伊藤淳史(21)&伊東美咲(28)に続くカップルが決まった。電車男・武田真治(32)の相手・エルメス役に抜擢されたのは優香。声だけの出演となるが、デビュー以来、舞台の仕事に携わったことがなく、今回が“舞台デビュー”となる。

企画・製作を手がけるホリプロによると、「舞台版は、観客に想像力を働かせてもらうため、エルメス役は声だけの出演にした」と説明する。

演出・脚本を務める堤幸彦氏は、声に特徴があって、感情表現が上手な女性を考えたとき、すぐに優香が頭に浮かんだといい、「清楚なイメージも、実は明るく積極的なところもエルメスにピッタリ!!」と即決した。

優香は「こんな素敵な作品に参加できてすごくうれしい」と大喜び。これまで、アニメ映画「ぼくの孫悟空」(平成15年公開)、韓国映画「コックリさん」(今年4月公開)などで声優の経験は豊富だが、映像をみながら声をかぶせる声優とは違い、今回は頭の中で物語を描きながら、声の演技をしなければならない難役。原作や台本、漫画を読み、自分なりのエルメス像を作り上げた。

優香は、「“ピュア”っていう言葉がぴったりで、みんなが応援したくなるような、温かい気持ちになるストーリー。今回は声だけの出演ですが、私なりのエルメスを演じられたら」と気合を入れている。

「電車男」は、原作が100万部を突破。公開中の映画は観客動員数200万人を超えた。フジテレビ系で放送中のドラマ版は、14日の第2話が視聴率21・3%(ビデオリサーチ関東地区調べ)と初回より3%上がるなどすべてがヒット中。勢いに乗って舞台版でも“満員御礼”を目指す。

★原作に忠実に…ネット世界の雰囲気を表現

舞台版「電車男」は、8月5〜27日まで東京・西新宿のパークタワーホールで上演。ネット掲示板から生まれた原作の雰囲気を忠実に表現するため、舞台上の出演者らが、実際にパソコンで会話のやりとりをしているような形で物語は進んでいく。出演はほかに、鈴木一真(36)、モロ師岡(46)ら。

大阪、名古屋、仙台、長崎、北九州でも上演。問い合わせは、ホリプロチケットセンターTEL03・3490・4949。詳しくは、公式HP、http://www.densha−otoko.jpへ。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200507/gt2005071602.html

06:29 | コメント (0) | トラックバック (0)

サンケイスポーツ 05/07/15 映画「電車男」が観客動員数200万人を突破

俳優、山田孝之(21)の初主演映画「電車男」(村上正典監督、公開中)が、13日に観客動員数200万人を突破したと14日、配給元の東宝が発表した。

先月4日の公開から40日目の記録で、興行収入は26億9000万円を突破。同作は、ネット掲示板「2ちゃんねる」から生まれたオタク青年の恋愛を描いた話題作。現在「宇宙戦争」「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」など洋画大作が公開中だが、客足は衰えていないという。

7日にスタートしたフジテレビ系ドラマ「電車男」(木曜後10・0)も初回視聴率18・3%と好調で、今後まだまだ相乗効果が期待できそうだ。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200507/gt2005071510.html

04:04 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年07月09日

日刊スポーツ 05/07/09 フジ「電車男」初回視聴率18・3%

7日に放送されたフジテレビの新連続ドラマ「電車男」(木曜午後10時)初回が18・3%の高視聴率を記録したことが8日、ビデオリサーチの調べで分かった。7月期の連続ドラマ初回では妻夫木聡主演のフジテレビ「スローダンス」(月曜午後9時)の22・5%に次いで2位のスタートとなった。

ネットから生まれたオタクと美女の純愛物語のドラマ化で、伊東美咲、伊藤淳史らが出演。初回は伊藤演じるオタク青年が、電車の中で酔っぱらいにからまれたOL(伊東)を助け、お礼にエルメスのカップが届くところまで放送された。

「電車男」は小説が100万部を突破するベストセラーとなり、公開中の映画も観客180万人を動員する大ヒットになっている。8月には武田真治の主演舞台が上演される。7日はロンドン同時テロが起こり、視聴者の関心が報道番組に集まると予想されたが、テレビ朝日「報道ステーション」13・5%、NHK「ニュース10」9・1%を大きく上回った。フジテレビ若松央樹(ひろき)プロデューサーは「テロで真っ青になったが、人気の原作と映画の追い風もあり、また、アニメやギャグを駆使した新しい感覚のドラマ作りが良かった。次回は20%が目標」とコメントした。

また、「電車男」と同時間帯に放送された米倉涼子主演のTBS「女系家族」(木曜午後10時、初回は同9時〜10時48分)も初回18・1%と健闘。米倉は「本当にうれしい。出演者、スタッフとも気合が入ります」と喜びを表現した。次週からは放送開始時間が重なり、直接対決となる。どちらに軍配が上がるか注目される。

http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-050709-0003.html

22:28 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年07月07日

日刊スポーツ 05/07/07 舞台版「電車男」武田の“純愛”演技注目

話題沸騰の「電車男」舞台版で主演する武田真治(32)が6日、仙台市内で会見した。8月5日に東京でスタートする舞台の仙台公演(電力ホール)は、9月5、6日の2日間。すでに映画版が公開され、テレビ版も今月開始。昨年末から企画していたという舞台版が、満を持して登場という形となる。

武田は「先物取りかと思っていたら、どのメディアよりも遅れてしまった(笑い)。でも舞台は一番、原作に近い感じが出ると思う」と期待させた。相手役の女性(エルメス)が実際に登場せざるを得ない映像と違い、今回の舞台では声だけの出演。そこがパソコン画面上だけで進行する原作と同様の虚構的雰囲気をつくり出せるという。

「例え作り話であろうと、よくできている。設定は(米映画の)『ユー・ガット・メール』よりずっとすごい」と力説する武田の“純愛”演技に注目だ。

http://www.nikkansports.com/ns/tohoku/p-th-tp0-050707-0001.html

19:37 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年07月04日

サンケイスポーツ 05/07/04 キター!「電車男」「エルメス」ラッピング車両が地下鉄に!

7日スタートのフジテレビ系ドラマ「電車男」(木曜後10・0)の主人公『電車男』と『エルメス』をラッピングした電車が3日、東京地下鉄で運行を開始した。

エルメスを演じる伊東美咲(28)の全身写真が貼られたラッピング車両は丸ノ内線、電車男役の伊藤淳史(21)が貼られた車両は銀座線に登場。両電車は、この日午後8時6分、両路線がホームをはさんで行き交う赤坂見附駅でご対面となった。

ちなみに、このラッピング車両、丸ノ内線は1日に走行する平均58編成のうちの1編成、銀座線は37編成のうちの1編成のため、両車両が赤坂見附駅で遭遇する確率は1週間に1回あるかないかという。

ドラマは電車の中で酔客にからまれた美人OLを助けたおたく青年とこのOLとの恋物語。両車両がめぐりあえるかどうかは、物語にふわさしいロマンチックな企画だ。5日の午前6時25分ごろにも、エルメスと電車男が“出会う”可能性があるという。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200507/gt2005070406.html

13:13 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年06月30日

中日スポーツ 05/06/28 「電車男」、エルメス役は伊東美咲 TVドラマ化で制作発表

ネット掲示板の“実話”を連続ドラマ化したフジテレビ系=東海テレビ「電車男」(7月7日スタート、木曜午後10時)の制作発表が27日、東京都内で行われ、ヒロイン・エルメス役の伊東美咲(28)、電車男役の伊藤淳史(21)ら主要出演者が出席した。

電車男こと“アキバ系オタク”の青年と、エルメスこと外資系OLの純愛を、ドラマでは女性の視点から描く。

会見では、101万部を突破した原作本(中野独人著)に登場する電車男本人が、「ポスターを見ましたが、伊藤さんはうまいことアキバ系になっている。結構リアル。エルメスの伊東さんは、美し杉(すぎ)です…」と独特な表現でコメントを寄せた。

伊東は「ロケで、生まれて初めて秋葉原に行った。伊藤君が街になじんでいて、『お店紹介してくれる』と言ってくれた(笑い)」と“アキバワールド”に興味津々? オタク風の衣装で登壇した伊藤は「こういう格好しないと、最近は身が引き締まらない」。収録のモニターチェックでは“萌えー”“キター”などと“電車男語録”を連発しているという。

映画版は、26日までに動員140万人、興行収入約19億円を記録し、ロングラン上映も決定。空前のムーブメントに、伊東は「映画は意識していません。ドラマは新しい作品になると期待してる」と手応え十分だった。

ほかに、速水もこみち(20)、白石美帆(26)、佐藤江梨子(23)、オタクの師匠的存在を演じる劇団ひとり(28)らが出演する。

http://chuspo.chunichi.co.jp/00/hou/20050628/spon____hou_____003.shtml

07:11 | コメント (0) | トラックバック (0)

サンケイスポーツ 05/06/28 「電車男」と「いま、会い」が同日制作発表で早くも火花

7月7日スタートのフジテレビ系「電車男」(木曜後10・0)と同3日スタートのTBS系「いま、会いにゆきます」(日曜後9・0)の制作発表が27日、それぞれ都内で行われた。

両作ともベストセラー小説→大ヒット映画→ドラマ化という流れを辿ってきた超話題作。ライバル局の2社が奇しくも同クールに対決することになった。

ドラマの「電車男」はヒロイン・エルメスを主人公に据え女性側の視点で純愛を描く。主演の伊東美咲(28)は純白のワンピースに身を包み清純で気高いエルメスそのもの。「映画は意識していません。ドラマチームみんなで新しい作品を表現したい」と意気込み、電車男役の伊藤淳史(21)は「この格好(オタク系ファッション)をしないと落ち着かない」と役にどっぷりと浸かっていた。

「電車男」と「今、会い」基本データ
「電車男」 原作 「今、会いにゆきます」
中野独人 作者 市川拓司
H16年10月 出版 H15年3月
100万部 部数 116万部
H17年6月4日 映画公開 H16年10月30日
約19億円
(6月26日時点) 映画興収 約48億円
山田孝之、中谷美紀 映画主演 竹内結子、中村獅童
「ラヴ・パレード」 映画主題歌 「花」
歌はいずれもORANGERANGE

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200506/gt2005062803.html

07:07 | コメント (0) | トラックバック (0)

スポーツニッポン 05/06/28 TV版「電車男」は美咲エルメス視点

女優伊東美咲(28)が連続ドラマに初主演するフジテレビ「電車男」(7月7日スタート、木曜後10・00)の制作発表が27日、都内で行われた。インターネットから誕生した純愛ラブストーリー。原作と映画とは設定を変え、お嬢様エルメスの視線から描く。伊東は「先日、生まれて初めて秋葉原でロケをした時に(電車男役の)伊藤(淳史)君が街になじんでいてビックリ。原作のお姉さん的な立場ではなくて、2人が対等に前に1歩1歩進んで行きたい」と抱負。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2005/06/28/05.html

06:58 | コメント (0) | トラックバック (0)

デイリースポーツ 05/06/28 「電車男」伊東美咲さん美し“杉”

フジテレビ・関西系のドラマ「電車男」(7月7日スタート。木曜後10・00)の制作発表が都内で開かれ、主演の伊東美咲(28)、伊藤淳史(21)らが出席した。

インターネット掲示板から生まれた純愛ストーリーで映画版は大ヒット。この日は電車男本人から「エルメス役の伊東美咲さんは美し“杉(すぎ)”」とネット語で祝福メッセージが届いた。エルメス役でドラマ初主演の伊東は「主演できてうれしい。今までやってきたことを出せれば大丈夫だと思う」と意気込みを語った。

http://www.daily.co.jp/gossip/2005/06/28/178102.shtml

06:56 | コメント (0) | トラックバック (0)

スポーツ報知 05/06/27 「電車男」いま、メイドカフェに行ってます

7月クールでTBS系「いま会い―」の強力なライバルとなるフジテレビ系「電車男」(7月7日スタート、木曜・後10時)の制作発表が27日、都内で行われ、伊東美咲(28)、伊藤淳史(21)らが出席した。

ネットの掲示板「2ちゃんねる」から生まれ、小説が100万部、映画が動員100万人を突破したオタク青年の純愛物語をドラマ化。エルメス役の伊東は「原作とは違いエルメスが主人公なので、また新しい作品になると思う。現場で『萌え〜』とかアキバ語が飛び交ってます」。電車男役の伊藤は眼鏡&リュック姿のアキバ系ファッションで登場。「メイドカフェに行ったら隣の人が優しく話しかけてきて、自信が持てた」となりきっていた。会見には電車男さん本人から「伊藤淳史さんは上手いこと秋葉系になっている。伊東美咲さんは“美し杉”です」とコメントが寄せられた。共演は白石美帆、速水もこみちら。

http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/jun/o20050627_50.htm

06:50 | コメント (0) | トラックバック (0)

日刊スポーツ 05/06/27 伊藤淳史“Aボーイ”地でいく!?

フジテレビ「電車男」(7月7日スタート、木曜午後10時)で、アキバ系おタク青年(Aボーイ)を演じる伊藤淳史(21)は、本物のAボーイだった!? 伊藤は27日、都内で行われた制作発表で「勉強のために行った秋葉原のメードカフェで、隣の人が仲間として迎え入れてくれた」と告白。主演エルメス役の伊東美咲(28)も「そう言えば、秋葉原ロケでは、すっかりなじんでた」と証言した。伊東の母役の秋吉久美子(50)は「秋葉原は本当(伊藤を指さし)こんな人ばかり」。伊藤はすっかり“気弱なAボーイ”になりきっていた。

http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/f-et-tp0-050627-0019.html

06:46 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年06月25日

東奥日報 05/06/18 「電車男」が100万部へ/ネットの物語、中高年にも

週明けにも発行百万部に達するオタク青年の純愛物語「電車男」。インターネットの掲示板から生まれミリオンセラー本に育つまでの舞台裏を追うと、不特定多数が参加した物語の魅力に加え、「ネットで公開していても売れる」「中高年にも訴える力がある」と判断した出版社のしたたかさ、メディアミックスの効果などが浮かび上がる。

▽面白いかも

昨年六月三日、東京都新宿区の新潮社。文芸編集者郡司裕子(ぐんじ・ひろこ)さん(34)に、上司の私市憲敬(きさいち・のりたか)さん(39)から電子メールが届いた。「これって面白いかも」。そんな言葉の下にサイトのアドレスがある。すぐに接続した。

電車内で男にからまれている若い女性を救ったオタク青年。彼がその出来事を掲示板「2ちゃんねる」に書き込んだ昨年三月から物語は始まる。「電車男」と呼ばれる彼は、掲示板に集う匿名の人々の指南を受けながら恋をはぐくんでいく。

郡司さんが読んだのは、約二カ月の書き込みを「中の人」と名乗る人が分かりやすく編集した「まとめサイト」だった。

郡司さんは翌日「2ちゃんねる」の管理人、西村博之(にしむら・ひろゆき)さん(28)にメールを打つ。「書籍として出版したい。オタクとひとくくりにされている人たちがいかにまじめでいいヤツなのかを多くの人に知ってほしいのです」

▽ども、電車です

西村さんは疑問を返してきた。ネットで読めるのだから、それでいいではないか、と。郡司さんは反論する。「本という形態はまだまだ有効です。中高年には特に。この話は中高年への訴求力がとても強い」「ネットに負のイメージばかり持っている人たちに、その多様性を伝えたい。これは新しい形の文学です」

西村さん、中の人、電車男が書籍化に同意したのが昨年八月。九月最初の週末、三人が打ち合わせのため新潮社を訪れた。「ども、電車です」。そうあいさつする男性はまじめそうな青年。「本当に『電車』と名乗るとは…」。郡司さんはおかしくて仕方なかった。

一方、私市さんはネット掲示板の著作権について判例などをもとに検討した。「『2ちゃんねる』は匿名掲示板だから、管理人の協力が不可欠。西村さんたちとよく話し合う必要がある」。私市さんはそう判断した。

▽群集恋愛劇

昨年十月下旬に出版、年末までに五十万部を突破。サブカルチャーに詳しい文教大の大塚明子(おおつか・めいこ)助教授(社会学)は「これは、恋愛弱者だったオタクが『高めの女』をゲットする話。オタク文化が一般に浸透した今、こうした物語が求められていた」と分析する。

「電車男は本当にいるのか」「ネタ(作り話)では?」という趣旨の記事や本もあった。だがネットで「電車男」を読んでいたシナリオライターの宮村優子(みやむら・ゆうこ)さんは真贋(しんがん)を意に介さない。「誇張や省略はあるにしても大筋は本当だと思う。百歩譲ってネタだとしてもそれが何? あれはみんなが電車を応援する群集恋愛劇だったからこそ感動を呼んだのです」

郡司さんのもとに届いた七十代男性の感想にもこうあった。「他人にこれほど親身になれるとは。日本もまだ捨てたものではないですね」

いっとき売れ行きは落ち着いたが、映像化が決まったころから再ブレーク。映画「電車男」の上映が始まった今年六月初めからさらに急激に伸びた。新潮社宣伝部の佐々木憲二(ささき・けんじ)さん(58)は「真贋論争などを含め話題が尽きなかった。特に後半の五十万部はメディアミックスのおかげ」と話す。映画も大ヒットし、観客動員数が百万人に。

映画を企画した東宝の川村元気(かわむら・げんき)さん(26)は社内の説得に本が役立ったと明かす。「上層部はネットでは読んでくれませんからね」

http://www.toonippo.co.jp/tokushuu/danmen/danmen2005/0618_2.html

05:09 | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年06月22日

産経新聞 05/06/22 「電車男」が原作使用料を寄付 中越地震被災者に750万円

インターネットの匿名掲示板から生まれたオタク青年の純愛物語「電車男」(新潮社刊)で中心的な書き込みをした「電車男さん」が22日、同書の漫画化、映像化などで発生する原作使用料を日本赤十字社へ寄付した。

同社を通じ、新潟県中越地震の被災者へ贈られる。新潮社によると、額は約750万円で、寄付総額は今後、1000万円を超える見込みという。

50万部を超えた際に「自分だけでなく、みんながネット掲示板に書き込んで出来上がった作品。収益を社会に還元したい」として、寄付の意向を表明していた。

同書は発行部数百万部を突破。6月4日から公開された同名の映画も、観客100万人を動員するなどブームを巻き起こした。(共同)

http://www.sankei.co.jp/news/050622/bun087.htm

23:25 | コメント (0) | トラックバック (0)

サンケイスポーツ 05/06/22 サンボマスターがドラマ「電車男」主題歌に大抜擢!!

“魂のロックバンド”こと3人組「サンボマスター」が、7月7日スタートのフジテレビ系「電車男」(木曜後10・0)の主題歌を手がけることになった。ドラマ主題歌を書き下ろすのは初めてという異例の大抜擢。番組制作サイドが「恋の応援歌を熱く歌ってくれるのは…」と探していたところ、強烈なインパクトとともに目と耳に留まったとか。主演の女優、伊東美咲(27)も「純粋な愛が伝わってくる歌」とゾッコンだ。

サンボマスターはボーカル兼ギターの山口隆(29)、ドラム兼コーラスの木内泰史(28)、ベース兼コーラスの近藤洋一(28)で5年前に結成。メガネに小太りの山口をはじめビジュアル系ではない(?)3人組で、オタクの純愛を描くドラマ主題歌にドハマリかと思いきや、もちろん起用理由はそこではなかった。

持ち味は演奏力と魂の音。1月発売のセカンドアルバム「サンボマスターは君に語りかける」は30万枚超のヒットとなり、オリコンチャート初登場5位に。宇多田ヒカル(22)や平井堅(32)ら業界での支持者も多く、今夏は毎週末、野外ロックフェスへの出演が決まった。ドラマ主題歌未経験ながら、実力とその“魂”が番組制作サイドの目に留まった。

白羽の矢を立てた同局の若松央樹プロデューサーは「視聴者が『エルメスと電車男の恋』を応援したくなるような熱い主題歌にしようと考えていた」と説明。ちょうど同バンドのライブで「歌声よおこれ」という楽曲を聴き、「まさに“一歩踏み出す勇気”を奮い立たせる応援歌。この楽曲を超える応援歌を作ってほしい」と依頼したという。

3人は原作を読み「相手の顔が見えないネット上でこのような美しい関係を築けることは大変すばらしい」と感銘。「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」(8月3日発売)を完成させた。熱い魂のロックで、「聴いたら何も手につかなくなるくらいの曲です」(山口)と自信の仕上がりとなった。

曲を聴いた伊東は「好きなフレーズは『君と僕が夢を叫ぶ 世界はそれを待っているんだぜ』。純粋な愛が伝わってきます。ドラマのテーマに合っていて素敵。曲を聴いた方が、電車男のような素敵な恋をするための一歩を踏み出してくれたらうれしいですね」とコメント。

七夕スタートの純愛ストーリーを、主役の2人だけでなく、音楽でも熱く盛り上げそうだ。

★エンディングに“出演”決定

サンボマスターはドラマのエンディングに“出演”することも決定。21日未明、終電後のJR山手線の秋葉原駅ホームを借り切り、電車男役の伊藤淳史(21)、エキストラのファン200人と撮影した。山口は地面にひっくり返ってギターを弾きながら主題歌を歌うなど“魂の熱唱”を見せ、番組制作側も「渾身のテイクが撮れた」と大満足だった。

★狙うはダブルミリオンだ!!…オレンジレンジ&サンボで音楽も

「電車男」はいまや社会現象的なブーム。新潮社刊の原作は20日に100万部を突破。19日には映画版(村上正典監督)も観客動員数100万人を超え、本と映画で“ダブルミリオン”を達成した。ORANGE RANGEが歌う映画版の主題歌「ラヴ・パレード」は約60万枚を出荷。レンジ&サンボで、音楽でも“ダブルミリオン”を狙っている。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200506/gt2005062201.html

16:03 | コメント (0) | トラックバック (0)

スポーツ報知 05/06/21 サンボマスター、連ドラ初主題歌 フジ「電車男」に書き下ろし

硬派なサウンドで人気上昇中のロックバンド「サンボマスター」が、伊東美咲(28)主演のフジテレビ系ドラマ「電車男」(7月7日スタート、木曜・後10時)の主題歌を手掛けることが21日、分かった。曲はドラマのために書き下ろした「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」。エンドロールの映像にはメンバー3人も初出演し、話題の純愛ドラマを彩る。

ボーカル山口自信「聴いたら何も手につかない」

日本最大の掲示板「2ちゃんねる」から生まれ、小説、映画がそれぞれ100万部、動員100万人を突破したアキバ系オタク青年の純愛物語「電車男」のドラマ版に異色の“メガネロック野郎”が参戦だ。

サンボマスターはボーカル&ギター・山口隆(29)、ドラム・木内泰史(28)、ベース・近藤洋一(28)の3人組。メガネがトレードマークの山口の叫びのような迫力ある歌声と、激しいサウンドで強烈なインパクトを放ち、2003年12月のデビュー時から人気はじわじわと上昇。今年1月発売のセカンドアルバム「サンボマスターは君に語りかける」は30万枚の大台に乗った。

昨年公開の映画「恋の門」(松尾スズキ監督)、テレビ東京系アニメ「NARUTO―ナルト―」では主題歌を担当したが、連続ドラマは今回が初めて。注目度の高い作品だけに大抜てきと言える。

フジテレビの若松央樹プロデューサーは「視聴者がエルメスと電車男(伊藤淳史)の恋を応援したくなるような熱いものにしようと考えていました。サンボマスターのパワーと叫びがドラマと共鳴すればと思っております」と期待を寄せている。

サンボはドラマの脚本を読んだ上で、主題歌「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」を制作。8月3日にはシングル発売されることも決まっているが、山口は「とにかくすばらしい音楽を聴いたら何も手につかなくなるくらいの曲を完成させました」と自信たっぷり。

すでに同曲を聴いたというヒロイン・エルメス役の伊東も「純粋な愛が伝わってくる曲ですね。この曲を聴いた方が電車男のようなすてきな恋をするための一歩を踏み出してくれたらうれしいですね」と絶賛している。

◆サンボマスター 大学のサークルで知り合い、00年2月に結成。03年7月に「オナニーマシーン」との合同アルバムを発売した後、同年12月にアルバム「新しき日本語ロックの道と光」でデビュー。今夏は9か所のフェスティバルに出演する。「サンボ」とは旧ソ連の国技にもなっていた格闘技で、自身の曲名から命名。

http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/jun/o20050621_20.htm

15:58 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年06月21日

スポーツニッポン 05/06/21 “みんなの作品”電車男750万円寄付

インターネット本「電車男」の主人公・電車男がこれまでに派生した2次使用料(原作料)約750万円を日本赤十字社へ寄付することが20日、明らかになった。

同作は昨年10月に新潮社から出版され、5誌競作の漫画をはじめ映画化もされた。当の電車男が「自分1人ではなくみんなが協力してネット掲示板に書いた作品。社会に還元したい」と、翻訳を除く2次使用料を寄付することを決定した。

5月末までに集まった750万円を近日中に新潮社を通じて日赤に寄付。フジテレビでのドラマ化や朗読劇による舞台化もあり、総額は1000万円以上になるという。

一方、本の発行部数と映画の観客動員数がともに100万を突破。電車男と相手の女性エルメスは新潮社などを通じ「すごいですね、本当に。自分の生活は全く変わらないので正直実感ないです」「本と映画を見て感じた気持ちをいつまでも忘れないで」とのコメントを出した。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2005/06/21/05.html

20:05 | コメント (1) | トラックバック (0)

朝日新聞 05/06/20 「電車男」100万部突破 映画観客動員も

インターネット掲示板への書き込みがもとになった恋物語「電車男」の発行部数が101万5000部に達したことを20日、出版元の新潮社が明らかにした。

「電車男」は昨年10月に出版された。漫画や映画になり、さらにテレビドラマ化も決まったことなどから最近さらに売れ行きが伸びていた。同社によると、公開中の映画の観客数も19日に100万人を突破したという。

http://www.asahi.com/culture/update/0620/019.html

20:01 | コメント (0) | トラックバック (0)

日刊スポーツ 05/06/20 「電車男」著者100万部に「すごい」

ネットから生まれたオタクの純愛小説「電車男」が発行100万部を突破し、「著者・中野独人」は20日「すごいですね、本当に。自分の生活は全く変わらないので正直実感ないです」というコメントを新潮社を通じて発表した。4日から公開中の映画「電車男」(村上正典監督)も観客動員が100万人に達し、本と映画で“ダブルミリオン”を達成した。

http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/f-et-tp0-050620-0019.html

19:56 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年06月20日

スポーツ報知 05/06/20 「電車男」3週拡大公開

みんな純愛に飢えている
2週間で観客動員100万人超

インターネットの匿名掲示板「2ちゃんねる」から生まれた映画「電車男」(村上正典監督)のロングランが決定したことが19日、分かった。20日にも観客動員数の100万人突破が確実となり、3週間の公開予定が急きょ、6週間に拡大される。本紙はモデルとなった電車男さん本人から、ヒットの喜びメッセージを独占入手。公開間近の「宇宙戦争」(29日公開)、「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」(7月9日)のハリウッド超大作を、オタク青年の純愛物語が迎え撃つ。

「電車男」が予想を上回るヒットで夏休み映画の“邦画代表”に名乗りを上げた。俳優・山田孝之(21)と女優・中谷美紀(29)が共演する同映画は、4日に封切られた。全国192スクリーンと中規模での公開ながら、映画館は連日、立ち見も出る盛況。口コミで話題を呼び、客足は鈍るどころか確実に増しており、急きょ、ロングランが決定。対応に追われる関係者はうれしい悲鳴を上げている。

映画は彼女いない歴22年のオタク青年の純愛物語。電車の中で出会った美しい女性(エルメス)との恋を、インターネット掲示板の住人たちの力強い“声援”を受けて成就させようとする青年の姿を描く。

ネットで話題となったこの話を、新潮社が昨年10月に書籍化。同12月に東宝が映画化権を獲得し、3月29日にクランクイン。わずか30日間の撮影でクランクアップした。「タイミングを逃したくない」と映画化権取得から半年あまりで公開にこぎ着ける特急での製作だったが、内容に手抜きはなし。当初の目標だった「スイングガールズ」(昨年9月公開)の興収21億5000万円を超えることも確定的で、書籍も100万部突破確実のベストセラーになっている。

書籍や映画のモデルとなった電車男さん本人とエルメスさん本人は、その後も交際は順調であることが判明。入手したメッセージには、2人そろって仲良く映画を観賞し「自分ってこんなイメージなんだ。主演のお2人とも神演技でした」などと記されている。

2人とも思い出のシーンでは号泣したという。でも、ここまでの爆発ヒットは予想外だったようで、電車男さんは「100万人、100万部ってどこの世界の何のお話ですか? 実感がわかず、ひとごとみたいですいません」。エルメスさんは「この本と映画を見て感じた気持ちを、いつまでも忘れないでください」とコメントした。

24日までの公開予定が7月15日まで延長されることが決定。状況次第ではさらなるロングランの可能性も十分。話題のハリウッド大作「宇宙戦争」「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」の公開時期と重なる。規模、製作費とも雲泥の差があるが、「電車男」が堂々と“直接対決”に挑む。

◆フジ系連ドラは伊藤淳史&美咲

原作本も週明けに100万部の大台に乗る。映画に続き、フジテレビ系7月クールの連続ドラマになることも決定。電車男は伊藤淳史(21)、エルメスは伊東美咲(28)。舞台公演の予定もあり、まだまだ電車男ブームは終わりそうもない?

 
◆初メガホンの村上監督

「電車男」が初メガホンの村上正典監督(41)は、共同テレビ所属で本職はテレビのディレクターだ。これまで「ラストクリスマス」「ウォーターボーイズ」「東京湾景」「白い巨塔」などの話題作を手掛け、満を持しての監督デビュー。

今作は急な発注だったにもかかわらず、定評ある丁寧な演出は健在だった。視聴者を実際に目の当たりにすることはできないが、今回は反応を知りたくて封切り後、何度か映画館を訪れた。

撮った映像を初めて大スクリーンで見た時は「鳥肌が立ちました」。ドラマに比べて映画は「行間の演出ができるのがだいご味」と話す。村上監督自身は“秋葉系”とは「全く逆のタイプの人間」だそうが、「オタクと呼ばれる人たちの、ひとつのことに打ち込む情熱には尊敬します」。

大ヒットには「素直にうれしいです。若い人が見てくれているのが光栄で新鮮。シンプルな友情物語として見てもらっているのではないでしょうか」。が然、村上監督の映画の次回作にも注目が集まりそうだ。

http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/jun/o20050619_10.htm

19:21 | コメント (0) | トラックバック (1)

産経新聞 05/06/20 「電車男」、本と映画でダブルミリオン達成

新潮社は20日、オタクの純愛物語「電車男」が発行100万部を突破したと発表した。6月4日から公開されている映画「電車男」(村上正典監督)も19日に観客動員数100万人に達しており、本と映画で“ダブルミリオン”を達成した。

「電車男」は、電車内で男にからまれた女性を助けた体験をネットの匿名掲示板に書き込んだ“オタク”が、掲示板に集う人々の声援に勇気づけられ、その女性と恋をはぐくむ、という“物語”。実際にあった掲示板上の書き込みを編集して昨年10月に刊行したところ話題となり、映画化され、相乗効果で人気に火が付いた。

新潮社は「電車男さん」の「すごいですね、本当に。自分の生活は全く変わらないので正直実感ないです」というコメントを公表した。

7月にはフジテレビ系でドラマも始まる予定のほか、舞台化も予定されている。(共同)

http://www.sankei.co.jp/news/050620/bun072.htm

19:14 | コメント (0) | トラックバック (0)

読売新聞 05/06/20 ネット掲示板発「電車男」が100万部突破

インターネットから生まれたオタク青年の恋愛物語「電車男」(新潮社刊)の発行部数が20日、100万部を突破したことが分かった。

ネット発の書籍が急増しているが、掲示板の匿名のやりとりをまとめた本がミリオンセラーとなるのは初めて。

「電車男」は昨年10月初版2万部で発売し約2か月で50万部を突破。

今月4日公開の映画版が観客動員100万人突破が確実となるなどメディアミックスで人気が再燃し、6月だけで30万部を増刷、累計101万5000部となった。

http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20050620i406.htm

19:12 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年06月19日

中日スポーツ 05/06/19 「電車男」本100万部、映画100万人

ネット生まれの純愛物語、人気も超特急!!

インターネットの匿名掲示板から生まれたオタク青年の純愛物語「電車男」(新潮社刊)が週明けにも、発行100万部を突破することが18日、分かった。同名映画の観客動員数も近く100万人突破が確実で、「ダブルミリオン」達成となる。

「電車男」と呼ばれるのは「22歳。彼女いない歴イコール年齢」と称する、さえない青年のこと。

昨年3月に、電車内で酔っぱらいの男にからまれている女性を助け、その体験を匿名掲示板に書き込んだことから、この「物語」は始まる。電車男は、掲示板に集う人々のアドバイスや励ましを受け、初めての恋を発展させていく。

ネットで有名になったこの話に目を付けた新潮社が昨年10月下旬、書籍化すると、声援を送る人の善意や、それに応える電車男の勇気に共感が集まった。

わずか2カ月足らずの昨年末までに50万部を突破。順調に部数を伸ばし続け、週明けにも100万部の大台に乗る見通しだ。

「ネット発のベストセラー」に、新潮社には映画、漫画、ドラマ化などの申し出が殺到。一方で、「電車男は本当にいるのか」「ネタ(作り話)ではないか」という趣旨の記事や本も出るなど話題は広がった。

いっとき売れ行きは落ち着いたものの、映画やテレビドラマの映像化が決まったころから再ブレーク。

映画「電車男」の上映が始まった今年6月初めからさらに急激に伸びた。新潮社宣伝部の佐々木憲二さんは「真贋(がん)論争などを含め話題が尽きなかった。特に後半の50万部はメディアミックスのおかげ」と話す。映画も大ヒットし、観客動員数が100万人超えはほぼ確実視されている。

映画「電車男」(村上正典監督)は、6月4日から東宝洋画系で公開。電車男は山田孝之(21)、酔漢から助けられる美人OLを中谷美紀(29)がそれぞれ演じている。

テレビドラマは、フジテレビ系=東海テレビで7月7日からスタート。電車男は伊藤淳史(21)、ヒロインには伊東美咲(28)を起用。ほかに舞台公演の予定もある。

昨今の純愛ブームも人気の背景にあるとみられ、「電車男」ブームは当分続きそう?

http://chuspo.chunichi.co.jp/00/hou/20050619/spon____hou_____002.shtml

14:49 | コメント (0) | トラックバック (0)

日刊スポーツ 05/06/19 「電車男」本と映画Wで100万突破

ネット掲示板「2ちゃんねる」から生まれた実話の純愛物語「電車男」(新潮社)が週明けにも100万部を突破することが18日、分かった。4日に封切られた山田孝之(21)主演の同名映画も動員数100万人を超えるのは確実で、相乗効果で“ダブルミリオン”を達成する見込みだ。オタクの男性が、女性と交際するために助けを求めて始まったネット上のやりとりが評判となり、昨年10月に「著者・中野独人」として書籍化された。最近、映画と原作本の“ダブルミリオン”を達成したのは「世界の中心で、愛をさけぶ」「いま、会いにゆきます」がある。

http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-050619-0007.html

14:47 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年06月18日

産経新聞 05/06/18 本も映画も100万突破へ 「電車男」が大ブレーク

インターネットの匿名掲示板から生まれたオタク青年の純愛物語「電車男」(新潮社刊)が週明けにも、発行100万部を突破することが18日、分かった。同名映画の観客動員数も近く100万人突破が確実で、“ダブルミリオン”達成の見通しだ。

このところの純愛ブームも人気の背景にあるとみられ、ドラマ、舞台化も決まるなど、電車男ブームが続きそうだ。

電車男と呼ばれるのは「22歳。彼女いない歴=年齢」と称する青年。昨年3月に電車内で男にからまれている女性を助け、その体験を匿名掲示板に書き込んだことからこの“物語”は始まる。電車男は掲示板に集う人々のアドバイスや励ましを受け、初めての恋を発展させていく。

ネットで有名になったこの話に目を付けた新潮社が昨年10月、この話を書籍化すると、声援を送る人の善意や、それに応える電車男の勇気に共感が集まり、2カ月足らずで50万部突破。同社に映画、漫画、ドラマ化などの申し出が殺到した。映画「電車男」(村上正典(むらかみ・しょうすけ)監督)が6月4日から東宝洋画系で始まり、相乗効果を生んだ。

テレビドラマは7月にフジ系で放送、舞台公演も予定されている。(共同)

http://www.sankei.co.jp/news/050618/bun038.htm

20:10 | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪日刊スポーツ 05/06/18 武田真治、主演舞台「電車男」大阪で上演

大ヒット中の映画、7月から放送のテレビに続き、「電車男」舞台版が8月29、30日、大阪・梅田のシアター・ドラマシティで上演されることになり、主演の武田真治(32)が17日、大阪市内で会見した。映画、テレビは理想の女性エルメスとのラブストーリーだが、舞台では女性は声だけしか登場せず“アキバ系”といわれる電車男とネット仲間6人だけの物語。

武田は「古典的なボーイ・ミーツ・ガールの物語だけど、男として一歩進もうという真っすぐな姿勢に惹かれる。ボクはふだん、こっち(おたく)に近いかも。男ばかりのコメディーで、ほとんどの男が共感できるし、女性の方は男心を知るのにもってこいの舞台です」とPRしていた。名古屋公演は9月2〜4日、テレピアホールで。

http://osaka.nikkansports.com/oet/p-ot-tp5-050618-0024.html

20:05 | コメント (0) | トラックバック (0)

スポーツニッポン大阪 05/06/18 武田真治が舞台「電車男」大阪公演PR会見

◆ 8月29、30日「梅田芸術劇場−」で ◆

「2ちゃんねる」から生まれ、今夏舞台化される「電車男」(堤幸彦脚本・演出)に主演する武田真治(32)が17日、大阪市内のホテルで会見。「恋愛にまっすぐに向かう主人公像にひかれた。この舞台を見れば男心が分かります」と気合十分にアピールした。

さえないオタク青年が電車で酔っぱらいに絡まれている女性を救ったことから始まるラブストーリー。オタクのイメージとはほど遠い”イケメン”武田だが「普段はどっちかっていうと、さえない方なんで」と意外な素顔!?も披露し、笑わせていた。

エルメス役の女性は声のみの登場。共演は鈴木一真(36)らで、男性7人による舞台となる。

8月5日に東京公演がスタート。大阪公演は、同29、30日に梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで。

http://www.sponichi.co.jp/osaka/ente/200506/18/ente182001.html

20:01 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年06月15日

サンケイスポーツ 05/06/15 映画主人公・山田孝之がドラマ「電車男」にゲスト出演

公開中の映画「電車男」(村上正典監督)の主演俳優、山田孝之(21)が7月7日スタートのフジテレビ系ドラマ「電車男」(木曜後10・0)に特別出演した。映画版には、ドラマ版主演の伊東美咲(28)と伊藤淳史(21)が出演。映画、ドラマの相互出演は初めてのケース。一方、8月の舞台版に主演する武田真治(32)のオタクぶりも明らかになり、これで3人の電車男がそろい踏み。ブームはまだまだ続きそうだ。

映画版の電車男・山田がスクリーンを飛び出し、ドラマ版にヒットのコツを伝授?

山田と中谷美紀(29)主演で今月4日に封切られた映画は、公開11日目の14日現在、興行収入約9億円・観客動員約66万人を記録。7月7日にスタートするドラマを盛り上げようと、山田が映画とドラマの垣根を越え、ひと肌脱いだ。

同作はネット掲示板「2ちゃんねる」から誕生したベストセラー小説が原作。オタク青年・電車男と美しいOL・エルメスの恋の行方を描く物語ですでに朗読劇、映画、ドラマになり、8月には舞台化が決まっている超話題作。

山田が出演したのは第1話(15分拡大で放送)。電車内で酔っ払いに絡まれたエルメス(美咲)を電車男(伊藤)が助ける2人の出会いのシーンで、最終的に酔っ払いを羽交い締めにして2人を助ける“イケメンサラリーマン”役で登場する。これは、オタクから変身を遂げた映画終盤の姿だ。

実は、映画には、ドラマの美咲と伊藤が特別出演しており、ドラマは映画の続きから始まるといってもおかしくない。両作ともフジテレビが製作のため、連動企画として実現。異例の映画、ドラマの“相互出演”となった。

このほど行われた収録で、山田は伊藤とガッチリと握手し「こういう作品なので、楽しみながら演じてください」とアドバイス。伊藤は「“電車男”の先輩である山田さんからアドバイスしていただいたように、本当に楽しみながら演じていきたい」と気を引き締めた。中谷からエルメスのバトンを受け取る美咲も「映画版のいいところを引き継いですてきな作品になるよう頑張ります」と意気込んだ。山田のヒット指南でドラマも盛り上がりそうだ。


★非公開…エルメスは大物女優

武田は8月5〜27日に東京・新宿パークタワーホテルで上演される舞台版(堤幸彦演出)の主演。ボサボサ頭に眼鏡の武田の姿は衝撃的だ。共演は鈴木一真(36)、河原雅彦(35)らで、エルメスは大物女優(初日まで非公開)が声のみの出演。映画の山田、ドラマの伊藤、舞台の武田の“イケてない度”を見比べるのも面白いかも?

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200506/gt2005061502.html

16:53 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年06月12日

毎日新聞 05/06/10 東京夕刊 甘口辛口新作ガイド 電車男

ネットの掲示板から生まれたラブストーリーを映画化。電車の中で酔っ払いにからまれていた美女エルメスさん(中谷美紀)を助けたオタク青年の電車男(山田孝之)が、ネットの掲示板でチャット仲間の応援を受けながら、恋を成就させるまでを描く。物分かりのよすぎるエルメスさんといい、トントン拍子の2人の関係といい、もてない男の理想的妄想的展開は失笑モノのご都合主義。ではあるが、電車男の応援団のひきこもり青年や失恋した女性看護師、オタク3人組を分割画面で登場させたり、絵文字入りのネット言葉をナレーションで読み上げ、文字にも“演技”させるにぎやかな仕掛けが軽快。応援団のドラマも織り込んで、手軽く楽しめるラブコメに仕上がった。村上正典監督。1時間41分。ヴァージンTOHOシネマズ六本木ヒルズほかで公開中。

http://www.mainichi-msn.co.jp/geinou/cinema/guide/archive/news/2005/06/20050610dde018070033000c.html

06:07 | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年06月10日

サンケイスポーツ 05/06/09 「電車男」好発進だ!主演・山田孝之が舞台あいさつ

俳優、山田孝之(21)が8日、初主演映画「電車男」(村上正典監督)の好調な出だしを記念して東京・渋谷区のアミューズCQNで特別舞台あいさつを行った。4日の初日はヴァージンTOHOシネマズ六本木ヒルズの650席がわずか10分で完売。この日もCQNの200席が同じく10分で完売し人気の高さを見せつけた。山田は「すごいなぁ〜。うれしいです」。村上監督も「感謝の気持ちでいっぱいです」と喜んでいた。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200506/gt2005060906.html

00:12 | コメント (0) | トラックバック (0)

スポーツニッポン 05/06/09 山田孝之 主演の「電車男」ヒット御礼

俳優の山田孝之(21)が8日、東京・渋谷のアミューズCQNで主演映画「電車男」(監督村上正典)の大ヒット御礼舞台あいさつを行った。

4日の公開から3日間で約27万人を動員するほどの人気で、この日も約200席分の整理券は数分で完売。山田は「実感がないけどすごいことですよね」と笑顔。髪形や服装を一変して演じたオタク青年ぶりが話題を呼んでいるが「監督から“コメディー風に”と言われてやりすぎました」と話し、笑いを誘った。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2005/06/09/08.html

00:08 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年06月09日

日刊スポーツ 05/06/09 「電車男」大ヒット御礼!山田があいさつ

俳優山田孝之(21)が8日、オタクを演じた映画「電車男」(村上正典監督)の大ヒット記念舞台あいさつを東京・渋谷のアミューズCQNで行った。4日に封切られ、興収は20億円を突破する見通し。昨年発売された原作の単行本も90万部を超え、映画公開を機に10万部増刷された。また、ORANGE RANGEが歌う主題歌「ラブ・パレード」もシングル売り上げが50万枚を突破するなど、勢いは止まらない。山田は「すごいな、と思います。実感がないけど、うれしいです」とオタクっぽくコメントしていた。

http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/f-et-tp0-050608-0011.html

03:19 | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年06月06日

読売新聞 05/06/06 「電車男」映画評 掲示板から生まれた、真っすぐな恋愛映画

原作は、インターネットの掲示板から生まれた小説。昨秋、出版されて以来、大ヒットを続け、ついに映画になった。便乗商法かと思いきや、これが結構、面白い。変にひねりを利かせず、メルヘンタッチで脚本化(金子ありさ)したのがよかったのか。主演の山田孝之と中谷美紀のキャラクターがぴったりだったのか。すべてが欲得ずくの世知辛いこの現代に、なんとも純粋で、真っすぐな恋愛映画が誕生した。

仕事場でも家でも、一日中パソコンに向かっているオタク、後に「電車男」の異名をとる22歳の青年(山田)が、ある日、恋に目覚める。それも、帰宅途中の電車内で酔っ払いにからまれたOL(中谷)を救ったのが原因とは。彼女からお礼に高級なティーカップを贈られて、あわてた青年は、パソコンの掲示板に助けを求める。「一体どうすればいいの?」と。

「恋に目覚める」というのは正確ではない。確かに好意は持ったが、相手からお礼をされて心が動いたのである。なにしろ「彼女いない歴22年」の「もてない男」なのだから。

この消極的で引っ込み思案の性格をたたき直すのが、パソコンの掲示板仲間。「すぐに連絡をとれ」「彼女に恋人は?」「食事はここへ誘え」などと、キーボードで自分の意見をたたき出す。サラリーマンに専業主婦、看護師に引きこもりの青年、そして3人組のパソコンオタク。もちろん「電車男」には、本名も身分も明かさぬ不特定多数だが、彼らは不器用な「電車男」に同情し、アドバイスし、励まし、恋の成長を、わがことのように喜ぶ。

パソコンで結ばれた友情と連帯の物語を何のてらいもなく正面から描いたのは、テレビ出身の村上正典監督。「現実」に背を向けバーチャルな世界を生きるパソコン男が、生身の女性と心を通わせる現代の寓話も、ここまで純情だと、つい気を許して応援したくもなる。

それにしても、現代の男どもが、ここまで女性化しているとは……。特に恋愛に関して、奥手どころか幼児性丸出し。そのうえメソメソと、よく泣く。完全に、男女の立場が逆転している。これもパソコン時代の副産物(?)なのか。

http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/cinema/review/20050606et01.htm

22:13 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年06月05日

サンケイスポーツ 05/06/05 中谷美紀、痴漢を2度退治!「電車男」初日あいさつ

映画「電車男」(村上正典監督)が4日、全国で封切られ、東京・六本木のヴァージンTOHOシネマズ六本木ヒルズで主演の山田孝之(21)、中谷美紀(29)らが舞台あいさつした。

ネット掲示板「2ちゃんねる」から生まれたオタク青年と美人OL、エルメスの恋物語。映画初主演の山田は、役を連想させないファッショナブルな姿で登場し「ちょっと緊張してます…」。電車内で痴漢に絡まれ、山田に助けてもらう設定の中谷は、「実は、電車の中で痴漢を2度ほど捕まえたことがある。首根っこ捕まえて警察に連れていきました。だから(実際は)助けてもらえることはあまりない」とエルメスとは違う意外な一面を明らかにし、観客を驚かせた。

この日のチケットは10分で完売(652席)。ファンから追加舞台あいさつの要望が殺到したため、8日に東京・渋谷のアミューズCQNで山田ひとりが行う。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200506/gt2005060503.html

19:58 | コメント (0) | トラックバック (0)

スポーツ報知 05/06/05 中谷美紀、チカン撃退告白 映画「電車男」舞台あいさつ

日本最大のインターネット匿名掲示板「2ちゃんねる」から生まれた純愛物語を映画化した「電車男」(村上正典監督)の初日舞台あいさつが4日、東京・六本木のVIRGIN TOHO CINEMAS六本木ヒルズで行われ、主演の山田孝之(21)、中谷美紀(29)らが出席した。

舞台あいさつに備え、W杯予選のテレビ観戦を我慢して臨んだ山田は共演の大杉漣(53)に内容と結果を知らされ「非常にムカムカしてます」と苦笑い。ヒロインを演じた中谷は「実は電車で痴漢を2回捕まえて警察に突き出したことがある。今回の役のように男性に助けてもらえる朗らかな、か弱い女性になりたいです」。配給の東宝によると、興収20億円突破が確実な状況だという。

http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/jun/o20050604_60.htm

19:56 | コメント (0) | トラックバック (0)

デイリースポーツ 05/06/05 中谷美紀「2回痴漢突き出した」

映画「電車男」の公開初日となった4日、都内で主演・山田孝之(21)、中谷美紀(29)らが舞台あいさつした。電車内で中年男に絡まれて電車男に助けられるエルメス役の中谷は「実際は痴漢を2回、警察に突き出したことがある」と意外な過去を披露。最近では海外への1人旅の際、荷物を持ってくれた紳士にときめいたそう。しかし、「住所も聞かなかったので、(映画のように)ティーカップは贈れなかった」と苦笑した。

また、電通マンとの結婚が決まった木村多江(34)らも来場。

http://www.daily.co.jp/gossip/2005/06/05/175338.shtml

19:52 | コメント (0) | トラックバック (0)

スポーツニッポン 05/06/05 映画「電車男」出発進行

インターネットの掲示板サイトから誕生した純愛物語の映画化「電車男」(監督村上正典)が4日、初日を迎えた。

同作にオタク青年・電車男役で主演した山田孝之(21)は、東京・ヴァージンTOHOシネマズ六本木ヒルズであいさつ。「汗だくで秋葉原を走り回るシーンでは、一般の人に“うわあ、ひでえ”と言われるくらい町に溶け込めていた」と満足。ヒロイン役の中谷美紀(29)は「私は電車の中で2度も痴漢を捕まえたことがあるので、助けてもらえるようなか弱い女性になりたい」と話し、笑いを誘った。今月下旬に大手広告代理店、電通の社員と結婚する木村多江(34)も登場した。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2005/06/05/05.html

19:50 | コメント (0) | トラックバック (0)

日刊スポーツ 05/06/05 「電車男」初日に山田孝之、中谷美紀ら

「電車男」(東京・VIRGIN TOHO CINEMAS六本木ヒルズ)、ネット掲示板から始まったオタクと美女の純愛物語がついに発車した。山田孝之(21)が演じた青年が、暴漢から助けたことで恋に発展する「エルメス」役の中谷美紀(29)は「痴漢を2度ほど捕まえて首根っこつかんで差し出したことがあります。か弱い女性にあこがれます」と、映画と現実は違うことを告白。配給の東宝は20億円突破は確実とみており、山田は8日も渋谷のアミューズCQNであいさつする。先月末に電通社員との結婚を発表した木村多江(34)も出席した。

http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-050605-0002.html

19:46 | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪日刊スポーツ 05/06/05 「電車男」公開、梅田ナビオで中高生殺到

ネット掲示板から誕生した映画「電車男」(東宝)が4日全国公開され、大阪・梅田のナビオでは、10代の中高生が殺到、午前10時50分の回から3回満席(472席)、1日約2000人を動員する好発進となった。東京・ヴァージン六本木では主演の中谷美紀(29)、山田孝之(21)らが舞台あいさつ。エルメス(中谷)が痴漢に襲われたことがきっかけで恋に発展する物語だが、中谷は「痴漢を捕まえて、首根っこつかんで差し出したことが2度ほどあります。か弱い女性にあこがれます」と映画とは正反対の経験を告白し、観客をわかせた。

http://osaka.nikkansports.com/oet/p-ot-tp5-050605-0027.html

19:44 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年06月04日

読売新聞 05/06/03 「電車男」映画評 原作に「王道」の味付け

もてないオタクの青年=電車男(山田孝之)が、顔も知らないインターネット利用者のアドバイスで、あこがれの女性=エルメスさん(中谷美紀)との恋を実らせる。

インターネットの掲示板「2ちゃんねる」から生まれたベストセラーの映画化。クライマックスに原作にはない2人のすれ違いを用意し、王道の骨格を備えたラブストーリーとなった。

いかにもそれらしい外見でオタク役に挑戦した山田が、何かが乗り移ったのではないかと思えるほどの挙動不審さで笑わせてくれる。中谷も原作のエルメスさんの雰囲気をよく伝える。「ちゃんと掴(つか)んでますから」といった原作の名せりふに胸が騒いだ。

分割画面を多用し、「2ちゃんねる」独特の文字表現や「キター」などの常用句、利用者たちの妄想たくましい反応など、文字や記号が様々な趣向で画面をにぎわせる。うるさく感じる人もいるだろうが、自在な演出は、テレビ畑の村上正典監督ならでは。こういう手法もあるのかと感心させられた。

オタクのままじゃ恋愛はできないのかとか、掲示板利用者がいずれもどこか病んでいるという設定はいかがなものかとか、違和感もあるにはあるが、ともかく愉快な作品に仕上がっている。1時間40分。

http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/cinema/review/20050603et03.htm

16:44 | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年06月02日

日刊スポーツ 05/06/02 「電車男」が月9「スロー−」と“合体”

フジテレビの新ドラマ「電車男」(7月7日スタート、木曜午後10時)が、同局の看板枠「月9(ゲツク)」の7月期放送ドラマ「スローダンス」と“合体”する。電車男にネット住人の役で出演する温水(ぬくみず)洋一(40)が「スロー―」にも同じ役柄で登場することになった。「スロー―」での登場機会などは今後検討される。こうしたドラマ間の連動は初の試み。電車男の若松央樹プロデューサーは「ドラマが持つお祭り感を出し、盛り上げたい」と相乗効果を期待している。また、電車男に俳優岸部シロー(55)が出演することも決定した。ドラマ出演は15年ぶり。

http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-050602-0002.html

18:15 | コメント (0) | トラックバック (0)

サンケイスポーツ 05/06/02 岸部シローが15年ぶりにドラマ出演「電車男」

7月7日スタートのフジテレビ系ドラマ「電車男」(木曜後10・0)で、電車男の父親役で岸部シロー(55)が約15年ぶりにドラマ出演することが同局から発表された。また、温水洋一(40)が7月スタートの同局系「スローダンス」(月曜後9・0)と同一人物役で登場する異例の試みも。作品はベストセラーの連ドラ化で美人OLエルメス(伊東美咲)とオタクの電車男(伊東淳史)との恋の行方を描くロマンチックコメディー。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200506/gt2005060212.html

18:12 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年05月31日

スポーツ報知 05/05/30 白石美帆が「電車男」いじめる

女優の白石美帆(26)が、7月7日スタートのフジテレビ系新ドラマ「電車男」(木曜・後10時)に出演することが30日、分かった。伊藤淳史(21)ふんする主人公の“電車男”をいじめる天敵のOLを演じる。

白石は派遣会社に勤める電車男が担当する派遣OL・陣釜美鈴(じんかま・みすず)役。ドラマ版だけに登場する新キャラクターだが、普段はさえない電車男をネチネチといじめ、ヒロインのエルメス(伊東美咲)との恋愛にも影を落とす。原作や映画にはない電車男の天敵として物語の重要な鍵を握る。

これまでは清純な役柄が多かった白石だが、悪女的な役どころは今回が初めて。「今までになく、かなり激辛スパイスな存在です。電車男を超攻撃的にいじめていく役なのですが、豪快でごう慢に接していきたい」と意気込んでいる。また若松央樹プロデューサーも「白石さんの違った一面を見てみたかった」と期待を寄せる。

なお白石は4日公開の映画版にも1シーンだけ出演する。映画では受付嬢時代の美鈴を演じており、映画とドラマをリンクさせてヒット拡大の相乗効果を狙う。共演はほかに速水もこみち、佐藤江梨子ら。

http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/may/o20050530_30.htm

14:07 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年05月29日

日刊スポーツ 05/05/29 サトエリが「電車男」でエルメス親友役

女優佐藤江梨子(23)が、7月7日スタートのフジテレビのドラマ「電車男」(木曜午後10時)に出演することが28日、分かった。エルメス役の主演伊東美咲(28)の親友・沢崎果歩を演じる。伊藤淳史(21)演じる電車男ら「秋葉系」を毛嫌いするキャリアウーマン役で、純愛を浮き立たせる。

この友人は、原作ではエルメスと電車男の2度目の食事デートで登場。電車男はその時の印象を「エルメス子さんよりも活発そうな雰囲気」「質問攻めしてくる」「突っ込みが激しすぎる」などとつづり、エルメスに電車男への恋愛感情を気付かせたとしている。

同局の若松央樹プロデューサーは、佐藤の起用を「原作のイメージにぴったり。面倒見が良くて美しく、伊東さんの長身に負けない人を探していた」と説明。ドラマ版では佐藤のために、果歩と電車男がぶつかるなど、原作にないシーンも用意しているという。27日に顔合わせを行った若松氏は「番組を引っ張ってくれそうです」と好感触を得ている。佐藤は現在、同局「恋におちたら」(木曜午後10時)に出演中で、クランクアップ後にも撮影に入る予定だ。

http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-050529-0006.html

12:03 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年05月27日

サンケイスポーツ 05/05/27 「電車男」に中谷美紀ゾッコン!映画完成披露試写会

6月4日公開の映画「電車男」(村上正典監督)の完成披露試写会が26日、東京・港区のヴァージンTOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、映画初主演の山田孝之(21)、中谷美紀(29)らが舞台あいさつした。

ネット掲示板「2ちゃんねる」から誕生した60万部ベストセラー小説の映画化で、オタク青年とエルメスと呼ばれる美人OLとの恋物語。ダサくてさえない青年を演じた山田はこの日、一転してファッショナブルな“地”のイケメンで登場。だが、中谷は「わたしはオタクファッションの山田くんの方が好き。すごくかわいい」と劇中の山田にゾッコン。山田は「ぼくもオタク。音楽、映画、漫画、ゲームでも何でも好き。好きな音楽を聴き、漫画を読むような気持ちで演じた」と話した。

同作はカンヌ国際映画祭のバイヤー向け上映で高い評価を受け香港、マカオ、シンガポール、マレーシア、インドネシアなどでの公開が決定。交渉中の韓国のバイヤーは「『猟奇的な彼女』『僕の彼女を紹介します』のようなミスマッチなカップルの恋愛を描いた映画であれば前向きに検討したい」と話しているという。世界各国は“ジャパニーズオタク”に興味津々だ。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200505/gt2005052702.html

12:08 | コメント (0) | トラックバック (0)

スポーツ報知 05/05/27 「電車男」世界へ 8つの国と地域で公開決定

オタク男性の純愛を描くインターネット発の映画「電車男」(村上正典監督、6月4日公開)が8つの国・地域で公開されることが26日、発表された。

22日に閉幕したカンヌ映画祭でワールドセールスにかけられ、まずは香港、台湾、シンガポールなど東アジアの5つの国・地域が決定していたが、さらに増え続け、東アジア全域を網羅しそうだ。

この日、都内での完成披露試写会で舞台あいさつした主演の山田孝之(21)は「本当に(撮影が)ハードスケジュールでしたが、もう公開はすごい。楽しくて感動できる作品です」とPR。ヒロインのエルメス役の中谷美紀(29)は原作でも本人似と書かれた当たり役。「(役作りは)すごい難しかったけれど、電車男がすごいチャーミング。ここにいる山田くんよりもオタクファッションの山田くんのほうがかわいく、ずっと好きです」と“オタク男”のパネルを前に目を潤ませていた。

http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/may/o20050526_40.htm

12:07 | コメント (0) | トラックバック (0)

日刊スポーツ 05/05/27 「電車男」がアジア8カ国・地域で公開

映画「電車男」(村上正典監督、6月4日公開)がアジア8カ国・地域で公開されることが26日、分かった。この日、主演の山田孝之(21)中谷美紀(29)らが出席した完成披露試写会が都内で行われ、配給の東宝が発表した。公開が決まったのは、香港、マカオ、台湾、シンガポール、マレーシア、ブルネイ、インドネシア、タイ。カンヌ映画祭のフィルムマーケットで成立した。現在、韓国の配給会社とも交渉が進んでいるという。ネット掲示板で人気を集めた純愛物語が世界に広がった。

舞台あいさつに立った山田は「楽しく感動できる作品になりました」と胸を張った。ヒロインを演じた中谷は「ピュアなラブストーリーができあがりました」と満足そうだった。

http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-050527-0003.html

12:06 | コメント (0) | トラックバック (0)

スポーツニッポン 05/05/27 「電車男」海外公開も決定

インターネットの掲示板から誕生した純愛物語の映画化「電車男」(監督村上正典)の完成披露試写会が26日、都内で行われた。オタク青年役で主演の山田孝之(21)は「サイト上で親身に相談に乗る人たちのきれいな気持ちがみどころ」とPRした。ヒロインを演じた中谷美紀(29)は「私自身もあこがれてしまうピュアなラブストーリー」と自ら太鼓判。台湾など7カ国での配給も決定した。6月4日公開。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2005/05/27/06.html

12:04 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年05月21日

サンケイスポーツ 05/05/21 電車男“ライバル”に速水もこみち−イケメン青年役

冴えない電車男にイケメンのライバル登場!? 俳優、速水もこみち(20)が7月7日スタートのフジテレビ系ドラマ「電車男」(木曜後10・0)に出演することが20日までに決まった。


オタク系青年“電車男”と“エルメス”と呼ばれる美人OLの恋の行方を描くベストセラー小説のドラマ化で、主演は伊東美咲(27)と伊藤淳史(21)。速水は原作や映画版(6月4日公開)にないオリジナルキャラクター、イケメン青年の啓介役として登場する。

同局の若松央樹プロデューサーは起用理由を「ルックスや演技力に加え、バラエティー番組にも出演するなど本人のキャラクターがドラマにピッタリ」と説明。役柄については「見てのお楽しみとさせてください。1話で謎の男という出方をします」。全体を通して電車男(伊藤)と敵対しエルメス(伊東)との共演シーンもタップリあるといい、2人の恋のスパイスになりそうだ。

速水は「話題作に出演できてうれしい。原作にはない役柄で謎の男を演じるので、また違った感じで楽しめると思う。映画版に負けないよう頑張りたい」と張り切っている。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200505/gt2005052103.html

10:05 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年05月11日

サンケイスポーツ 05/05/11 「電車男」ドラマは女主人公−ヒロインに伊東美咲

ネット掲示板「2ちゃんねる」から誕生したベストセラー小説「電車男」が7月7日スタートのフジテレビ系木曜10時枠で連続ドラマになることが10日、分かった。オタク系青年と美しいOLの恋の行方を描く物語で、主演は伊東美咲(27)と伊藤淳史(21)同局はすでに映画製作にも着手しており、キャストの“相互出演”が企画されるなどフジらしいドラマ“運行”が見られそうだ。


映画化にあたり争奪戦が繰り広げられたという「電車男」のドラマ化はフジが獲得した。

インターネットの掲示板「2ちゃんねる」の書き込みから生まれた同作は、彼女いない歴22年のオタク青年が、ネット投稿者の応援を受け、電車の中で酔客から助けた女性との交際を成就させる物語。実話とされる。

昨年5月にネット上のやりとりが終了、同10月に小説が出版されるや否や、朗読劇や舞台化、コミック化が次々と決まったが、映画版などを含め物語は全て主人公の電車男からの目線で進行していた。

ドラマ化にあたり、フジは、電車男が恋し、オタク系の男たちが憧れる「エルメス」を主人公にスライドさせ、女性側の恋の葛藤や成長を丁寧に描くという。そのエルメスに決まった美咲は、単独での連ドラ主演はこれが初めて。「原作のエルメスは清楚で品があるという感じ。イメージを壊さずに可愛く、わたしも憧れるような女性にしたい」とはりきっている。

制作にあたる同局の若松央樹プロデューサーは、美咲について「エルメスに代表される洗練されたイメージを持ち、かつ主人公として好感を持たれる人、と考えたときに真っ先に思い浮かんだ」と説明した。

さらに、「ブームの集大成に」と意気込む同氏には、フジらしい“秘策”が。同局製作の山田孝之(21)、中谷美紀(29)主演の映画版(6月公開)とドラマの主要キャストの相互出演を企画。互いのポスターを同じ字体と色にしたり、劇場でドラマ版のCMを流すなどW効果を狙うという。

若松プロデューサーは「ネット上で100万人が見守った恋の行方のように、今度は視聴者の皆様が2人の純愛を応援し、一緒に笑い感動してほしい」と期待を寄せている。


★身長差なんと9センチ!!
小説の主人公、電車男を演じる伊藤は、子役時代に「とんねるずのみなさんのおかげです」に出演していた“チビノリダー”として知られる。若松プロデューサーは「原作の電車男のイメージは決して格好良い人ではないが誠実で好感が持たれる人。そのイメージを大切にして選んだ」。伊藤の身長は1メートル62で、美咲の方が9センチも高くドラマでは珍しい逆転カップル。同氏は「住む世界が違う2人のギャップに花を添えるのでは」と話している。


★ドラマ「電車男」
青山沙織(伊東美咲)は外資系企業に勤めるOL。帰国子女で誰もが振り向くような美人。ある晩、電車の中で酔っ払いに絡まれた。気弱そうな若者、山田剛司(伊藤淳史)が助けようとするが、かえって騒ぎは大きくなってしまう。謝る剛司にお礼をしたいと申し出る沙織。後日、沙織はエルメスのティーカップを贈る。女性とまともに話したこともなくどうしていいかわからない剛司はインターネットの匿名掲示板にSOSを求め…。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200505/gt2005051102.html

17:25 | コメント (0) | トラックバック (0)

スポーツ報知 05/05/11 フジテレビ「電車男」ドラマ化

主人公・エルメスに伊東美咲、青年に伊藤淳史

日本最大のインターネット匿名掲示板「2ちゃんねる」から生まれた純愛物語「電車男」(新潮社)が、映画化、舞台化に続き、フジテレビ系で連続ドラマ化(7月7日スタート、木曜・後10時)されることが10日、分かった。ドラマ版では主演となる「エルメス」を女優の伊東美咲(27)が、「電車男」を俳優・伊藤淳史(21)が演じる。伊東は連ドラ初主演となる。

エルメスの視点から描写
イケメンとの三角関係も

 
インターネットから発生、口コミで話題を呼び、出版されるやいなや50万部を超えるベストセラー。すでに社会現象となっている「電車男」が、今度は連ドラ化される。

「電車男」は彼女いない歴22年のアニメオタクの青年が、電車内で酔っ払いにからまれた年上の女性を助けたことから知り合い、「2ちゃんねる」の掲示板で、デートの誘い方などのアドバイスを受けながら恋を成就させる、実話とされる純愛物語。中野独人著の原作本が大ヒット、さらに山田孝之(21)、中谷美紀(29)のコンビで映画化(6月4日公開)、武田真治(32)主演による舞台化がすでに決定している。

原作では電車男側からの目線で描かれるヒロイン・エルメスを、ドラマ版では主演とした。エルメス側の過去の失恋、当初は電車男を恋愛の対象と見ることのできないことへの葛藤(かっとう)、成長なども細やかに描いていく。また、エルメスに迫るイケメンが登場し、電車男との三角関係に発展するなど、オリジナルな展開も用意されている。

エルメスを演じる伊東美咲は連ドラ初主演となるが「ベストセラーになっているこの作品で、主演させていただけるのですから恵まれてるな、と感じています」と気合十分。「原作のイメージを壊さずにかわいく、私もあこがれるような女性にしたい」とコメントしている。一方、電車男役はかつて“ちびノリダー”として活躍、最近では映画「海猿」「血と骨」に出演した伊藤淳史。身長171センチの伊東と、162センチの伊藤とのギャップも話題を呼びそうだ。

映画版の公開中にドラマが始まるとあって、ドラマ版と映画版の出演者が相互にゲスト出演する計画もあるという。ブームにさらに拍車がかかりそうだ。

http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/may/o20050510_40.htm

17:24 | コメント (0) | トラックバック (0)

中日スポーツ 05/05/11 伊東美咲、連ドラ初主演 7月スタート「電車男」エルメス役

女優の伊東美咲(27)が、7月7日スタートのフジテレビ系=東海テレビの新ドラマ「電車男」(木曜午後10時)で連続ドラマに初主演することが10日、分かった。インターネットのサイトから誕生した中野独人さんの人気小説「電車男」(新潮社)のドラマ版で、伊東は“エルメス”こと英語が堪能な外資系企業の美人OL・青山沙織を演じる。

映画、朗読劇、舞台、漫画化もされた作品の“集大成”といえそうなドラマ。伊東は「今からとても楽しみ。ベストセラーの作品で主演をさせていただけるのは恵まれてると感じる」と、収録に意気込んでいる。

「電車男」は、アニメやゲーム好きの“アキバ系オタク”の青年と、エルメスと呼んで恋心を募らせる女性との純愛コメディー。“電車男”ことオタク青年の山田剛司役は“ちびノリダー”としても話題を集めた伊藤淳史(21)が演じる。

電車男の目線で描かれた原作と異なり、ドラマではエルメスや両方向の目線を盛り込む。“イケメン”も交えた三角関係も見せ場だ。ドラマ版と映画版の出演者が相互にゲスト出演し、メディアミックスを図るという。

若松央樹プロデューサーは「エルメスは洗練されたイメージ、好感を持たれるキャラクター。女優として実力をつけてきた伊東さんに真っ先にお願いした」と抜てき理由を説明。伊藤との身長差も話題を呼びそうで、伊東は「最後はホロッとくるラブストーリー。ぜひ見てください」とアピールしている。

http://chuspo.chunichi.co.jp/00/hou/20050511/spon____hou_____000.shtml

17:22 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年05月10日

サンケイスポーツ 05/05/10 朗読劇「電車男」1500人“キターッ!”

インターネット掲示板「2ちゃんねる」から生まれた純愛物語「電車男」の朗読劇(サンケイスポーツほか主催)の後編が9日、東京・丸の内の東京国際フォーラムで行われ、約1500人の観客が笑いと涙のステージを堪能した。

彼女いない歴22年の自称オタク青年が掲示板投稿者らの応援に支えられながら片思いの恋愛を成就させる物語。この日は3月に新宿・シアターアプルで公演された前編の続きで、「電車男」役の朴★美や「エルメス」役の井上喜久子らが、熱く激しい言葉のやりとりを展開。7日午後に都営地下鉄で男性に顔面を殴打された声優、横山智佐(35)も「クレオ」役で元気に出演していた。

★=王へんに路

★26日から2ヶ月間オンデマンド配信

朗読劇「電車男」の舞台は、総合動画ポータルのBIGLOBEストリーム(http://broadband.biglobe.ne.jp/denshaotoko/)で今月26日から7月25日まで見ることができる(オンデマンド無料配信)。また携帯電話サイトの新潮ケータイ文庫では今月20日から7月24日まで数分間にダイジェスト編集した音声を無料配信(通話料は有料)。「新潮ケータイ文庫」へのアクセスはi−modeのメニューリストにある小説カテゴリー内から検索できる。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200505/gt2005051009.html

18:10 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年04月18日

朝日新聞 05/04/17 ニュースに迫る 「電車男」どこのだれ

オタク青年の恋 ネット仲間が応援

<めしどこか たのむ>。恋に落ちた男がインターネットの掲示板「2ちゃんねる」上で助けを求めた。<キタ―――♪> <なんかいいとこ探しとくんで>。掲示板の「住人」たちは火がついたように声援を送る。初デート、そして告白へ。オタク青年の恋と、仲間たちの友情。物語は本となり、「リアル・ラブ・ストーリー」のうたい文句でベストセラーに。ネット上では、創作ではとの声も根強い。「電車男」は本当にいるのか。いるとすれば、だれなのか。

メディアに顔出さず
本の編集者「朴訥な人」

「結局、真贋論争が書きたいんですね」
版元の新潮社で編集を担当した郡司裕子さんの話しぶりに、いらだちがにじむ。初めて目にした夜、3時間で読み切ったという。私には何度読んでも、モテない男の願望そのままの筋としか思えない。

「電車クンは朴訥とした、いい青年ですよ」
打ち合わせで会社に来た時も、受付で「電車です」と名乗ったのだという。

なんとか本人に会わせてもらえないだろうか。
「メディアに出ると、リスクを負いますからねえ」
せめて声だけでも。
「メールなら応じてくれるかもしれませんよ」
とりあえず、郡司さん経由で、質問を送ってみた。

『2ちゃんねる宣言』の著書があるフリーライター井上トシユキさんも疑いのまなざしを向ける一人だ。
「『電車男』が始まった昨年3月は、ブログ(日記形式のウェブサイト)が生まれ、「2ちゃん」の注目度が下がっていた。『冬ソナ』や『世界の中心で、愛をさけぶ』の純愛ブームに乗って注目を引こうとしたのではないか」

ある調査会社によると、「2ちゃんねる」の視聴率にあたる「ページビュー(閲覧回数)」は『電車男』が始まる前の2月、2億で底をついていた。ハッピーエンドを迎える5月には、3億3千へ跳ね上がったという。

井上さんが創作だと疑うには、もうひとつわけがある。
<今度の金曜日に彼と初体験します>。女子高生を名乗る投稿を受けて、書き込みが殺到したことがある。『電車男』と同じ書き込み欄だった。盛り上げるためのネタを流すのは、ネットでの常套手段という。

昼夜を問わず続いた『電車男』の書き込みは大半が匿名で、追跡できない。

本当か「証明は無理」
「本人」、メールで回答

ネット上でうわさされたのは、出版原稿の元となる「まとめサイト」をつくった「中の人」という人物だった。私もメールを送ったが、返事はない。「彼には妻もいるから、ネットにかかり切りになってたら、家庭は壊れてますよ」と、井上さんは言う。

じつは、別に思い浮かぶ顔があるという。かつて「2ちゃんねる」の運営にかかわったことのある知人に「電車男」はだれか、とたずねたところ、こんな答えが返ってきたからだ。
<井上さんも知ってる人かもしれませんよ>

3月末、私はその人物、「2ちゃんねる」管理人の西村博之さん(28)に会った。彼は、待ち合わせの時刻から20分ほど遅れてきた。昼すぎに「きょう、新宿のすし屋でなら」と連絡を受け、午後7時に店を予約していた。

<オリンピックに感動するように、作り物の恋愛話より現実のほうが感動できると思います>
新潮社のホームページに、そんな言葉を寄せている西村さんにたずねてみた。

―――「電車男」って、どんな人なんですか。
「教室の一番前とかに座っているようなタイプ。こう言っちゃ悪いけど、ウソをつけるほど賢くない」
―――どうして彼が本人だと言えるのですか。
「何度か会って、それとなく事実関係を聞いたから。でも、書かれた中身までは確かめようがないですよ」

私は、この恋物語自体はフィクションで、書き込みはノンフィクションではないか、と考えていた。つまり、創作と、実際に起きた反応が混ざりあった物語ではないか、と。
「ありえるかもしれませんね。『実在・捏造説』なら」
西村さんはフフッと鼻をふくらませた。
「もし、ウソだと証明されたらゴメンナサイしますよ」

本のなかに、ひとつだけ検証可能な記述がある。2人の出会いを描いた場面だ。
2004年3月14日、秋葉原から京浜東北線に乗った「電車男」が酔客に絡まれる女性客を助け、車掌がこの酔客を警官に引き渡した―――。

京浜東北線を管轄するJR東日本東京支社にたずねると、車掌が持ち場を離れる場合は報告が義務づけられているという。「この日にはありません」(広報担当者)

とすれば、そもそもウソなのか。あるいは、部分的に事実を変えたのか。

待ち望んだ「電車男」からの回答が編集者から転送されてきたのは、ちょうど西村さんと会っている最中だった。
<その部分がどうかとは言えませんが、各所に色々な配慮がしてあるかもしれません。多分。>
否定も肯定もしない。説明も説得もない。真贋論争についても<真実であることも嘘であることもどっちも証明できませんからね>。

この人ではと思ったが
「残念ですが違います」

西村さんと別れた後、あらためて「電車男」からのメールを読み返した。発信時刻は「午後7時04分」。西村さんが現れる15分ほど前だ。待ち合わせた新宿駅前のすし屋は、彼の自宅から歩いて10分ほどの距離にあった。

「電車男」を名乗って返信メールを送り、その足で私に会いに来た。やはり、彼ではないのか―――。しかし、それを裏付ける証拠は何もない。

かすかな失望感を抱えていたら、作家の重松清さんからたしなめられた。
「『電車男』がだれなのかとか、書かれているのがホントかウソかなんて問いつめるのは無粋だよ」
重松さんはこの物語を「作者のいない青春小説」と名付ける。「ウソかホントかではなく、求められているのはリアルさではないでしょうか」

「リアル」という言葉には二通りの意味がある。ホンモノという意味と、ホンモノっぽいという意味と。
重松さんには、『電車男』の恋が事実かどうかより、その筋書きが熱狂的な反応を呼んで『電車男』という物語が生まれたことのほうが重要だと思える、という。
「真珠だって、異物が貝の中に紛れ込んでできた宝石でしょ」

それでも私は、原稿締め切り前日に西村さんへメールを送ってみた。「電車男」はあなたではないですか―――、翌16日午前10時16分、返事が届いた。
<いやあ、思惑に応えられなくてすいません、残念ですけど違います>
やはり、無粋だったか。

『電車男』
電車内で酔っぱらいから若い女性を救ったオタク青年に、高級ブランド「エルメス」のティーカップが贈られてくる。助けた女性からだった。

デートに誘いたい。でも、どうしていいかわからない。「22歳。ルックス秋葉チャン」という青年は、モテない男たちが集うネット掲示板に助けを求める。「電車男」と「エルメス」と呼ばれるようになった男女の恋の物語を、ネット仲間が励まし、アドバイスを送る。

ネット掲示板「2ちゃんねる」で話題となり、昨年秋に『電車男』のタイトルで単行本化され、55万部を超えた。

出版に際しては、主人公の「電車男」、掲示板の書き込みをまとめた「中の人」、掲示板「2ちゃんねる」の管理人の3者が打ち合わせたとされ、印税の対象者については明かしていない。

作品は三つの漫画雑誌で連載され、6月に映画が公開される。

23:52 | コメント (0) | トラックバック (6)

2005年04月14日

サンケイスポーツ 05/04/14 ORANGE RANGE主題歌で「電車男」盛り上げる!

人気バンド、ORANGE RANGEが映画「電車男」(6月4日公開、村上正典監督)の主題歌を手掛けることが13日、分かった。昨秋、映画「いま、会いにゆきます」の主題歌「花」をミリオンヒットさせた実績を持つだけに、ネット掲示板から生まれた純愛物語を、どんな名曲で盛り上げてくれるのか。メンバーたちも「リアルに表現できるバラードに仕上げたい」と張り切っている。


昨年末に発売したアルバム「musiQ」が280万枚を突破し、NHK紅白歌合戦にも初出場したノリにノってるORANGE RANGEが、純愛物語を盛り上げることになった。

きっかけは、実績だった。レンジは昨年、中村獅童(32)と竹内結子(25)がダブル主演した「いま、会いにゆきます」で映画主題歌に初挑戦し、珠玉の名バラード「花」を書きあげた。10月に公開されるや、切ない物語と心癒されるメロディーとが見事にマッチし、110万枚を突破する大ヒットを記録。映画も興行的に大成功を収めた。

そこで「いま、−」と同じ配給元の東宝が、公開前から話題沸騰の「電車男」を楽曲で盛り上げられるのは、彼らしかいないと打診。台本を渡されたレンジのメンバーたちも「本当に内容が面白く、全員が無言になって読んでしまいました」(リーダーでギターのNAOTO)とすっかり気に入り、快諾した。

同作は、彼女いない歴22年のオタク青年がネット掲示板「2ちゃんねる」の投稿者のアドバイスを受けながら、恋を成就させる実話の純愛物語。レンジは、青年が恋愛で成長していく姿に思いを巡らせながら曲を書き下ろし、現在レコーディングの真っ最中だ。

メンバーを代表して、本紙にNAOTO(21)は「主題歌を担当できるなんて心から光栄です。1人の男が恋をすることで変わっていく姿を、リアルに表現できるようなバラードに仕上げたい」とコメントを寄せた。

このオタク青年を演じるのが、映画初主演の山田孝之(21)。実は、レンジにとってゲンのいい俳優で、山田主演のフジテレビ系連続ドラマ「ファイアーボーイズ〜め組の大吾〜」で主題歌「ミチシルベ〜a road home〜」を歌い、昨年3月に初のオリコン1位に輝いた。再びタッグを組むことで、映画とCDのダブルヒットも夢ではなさそうだ。


★5・9に朗読劇「電車男」後編

映画「電車男」は、山田がこれまでの爽やかなイメージを覆す、ベタ付いた長髪に銀縁メガネ、スニーカーにリュックを背負ったオタク青年への変身ぶりも大きな話題のひとつ。その青年が恋をする、原作で“中谷美紀似”といわれたエルメス役には中谷本人が演じる。

同作は昨春、実話としてネット上で大きな反響を呼び、同10月に発売された書籍版(新潮社)は、55万部を超えるベストセラーとなった。3月には前後編に分けた朗読劇の前編が都内で上演され話題となり、後編は5月9日に東京・丸の内の東京国際フォーラムで上演される。


★27日DVD「ヴィデヲ・DE・リサイタル」発売

ORANGE RANGEは27日にDVD「ヴィデヲ・DE・リサイタル」(ソニーレコード)を発売する。「ミチシルベ」「ロコローション」「チェスト」「花」のプロモーションビデオと、昨年の全国ツアーの最終公演、東京ベイNKホールでのライブ映像などを収めた。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200504/gt2005041402.html

10:29 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年04月13日

東京新聞 05/04/13 北総鉄道 『スタジオ』快走!

北総鉄道(本社・鎌ケ谷市)が二〇〇四年度にテレビや映画などのロケに協力した件数が三十二件となり、二年連続で過去最多を更新した。内容の制約を極力せず「スタジオ」に徹しているのがプロダクションなどに評価され、大手鉄道が続々と参入するロケ誘致の競争の中、順調に実績を伸ばしている。ベストセラー本を映画化した「電車男」(六月公開)もこのほど撮影された。

九、十日に撮影された「電車男」は、「オタク青年」(電車男)が、電車内で酔っぱらいに絡まれた女性を助けたことから始まる純愛物語。インターネットの掲示板サイトに集まる匿名の書き込みを背景に物語が展開する内容で、小説は五十万部超のベストセラーとなっている。

題名通り駅が主要場面となるロケでは、印西牧の原駅などで連日約二百人のエキストラを動員。主人公役の山田孝之さん、ヒロイン役の中谷美紀さんが参加し、車内や構内での撮影が行われた。ロケは十四日にも行われる予定。

制作担当の共同テレビジョン・稲田秀樹プロデューサーによると、ロケ場所探しに苦労し、撮影許可が出たのは北総鉄道だけだったという。稲田プロデューサーは「誰もが利用する駅が、ロマンチックですてきな場所に映るようにしたい」と意気込んでいる。

http://www.tokyo-np.co.jp/00/cba/20050413/lcl_____cba_____001.shtml

16:15 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年04月10日

毎日新聞 05/04/10 映画:北総鉄道で「電車男」の撮影−−松戸・矢切駅 /千葉

6月公開予定の東宝制作映画「電車男」の撮影が9日、北総鉄道(本社・鎌ケ谷市)の矢切駅(松戸市下矢切)であった。

「電車男」は、コンピューターオタクの男性と、男性に電車内で酔っ払いから助けられた女性との恋物語。2人の様子を見守り、応援するインターネットの巨大掲示板「2ちゃんねる」の書き込みをまとめてベストセラーになった本が映画化されたもの。

この日は、主人公役の山田孝之、ヒロイン役の中谷美紀の俳優2人のほか、約200人のエキストラが参加して電車内や駅構内の場面を撮影した。撮影は10日、14日にも行われる予定だ。

北総鉄道によると、昨年度同鉄道が使われて映画撮影されたのは3本だった。

http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/chiba/news/20050410ddlk12200151000c.html

22:43 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年04月09日

スポーツニッポン 05/04/09 「電車男」武田真治で舞台化

インターネットから発生し55万部を売り上げた物語「電車男」(新潮社)が、映画化に続き、舞台化されることが決定した。8月5〜27日に新宿・パークタワーホールで上演されるもので、主演は武田真治(32)。脚本・演出を手がけるのはドラマ界のヒットメーカー・堤幸彦監督(49)。現代のネット社会から誕生したストーリーが、独特の演出で生身の人間演じる舞台となって生まれ変わる。

「電車男」は、インターネットの掲示板「2チャンネル」の書き込みから始まった実話。アニメオタクで童貞の青年が、電車内で酔っぱらいにからまれた年上の女性を助けたことから知り合いになり、ネットで“もてない男”の仲間たちに相談し、恋を成就させていく。

匿名で不特定多数が書き込む「掲示板」では、ひぼう・中傷なども多い。しかし「電車男」の件では多くの人が温かく純愛を見守り、大きな話題に。昨年出版された本はベストセラーとなり、6月4日には映画が公開予定と一大ブームを巻き起こしている。

舞台では原作の雰囲気を忠実に形にするため、電車男と助言する仲間たちが、それぞれパソコンの前で原稿を読んでいる設定。舞台後方のスクリーンにはコンピューターの画面などが映し出され、映像との融合で堤監督の手腕が発揮される。

また電車男の恋の相手「エルメス」は、舞台上には姿を見せない。企画・製作のホリプロによると「観客の方の想像力を働かせてもらいたい」と声のみの出演。声だけだが大物女優の出演が決まっており、名前は初日まで非公開。

さえないオタクを演じることになった武田は「マネジャーに“ぴったり”と言われ、戸惑いはありました。しかし、電車男が成長していく姿をぜひやらせていただきたいと思いました」と語っている。“アキバ系”と言われる電車男の風ぼうをどう表現するかも見どころだ。

堤監督は「武田は素直なシャイな部分の中に熱いものを持っている。舞台化の話を聞いて、すぐにプランが頭に浮かんだ。原作の力を借りて、自分なりの作品に」とコメントしている。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2005/04/09/02.html

08:58 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年04月08日

サンケイスポーツ 05/04/08 山田孝之なりきり「電車男」オタクSTYLE初披露

俳優、山田孝之(21)が7日、東京・調布市の日活スタジオで行われた初主演映画「電車男」(村上正典監督、6月4日公開)の製作発表で、役柄のオタク姿を初披露した。長髪に眼鏡のクラ〜い青年姿で登場した山田は「この格好、意外に気持ちいい」と、気に入った様子。ヒロイン役の女優、中谷美紀(29)は「私もチャットにハマったことがあるので、彼らの気持ちは分かる」と、オタク青年にエールを送った。

伸ばしっぱなしのベタ付いた長髪に銀縁眼鏡。服は第一ボタンまでしっかり留め、裾はズボンにきっちり入れる。靴は常にスニーカーで、動きやすいようにリュックを愛用…。一見して山田と分からないほどの見事な“オタクぶり”だ。

これまでTBS系ドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」や、同「H2〜君といた日々」など青春純愛ドラマで爽やかな好青年を演じてきた山田だが、「この格好はやっぱり最初は恥ずかしかったんですけど、この格好でこの間、渋谷でロケしたら、意外に気持ちよかった」と、オタク姿はまんざらでもない様子。

配給元の東宝によると、先日、早朝に“オタクの聖地”こと、東京・秋葉原でロケした際、あまりに周囲に溶け込みすぎて、歩行者の誰も山田と気づかなかったというほどの変身ぶりで、山田は「僕のオタク度? 今回の(主人公の)“電車くん”みたいに女の子のフィギュアとかには興味ないですけど、僕もスパイダーマンの(フィギュア)とかいっぱい持ってたりするんで…僕もオタクだと思います(笑)」と照れながら告白した。

一方、原作で“中谷美紀似”といわれているヒロイン、エルメスを演じる中谷は「(原作に)自分の名前が出てくるとは思っていなかったので、(知ったときは)照れくさかった」と感想。

「実際に、1996年ごろにマッキントッシュを購入して、チャットにハマったことが実はあって、深夜の時間帯にリアルタイムの会話を楽しんでました。だから、少しは彼ら(=オタク)の気持ちが分かるような気がします」と告白し、「なので(オタクという言葉に)特にこだわりはないです」とにっこり。

写真撮影では、山田と手を握り合って、“ラブラブぶり”をアピールしていた。

★励ます役に国仲涼子

この日は、ほかの主なキャストも発表。“ネットの住人”として電車男を励ます役に、国仲涼子(25)、瑛太(22)、佐々木蔵之介(37)、岡田義徳(28)らが、エルメス(中谷)の友人役で西田尚美(33)、電車の中の中年役で大杉漣(53)が出演する。

★書籍版はベストセラー

同作は、彼女いない歴22年のオタク青年が、ネット掲示板「2ちゃんねる」の投稿者のアドバイスを受けながら、恋を成就させようとする恋愛物語。昨年、実話としてネット上で大きな反響を呼び、同10月に発売された書籍版(新潮社)は、50万部を超えるベストセラーになった。

3月には前後編に分かれた朗読劇の前編が都内で上演され、好評。後編は、5月9日に東京・丸の内の東京国際フォーラムで。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200504/gt2005040802.html

23:10 | コメント (0) | トラックバック (2)

スポーツニッポン 05/04/08 山田孝之 アキバ系「気持ちいい」

インターネットサイト「2ちゃんねる」から生まれた純愛物語を映画化する「電車男」(監督村上正典)の製作発表が7日、東京・調布の日活撮影所で行われた。

書籍版は55万部を突破するベストセラーになり、主演の山田孝之(21)が、アキバ系の衣装姿で登場。「初めは恥ずかしかったけど、渋谷でロケをしたら、意外と気持ち良かった。僕もオタクな部分はある」と新境地!?にまんざらでもない様子。

電車男があこがれるヒロインの中谷美紀(29)は「見た目や肩書にとらわれない、人間の本質を見ているすてきな作品です」と笑顔でアピールした。6月4日公開。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2005/04/08/05.html

23:08 | コメント (0) | トラックバック (0)

日刊スポーツ 05/04/08 「電車男」山田孝之、中谷美紀が会見

映画「電車男」(村上正典監督、6月4日公開)の主演山田孝之(21)とヒロイン中谷美紀(29)が7日、東京・調布の日活撮影所で会見した。交際経験がない「秋葉系オタク」の青年(電車男)がネット仲間のアドバイスで、あこがれの美女との距離を縮めていく純愛物語。ネット掲示板「2ちゃんねる」の書き込みを基にした実話で、昨年発売された単行本は55万部を超えるベストセラーになった。

映画初主演の山田は「秋葉系オタク」に大変身。「最初は恥ずかしかったけど、ロケでは気持ちよかった」。関係者によると、東京・秋葉原のロケではすっかり街になじんだという。中谷は電車男が好意を寄せるOL「エルメス」役。電車男はネット仲間に「(エルメスは)中谷美紀に似ている」と紹介していた。「自分の名前が出てきて照れくさかったけど、映画化されたらぜひ演じたい、と思っていました」と話した。

2人はオタクに対し「人から理解されない執着心があるだけ。スパイダーマンのフィギュアを持っている僕もオタクだと思う」(山田)「チャットにはまったことがある。少しは彼らの気持ちが分かる」(中谷)と理解を示した。

http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-050408-0006.html

23:07 | コメント (0) | トラックバック (0)

デイリースポーツ 05/04/08 エルメス・中谷はオタクの味方

インターネット発の純愛話を映画化する「電車男」(6月4日公開)の製作発表が7日、都内で行われた。電車内で中年男から女性を救った22歳のオタク青年が掲示板サイトの住人の励ましを受け、女性との距離を縮めていく物語。主人公役の山田孝之(21)は長髪のカツラ、シャツを重ね着した上に緑のウインドブレーカーを着用した“オタクスタイル”で登場し、「スパイダーマンのフィギュアは持ってるんでボクもオタク」と告白。同様の衣装での渋谷ロケも「気持ちよかった」と話した。

55万部を突破した原作であこがれの女性“エルメス”が似ている芸能人とされた中谷美紀(29)は、そのままの役で出演。「96年ごろパソコンを買って、深夜にチャットにはまった。気持ちが分かる気がする」とオタクに好意的だった。

http://www.daily.co.jp/gossip/2005/04/08/168222.shtml

23:06 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年03月30日

日刊ゲンダイ 05/03/24 どこまで続く ネット書き込み小説

インターネット掲示板「2ちゃんねる」の書き込みが書籍化され、50万部を超えるベストセラーになった恋愛物語「電車男」(新潮社)。6月には映画化されるなどブームはとどまるところを知らないが、「電車男に負けず劣らず面白い」と評判になっている物語がある。同じく2ちゃんねるから誕生した「痴漢男」だ。

物語の主人公は、熱帯魚や爬虫類が趣味のオタク男子大学生(20)。ある日、帰宅途中の路上で一人の女性(20)に痴漢と間違えられたことからストーリーが始まる。女性は過去にストーカー被害を受けており、彼女の相談に乗ることで意外な方向に話が進んでいく。「警察に厄介になった後、女性との親交が始まる導入部は『電車男』に似ていますが、最大の違いは多彩な登場人物。主人公を痴漢とカン違いした女性“カンチ”のほか、彼女のバイト仲間で姉御肌の“関西”、主人公を慕う“ロリ巨乳”など、個性豊かなキャラクターが物語を引き立てている。昨年末の2カ月間にわたって書き込まれた長編ですが、物語をすべて収録したホームページが作られたり、多くのサイドストーリーが誕生するなど、今も人気は続いています」(メディア評論家)

一部では「二匹目のドジョウを狙った創作じゃないか」なんて声も飛び交っているが、主人公の生活感のある描写が妙にリアルともっぱらだ。ファンからは「書籍化はまだ?」との声も上がっているが、どうなのか。ある出版関係者が言う。
「電車男よりも面白いという声はありますが、主人公がたくさんの女性に囲まれ、華やか過ぎるのが一般の読者の共感を集められないかもしれません。また、痴漢男の書き込みにチョット下品な表現が多いのも、書籍化にあたってはマイナス材料になりそうですね」

ネット掲示板から書籍化された物語では「電車男」のほか、「今週、妻が浮気します」(中央公論新社)があるが、「痴漢男」は、さて。

http://gendai.net/contents.asp?c=051&id=15785

21:45 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年03月13日

サンケイスポーツ 2005年3月13日 700人キタ━━━━ッ!「電車男」朗読劇が超満員

インターネット掲示板「2ちゃんねる」から生まれた純愛物語「電車男」の朗読劇(サンケイスポーツほか主催)が12日、東京・歌舞伎町の新宿シアターアプルで初日を迎えた。電車男役の朴ろ美(33)ら豪華声優陣が繰り広げる純愛劇に、超満員となった約700人の観客は大興奮。美人声優、朴の意表を付いたオタク姿にも、注目が集まった。

ネット上で大ブームを巻き起こした物語「電車男」が、新宿で朗読劇となって上演された。

同作は、彼女いない歴22年の自称オタク青年が、掲示板投稿者(=スレ住人)らの応援に支えられながら片思いの恋を成就させる物語。実話として昨年ネット上で大きな反響を呼び、同10月に発売された書籍版(新潮社)は50万部を超えるベストセラーになった。

6月の映画公開に先立っての上演となった話題作の朗読劇に、初日から会場は超満員。「電車男」役の朴、「エルメス」役の井上喜久子をはじめ、スレ住人役の堀内賢雄、横山智佐、高橋広樹ら豪華声優陣の熱演に見入る一方で、原作でもお馴染みの「キターーー!!」などのアスキーアート(=絵文字)が会場のスクリーンに映し出されると、客席からは大爆笑が沸き起こった。

また、「ガンダム」や「名探偵コナン」の声でお馴染みながら、この日はボサボサ頭にハチマキ、黒縁眼鏡にだらしない服装と、驚くほどオタク青年になりきった朴の姿にも観客の目はクギ付け。「過激な挑戦だった」という朴だが、舞台上では、パソコンの書き込み内容を機関銃のようにものすごい早口でしゃべるなど、気合の入った熱演で、観客をうならせた。

無事初日を迎えた朴は「スレ住人に励まされながら、気持ち重視、猪突猛進な感じで頑張りたい。『エルメス』にドーンとぶつかっていきます」と熱い意気込み。井上も「(原作を読んだ人に)『エルメス』はこんな人じゃないとか思われないよう、素敵なエルメスを演じたい」と気合を入れた。

同舞台は前編・後編に分かれ、前編は14日まで同所で(当日券若干あり)。後編は「電車男」の書き込みが終わった「5月9日」に合わせ東京・丸の内の東京国際フォーラムで同日行われる。

※朴ろ美のろは王へんに路

★映画版「電車男」は…

6月公開の映画「電車男」では俳優の山田孝之(21)が「電車男」を演じる。山田は映画初主演。「エルメス」役には、原作で似ていると書かれた女優、中谷美紀(29)本人を起用する。他のキャスティングは調整中。

★ネットで無料配信、制作秘話も

本公演、朗読劇『電車男』(前編)の舞台は、総合動画ポータルのBIGLOBEストリーム ( http://broadband.biglobe.ne.jp ) で、3月28日から7月25日まで見ることができます(オンデマンド無料配信)。

また携帯電話サイトの新潮ケータイ文庫で、3月25日から7月24日まで、数分間にダイジェスト編集した音声が無料配信されます。ただし通話料は有料。☆「新潮ケータイ文庫」へのアクセスは、 i−mode のメニューリストにある小説カテゴリー内から検索できます。ぜひご利用ください。

さらに本公演開催記念番組として、出演者が登場した制作秘話を、ニッポン放送「ブロードバンド!ニッポン」と文化放送BBQRで配信します。

「ブロードバンド!ニッポン」は3月24日午後7時台に放送、また文化放送BBQRでは3月28日の21時から放送します。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200503/gt2005031302.html

23:25 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年03月05日

日刊スポーツ 2005年3月5日 「電車男」中谷美紀似エルメスに中谷美紀

俳優山田孝之(21)と女優中谷美紀(29)が、映画「電車男」(村上正典監督、6月公開)に出演することが4日、分かった。「電車男」は、ネット掲示板「2ちゃんねる」で昨年人気を集めた純愛物語。書籍として新潮社から出版され50万部を超えるベストセラーになっている。

これが映画初主演となる山田は、主人公のオタク青年「電車男」を演じる。東京・秋葉原の電気街に通い、ファッションに興味がなく交際経験もないという22歳。「ウォーターボーイズ」「世界の中心で、愛をさけぶ」などのドラマでさわやかな印象の強い山田が「秋葉系オタク」を演じるのが話題になりそうだ。撮影は今月下旬から開始。「原作が人気だけに、少しプレッシャーを感じています。原作のよいところ、原作にはない部分も取り入れたい」と話している。「秋葉系ではないけど、オタクなところも持ってますから」と主人公に親近感も持っている。

中谷は、電車男が思いを寄せる商社勤務のOL「エルメス」を演じる。電車男が掲示板の仲間に「中谷美紀に似ている」と主張しており、本人が演じる絶妙のキャスティングとなった。

村上監督は今回が初メガホン。「普遍的な友情とピュアな恋を、ドキドキ感、切なさ、生身の感情を大切にしながら、ハッピーなラブストーリーにしたい」と話している。

http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-050305-0006.html

18:16 | コメント (0) | トラックバック (2)

スポーツニッポン 2005年3月5日 映画版「電車男」に山田孝之

インターネット掲示板「2ちゃんねる」への書き込みから生まれた純愛物語を映画化する「電車男」で、俳優の山田孝之(21)が、主人公の電車男を演じることが4日、決まった。

女性と交際経験のない青年が、掲示板サイトの投稿者からアドバイスを受け、電車内で酔った客から助けた女性との恋を成就させていく物語。ネット上のやりとりは昨年5月に終了したが、10月に新潮社から“小説”として出版され、50万部を突破。出版各社がコミック化し、今月には朗読劇が上演される。

映画初主演となる山田は「原作が人気なのでプレッシャーを感じています」と緊張気味。電車男は、オタク青年役だが「僕自身“アキバ系”ではないけど、オタクなところも持ってますから」と意欲満々だ。

電車男が恋をする女性「エルメス」は、原作で電車男が「似ている」と主張している中谷美紀(29)が演じる。6月公開予定。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/kiji/2005/03/05/06.html

18:14 | コメント (0) | トラックバック (0)

サンケイスポーツ 2005年3月5日 映画「電車男」に山田孝之…6月上旬公開

俳優、山田孝之(21)=写真=が、6月上旬公開の映画「電車男」(村上正典監督)で映画初主演することが4日、分かった。

同作は、彼女いない歴22年のオタク青年が、ネット掲示板「2ちゃんねる」の投稿者のアドバイスを受けながら、恋を成就させようとする実話をもとにした純愛物語。昨年ネット上で大きな反響を呼び、同10月に発売された書籍版(新潮社)は、50万部を超えるベストセラーに。

配給元の東宝では、「オタク系から格好いい青年に変化していく演技力と、純粋なイメージを併せ持つ俳優」として、TBS系ドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」など最近の純愛ドラマで活躍する山田を抜擢。原作で女優の中谷美紀(29)似と言われてきたヒロイン「エルメス」役には、中谷本人を起用し、原作ファンにはうれしいキャスティングとなった。

ボサボサ頭に眼鏡、だらしない服装のオタク青年を演じる山田は「久しぶりの映画なので楽しみ。僕自身、アキバ系ではないけどオタクなトコも持ってますから(笑)」と気合十分だ。今月下旬にクランクイン。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200503/gt2005030506.html

18:10 | コメント (0) | トラックバック (0)

デイリースポーツ 2005年3月5日 「電車男」に山田孝之

オタク男=電車男=が偶然電車で知り合った女性=エルメス=をゲットするまでを描いた映画「電車男」(6月公開)のメーンキャストが決定した。主人公・電車男は山田孝之(21)、エルメスは中谷美紀(29)が演じる。

山田が女性とデートするためにインターネットの巨大掲示板「2ちゃんねる」に相談を持ちかけるようなガチガチの秋葉系を、いかに演じるかが注目される。中谷が演じるエルメスは原作では“中谷美紀に似ている”とされており、こちらも注目だ。

http://www.daily.co.jp/gossip/2005/03/05/163731.shtml

18:08 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年02月21日

スポーツニッポン 2005年2月21日 「電車男」その後も順調

52万5000部を売り上げたネット本「電車男」(新潮社)の著者・中野独人氏が恋愛を成就させた彼女(エルメス)との順調な交際を、22日発売の月刊誌「小説新潮」で明かしている。

作家・重松清氏(41)とのチャット対談が掲載されるもので、中野氏はエルメスと昨年のクリスマスイブにホテルでお泊まりしたことや、相手の両親に初対面で好印象をもたれたことを書き込んでいる。今後について「今の関係の延長線上に結婚があることは確かです」とキッパリ。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/kiji/2005/02/21/05.html

20:13 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年02月20日

デイリースポーツ 2005年2月20日 「電車男」キターッ!!結婚宣言!?

インターネット上の掲示板から生まれた純愛ストーリー本「電車男」の“続編”が、22日発売の「小説新潮」の3月号に掲載されることが19日、明らかになった。電車男本人がパソコンのチャット対談に姿を現し、メディア初登場。恋人のエルメスとの仲は深まるばかりで、昨年のクリスマスイブにはホテルでお泊り。すでに両親にも会ったなどと大胆告白している。

知らぬ間に衝撃?の展開は続いていた。電車内で酔っぱらい男性から女性(エルメス)を救い、掲示板のアドバイスを力に、悩みながらも彼女をゲットした非モテ男界のカリスマ、あの電車男がさらなる“成長”を赤裸々に明かした。

電車男の本人が直木賞作家の重松清氏とのチャット(パソコン上でリアルタイムに会話すること)対談に登場。これを「小説新潮」で誌面化した。まず、恋人たちの祭典、クリスマスイブに質問が飛ぶと「彼女の家、食事、某デートスポットなどなど。ついでに泊りました」と告白。お泊りに誘ったのはエルメスで、プレゼントも渡し「まー、泊ったところでカンパイって感じです」と聖夜を楽しんだという。

交際は順調な2人。電車男の頭の中には、すでに次の展開があるようだ。重松氏の「結婚まで、考えますか?」という質問には「今の関係の延長上に結婚があることは確かです」と、きっぱり結婚宣言。すでに“エルメス両親”にも紹介され、公認の仲になっていることも明かした。

逆に別れの不安には「二人の仲がこじれて別れたりすることは今のところ無いです。自分にとっては、必要不可欠な存在です」とラブラブモードを強調。ほかにも、これまでの心境の変化などが語られている。

単行本はすでに50万部を突破し、映画化も決定。ネット時代のカリスマとなった「電車男」が無事エルメスとゴールインとなるのか?

http://www.daily.co.jp/gossip/2005/02/20/162139.shtml

小説新潮

14:26 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年02月07日

デイリースポーツ 2005年2月7日 電車男」早くも映画化決定

「電車男」出発進行―。偶然知り合った女性に恋をしたオタク青年がインターネット掲示板上での応援、助言を受けて突き進む物語「電車男」が映画化されることが6日、分かった。4月にクランクインし、6月に公開予定。2004年に話題をさらった“純愛ストーリー”が早くも実写となる。

「電車男」の原作はインターネット大手掲示板「2ちゃんねる」上で実際にやりとりされた内容をまとめたもの。昨年10月20日に出版され、現在52万部を超えるベストセラーとなっている。

酔っぱらいに絡まれているところを助けたことから知り合った女性に恋をした「電車男」が、事の経緯を「2ちゃんねる」に書き込んだ。“2ちゃんねらー”は「電車男」にさまざまなアドバイスや激励を送り、彼も勇気を振り絞って女性にアタックしてゆく。全国のオタクとモテナイくんに夢と希望を与えた“21世紀型の恋愛劇”が映像化される。

メガホンを取るのは村上正典監督(40)。劇場映画の監督は初めてだが、「感染」「NIN×NIN 忍者ハットリくんTHE MOVIE」「ホワイトアウト」「笑の大学」などではセカンドディレクター。ドラマ「白い巨塔」「東京湾景」ではディレクターも務めるなど経験は豊富だ。

クランクインは4月で、6月公開予定という超スピード展開。「2ちゃんねる」上に電車男が現れていたのが2004年3―5月だったので、わずか1年のうちに出版―映画公開と進んだことになる。

http://www.daily.co.jp/gossip/2005/02/07/160648.shtml

07:52 | コメント (0) | トラックバック (0)

スポーツ報知 2005年2月7日 「電車男」が映画になる

「白い巨塔」演出の村上正典氏初メガホン

日本最大のインターネット匿名掲示板「2ちゃんねる」から生まれた純愛物語「電車男」(新潮社)が映画化されることが6日、分かった。10社以上のオファーが殺到する中「世界の中心で、愛をさけぶ」「いま、会いにゆきます」など最近の純愛作で“打率10割”の実績を持つ東宝が映画化の権利を獲得。監督は高視聴率ドラマ「白い巨塔」(フジテレビ系)を演出した村上正典氏(40)が初メガホンを執る。6月公開の予定。

2ちゃんねるから生まれた純愛物語

「電車男」は彼女いない歴22年のアニメオタクの青年が「2ちゃんねる」のスレッドで書き込み者の心強い応援に支えられ、生まれて初めて恋を成就させる物語。実話とされている。

デートの誘い方、告白の仕方などもアドバイスされるなど純粋な恋心の軌跡が話題になっていた。“2ちゃん”では昨年3月から5月にかけて総アクセス数は1000万件ともいわれ、その約半年後には出版化。書籍版も52万部を超えるベストセラーになっている。

10社を超える映画会社やテレビ局が争奪戦を展開する中、映画化をゲットしたのが東宝。関係者は「ネット上で盛り上がっているときから関心があった。著作権を心配したが、出版されたことで交渉の窓口もでき、早い段階で映画化の希望を伝えていた」と話す。

東宝は「黄泉がえり」「世界の中心で、愛をさけぶ」「いま、会いにゆきます」などがヒット。邦画界に純愛ブームを起こした実績も大きく、この異色の恋愛物語を「オタクには暗いイメージがあるが、人間の成長を軸に、究極の純愛作品」にするつもりだ。

クランクインは4月で現在配役の最終調整中。キャラクターだけでなく容姿も個性的な電車男やヒロイン「エルメス子」をどんな俳優が演じるか注目だ。電車男の容姿について書籍版では「身長172センチ、体重68キロ、服装は秋葉原系(オタクの若者のような)、眼鏡着用」「ELTのギタリストに似ている」などのヒントが記されている。

また電車男通の間では恋が実ったときなど掲示板の住人たちが大きな絵文字で祝福しているが、映像化されたときにこれをどう描くのかにも関心が集まっている。

監督する村上正典氏は共同テレビのホープとして活躍。「白い巨塔」「ラストクリスマス」「ウォーターボーイズ」などフジテレビのヒット作の演出を手掛けた。映画でも「ホワイトアウト」「NINNIN」「笑の大学」のセカンドディレクターを務め、人間ドラマを確実に描ける一方で遊び心あふれる演出にも定評があり、満を持しての初メガホンとなる。
 
◆主宰者に許諾

「2ちゃんねる」は不特定多数の匿名掲示板。著作権について異色の出版物で、厳密には“反則寸前だ”と話題になった。ちなみに「2ちゃんねる」に書き込む際、投稿の確認として「投稿者は投稿された内容について掲示板運営者がコピー、保存、引用、転載で利用することを許諾します」と表示されている。新潮社は「出版する価値があるから作った。断念しようとは考えなかった」。“2ちゃん”主宰者に許諾も得て、電車男にも会っている。いまのところ抗議などはきていないという。

http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/feb/o20050206_30.htm

07:07 | コメント (0) | トラックバック (0)

日刊スポーツ 2005年2月7日 2ちゃんで話題の実話「電車男」が映画化

ネット掲示板「2ちゃんねる」で昨年話題沸騰した実話の純愛物語「電車男」が、映画化されることが6日、分かった。オタクの男性が、女性と交際するために助けを求めて始まったネット上のやりとりが、愛好者の間で「切ない」「泣けた」と評判になり、書籍版「電車男」(新潮社)は売り上げ52万部のベストセラーになった。東宝が映画化権を獲得。主役の「電車男」「エルメス」ら出演者は未定。4月から撮影を開始し、6月に公開の予定だ。

若者を中心に昨年大きな話題となった「電車男」だけに、映画化をめぐっては各映画会社の間で激しい争奪戦が展開された。その結果「世界の中心で、愛をさけぶ」「いま、会いにゆきます」など、純愛ブームの火付け役となった東宝が獲得した。ネット小説の映画化は例があるが、掲示板のやりとりの映画化は前代未聞のことだ。メガホンは、映画「ホワイトアウト」「笑の大学」などで助監督を務めた村上正典氏(40)がとる。これが初監督。

主役の「電車男」と、彼が恋する女性「エルメス」の配役は現在、選考中だ。2人とも実在の人物とされるが、ネット上では簡単な容姿など人物像を文章で表現しただけで、現在も素顔はなぞ。だれが演じるか、注目が集まりそうだ。関係者は「純愛の要素を含むラブコメディーになりそう」と話している。

物語は、昨年3月に交際経験がない「秋葉系オタク」の青年が、電車内で酔っぱらいにからまれた女性を助けたことを書き込んだことから始まった。恋を成就しようと悩む青年が、投稿者からの熱いアドバイスを受けながら、女性との距離を縮めていく。ネットならではのリアルな恋愛の進行が口コミで話題になり、アクセスが殺到した。

ネット上のやりとりは昨年5月に終了したが、昨年10月には「著者・中野独人」として書籍化され、現在52万5000部のベストセラー。出版各社がコミック化し、3月には朗読劇にもなる予定だ。これら漫画化、映像化などで発生する原作使用料は、新潟県中越地震被災者に全額寄付されることになっている。

だれも予想できない広がりをみせた掲示板の物語。どんな映像になるのか、興味はつきない。

http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-050207-0008.html

06:51 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年02月05日

産経新聞 2005年2月5日 ネット掲示板出版物 「電車男」二匹目のドジョウ狙い続々と新刊

匿名ならではの恥ずかしい告白、見知らぬ同士だから言える厳しい本音が、ドラマを生む…。インターネット掲示板の書き込みが、書籍になるケースが目だってきた。あまりにできすぎた“美談”ゆえ、真贋(がん)論争も起きているベストセラー「電車男」は、今年から3誌で漫画連載がスタート。来月には朗読劇が上演されるなど、「セカチュー」(世界の中心で、愛をさけぶ)の大ヒットに続く純愛もののメディアミックスに発展しそうな勢いだ。二匹目、三匹目のドジョウも電車男の後を追う。

この10日間に「今週、妻が浮気します」「実録鬼嫁日記」なと、ネットの書き込みを元にした新刊が相次いでいる。丸善丸の内本店(東京都千代田区)では「すでに認知度も高く出足はいい。ブログの普及でこのテの本が続々出そうな気配です」。

15刷52万5000部を突破し、検証のサイトや本が出版されるなど、今や神話的存在となっている「電車男」(新潮社)は、もてない独身男性が集まる「2ちゃんねる」の掲示板上での2カ月にわたるやりとりだ。オタク青年=電車男が、電車の中で酔っ払いにからまれていた美しい女性を助けたところ、彼女からお礼が届く。電車男は進展を願うが、女性への接し方が分からず掲示板に助けを求めた。掲示板の住人たちは、髪形、服装、店選びなど、細かなアドバイスを書き込み励まし、時に説教する。素直な電車男はみるみる成長を遂げ、ついに恋愛成就。電車男の報告に、掲示板にはアスキーアート(文字を組み合わせたネット独特の絵)の祝電が乱れ飛んだ…。

ネットの画面をそのまま再現した印刷は「出版にあたり最も苦労した点」と新潮社の担当編集者、郡司裕子さん(34)。不透明な著作権や版権の問題が、書籍化である程度整理されたことから、新潮社には映画など40件ものオファーが殺到した。

まずは今年に入り、小学館の「ヤングサンデー」、秋田書店の「ヤングチャンピオン」「チャンピオンレッド」で電車男が漫画になった。「読者アンケートでも早速上位にランクイン。ネット時代ならではの素材の面白さに加え、恋愛あり、友情あり、主人公の成長物語としての面白さが魅力」とヤングサンデー編集部。春には2つの女性誌でも漫画化が決定。3月12日からの朗読劇を主催するサンケイスポーツでは「2ちゃんねるの先行販売では2日間で300枚以上販売。チケットも残りわずか」。

そんな騒動を尻目に…「クリスマスには頑張って高いお店を予約しました。彼女のいる年末年始って忙しいものなんですね…」。電車男本人と3回会っているという郡司さんの元には、今も彼女との順調な交際を伝えるメールが届くという。

一方、「『電車男』を超える、大人の愛の物語」との帯を付け、先月25日に発売された「今週、妻が浮気します」は、「OKWebコミュニティ/教えて!goo」という相談サイトの2週間のやりとりを収録。発売1週間で3刷4万3000部と出足好調だ。「今週妻が浮気します。今はホテルに乗り込んで何かしらの決着をつけようと思っています。しかしそれは正しい方法でしょうか?」

共働き、2人の子持ちの夫から寄せられた切ない質問に、50人を超す男女から親身な助言や励ましが寄せられる。揺れる心情を赤裸々に明かす質問者。問題解決に向かって掲示板が連体し、物語性を帯びる過程は電車男と共通している。

「妻を思う夫の気持ち、回答者の温かさに胸を打たれた。ネット上でも無料で読めるが、線を引いたり付箋をつけたり、本としてじっくり読みたい需要はあると感じた」と中央公論新社の担当編集者、山本春秋さん(29)。出版の申し出に戸惑ったのは質問者本人だ。「自身が特定されたり、家族に知られることを心配されていた。一般人である掲示板の著者をどう守ってゆくかが課題」と山本さん。

「gooリサーチ」と共同で約500人に行った調査によると、「ネット掲示板で質問・相談をしたことがある人」は16%。「今後利用したい人」は19%で、その理由は「匿名で相談できる」80%、「本音で遠慮なく意見してくれそう」71%が主流だ。

身近な人でなく、カウンセラーでもない、第三の相談場所として台頭する掲示板。一つの悩みから、また新しいドラマが生まれる可能性は大いにありそう。

http://www.sankei.co.jp/news/050205/bun022.htm

07:38

2004年12月28日

読売新聞 2004年12月28日 ネット生まれ物語「電車男」、4誌競作で漫画化

ネット上の掲示板「2ちゃんねる」生まれの恋愛物語「電車男」(新潮社刊)が、コミック誌4誌で相次ぎ漫画化されることになった。最近、ベストセラー書籍の漫画化が目立つが4誌競作は異例で、ネット上の匿名の恋愛談議が漫画原作となるのも新しい現象だ。

「電車男」は独身男性が集まる掲示板を舞台に、純情なオタク青年「電車男」の相談にネットの仲間たちが助言、意中の女性との恋愛成就に導いた2か月間のやり取りを「中野独人(ひとり)」の名前で書籍化した。

ネット発の自然発生的な恋愛ドラマとして話題を呼び、10月の発売から2か月で50万部に達し、各誌から漫画化依頼が相次いだ。

漫画版電車男を連載するのは、「ヤングチャンピオン誌」(秋田書店、今月28日発売号〜)、「月刊チャンピオンRED誌」(同、1月19日発売3月号〜)、「週刊ヤングサンデー誌」(小学館、1月6日発売号〜)の青年誌3誌で、少女漫画誌「デザート」(講談社)も来年春1回読み切りの掲載を予定している。

ヤングチャンピオン編集部は「匿名のネット掲示板から友情の物語が生まれたことが面白く、今を反映する漫画向きの題材」と狙いを説明。一方、人気恋愛漫画家、原秀則さんを起用するヤングサンデー編集部は、「初めての試みでネット上の匿名の人たちをどう表現するか試行錯誤。競作でも各漫画家の個性で、違った内容になる」と話す。

漫画化、映画化原作料など2次使用料については関係者の意向で、新潟県中越地震の義援金に寄付されるという。

コミック誌は2004年の発行部数が前年比4%減と低迷。その一方、芥川賞の「蛇にピアス」、携帯サイトの連載から生まれた「Deep Love」などベストセラー小説の漫画化が相次ぎ、「世界の中心で、愛をさけぶ」漫画版は原作の小説とともにミリオンセラーになっている。

00:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月22日

サンケイスポーツ 2004年12月22日 「電車男」50万部突破!二次的使用料は被災者に寄付

インターネット掲示板で話題を呼んだ純愛物語の単行本化「電車男」(新潮社刊)の発行部数が、50万部を突破したことが21日、わかった。発行元の新潮社は同書の二次的使用料について、新潟県中越地震の被災者に全額寄付することを明らかにした。

発行元の新潮社によると、10月25日に発売以来、現時点で計50万5000部(14刷)に。漫画化、映画化、テレビドラマ化などの申し込みが殺到しており、既に漫画誌3誌での連載が決定した。

被災者への寄付は、著者の中野独人氏ら関係者の意向。映画化などの際の原作料、漫画が単行本となった際の印税などが二次的使用料として義援金にあてられる。新潮社によると、寄付総額は1000万円を超える見込みという。

人気声優を起用した朗読劇化(サンケイスポーツ主催)も決定しており、来年3月12〜14日に東京・新宿シアターアプルで前編を、5月9日に東京国際フォーラムで後編を上演する。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200412/gt2004122202.html

00:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月21日

朝日新聞 2004年12月21日 「電車男」、地震被災者に寄付 2次使用料全額を

インターネット掲示板「2ちゃんねる」の書き込みを単行本化し、ベストセラーとなっている「電車男」の出版元の新潮社は21日、著者の中野独人氏ら関係者が漫画化などの2次使用料の全額を新潟県中越地震の被災者のために寄付することを明らかにした。単行本の収入は除く。すでに3誌で漫画化されることが決まっているほか、テレビ化や映画化も30件以上申し出があり、総額は1000万円を超えそうだという。

「電車男」は電車内で知り合ったおたくの青年と年上の女性との純愛物語で、50万5000部に達している。著者の「中野独人」はペンネームで、正体は明かしていない。

18:52 | コメント (0) | トラックバック (0)

毎日新聞 2004年12月21日 2ちゃんねる「電車男」から巨額の寄付

新潟中越地震:
2ちゃんねる「電車男」から巨額の寄付


新潮社は21日、インターネット掲示板「2ちゃんねる」から生まれた本『電車男』の著者、中野独人さんら関係者が、同社出版の単行本を除いたコミック、テレビ番組、映画での原作使用料を新潟県中越地震の被災者に全額寄付すると発表した。

同社宣伝部によると、きっかけは、中野さんら複数の「2ちゃんねらー」から「『電車男』で得た収益を社会に還元したい」との話が持ち上がったこと。コミックの原作料と単行本化時の印税、テレビや映画の原作料が義援金の対象となり、総額1000万円を超える見通し。現在、漫画雑誌3誌での掲載が決まっており、30件以上のテレビ、映画化の申し出も来ている。同社が窓口となり、一定の額になり次第、中野さんの名義で寄付される。

同社の単行本は発売約2カ月で50万部を突破している。

11:40 | コメント (0) | トラックバック (0)

サンケイスポーツ 2004年12月21日 キャラ違うのが面白み…朗読劇 「電車男」 主人公の役の朴

朗読劇「電車男」(サンケイスポーツ主催)で主人公の電車男役を務める女優で声優の朴ろ美=ぱく・ろみ=(32)が20日、東京・赤坂のスタジオで意気込みを語った。

原作はインターネット掲示板「2ちゃんねる」に掲載された“実話”を単行本化した「電車男」(中野独人著、新潮社)。彼女いない歴22年のアニメオタク青年こと電車男が、同掲示板上でデートの誘い方などを“2ちゃんねらー”たちに相談しながら初恋を成就させる純愛物語。

朴は「年や性別、性格は違いますが、初恋の記憶は同じ。私も恋に落ちて数カ月後に告白したことがあるから、共感できる。その頃の純粋な気持ちで演じたい」とはにかむ一方、「キャラが全然違うのが面白み」とやる気満々だった。

同劇は、前編を来年3月12日から14日に東京・新宿シアターアプルで、後編を5月9日に東京国際フォーラムで。朴は1月8日の文化放送「アニスパ!」(土曜後9・0)に生出演し、見どころを語る。また単行本化した「電車男」が、このほど50万部を突破。原作使用料を新潟中越地震被災者に寄付することが決まった。詳細はこちらへ。

ろは王へんに路

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200412/gt2004122112.html

00:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

日刊スポーツ 2004年12月21日 小説「電車男」著者中野独人氏が義援金

新潮社は20日、インターネットの掲示板「2ちゃんねる」での書きこみがもとになった小説「電車男」の著者中野独人氏が、現在発売中の単行本以外の収入を全額、中越地震の被災者に寄付すると発表した。コミックの原作料やコミックが単行本になったときの印税、テレビ、映画の原作料などで総額1000万円以上が見込まれるという。

新潮社によると10月25日に発売された「電車男」は17日に50万部を突破。発売2カ月で32万部を記録したベストセラー「バカの壁」を上回る勢いという。すでにマンガ化は決定し、28日発売の「ヤングチャンピオン」(秋田書店)など3誌に登場。今週中にはテレビ化、映画化の話が決まる。著者の中野氏らは先月末から「電車男」で得た収益を社会に還元したいと希望していたという。

00:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月17日

スポーツ報知 2004年12月17日 「電車男」漫画になる

「2ちゃんねる」で火がついた「オタク」と「エルメス子」の純愛実話

日本最大のインターネット匿名掲示板「2ちゃんねる」から生まれ、ついに50万部を突破した奇跡の純愛物語「電車男」(新潮社)の漫画化が、17日までに決まった。一部では「実在しない人物」とのうわさも噴出するほど謎のベールに包まれていた電車男。その正体が、漫画によって初めて明かされる。本人と実際に会ったことがある書籍担当編集者の“証言”を交え、電車男の実像に迫った。

「ヤングチャンピオン」と「月間チャンピオンRED」

ベストセラー街道を“快速運転”で突っ走り、50万部を突破した「電車男」。「2ちゃんねる」上でも100万人を感動させた純愛物語の主人公の実像は、謎に満ちている。過熱するブームの一方で、「電車男は実在せず、特定の人間が書いた妄想の話」という説までささやかれたほどだ。

謎の電車男の正体は、漫画という形で初めて表現されることとなった。漫画版が連載されるのは、ともに秋田書店の漫画誌「ヤングチャンピオン」(漫画・道家大輔、第2、第4火曜発売)と「月刊チャンピオンRED」(漫画・渡辺航、毎月19日発売)。同じ出版社の漫画誌が、同じ原作で同時期に連載する出版界初の「デュアル連載」として、「ヤング―」が12月28日発売号、「―RED」は来年1月19日発売号からスタートする。

電車男の容姿については書籍版の中にいくつかのヒントがある。「身長172センチ、体重68キロ、服装は秋葉系(オタクの若者風)、眼鏡着用」「ELTのギタリストに似ている」…。漫画のキャラクターは、両誌の漫画家がこれらの情報から異なる解釈で想像したもの。それだけに「作品的には自由度が高く、それを逆手にとって作品を作る面白さがある」と「―RED」の担当編集者・武川新吾さんは言う。

果たして漫画版のキャラクターは、電車男本人と似ているのか。書籍版の仕掛け人で、出版に当たり本人と実際に会った新潮社文芸第二編集部の郡司裕子さんに、イラストを“鑑定”してもらった。

「私が会った(変身後の)電車君は、眼鏡をコンタクトにして、髪の毛も短く立てて先をねじったような今風の髪形で、服装もTシャツにジーンズ姿でした」。イラストは“変身前”(秋葉系)のもので、似ているかどうかは「何とも言えませんね」。

郡司さんから見た電車男は「口下手だけど礼儀正しい。良い意味で新入社員のような感じ。普段はポツポツしゃべるが、アニメの話題になると急に冗舌になる」ような人物だという。

ちなみに、電車男とヒロイン「エルメス子」の交際は「今でも順調に続いているようです」とのことだ。

◆「電車男」
典型的な秋葉系オタク青年の主人公が、電車の中で酔っ払いに絡まれた女性たちを助けたことから、物語は始まる。女性からお礼の品(エルメスのティーカップ)を送られた「彼女いない歴=年齢22歳、童貞」の電車男はどうすべきか分からず、「2ちゃんねる」の独身男が集うスレッド(板)に助言を求めた。すかさずスレッドの住民「2ちゃんねらー」が立ち上がった。「おまい(え)には2chが付いている」。デートの誘い方、髪形、服装、食事の場所、告白の言葉まで事細かにアドバイスを送り続け、「電車男」の“戦果”報告に一喜一憂する。そして約2か月。「電車男」と女性「エルメス子」に訪れた奇跡の結末とは…。

http://www.yomiuri.co.jp/hochi/news/dec/o20041217_10.htm

00:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月15日

読売新聞夕刊 2004年12月15日 大きいネットの宣伝力

本よみうり堂 トレンド館

大きいネットの宣伝力
新潮社出版部 郡司裕子さん

ネットの掲示板 「2ちゃんねる」 から生まれた恋愛実話 『電車男』 が発売からニか月足らずで五十万部近くに迫りました。出足の速さは、発売前から多くのブログ (サイト上の個人日記) で話題となり、オンライン書店に予約が殺到したように、ネット上での宣伝力が大きかった。

もちろん、電車男の恋愛を応援する掲示板への多くの人の書き込みが、期せずして友情と初恋の物語になった不思議な面白さがベストセラーの一番の理由でしょう。その一方、デートの身だしなみなどの恋愛指南書としても読める。日常生活から発想した 『キッパリ!』 と同じで、自分の経験と重ねられる身近さもいいのでは。 (談)

00:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月10日

サンケイスポーツ 2004年12月10日 ネット掲載の“実話”が朗読劇に…純愛物語「電車男」

インターネット掲示板「2ちゃんねる」に掲載された“実話”で、50万部に迫る一大ブームを起こした純愛物語「電車男」(中野独人著・新潮社刊)=写真=が朗読劇になる。前後編に分けて、前編が来年3月12日から3日間、東京・新宿シアターアプルで、後編は5月9日に東京国際フォーラムで上演される。

朗読劇『電車男』−1周年を祝おうじゃないか 詳細へ

「電車男」とは、彼女いない歴22年の自称“アニヲタ”(アニメオタク)青年が、「2ちゃんねる」のスレッド(板)で書き込み者の応援を得ながら片思いの恋を成就させる物語。デートの誘い方や告白の仕方まで、“2ちゃんねらー”たちが「おまいには2chが付いている」とバックアップ。恋が実った5月9日にスレッドは終わる。

それをそのまま書籍にし、「ネットという最先端が舞台だが、いつの時代も普遍的な純愛物語が共感を与えた」(新潮社)と爆発的なヒットとなった。朗読劇では、電車男役に人気声優、朴●美(パク・ロミ)、告白される女性役にはスレにも名前が登場する声優の井上喜久子が演じる。アニヲタ役という新境地に臨む朴は「過激な挑戦です!!」と大張り切りだ。

上演日もスレが始まった日と終わった日というこだわりぶりで、アニヲタ、2ちゃんねらー、さらには純愛に涙した読者たちが集いそうだ。

※●は王へんに路

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200412/gt2004121005.html

00:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月06日

日刊ゲンダイ 2004年12月6日 これが話題の「電車男」だ!

2カ月足らずで50万部のベストセラー
知らないと恥をかく
これが話題の「電車男」だ!

「あれって実話?」「実際にはどんな人なの?」と、カンカンガクガクの議論を巻き起こしているベストセラー小説の「電車男」(新潮社)。名前ぐらいは知らないと恥ずかしい。2カ月足らずで50万部目前、売れに売れているからだ。

22歳のオタク青年が、たまたま電車内で酔っぱらいに絡まれていた若い女性を助ける。後日、彼女からお礼の品としてエルメスのティーカップが届く。

男はその「エルメス」さんをデートに誘いたい。しかし、これまで一度も女性と付き合ったことがない。そこで、モテない男たちが集まるインターネットの掲示板でアドバイスを求める。「お前は男として試されてる」「速攻で電話だああああ」……。

見ず知らずの仲間たちの叱咤激励を受け、いつしか「電車男」と呼ばれるようになった彼は震える手で電話するが……。電車男と仲間たち、さえない男同士のネットを通じたウブで切実なやり取りに、思わず胸が熱くなること請け合い。まさしく“純愛物語”だ。

で気になる電車男の実像はというと、記述の断片をつなぎ合わせるとこんな感じになる。身長172センチ、体重68キロの中肉中背。オタクそのものだったが、今は髪を短く切り、コンタクトにして服装もオシャレに。Every Little Thingのギタリストに似ているらしい。JR京浜東北線沿線に住んでいる勤め人。

一方のエルメスさんは電車男より少し年上で薄い茶髪。服装は派手すぎず地味すぎず、体形は細身で、本人いわくバストはCカップ。見た目は、YOUと国仲涼子を足して2で割った感じ。友人はムーミンに似ているとも。そこそこいい企業に勤めているらしい……といったところだ。

実際はどうなのか?電車男に数回会ったという担当編集者の証言。
「中肉中背のごく普通の男のコ。芸能人にも例えようがありません。街ですれ違っても印象に残らないタイプ。礼儀正しくシャイで口数も少ないですが、アニメとか自分の関心のある話題になると冗舌に。そこにオタクっぽさを感じました」

エルメスさんは「会ったことがないので分かりません。あれこれ想像して楽しんだほうがいいんじゃないですか」。
そんな殺生な……。

00:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月28日

朝日新聞 2004年11月28日 つまり…、だから「純愛小説」なんだ

電車男 中野独人著
つまり…、だから「純愛小説」なんだ

この『電車男』は、日本最大のインターネット匿名掲示板として名高い「2ちゃんねる」の「書きこみ」を本にしたものだ。

典型的な「ヲタク」青年の主人公が、電車の中で、暴れる酔っぱらいの手から一人の若い女を救ったところから、この「物語」ははじまる。

お礼のティーカップが届き、青年の心はときめく。しかし、女の子と付き合ったことのない「ヲタク」青年にはどうすればいいのかわからない。誰か、教えて! 青年の、この真摯(しんし)な「書きこみ」に、掲示板の仲間たちは一斉に立ち上がり、アドヴァイスを送り、励ますようになる。「電車男」と呼ばれるようになった青年と、「エルメス」と呼ばれることになった若い女の間に起こる、小さな恋の駆け引き。それを丹念に報告する「電車男」の「書きこみ」に、匿名の仲間たちは、一喜一憂する。まるで、それが我が事であるかのように。

およそ、二カ月。大団円の日がやって来る。「告白」に出かけた「電車男」が帰って来るのを、仲間たちは明け方まで待つ。そして、帰宅した「電車男」は戦果を報告する。

「『私も電車さんの事が好きです。だからこれからもずっと一緒にいてくれますか?』と彼女が言った」

その瞬間、パソコンの画面を見つめていた住人たちから祝電の嵐が舞い込むのだった……。

……ところで、この本を読む前、「実は『電車男』なんて存在しないらしいですよ」と教えてくれた友人がいた。すべては、誰かが、掲示板の住人たちをたきつけるために作りだした「物語」なのだと。この現代では稀(まれ)な「純愛」が、事実なのか、それとも、誰かの創作で、それに初(うぶ)な掲示板の住人たちが踊らされただけなのか、この本を読む限りでは判断できない。

だが、一つだけ確かなことがある。この本は、もっとも重要な部分を切り落とすことによって成立しているのである。

『電車男』は、正確には、3月14日から5月17日にかけての「物語」だ。しかし、この本は、掲示板に掲載された最後の日を素知らぬ顔で削除し、その前日までで完結させている。

なぜなら、ネット上の「電車男」は「大団円」の後になってもなお登場し、「エルメス」との性交寸前の行為を書きこむ。それまで応援していた住人たちは、戸惑いを隠せず、そんなことは止(や)めろと忠告する。だが、暴走しはじめた「電車男」は、それを無視するのである。

なぜだ? 住人たちを騙(だま)し果せたことで、凱歌(がいか)をあげたくなったのか? それとも、いつの間にか、掲示板上で拍手を浴びることが、彼の目的となっていたからか? 不可解なミステリーになるはずの「5月17日」を消し去ることで、この作品は、見事に「純愛」の顔つきをすることに成功している。

[評者]高橋源一郎(作家)

  *

新潮社・364ページ/なかの・ひとり 「『インターネットの掲示板に集う独身の人たち』という意味の架空の名前」(奥付から)

http://book.asahi.com/review/index.php?info=d&no=7125

00:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月08日

毎日新聞夕刊 2004年11月8日 売れてます 電車男=中野独人・著

ほんの森:
売れてます 電車男=中野独人・著

「2ちゃんねる」といえば、犯罪予告などで一躍有名になった日本最大のインターネット電子掲示板。匿名で書き込めることから「犯罪者の巣窟(そうくつ)」などと揶揄(やゆ)されることも多いこの電脳空間から、ひょんなことから「おたく」青年のラブストーリーが生まれた。掲示板への書き込みをまとめた単行本はわずか10日で20万部を突破した。著者名の中野独人(ひとり)は「ネットに集う独身の人たち」のこと。

秋葉原好きな青年は、アキバから帰る電車で女性たちが酔っぱらいの男にからまれているのに出くわし、無我夢中で男の腕をつかみ彼女らを救う。そして、一部始終を2ちゃんねるのモテナイ男が集まる掲示板に書き込んだ。

翌々日、女性の一人からお礼にとエルメスのティーカップが届く。ネット上で「電車男」と呼ばれるようになった彼は、“エルメスさん”に“お礼のお礼”をと思いつくが、アニメとゲームおたくで「彼女いない年数=年齢=22年」の彼は電話をかける勇気がない。

そんな電車男の思いを遂げさせてやろうと、書き込みを読んだ「2ちゃねらー」たちは電車男に電話のかけ方や食事への誘い方などをアドバイスし、アスキーアートと呼ばれる文字で書いた絵や「がんがれ」といった2ちゃんねる語で励ます。“同志”のおかげで2人の距離は接近していくが……。

電車男は実に頼りないおたく青年。けれども、頼りないからこそ、「2ちゃねらー」たちと同様に、ついつい応援したくなる。批判ばかり目立つ電脳社会に、こんなほのぼのとした話があったらいいな、という願望が人気の秘密なのだろう。モテナイ君のバイブル、そして今どきの、すてきな恋の入門書としてもおすすめ。

00:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月05日

産経新聞 2004年11月5日 「電車男」快走 ネットで誕生、出版10日で20万部

匿名で自由に書き込みできるインターネットの掲示板「2ちゃんねる」から生まれた「電車男」(新潮社)が、10月22日の出版からわずか10日余りで20万部を突破し、文芸書としては異例のヒット作となっている。3年前にネット上で話題となり出版された「世界がもし100人の村だったら」(マガジンハウス)はミリオンセラー。ネット発のヒット本は今後増えそうだ。

「電車男」は、「2ちゃんねる」中の独身男たちが集うスレッド(板)で今春展開された書き込みがもとになっている。著作者の「中野独人」は、ネットの中の独身者をもじった架空の人物。

物語は「彼女いない歴二十二年」の男性が、電車内で酔客に絡まれた女性を助けたことをきっかけに始まる。お礼のカップをもらった男性が「女の人に電話なんかかけられん」と書き込むと、「かけるなら今日中だ」「おまい(え)には2CHが付いている」とすかさず応援の書き込み。さらにデートの誘い方から、デート当日の服装など板の「住人」たちが励まし助言し、告白に至るまでの約2カ月間をともに一喜一憂していく。

新潮社の担当編集者の郡司裕子さんは「事実は小説よりも奇なりというが、これこそがネット上で電車男が話題になった理由ではないか。現実の世界に出しても多くの共感を得られると思った」と出版の動機を語る。

版を重ねて今月1日には20万5000部に達した。

一方、世界中をEメールで駆けめぐった文章から誕生した「世界がもし100人の村だったら」は、平成13年12月の出版から116万部。今でも売れ続けている。インターネットから生まれた文章がヒットする状況に、ネット社会に詳しい翻訳家で評論家の大森望さんは「誰が読んでも面白い物語や情報は、電子情報から書籍など別の媒体に姿を変えていくケースが増えるだろう」とみている。

08:31 | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月27日

日経MJ 2004年10月27日 ネット発 書籍、本音に共感

インターネット上で私的に公開された小説や、掲示板に書き込まれた匿名の告白、投稿などから、ヒット書籍が次々と登場している。作家志望者が出版社に持ち込むという従来ルートとは違い、気負い無く自由に表現した結果が新鮮なコンテンツ(情報の内容)につながっている。

「電車男」の告白

「電車男」。22日、新潮社が出版した一風変わった恋愛物語が大きな話題を呼んでいる。有名作家の作品でもないのに、ネット書店を通じた予約が1800冊を突破、アマゾンジャパンのランキングでは一時1位まで登り詰めた。実はこの物語、ネット最大の掲示板「2ちゃんねる」で今春、一大ブームを巻き起こした“実話”だ。

あるオタクの青年が、電車内で暴れる男から女性を助ける。彼女からは感謝の品と手紙が届くが、女性と交際経験のない青年は困惑するばかり。彼は「電車男」の名で掲示板に経緯を書き込み、助けを願う。「今日中に電話しろ!」「誘う店は下見するんだ」。ネットに集う男たちの真剣な、時に的外れな助言を支えに、電車男はリアルタイムで彼女との関係を深めていく。デートの結果を徹夜で待つなど参加者たちも一体となり、2ヵ月に及んだ物語の決着が電車男から報告されたときには、8分間に120を超える書き込みが押し寄せた。

「この物語は売れる」。直後から8社もの出版社が書籍化に参戦した。この中で新潮社は2ちゃんねるを管理する西村博之氏らを通じて電車男本人と接触。掲示板をほぼそのまま掲載、身元は明かさないことなどを条件に出版を勝ち取った。

厳密には掲示板に書き込んだ一人ひとりに著作権があるが、特定が難しく転載の可能性を事前に断っていることから2ちゃんねる側の許諾のもとに出版。著者名は「ネット内の独身の人の総称」として「中野独人(ひとり)」とした。発表直後からネットで賛否両論が巻き起こり、書店から引き合いが殺到。初版は2万部だったが、発売から5日で12万5000部の大増刷が決まった。

「読者」が才能育てる

電車男のみならず、ネットの情報を題材にした本がここ1、2年で続々出版されている。出版社のバジリコ(東京・墨田)は百万単位のアクセスも珍しくない投稿系などの人気サイトに着目、昨年から7冊を出した。「日本全国、どこに埋もれているか分からないネタを発掘できる」(青野昌幸ディレクター)。「自分の名刺をゴミ捨て場で発見。死にたい」など情けない体験談を集めた「死にたい」、家族や恋人との食事にまつわる記憶を募った「思い出に残る食事」は1万部を突破。サイト管理者たちから「本にして」との売り込みも50件ほど舞い込んでいる。最近では中小出版社を中心に「注目サイトに3、4社が競合することもある」という。

小説の世界でも、ネットがふ化器となっている。今月ベストセラー1位に躍り出た「いま、会いにゆきます」の著者、市川拓司さんは、公募した小説を無料公開する「ドリームブッククラブ」でデビューした。このサイトは一定以上の購入予約者か出資を集めれば書籍として出版される仕組み。市川さんは2年半前に書籍化を実現し、人気作家への一歩を踏み出した。

同サイトは4年間で621作品を公開し、出版に至ったのは35作品。自らメーリングリストを発行して熱烈なファンを持つ素人作家も多く、公開から1日で書籍化の条件をクリアする例もある。大抵は2000―5000部ほどだが、市川さんの処女作は10万部、大手銀行の内幕を描いた手記などは1万部を超えた。運営するアルファポリス(東京・渋谷)の梶本雄介社長は、「出版社の新人賞は審査員によって『傾向と対策』が必要になり、なぜ落ちたかも分からない。読者が今求めるものが分かるネットこそ、才能を育てる力がある」と指摘する。

作家の登竜門に

新潮社の編集者、郡司裕子さんはネット上の告白ものの魅力を「匿名であるがゆえに、素直で真摯(しんし)な気持ちが入った文章になる」ことにあると見る。作り話が混じる可能性は排除できないが、多くの人のチェックの目にさらされるので盗作まがいのものは批判を受けて消えていく。

「いま、会いにゆきます」を含め自著の大半を出版前にネット公開してきた作家の市川さんは、「掲載した夜にすぐ感想が届き、書く動機づけになる」と話す。元々無料公開されていたコンテンツでも、作家とファンの関係が深いため書籍購入につながりやすく、日ごろネットをあまり見ない層には目新しく映る。ネット先進国の韓国では、映画製作会社が個人の小説サイトから原作を探すのが一般化しているほど。ネット発書籍の可能性は侮れない。

00:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月23日

スポーツニッポン 2004年10月23日 2ちゃんで誕生「電車男」が出版

インターネットの書き込み掲示板「2ちゃんねる」から生まれた純愛物語「電車男」が22日、新潮社から出版された。年齢=童貞歴というオタク青年が独身掲示板上で匿名の人たちに励まされて恋愛を成就するまでの実話を描いたラブストーリー。関係者は「“世界の中心で、愛をさけぶ”や“冬のソナタ”よりも感動しますよ」とPRしている。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/kiji/2004/10/23/10.html

00:00 | コメント (2) | トラックバック (0)

デイリースポーツ 2004年10月23日 「電車男」発売即バカ売れ

インターネットの掲示板「2ちゃんねる」から生まれたLOVEストーリーが本になった「電車男」(新潮社刊)が22日、発売され、いきなり大反響を呼んだ。アキバ(秋葉原)系のオタク青年が電車内で出会った女性と繰り広げる“純愛物語”で、発売前から異例の増刷が決定したほか、文中に登場する店に若い男性が殺到するなど、社会現象化している。

年齢22歳。彼女いない歴22年のアニメ好き男性(電車男)が、電車内で酔っ払いに絡まれた女性を救い、お礼をくれた女性をデートに誘いたい、と掲示板に助けを求めたのが物語のスタート。モテない男たちが集う掲示板ながら、仲間たちが書き込みで食事をする店、誘い方、ファッションなどを助言し、リアルタイムで物語が進む。

「電車男ガンバレ!」と叫びたくなる“名作”には、100万人がアクセスしたとされ、出版8社が書籍化を争奪するなど、反響の大きさはハンパではない。

新潮社によると初版2万部の予定が、ネットの予約が殺到したため3万部の増刷を決め、販売ランキングで2位に。この日も2万5000部の増刷が決定。さらに増刷が見込まれ、同社担当者は「問い合わせが殺到しています。発売前から予約がこれほど来るのは異例」と目を丸くする。

物語“ゆかりの地”にも反響が。エルメス(彼女のニックネーム)が英国御用達の紅茶、べノアティーで電車男をもてなすシーンが出ると、銀座松坂屋の「べノアティールーム」には、掲示板を見た青年が殺到。“愛が実る”と名付けられたメニューのスコーンセットが人気になり、売り上げは1・5倍を記録したという。

電車男の“本拠地”秋葉原駅近くの「書泉ブックタワー」にもこの日、若い男性が詰めかけ、本を手に取った。担当者は「普通の新刊より反響が大きい」とビックリ。ネットから生まれた“新文学”を基にした社会現象は広がるばかりだ。

http://www.daily.co.jp/society/2004/10/23/147698.shtml

00:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月18日

産経新聞 2004年10月18日 2ちゃんねる発 純愛物語が本に

インターネットの世界で伝説化しているラブストーリーがある。その名は「電車男」。ネット掲示板「2ちゃんねる」から生まれ、多くの人々の書き込みによってはぐくまれた純愛は、広く感動と共感を呼んだ。22日に新潮社から出版(1365円)されることも決まり、さらにファンを増やしそうだ。

≪手取り足取り≫

のちに電車男と名乗るようになるのは、「彼女いない歴22年」の22歳“おたく”青年。3月に電車内で泥酔した老人にからまれている女性を助け、その体験を「2ちゃんねる」に書き込んだ。

数日後、助けた女性の1人からお礼の手紙と、有名ブランド「エルメス」のティーカップが届く。電車男がそのことを再び報告すると、掲示板の読み書きをしている「住人」たちは一気に盛り上がり、「電話しろ」の大合唱。何人かは電話でのせりふまで考えてアドバイスした。

緊張しつつ「エルメスちゃん」(助けた女性の愛称)に電話する電車男。ヤキモキしながら待つ住人たちに、今まさに電話中と思われる電車男から「めしどこか たのむ」との書き込みが。「キター!」と喜ぶ人もいれば、返事の仕方を教える人も。こうして彼は食事の約束を取り付ける。

電車男はその後もネットの住人の協力で服や店を選び、デートに臨む。住人は電車男に励ましと恋の指南を続け、2人の関係は発展し始める−。

掲示板への書き込みは増え続け、独立したサイトに。ネット上で現在進行形で進む物語は5月に終わるが、話題が話題を呼んで出版が決定した。映像化や舞台化のオファーも殺到している。

≪紅茶まで人気≫

電車男がエルメスちゃん宅でふるまわれる英国の高級紅茶、ベノアティーまで人気が高まり、東京・銀座松坂屋の「ベノアティールーム」には若い男性客が押し寄せるようになった。不思議に思った店員が聞くと、「ネットで…」と電車男の話をする。たちまち売り上げは1・5倍に跳ね上がった。

新潮社の担当編集者は「これは新しい文学。現実にあった話ですが、物語として面白く、多数の人が参加して生まれた。ネットになじみが薄い人にも読んでほしくて出版を決めた」と話す。筆者名は中野独人とした。

文芸評論家の榎本正樹さんは「誹謗(ひぼう)中傷の氾濫(はんらん)など否定的側面が強調されがちな2ちゃんねるだが、電車男は端末の向こうにいる不特定多数の善意を信じ、読む方も信頼で応えた。相互的な関係で物語が作られていく過程に驚いたが、電車男はマインドコントロールされたとも読める。話題が善意に向かうか悪意に転ぶかは紙一重ではないか」と話す。

00:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月12日

読売新聞 2004年10月12日 「2ちゃんねる」文学誕生

匿名オタク恋物語「電車男」22日刊行

インターネット上で自由に意見を書き込む掲示板「2ちゃんねる」から生まれた恋愛実話が話題を呼び、文芸出版の老舗・新潮社から今月22日、「電車男」の題で刊行されることになった。匿名の人々がウブなオタク青年をネットの会話で励まし恋愛成就に導く斬新な物語に対しては、「小説を超えた新しい恋愛文学」との評価も出ている。

「電車男」が生まれたのは、「もてない男たち」がネット上で雑談する「2ちゃんねる」内の「独身男性板」。今年3月、電車内で酔っ払いに絡まれた女性を助けた、電車男こと22歳のアニメ好き青年が、お礼を贈ってくれた彼女をデートに誘いたいと、掲示板の仲間たちに助けを求めたのが始まり。

電車男の純情さに打たれた仲間たちは、食事への誘い方やファッションまで細かにネット上で助言し、徐々に親密度を深めていく電車男のデートの報告に一喜一憂するさまが同時進行で展開する。2か月後に女性への告白が成功すると、祝福の文字絵を連発して盛り上がる。

同板の中に分散していた書き込みを有志が1つの物語に編集しネットに発表したところ、口コミで評判が広がり、関係者に出版社8社から書籍化依頼が殺到。「匿名の人たちの書き込みが青春と連帯の物語を作った新しい文学」(新潮社出版部)と、ネットと同じ横書きの出版が決まった。電車男も編集した有志も正体を明かさず、著者名は、ネットの中の独身者をもじり「中野独人」となる。

ミリオンセラーとなった「Deep Love」シリーズや「世界がもし100人の村だったら」など、携帯電話やインターネットのサイトから生まれる書籍は増えており、韓国映画「猟奇的な彼女」の原作小説も、パソコン通信の掲示板で話題となった恋愛実話。

「今世紀最高の感動的恋愛物語」と小説誌の書評などで絶賛している翻訳家、大森望さんは、「今の日本の小説やトレンディードラマでは成立しない恋愛のどきどき感が自然発生的に面白いドラマとなっている点がすばらしい」としている。

http://www.yomiuri.co.jp/net/news/20041012ij21.htm

00:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

 1 |  2 |  3 |  4 |  5 | All pages